かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2006年☆日本映画myベスト
2006年 12月 30日 |
まずは、じゃぱーん。
比率的には日本映画は少ないのだけど、昨年同様分けてみまーす。
でも、20数本劇場鑑賞したので、私としては史上最多かも。



『明日の記憶』 とか、『武士の一分』 とかは観ていませーん。
それはいいのだけど、『ストロベリーショートケイクス』 を見逃したことがハゲしく悔やまれるのであった・・・。

そんな私のお気に入り、
  -- 2006年日本映画myベスト10 --

『虹の女神 Rainbow Song』

2. 『真昼ノ星空』

3. 『かもめ食堂』

4. 『紀子の食卓』

5. 『ゆれる』

6. 『花よりもなほ』

7. 『好きだ、』

8. 『HAZARD』

9. 『パビリオン山椒魚』

10. 『ビッグ・リバー』


20本台しか観ていないのに、10本挙げるな? いえ、宣伝もかねて。

『THE有頂天ホテル』 なんかもDVDで観ようと思いつつ、まだ未見・・。(大晦日映画?)
『蟻の兵隊』や『ヨコハマメリー』 なども観たかったなぁ。
『三年身籠る』、『佐賀のがばいばあちゃん』 も観なくちゃー。
『紙屋悦子の青春』も観に行かなくてすみません・・。

『花よりもなほ』 は劇場鑑賞はしなかったんだけど、DVDで観てとても素晴らしかったので入れてしまいました。感性・理性ともに信頼できる日本映画監督といったら、是枝監督が一番かもしれないなーと思ったのでした。


▼特別作品賞

『フラガール』

5位くらいに入れようかと思いつつ、個人的にはベタさが気に入らず・・・。
だけど、流した涙の量でいったら、こいつがNO1。
お気に入り度はさておき、本作の快挙には拍手したいのです。
日本映画界に活気のある昨今とはいえ、小説や漫画が原作のもの、TVとのタイアップによって話題になるものが主流の中、純粋に映画としての輝きを見せてくれた本作のヒットは喜ばしいです。こういう作品がアカデミー賞外国語映画賞候補の日本代表に選ばれるというのは嬉しい限り。というわけで、別枠で褒めてみた。


▼美術賞

『ウール100%』

岸田今日子さんのこんな姿を最後に見られたのは嬉しいです。


▼名場面賞

『水の花』 のお庭のバレエ


▼監督賞

○西川美和

○園子温

『ゆれる』という映画を知り、何よりも興味をもったのは、映画そのものよりも、この脚本を手がけ、この演出をした30そこそこの女性である西川美和という監督についてでした。オリジナル脚本のヒット作が少ない日本映画界に、こんな才能ある新鋭がいたのだなぁと嬉しくなりました。同時に嫉妬してしまうほど。

園子温って、何て読むのかも知らず、どこまでが姓なのかもわからなかったのに、隣の評論家さんのおかげでその監督に注目することができました。contessaさんのおかげで、『HAZARD』の園監督舞台挨拶も拝むことができ、映画のテイストが気に入ったので他の作品も観てみたくなり。そして、一度は見逃した 『紀子の食卓』を観て、その独創性にしっかと心を掴まれてしまいました。『自殺サークル』、『奇妙なサーカス』も強烈でした。と一気に株が急上昇した監督です。


▼女優賞

○蒼井優ちゃん(フラ、虹)

○中谷美紀 (力道山、松子、LOFT)

蒼井+上野樹里ちゃん、宮崎あおいちゃん合わせて、若い世代が人気先行でない女優魂を見せてくれるのはすばらしいー。
寺島咲ちゃんもすごくよいですよね。吉高由里子ちゃんもチェキっとく。


▼男優賞

○オダギリジョー

○イッセー尾形 (太陽)

オダジョーがもっともステキだったのは去年の『メゾン・ド・ヒミコ』のキャラなんだけど、今年は5作品も出演作に出逢えたので、どうしても印象に残ってしまうのです。演技は『ゆれる』が一番だったけど、ギャップのあるパピリオンのおちゃらけキャラも気に入ってます。

尾形さんの出演作はロシア製作の映画だったわけですが、同じように、渡辺謙さんやら真田さんやら、多くの日本人俳優さんの世界を舞台にしての活躍を見られたことも重要でしたー。


▼シネフィル俳優賞

○西島秀俊

いや、俳優として普通に『好きだ、』もよかったし、『LOFT』のキャラもおもしろかったですよ。でも、『三年~』は観ていないし、俳優としての評価は去年の作品においてしたい感じ。今年は、シネフィルな西島さんの映画鑑賞に対する情熱に心を動かされたのです。

2005年☆日本映画ベスト&アジア映画ベスト
---
今年DVD鑑賞をした去年公開作品の
『いつか読書する日』、『female フィーメイル』、『せかいのおわり』 などもとても気に入りました。
監督への興味で観た 『M/OTHER』、『蛇イチゴ』 にもハマり。

ものすごい数の日本映画が次々と公開されている中、自分好みのものをしかと嗅ぎわけ、素晴しき作品を逃さないようにしたいです。
がんばれ、日本映画っ

来年は、『さくらん』 が楽しみー
[PR]
by CaeRu_noix | 2006-12-30 19:26 | 映画年間myベスト | Trackback(17) | Comments(19)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4474857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sweet* Days .. at 2006-12-30 20:11
タイトル : 私的2006年映画ランキング!♪♪
メリクリ、メリクリ! パチパチパチ♪♪ って事で、いよいよ今年もあと僅か。皆様どんなクリスマスをお過ごしでしょうか・・・ 今年は念願叶って、随分と映画を見ることが出来ました。しかも映画館で・・・・ DVD鑑賞は以前から出来る限り続けてきたんだけど、 やっぱり映画は出来るだけ映画館で見たいものですね。 実は見た映画に点数を付けたりするのが苦手。 と言うのも、見た後しばらく経ってから感想が変わってきたりして。 で本日は、今年度日本で公開された映画、映画館で鑑賞したものと DVDで鑑...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-12-30 20:30
タイトル : 2006年kossy映画賞 日本映画ベスト10
今年も残りわずか。とりあえず、邦画の鑑賞は終了いたしましたので、邦画だけのkossy的ベスト10の発表です。... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-12-30 20:56
タイトル : 2006年に観た日本映画~日本インターネット映画大賞
2006年も今日で終わり。今年も、随分、沢山の映画を観ました。映画館で観た映画が日本映画71本、その他の映画86本の計157本。それで、仕事やら子育てやら家事やらはどうしているんだっ...と自分で突っ込んでおきますが、それはさておき...。 昨年に引き続き、「日本イン... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-12-30 21:28
タイトル : 今年見た邦画総まとめ(2006年)
今年劇場で見た邦画は56本(洋画は127本) 私の心をゆすぶった作品、堪能した作品ベスト5{/kirakira/}を選んでみました。 1{/hikari_pink/}「ゆれる」 無意識下に隠れている感情がさらけ出される時の居心地の悪さを感じました。見れば見れるほど深く味わえます。ラストの解釈もその時によって変わります。 2{/hikari_pink/}「フラガール」 時代の流れをベースに置いたサクセスストーリー。友情、親子愛、師弟愛など全てがつまっていて王道的作品。 3{/hikari_pink...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-12-31 00:03
タイトル : 2006年の総決算<その1>
嗚呼、1年って何て早いんでしょう。1年のまとめをしたのがついこの間だった気がしま... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2006-12-31 00:31
タイトル : 06年・ベスト5&ワースト5ムービー
今年も早いもので今日で終わりとなってしまいました。 その年の優れた曲に賞を授与するレコード大賞も大晦日なのでボクもこの日に 06年に劇場で観た作品のベスト&ワースト5をゲロって行こうと思います♪ と思ったらレコ大って30日じゃん!?いつから30日になった....... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-12-31 08:28
タイトル : 2006年 映画納め
どうも。『カリスマ映画論』の睦月です。早いっすね、今日で2006年も終りとなります。振り返れば個人的にも、ブログ的にも、世の中的にも・・・ホントにいろんなことがあった1年間でした。ご訪問くださった皆様、TB・コメントをくださった皆様。ホントにありがとうございま...... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-12-31 12:25
タイトル : 2006年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!!
今年一年間映画館で観た映画のまとめです。... more
Tracked from ☆★けせらせら映画ブログ☆★ at 2006-12-31 16:43
タイトル : 2006年の総括。
今年は、アルバイトも始めたりしてお金にちょっと余裕ができました。そのおかげで貧乏なりに映画をたくさんみれました☆劇場鑑賞数は34本。レンタルなどを合わせると105本でした☆... more
Tracked from ようこそ劇場へ! Wel.. at 2007-01-01 22:43
タイトル : 極私的ベスト10 日本映画篇
回顧2006年。 先ずは日本映画から。 女性監督の活躍と、アニメーションの秀作が目立ちました。... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-01-03 10:26
タイトル : 2006年度 Myベスト・シネマその2<個人賞、邦画部門>
2006年度 Myベストシネマ 続きです鍊 烈その2−個人賞、邦画部門 ... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-01-04 20:42
タイトル : 2006年映画鑑賞総評&ベスト10
今年もこの季節がやってきました。客観的に判断したら、だいたい一般的になってしまいそうで、今までどおりかなり独断というか、個人的趣味で選びました。... more
Tracked from 39笘・MASH at 2007-01-05 22:44
タイトル : 2006年 マイコ的 ★ 年間ベスト10
2006年も、あと少しで終わってしまいます。 今年はたくさんの映画に巡り合いました。 映画鑑賞本数は211本、レビュー数は214本。 今年は映画館での鑑賞が極端に少なかった。 年間4本・・・(汗) 来年は月1回のペースで映画館に通う事が出来れ...... more
Tracked from 犬儒学派的牧歌 at 2007-01-06 23:51
タイトル : とりあえず、2006年の映画鑑賞まとめ
こんにちは 今年も残すところ9時間ですか。 早いものですね。 とりあえず、今年見た映画に適当なランク...... more
Tracked from アンディの日記 シネマ版 at 2007-01-07 17:39
タイトル : 06年アンディの日記シネマ版ベスト10 〜新作邦画部門〜
          邦画ベスト10と俳優各賞の発表です。今年の邦画の観賞数は169本でした。(DVD、外国映画部門のベスト10はこちら) 発表の前にみなさんにご挨拶を。今年は本当に多くの方にお世話になりました。元々ただの日記の中で映画の記事をちょこっと書いていたのですが、だんだん楽しくなって映画専門のブログを作るまでになりました。素敵な映画とも出会え、映画を通じていろんなブロガーの方々とお話もでき、すごく楽しい1年でした。本当にありがとうございました♪また多くの訪問者や人気ブログランキングが励...... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2007-01-11 09:00
タイトル : 2006年度 マイ・ベストテン 日本映画篇
2006年に観賞した日本映画34作品の中から、独断と偏見によるマイ・ベストテンおよび勝手に個人賞を発表します。 基本的には2006年度に初公開された作品で、かつ私が映画館で初めて観賞した作品を対象にしています。ただし長野県松本市を中心とした映画鑑賞を行っている関係で東京より1年遅れで初公開される作品もあり、もちろんそれも対象としています。 (本当は、これから「大奥」を観賞予定ですが、ベストに食い込んでくることはないだろうと予想してます。) 日本映画観賞リストは→こちら ******* 2006年、日...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2007-01-31 12:44
タイトル : 2006年ベストシネマ15(邦画編)
 2006年は年間89本(洋画49本、邦画40本)の映画を劇場で鑑賞しました~昨年は年間101本(洋画66本、邦画35本)で、やや本数は落ちてしまいましたが、映画以外活動が多かったもので(笑)少なくなりました。 さて邦画ですが、レビューでも何度も書いていますが、ここ何年か邦画の質は確実に上がっています。 一昨年も邦画は素晴らしい作品が多かったですが、昨年もそれに負けず劣らずの作品が多かったです。 洋画に比べると、選ぶのは大変難しかったですが、どれも甲乙つけがたいものが多く、一昨年(『パッチギ!』と『A...... more
Commented by ミチ at 2006-12-30 21:31 x
かえるさん、こんにちは♪
ミニシアター系作品が地方に来るのは3ヶ月ほど遅れるので、なかなかかえるさんとお話ができなくて寂しいです(泣)
日本映画ベストにTBいただきありがとうございました。
オダジョー作品が4本も!(笑)
そのうち3本は未見ですが、なんと一月に一挙公開が決まりましたー!
劇場で見れるなんて嬉しい☆
「好きだ、」ももしベストテンまで決めるならランクインしていました。
「紀子の食卓」は一月公開です。
またいろいろお話できたら嬉しいです。
来年もよろしくお願いいたします。
Commented by 隣の評論家 at 2006-12-31 00:13 x
かえるさん、TB&コメントありがとうございます。
『紀子の食卓』 ご覧になったというだけでも嬉しいのに、4位ですか♪わー、きゃー喜びの舞。
そして、よく見たら私の名前を出して頂いてるじゃないですかー。うひゃあ、ありがとうございます。園子温の世界観、本当に気に入って頂いたのですね。お仲間が増えて、とても嬉しく思います。私も最初は、この名前はどこで区切るのだろうと悩みました。その前に、日本人なのかなぁ?とか。
>吉高由里子ちゃんもチェキっとく。
おっ、紀子の妹ちゃんユカですねん。私は、つぐみを挙げましたっ。
園子温監督作品が続々とやってきますね。まずは、私も『気球クラブ、その後』を観に行きたいと思います!
Commented by kossy at 2006-12-31 00:49 x
いつもTBばかりで失礼いたしました。
20数本だとおっしゃる割りにいい映画ばかりチョイスしてますね~
俺は「蟻の兵隊」を見逃して、悔やまれます・・・
大学祭でやってるのを観に行こうと思ってたのに、
「こちらでも上映しますから」と騙されて・・・

てなことで来年もよろしくお願いいたします。
Commented by 睦月 at 2006-12-31 08:26 x
こんにちわ!
私、邦画も洋画もゴッチャにして総括してしまいました。
申し訳ありませんが・・・TBさせていただきます。
一体何本の邦画を観たかさえ数えてません・・・総括が案外面倒なもんですから(苦笑)。

20本中、パビリオンがトップ10入りするとは・・・さすがかえるさんですなあ。私なんか観たことさえ忘れかけていました。

園監督は、奇妙なサーカスのときに舞台挨拶に行って、本人を観てきました。その前からずっと注目していた監督さんだったので、奇妙なサーカスやら自殺サークルやらはすごく好きな映画だったりします。
でもねえ・・・『紀子の食卓』は未見なんですよね。園監督といえば、エログロまっしぐらな印象があったので、興味が惹かれなかったんだと思います。新年公開のエクステが楽しみです。

ではかえるさん。
よいお年をお迎えくださいまし!
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

Commented by CaeRu_noix at 2006-12-31 12:28
ミチ さん♪
ミニシアター作品の時差は大きいですよねー。なかなか同じタイミングで共有することはできませんが、ここぞという時にはトラックバックにうかがいますのでー。
オダギリージョーの何が好きかといったら、その出演作の選び方ですよ。有名になっても、風変わりな映画に出ることを厭わないところがステキです。というわけで、オダジョーが出ているからということではなく(それもあるけど)ジョー作品は好みのものばかりでしたー。観た時は、『雪に願うこと』なんかの方が感動したはずなのに、思い出として愛おしいのはオダジョーもの。
そして、ミチさんは1月に一気にご覧になるのですね。それは楽しみですねー。いろんなジョーくんを満喫してください。ミチさんの感想も楽しみにしています。
こちらこそ、またよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-31 12:35
隣の評論家 さん♪
『紀子の食卓』はめちゃめちゃおもしろかったですよ。簡単には語れなくて、レヴューは書いてないんですけども。いつもはキレイめの印象の映画が上位をしめがちの私なんですが、紀子は評価せずにはいられませんでした。本当に感謝です。あと、最初は、名前をちゃんと読んでなくて、温子という名前の女性かとも思ったりしてました。正しい読み方を知ったのは、何を隠そうハザードの舞台挨拶の当日・・・。こんな失礼な私ですが、改めまして大いに評価。
つぐみは前から、『贅沢な骨』などでイイという評判をきいていたんですが、スバラしかったですよね。あと私は決壊ダムさん!
『気球クラブ、その後』も楽しみですー。ホラーの才能もすごいと思う。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-31 12:43
kossy さん♪
いえいえ、ノープロブレムです。
ありがとうございます。いい映画なのかどうかはわからないけれど、自分の好みのタイプの作品を嗅ぎわけることはわりと得意です。くわえて、こうやって、ブログで皆さんの評価を知って、よい作品を逃さず観られるんですよね。先発隊?の皆さんには感謝です。
騙されたなんて、酷いですねぇぇ。『蟻の兵隊』は予告を見るたびに泣けてしまっていたのに、結局後回しにしてしまいました。評価されている人も多いので、別のカタチで見られたらよいですよね。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-31 12:58
睦月 さん♪
本数数えるのは面倒ですよね。私も勘違いしているかも・・・。
なので、あくまでも、具体的な数値を明示しない私・・。
パビリオンって、褒めている人いなかったですよね・・・。ベスト入りはフツーしないよねー。でも、私はどうもあーいうノリが好みで、心に残っているのですー。嫌われ松子よりこっちを支持する人はかなりかなーり少数派だと思うけど・・・。

おおお、園監督にはずっと前から注目していたのですね。さすがです!そして、『奇妙なサーカス』を劇場鑑賞したなんてすごすぎる。あの妖しいエログロ世界にはビックリしてしまいましたよ。すっごく惹かれるんだけど、気持ち悪くなるほどでした・・。『紀子の食卓』は身体的なエログロはないけれど、違い意味ですごい状況が描かれていたよん。怖くないホラー映画っていうのも多いけど、この人の描く怖さは本物だよなーって思えました。『エクステ』も期待できますよね。
睦月さんも、よいお年を!こちらこそ来年もよろしくです。
Commented by マダムS at 2007-01-03 10:32 x
わぁ~!さすがかえるさんですね~ すっごく丁寧なベスト記事になってますねー
邦画は私も昨年は随分観たつもりでも17本ですから、印象に残った5本だけあげました。 かえるさんの”10本”の中では2本しか観てないー(泣) これからDVDで追いかけますね^^
若い女性監督の活躍は嬉しいですね♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-04 13:24
マダムS さん♪
ありがとうございます。ってか、丁寧ではないです。言い訳をしたいだけ。(笑)
私だって20数本しか観ていないので、普通はベスト3くらいにとどめるものだと思うのですが、人のあまり挙げてない作品名をアピールしたくなるもので・・・。邦画はとにかく拡大上映系話題作を避けてしまっていて、世間の話題にはついていけないんですが、好みの追求第一で邦画もミニシアター街道を突っ走りますぅ。そんな中で、マダムとも共有できる作品がいくつかあると嬉しいですー。
Commented by 八ちゃん at 2007-01-04 20:47 x
おお~~ほんとだ!虹の女神が1位だ!

明けましておめでとうございます。これからもTB等よろしくお付き合いください。
「フラガール」や「ゆれる」などに比べたら総合的に評価は劣るかもしれませんが、個人的な主観で言えばこの映画に出会えてよかった!と言うのが正直な気持ちです。
これから見落とした作品を出来る限りスクリーンで観るべく番組を照らし合わせているところです。「佐賀~」「ゆれる」もTOHOシネマズとかでやるみたいだし…。「ヨコハマメリー」も2月に上映されるみたいので楽しみにしているところです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-04 21:45
Mr.八ちゃん♪
あけましておめでとうございます。
そうなんですよ。八ちゃんは虹の女神を5回もご覧になったそうですね。すごーい。男性陣には気に入られた方が多かったみたいですね。そして、岩井俊二好きの私もとても気に入ったのですよ。日本映画はみずみずしいものが一番好き。『ゆれる』は人間を描いた脚本の秀逸さにうなりまくりでしたが、好きな映画っていうタイプとはちょっと違うんですよね。フラガールは狙いすぎのべたさだし。私は虹の女神のせつなさが一番好みですたよー。見逃した秀作もフォローしたいですよね。日本映画がすばらしかった2006年でした。
今年もよろしくお願いいたしまーす。
Commented by こーいち at 2007-01-07 17:50 x
明けましておめでとうございます♪
僕も大好きな作品ばかりです!
映画のチョイスがいいんですね~!
「虹の女神」が1位なのも嬉しいです☆
今年もよろしくお願いします^^
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-07 19:28
狗山椀太郎 さん♪
何年か前は邦画なんてーと思っていた私ですが侮れませんよね。だめな日本映画をあげたらキリがないですが確かに大作ものはあんまり・・・という傾向ですよね。やっぱり自分が日本人だけあって、そのメンタリティや言葉のニュアンスを深く感じることができるからか、心理描写の繊細さにうたれるものはありますよね。外国のものではそれが難しい。『紀子の食卓』は強烈におもしろかったです。『紙屋悦子の青春』はもちろん観ますよ。邦画は上映数が多いし、DVD化も早いので、厳しく選抜してしまうのですよ。スクリーンで見るべき映像のものを優先。
是枝作品はぜひご覧ください。中谷さんは力道山がすばらしかったです。好みの女子っていうんではないですが、女優としてお見事だと思いますー。『さくらん』も期待。椀太郎さんは女子映画を結構たくさんご覧になってくれるのでうれしいです。
Commented by ルールー at 2007-01-07 20:09 x
キャ〜かえるさーん、おひさしぶり〜ご無沙汰してました。
すみません、昨年後半はすっかり野球モードであまり映画も観てなかったものだから、すっかり足が遠のいてしまってました。。
今年は心機一転、もうちょっと精力的に文化活動?したいと思いますので、またよろしくです。(^^;;;
遅ればせながらわたしも少ない観賞本数の中からベストを選びました。
なんか今回は邦画が多かったのでこちらにTB2つ送ったんですが、なんか受け付けられてないみたい…(;_;)
それでわたし的には邦画が多かったわりにはかえるさんと被っているのは『かもめ食堂』くらい。。
今年はもう少しミニシアター系も面倒くさがらずに出かけるようにしますわ。(^^;;;
ということで、今年もよろしくお願いしますね〜♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-08 01:40
こーいち さん♪
あけましておめでとうございます。
好きな作品ばかりとは嬉しいですー。
一般的にはともかく自分好みのチョイスはできている方かな。
「虹の女神」をベストにしている方も多いですよね。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-08 01:54
ルールー さん♪
はじめまして。
ウソです。おひさしぶり~~
サッカーの後はすっかり野球モードだったのですねー。
大丈夫、映画は私がルールーさんの分も観ておきましたから。w
ええ、今年はぜひぜひ文化活動もなさってくださーい。
TBはここのところ不調なんですよね。申し訳ありませんー。
邦画をたくさんご覧になったという方は多かったですよね。かもめ食堂ははずせませんよねー。あとはかぶりませんでしたかー。私が話題作をあまり観ていないというのもあるし、好みが偏っているというのもあるかな。
時にはミニシアターにも足を運んでくださいまし。今年もよろしくお願いしますー
Commented by orange at 2007-01-11 19:31 x
かえるさん☆こんばんわ。
やっぱり『虹の女神 Rainbow Song』は素晴らしかったですね!キャスティングからラストシーンまで言う事なし!の作品に出会えた事は昨年の最もたる収穫でした。
『紀子の食卓』や『ゆれる』といった作品のパワーも特筆すべきものでした。
振り返ると日本映画も様々な脚本やドラマを排出してきて今年もあなどれないなと思っています。
『フラガール』はベタですが、確かに涙を流してしまう作品でしたね。これも邦画の成せるパワーだと観ている間は心酔してしまいました。
シネフィル賞に西島秀俊さんという事で今年も彼の活躍が楽しみですし、彼の俳優としての演技をこれからも堪能したいですね♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-12 12:25
orange さん♪
『虹の女神 Rainbow Song』は大好きですー。監督のことは知らないし、ワカモノ映画っぽいし、初めはスルーするつもりでしたが、観逃がさないでよかったです。そのプロットも効果的だったし、繊細に感情が描かれていましたよねー。本作を邦画部門のベストにしている方も結構いたので嬉しくなりました。
『紀子の食卓』も『ゆれる』もすごく面白かったです。日本映画界にこんな才覚のある監督を発見できてよかったです。日本映画に手ごたえを感じる1年でしたね。
『フラガール』はベタベタですが、こういう前向きな映画が多くの人に大きな感動をもたらしたことはやっぱりステキですよね。
にしじまさんはTVに映画にあんなにたくさんの仕事をしているのに、映画を観まくっているっていうのがすごいんですよ。今年も出演作が目白押しですし。
<< 2006年☆外国映画myベスト PageTop 『スキャナー・ダークリー』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon