かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『敬愛なるベートーヴェン』
2006年 12月 20日 |
ベートーヴェンは不滅。公演シーンに感激。

1824年、ウィーン。第九の初演を4日後に控えたベートーヴェンのアトリエに、若き女性アンナがコピスト(写譜師)として訪れた。



おそらく自分が最初に認識したクラシック音楽、その作曲家といったら、ベートーヴェンじゃないかと思う。モーツァルトでもなく、バッハでもなく。じゃじゃじゃじゃーんの「運命」と、オルゴールでお馴染みの「エリーゼのために」。そして、物心つくと年末にたびたびTVから流れてきた「第九」。クラシック音楽の多くは、聴いたことがありながらもどれが誰の曲だか何だか把握していないものが多いのだけど(スマソ)、ベートーヴェンの曲だけは激しくインパクトがあるんだよね。そのような壮大でパワフルな音楽を創り出せるのは、こんなにも偏屈だけどもエネルギッシュな作曲家だったんだということに大いに納得。

音楽の教科書に載っていた肖像画の多くの作曲家の風貌は、宮廷仕様の巻き髪が当たり前だった中、ベートーヴェンだけは中途半端な長さの寝ぐせみたいな乱れ髪だったことも印象的。なるほど、それは、それまでの音楽家が宮廷や有力貴族に仕えていたことに反し、ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)はパトロンとの主従関係を持たずに、自立して一般大衆に向けて音楽を提供した人だったからなんだ。巻き髪カツラなんざーかぶっちゃいられないという自由な環境の中で、ひらめくままに素晴らしい音楽を創造していた人だったのね。芸術はバクハツだーという岡本太郎の言葉はこの作曲家にも似合います。

『不滅の恋/ベートーヴェン』の頃からは時を経て、亡くなる3年前、難聴も酷く、健康状態も悪化している53歳のベートーヴェン。何を演じても完璧なエド・ハリスは、ジャクソン・ポロックになりきった時と同様に、この強烈な天才音楽家の姿を再現してくれた。彼の創り出す音楽は神の言葉であるということにも納得できる、鬼気迫るほどの情熱的な姿。
エド・ハリスならよく見えるけど、容姿は醜かったという患った傲慢オヤジに、いくら尊敬しているとはいえ、修道院にいる23歳の美しい女性がこんなふうに仕えたりしないんじゃないかと思える虚構の物語。その性別、年齢に設定してしまうと先の見えるやや安易なものになってしまうのが残念。『プラダを着た悪魔』のような主従関係の方がおもしろいよね。というわけで、架空の人物コピストのアンナの意義はあまり感じなかった。って、それがメインストーリーか・・・。

だけど、やっぱり約10分の第九の公演シークエンスにはグワーっと心を揺さぶられた。もちろん、コンサートホールで聴く生の迫力にはかなわないだろうけど、TVから流れている断片を聴くのとはわけが違う。劇場で集中して聴く、その「交響曲第9番ニ短調作品125」は荘厳で、美しいのに力強く、圧倒的に魂に響いてくるのだ。日頃は、オーケストラ曲よりもピアノや弦楽器だけの演奏曲が好きな私だけど、この素晴らしい演奏にはまさに歓喜してしまう。BRAVO。もういっそのこと、2時間ぶっ通しで第九を聴かせてくれてもよかったかもしれない。芸術は偉大。ピカソ風の絵はがんばれば描けそうだけど?どんなにがんばってもベートーヴェン風の交響曲は創れませんからね。音楽家は神に近い存在なのだ。甥っ子カールの涙にもまたナミダ。

感動の大方は音楽に尽きるけど、冒頭とラストの映像が好きでした。ハンガリーで撮影したのかな。馬車から見る目映いのどかな風景がステキだった。

第九コンサートに一度は行ってみたいと思った。

敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven
2006 イギリス/ハンガリー 公式サイト
監督 アニエスカ・ホランド
脚本 クリストファーウィルインソン、スティーブン・リヴェル
撮影 アシュレイ・ロウ
出演 エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン
(日比谷 シャンテシネ)
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-12-20 23:29 | CINEMAレヴュー | Trackback(17) | Comments(12)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4417866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 萌映画 at 2006-12-21 01:05
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン(2006)
人間ドラマは嫌いだけどベートーヴェンは好き。で、エド・ハリスがはまってそうだ。 という、不純な動機で見てみた(いつもだ(^^;)「敬愛なるベートーヴェン」、ポスター見た限りでは“支えた女性”ダイアン・クルーガーはパトロン貴族夫人かと思ってたのだが、庶民で音楽学校主席の写譜師だった。 この邦題、ちょっとなぁ。このせいでパトロンの話かと思ちゃった面もある。 ベートーヴェンを写譜するというスリリングさが伝わらないぞ。 おもしろかったというより興味深かったというべきか。 もう、ベートーヴェンをエド・ハリスが...... more
Tracked from I am invinci.. at 2006-12-21 06:58
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン
Copying Beethoven 公開中なので控えめに “第九”の初演まで後4日だと言うのに、合唱のパートの楽譜がまだ出来上がっていないし、写譜も間に合わない。 ベートーヴェン(エド・ハリス)の「優秀なコピスト(写譜師)を」と言う求めに応じて、音楽学校からやって来た首席..... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2006-12-22 00:00
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン
お馴染みのCD一枚には約74分のサウンドデータを記録する事ができる。これは容量としての目安・限界ではなく、実はベートーヴェンの第九がすっぽり納まる時間だからなのだ。誰でも知っている第九の誕生を描いた物語は美しい舎弟愛に溢れている。... more
Tracked from Happy Together at 2006-12-22 17:17
タイトル : 『敬愛なるベートーヴェン』(06イギリス=ハンガリー)
孤高の音楽家、ベートーヴェンの第九誕生を陰で支えた女性コピストがいた・・・ベートーヴェンの苦悩を身近に感じると共に、この時期聞く曲としてすっかり定着した第九の初演シーンは胸が高鳴りました♪ ... more
Tracked from もっきぃの映画館でみよう at 2006-12-23 23:37
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン フーガを理解できなくても、第九に..
タイトル:敬愛なるベートーヴェン(原題 Copying Beethoven) 製作国:イギリス・ハンガリー ジャンル:伝記もの/2006年/104分 映画館:TOHO二条シネマズ(127席) 鑑賞日時:2006年12月8日 (土),12:30~ 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:60% 主演エド・ハリスと聞いて、思い出すのはビューティフル・マインドの スパイ役。怖さを感じさせる鋭い目つきでの怪演は、まさにピッタリ。 音楽家は似合わないと思ったのだが、なんとなくベートーヴェン と聞いて...... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2006-12-26 07:39
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン
お馴染みのCD一枚には約74分のサウンドデータを記録する事ができる。これは容量としての目安・限界ではなく、実はベートーヴェンの第九がすっぽり納まる時間だからなのだ。誰でも知っている第九の誕生を描いた物語は美しい舎弟愛に溢れている。... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-12-28 18:10
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン/ Copying Beethoven
史実に基づいた実話の映画化が増えている昨今、これはあくまでも "音楽家、ベートーヴェンの、歴史に隠されたもう1つの物語" ということで完全フィクション。 今日はクラッシック音楽を聴きながら、優雅に?書いてます{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827) 演じるのは名優、エド・ハリス{/kirakira/} {/arrow_r/}                   ベ...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-01-04 22:29
タイトル : 【劇場鑑賞142】敬愛なるベートーヴェン(Copying..
“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを支えた女性がいた。 孤高の音楽家ベートーヴェン、歴史に隠されたもう一つの物語。 ... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-01-10 16:25
タイトル : ★「敬愛なるベートーヴェン」
今年1本目の劇場鑑賞は、 三連休なので日曜日でもナイトショウを開催してくれてる「TOHOシネマズ川崎」にて。 ... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2007-01-11 01:08
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven
エド・ハリス、ダイアン・クルーガー主演 馬車で急ぐ若い女性 彼女の目に映る光景は幾重もの旋律が折り重なれ 目まぐるしく情景が反復し複雑に絡み合うフーガそのものでした ベッドに添い彼女は「マエストロやっとあなたの曲が理解出来ました」 頬をつたう涙 朝日の中でベートーベンは静かに息を引き取るのです 1824年ウィーン最後の交響曲に合唱を挿入しようとするベートーベン 初演の4日前にかかわらず 画期的な合唱部分の楽譜は完成してません シュレンマーは完成を急ぐため 優秀な写譜師を音楽学校へ依頼しま...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-01-13 00:16
タイトル : 「敬愛なるベートーヴェン」 表現者にとって、理解者は何事..
漫画「のだめカンタービレ」のおかげで、普通にクラッシックを聞くことが多くなりまし... more
Tracked from めそのたわごと at 2007-01-18 01:31
タイトル : 2007年の一本目は!?
レポートとかで忙しくても 空いた時間にちょくちょく観てます その90分とか120分の間に取り組んでいたとしても その分作業が進むとは限らないしね{/face_warai/} 敬愛なるベートーヴェン “第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが、彼女の才能を知り、仕事を任せることに。尊大で傲慢なベートーヴェンだが、ただ一人の肉親である甥のカールだけは溺愛していた。しかしカール...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2007-01-28 21:15
タイトル : 音楽の生まれる時「敬愛なるベートーヴェン」
ベートーヴェンの最晩年を描いた傑作「敬愛なるベートーヴェン」。監督は「太陽と月に背いて」で詩人ランボーを描き、次回作でエカテリーナの物語を撮る予定のアニエスカ・ホランド。物語・1824年ウィーン。「第... more
Tracked from どうなんかね、国際結婚。 at 2007-02-05 17:09
タイトル : 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven
『敬愛なるベートーヴェン』を見ました。 とってもエロティックな映画でした。 腹の肉もたるんだ粗野でもじゃもじゃの中年男ベートーヴェンを演じるのは、エド・ハリス。髪があるから最初誰か分かりませんでした!髪って印象を左右するもんですね。 そしてその元に派遣されてきた、美人のうら若きコピニスト、アンナ。 コピニストっていうのは、作曲家の書いたぐしゃぐしゃの楽譜を、清書する人のこと。映画ではこの清書のシーンをとても丁寧に描いてます。美しく装丁された箱の中から取り出される真新しい万年...... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2007-02-11 12:24
タイトル : 『敬愛なるベートーヴェン』
天才ゆえの孤独・苦悩・狂気。 53歳のベートーヴェンを23歳の写譜師アンナの目を通して描かれています。 尊敬しながらも、母のように、厳しくまっすぐ、そして優しい目で包み込む感じで... “第九”が初... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-11-17 13:36
タイトル : クラシック落語
「敬愛なるベートーヴェン」 「しゃべれども,しゃべれども」 ... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-12-02 14:44
タイトル : 敬愛なるベートーベン−(映画:2007年133本目)−
監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン 評価:86点 公式サイト 「初演まであと4日なのに楽譜がまだできていない」なんて話から始まるけど、そんなのありなのか?クラシックの世界はよく...... more
Commented by 哀生龍 at 2006-12-21 07:05 x
>もういっそのこと、2時間ぶっ通しで第九を聴かせてくれてもよかったかもしれない
本当にそう思いました!
普通にコンサートで聞くのと違った緊張感が、気分を高揚させてくれたように感じます。

>甥っ子カールの涙にもまたナミダ。
彼やアンナの恋人を登場させたことで、天才と凡人との差や、“天才は凡人にとって疎ましい存在に感じることがある”という部分が描かれていたようで、面白かったです。
そして、カールの涙は本当に良かった!
きっと、彼は変われますよね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-22 12:30
哀生龍 さん♪
緊張感、高揚感をもってその第九の公演を聴くことができましたよね。確かに、普通にコンサートで聴いたら、作曲家や指揮者の立場に寄り添って鑑賞するなんてことはしないですもんね。なかなか味わい深いものがありました。それに、自分からはあえて高いお金を払って年末に第九を聴きに行こうとは考えないですし。レディースデー価格の1000円で堪能できちゃうのは至極幸せ。

私は本作ではあんまりドラマに感じるものはなかったのですが、なるほど、天才と凡人についてが描かれていたと取ることもできますね。
カールの生き方が変わったかどうかはわかりませんが、叔父を金ズルとしか考えていなかったすれた甥っ子が純粋に音楽に感動するという場面はとても嬉しかったです。彼の中の何かは変わったはずですよね。
Commented by リーチェン at 2006-12-22 17:24 x
かえるさん、こんにちは!
私も第九をきちんと聞いてみたくなりました。

第九演奏シーンは本当によかったですね。
実はダイアン・クルーガー、「戦場のアリア」であまりいいイメージがなかったのですが、本作で少し見直しました(笑)
ベートーヴェンのとても野性的で人間味溢れるところも、意外でありながら面白かったかも。
本当にエド・ハリスとは思えないぐらいに変貌を遂げてましたね(笑)
Commented by mar_cinema at 2006-12-22 18:05
かえるさん、こんばんは。
これは、妻を拉致して観に行こうと思ってます(笑)
近くのTOHOで、プレミアスクリーンで1日1回上映しているので、
そこだったら、来てくれるかな・・・っていうのと、
今年、第九を聴きに行こうっていう代わりにです。
第九は、第2楽章~第3楽章は、疲れていると眠くなるんですけどね・・・(汗)
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-23 13:05
リーチェン さん♪
ですよねー。TVで部分的に聴く第九の合唱部分からは、きちんと聴いてみたいという思いを抱いたことはなかったのに、この映画を観たら、第九への興味が急に増しました。興奮!
『戦場のアリア』のダイアン・クルーガーはいらない役でしたよね。『トロイ』なんかのイメージもよくなかったんですが、確かに今回はなかなかのハマり役で好演していましたね。若くて美人なコピストという設定そのものは安直だと思えましたが・・・。
エド・ハリスは多様な役をやっているけれど、大体いつも短髪ですよね。時代もので音楽家役というのは新鮮でした。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-23 13:05
mar さん♪
ラチというのがよくわかんないですけど、奥様はそんなには観たがっていないということでしょか?おお、プレミアスクリーンでご覧になるなんてとてもステキじゃないですかー。第九を聴きに行く代わりになるのかどうかはわかりませんが、音楽映画としては醍醐味満点だと思います。楽しんできてください。こちらは10分程度のものなので、眠くなる間もなく堪能できますねー。
Commented by mar_cinema at 2006-12-23 13:20
かえるさん、こんにちは。
妻は、人ごみ嫌いの、出不精なのです・・・(笑)
一応、誘う映画は、好みをセレクトしているので、
鑑賞したら、それなりに満足してくれるんですけどね。
Commented by charlotte at 2006-12-23 14:02 x
こんにちはー。当時の音楽家としては変わり者で偏屈であったわりにはかなり恋もして、失恋する度に名曲残してきたお人ですが、エドがカッコよすぎちゃって「これでもふられてしまうのかー?!」とも突っ込みたくなってしまうくらい、それなりにいい男ぶり(心がね)だったと私は思っちゃいました。
作曲家に想いを馳せるなんてこういう見方ができると、クラシック音楽ももっと楽しく聴けますよね。大フーガとかはマニアックですが…
何気に面白い小道具(集音器?あれホントか??)とかでてきたり、楽器は当時の再現をきちんとしていたし、なかなかこだわりもあったと思います。
映像も綺麗でした。光が窓から差し込むシーンなど、目がトロン~
第9シーンのダイアン・クルーガーは綺麗過ぎでしたー。ラストの映像は結構好きです。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-25 13:06
mar さん♪
その映画が観たくないという話ではなくて、お出かけ嫌いなんですね。人ごみが嫌いっていう気持ちはわかりますー。でも、そのために犠牲に出来ないものは多々あり・・・・。
自分が観たいものに人を付き合わせるだけっていう人もいますけど、marさんはちゃんと奥さんの好みをはかって誘う作品選びをしているのですね。なんて思いやりがあるんでしょう!
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-25 13:06
charlotte さん♪
そうなんですか。ベートーヴェンは失恋する度に名曲を残してきた人なんですねー。才能ある芸術家に情熱的な恋愛はつきものですよねー。容貌は醜かったということらしいですが、エド・ハリスが演じちゃったら、ワイルドさも魅力的に見えますよねー。まぁ、いい男であっても、気難しい人だったりして、長く安定した恋愛関係を続かせるのことができなかったのかしら??
作曲家のことを思いながらクラシック音楽を聴くことってなかなかないものですが、映画のおかげでそんな機会をもてたりするんですよね。そうすると身近ではないクラシック音楽にも一歩親しめますね。大フーガをあえて聴くことはないと思うので、こういうのも映画の中に登場させてもらえると嬉しいかも。
なるほど。ちゃんと忠実に当時の楽器を再現していたんですねー。
映像はトータル的には普通でしたが、最初と最後の感じはステキでしたよねー。
Commented by myums at 2007-02-05 17:14
こんにちわ。TBさせてもらいました。
第九の場面。約10分間もあったんですね。音の世界にすっかり引き込まれていたので、そんなに長いことやってたとは全然気がつきませんでした!私にとってこの映画はエロスでしたね~。どんなジャンルでも体に響く音楽っていいなぁ~って思いながら見てました。
ベートーベンが岡本太郎って!!同感です。爆発ですわ。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-06 01:08
myums さん♪
第九のシーンは素晴しく聴きごたえがありましたよねー。
連続で10分というのは異例の長さなのかもしれませんが、長いとは感じなかったですよねー。むしろ、もっともっと聴かせてほしかったほど。その後のドラマにはまりきれない後遺症がのこるほどに、第九が肝でした。
おおお、エロスでしたかー。芸術は官能的なものですよねー。体に響く音楽、確かにいいですね。耳で聴くというだけじゃなく、全身で感じられるようなものが一番素晴しいかもしれませんね。爆発です。
<< 『オーロラ』 PageTop 『人生は、奇跡の詩』 La t... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon