かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
シネマ歌舞伎 「京鹿子娘二人道成寺」
2007年 01月 25日 |
東劇に『ジャケット』を観に行った時だったか、ここで上映されている"シネマ歌舞伎"とやらに少し心惹かれた。



歌舞伎というものにはちょっと興味があるけれど、それは老後のお楽しみでいいかなぁと思っていた。いえ、すごく興味があるならば、年齢にこだわる必要はないんだけど、思うにたぶん私好みの世界じゃないのだもの。でも、1000円でその雰囲気を味わってみるのならいいかもって、「京鹿子娘二人道成寺」を観に行ってみた。

「シネマ歌舞伎」というのは、歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという、松竹が開発した全く新しい映像作品なのだそう。
"開発"というのは大げさな気もするけれど、まぁ一応初の試みなのだろうし、舞台の歌舞伎を、映像化してスクリーンで提供するというのは、大いなるチャレンジな発明だったのかな。

「京鹿子娘二人道成寺」

~紀伊国の道成寺では、新しい釣鐘の供養が行われていました。道成寺の釣鐘は、恋人安珍を追いかけ、恋しさのあまり大蛇と化した清姫によって焼き滅ばされていたのでした。そこへ白拍子花子(坂東玉三郎、尾上菊之助)が現れ、鐘の供養を拝みたいと頼みます。舞を舞うことを条件に参列が許された花子は、さまざまに舞い、踊ります。~


と、舞い踊る場面が見どころの演目なのかな。というわけで、舞台では、お芝居よりも舞踊を観ることを好む私向きかなぁと思ったんですが・・・。
1000円分楽しめたかどうかというと、350円分くらいかな・・・。
この舞を観て、「美しい」と思えなくちゃ始まらないわけですよね? へーとか、ふーんとかいう興味深さはあったけれど、理屈ぬきでそれを美しいと感じることはなかったのでした。造詣の深い方たち、ファンの方たちは、ウットリ見とれるわけですよね?白塗りだとどっちが玉やんでどっちが菊やんなのかさえわからない私に、歌舞伎の芸術性がわかるはずはないのかも・・・。

舞台セットは簡素だし、衣装も踊りの振り付け?も好みではなく、見つめることに歓びを感じることもなく。三味線の音色はよいのだけど、調子がいつも同じような感じなので、だんだん飽きてしまったりもして。この白塗り顔こそが歌舞伎なんだとは百も承知なんだけど、白塗り顔をずっと眺めているのは楽しくないような・・・。映像で大きくハッキリ顔を拝めることが私にはマイナス効果だったりして・・・。そんな未熟な私です。

でも、多くのみなさんはご満足されたのでしょうか。東劇は高齢者の方を中心に大盛況で満席になっていました。「イナバウワーやってたね」と楽しげに話す老夫婦の会話が耳に入り、千円でそんな娯楽を提供しているこの作品の意義を感じたりしました。
日本の伝統芸能歌舞伎が今もこんなふうに多くの方々に愛されているのはステキなこと。
私個人はもっと豪華な舞台、アップテンポで華麗なダンスの方が観たいけど。

--
夏公開の中田秀夫監督『怪談』の予告を観ました。
魅惑的なショットの数々。美術は種田陽平なんだー。
菊之助さまはこれの主演もつとめているんですね。ふーん。
寺島しのぶの弟さんなのねってことを後で確認・・・。
歌舞伎役者さんっていっぱい映画に出てますね。
歌舞伎役者は映画俳優業も、歌舞伎はシネマ上映も、と柔軟に進むわけですね。
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-01-25 14:22 | CINEMAレヴュー | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4621447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-01-26 15:58
タイトル : 京鹿子娘二人道成寺/シネマ歌舞伎
実は20代の頃に結構好きで通っていた歌舞伎。近頃ご無沙汰でして。 舞台を1000円で1F席で見てるような感覚なんて、お得なこのシネマ歌舞伎に行かなくてどうする!と思って行ってきた。 映像は高性能HDカメラでとてもきれい。大スクリーンでの玉三郎と菊之助のあでやかな姿がドアップで見られるのは、かなりおいしいかも。 舞台には舞台の面白さがあるしそれはどんな舞台でも言えることなんだけど、映画的になるとそこに新たな面白さが加わるのが新鮮。 衣装換え時の歌と三味線などの間奏中に、映像はフラッシュバックでそれま...... more
Tracked from トーホーシネマ at 2007-01-26 18:01
タイトル : トーホーシネマ
トーホーシネマ... more
Tracked from 狐の穴にて at 2007-01-28 00:27
タイトル : シネマ歌舞伎『京鹿子娘二人道成寺』
“歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映する”シネマ歌舞伎の第三弾。 シネマ歌舞伎第一弾の『野田版 鼠小僧』も観たし、ゲキ×シネで『SHIROH』と『髑髏城の七人〜アオドクロ』も... more
Commented by mako at 2007-01-25 16:23 x
イナバウアー…! 歌舞伎はやっぱライブがいいですよ。幕の内ベントーとか助六ベントーとか、小倉アイスとお茶すすりながら、本番も幕間の雰囲気も建物の空気も楽しめます。お時間ある時ぜひどうぞ。
映像でしたら今度のシュミット特集で上映される『書かれた顔』をお勧めしますです。高性能カメラで映さなくとも美しさ堪能できるかと。イナバウアーも再見できますよん。
Commented by シャーロット at 2007-01-25 17:18 x
実は花より団子な私かもですが。
かえるさんが見に行ってくれるなんてそれだけで私はなぜか嬉しい。
いや、なんとなく。フラメンコとかアイリッシュダンスとか生でご覧になったことありますか?
やっぱり万札出すよりよっぽどお得とかせこい考えで今回見た私はちょっと不純かもです。
最近、イナバウアーってなんだか知ったわけでして。歌舞伎座のおばちゃんたちはさすが色々ご存知であります。
「怪談」面白そうですね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-25 22:47
mako さん♪
ライヴがいいですか。やっぱりそうですよねー。小倉アイス食べたいです。弁当食べながら観てもいいんですか? やはり幕間だけ?
でも、たぶん、ジバラでは行かないかもしれません。数千円以上払うなら、洋ものミュージカルなどの方に惹かれてしまう私・・・。和も嫌いじゃないんですが・・・。人形浄瑠璃などはどうかしら。京劇は観たいなとか。
どうせなら、本物のイナバウアー、フィギュアスケート観る方が好みかも・・とか。
それはそれとして、『書かれた顔』はぜひ観たいです。オススメありがとうございます。日程があうといいんだけれど・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-25 22:57
シャーロットさん♪
花も団子も大事ですー。何の花かにもよるし、団子の種類にもよりますが。
観に行ってしまいましたよ。映像のよさも認められたシャーロットさんのように私は楽しめませんでしたが・・・。
フラメンコは去年のスペイン旅行でコルトバのタブラオでフラメンコを堪能しましたけれど。アイリッシュダンスはちゃんとしたのは観たことないかも。「コーラスライン」のエンディングのリバーダンスはそういう仲間じゃないか・・。万札出せないので、日本国内での舞踊の舞台はほとんど観たことないですー。「バーンザフロア」は最後の群舞が素晴しかったです。2人ずつの通常ダンスだけじゃちと物足りない私・・・。
映像で歌舞伎を見るのは、TVサイズでも支障はないかもって思いました。大画面だったら、やっぱりゴージャスでダイナミックなダンスがいいかなぁ。あと、シネマサーカスなんてどうでしょうー
Commented by いわい at 2007-01-28 00:26 x
オススメしておいたのに、わたしも楽しめませんでしたの。すみませんー。歌舞伎座の臨場感には及ばず。
舞踊のような華やかな舞台の再現は難しいと思いました。
でもでも、TVサイズではもっと楽しめないと思いますぅ。ファンのわたしでも、飽きますもの。
わたしは、舞台で観る豪華なミュージカルなどにはあまりハマれないのです。好みは色々ですね。
人形浄瑠璃も、美しいですよ。鑑賞教室とかありますので、興味があれば。値段もお安めですし。

『書かれた顔』は、ぜひぜひ。玉三郎が若くて美しいです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-29 11:59
いわい さん♪
そうですかー。生舞台に馴染んでいるいわいさんにとって物足りないのは当然かもしれませんね。
やっぱり舞踊を映像化するならば、ただ撮るだけじゃなくて、映画的にカメラワークや編集に工夫があった方がおもしろいんじゃないかなぁと思ってしまいます。シネマ歌舞伎はそういう主旨じゃないとはわかっているけれど・・・。舞台の一部始終を平坦に撮影したものより、例えば北野武映画の中の部分的な伝統芸能シーンなんかにときめいてしまう私・・・。
舞台ミュージカルも100%満足できるものって意外と少ないんですけど、とりあえずアップテンポな音楽とダンスに高揚してしまう単純な私です。
人形浄瑠璃も興味ありますー。皇太子夫妻もご覧になったようで。
『書かれた顔』も行く予定ですー。むしろバックステージに興味津々。
<< 『みえない雲』 PageTop 『ヘンダーソン夫人の贈り物』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon