かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第57回ベルリン国際映画祭受賞結果2007
2007年 02月 18日 |
第57回ベルリン国際映画祭の長編コンペティション部門の受賞結果が発表されました。
世界中から集まった22作品からガエルくんたち審査員によって各賞に選ばれたのは。



☆金熊賞
『トゥヤーの結婚』 (図雅的婚事 Tuya's Marriage)
 - - 王全安(ワン・チュエンアン)監督/中国d0029596_10462261.jpg
夫が重労働で体を壊し、家族が生き延びるための離婚と再婚を考えた内モンゴルの女性を描く。

<銀熊賞>
☆審査員特別賞
『El otro』  The Other (エル・オトロ/ジ・アザー)
 - - Ariel Rotter(アリエル・ロッター)監督/アルゼンチン

出張先で男の死体を見つけ、「その男になりすまそう」と思い立つ男の物語。


☆最優秀監督賞
ヨセフ・シダー(Joseph Cedar)/イスラエル
 - - 『ボーフォート -レバノンからの撤退-』 (Beaufort)

イスラエル占領下のレバノンが舞台の戦争劇。
ロン・レシェム著「Im Yesh Gan Eden」をヘブライ語で映画化。


☆最優秀女優賞
ニーナ・ホス (Nina Hoss ) -- 『Yella』 /ドイツ


☆最優秀男優賞
フリオ・チャヴェス (Julio Chavez) -- 『El otro』 /アルゼンチン


☆芸術貢献賞
・『グッド・シェパード』(ロバート・デ・ニーロ監督)のアンサンブル・キャスト
>マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、ビリー・クラダップ、ロバート・デ・ニーロ・・・


☆音楽賞
デヴィッド・マッケンジー -- 『Hallam Foe』//イギリス


☆アルフレッド・バウアー賞
『サイボーグでも大丈夫』 (I’m A Cyborg, But That’s Ok)
 -- パク・チャヌク /韓国

Prizes International Jury/Filmfestspiele Berlin  シネマトゥディ

ベネチア映画祭で中国のジャ・ジャンクー監督作品が金獅子賞を受賞したのは記憶に新しいですが、ベルリンの金熊も中国の作品に贈られました。内モンゴルの風景をスクリーンで観たいですー。
例によって、賞をとった作品はもちろん、本映画祭に出品された多くの映画が日本で公開されることをのぞみます。興味深い監督の作品がずらりと並んでいるんだもの。ソダーバーグ、オゾン、パク・チャヌク、ジャック・リヴェット、アンドレ・テシネ、イジー・メンツェル、ビレ・アウグスト、デヴィッド・マッケンジー。
オープンニング上映された『さくらん』もいよいよ今週末から公開ですねー

d0029596_10464190.jpgd0029596_10465151.jpg
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-02-18 10:30 | 映画ネタあれこれ | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4768642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from working titl.. at 2007-02-23 21:47
タイトル : 【国際映画祭】ベルリン映画祭2007コンペ作品発表
 2007年ベルリン映画祭(2/8-18)のコンペ部門の出品作が出揃いました。    公式サイトのプレスリリース ちなみに、今年の審査員はこちら。 【2007審査員】  審査委員長:ポール・シュレイダー  審査員:Hiam Abbass(イスラエルの女優さん)      マリオ・アドルフ(ドイツの俳優さん。ブリキの太鼓など)      ガエル・ガルシア・ベルナル,      ウィレム・デフォー,      Nansun Shi(ツイ・ハーク作品などのプロデューサー),     ...... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2007-03-12 00:34
タイトル : ベルリン国際映画祭
第57回ベルリン国際映画祭。ドイツのベルリンでの映画祭、3大映画祭です。 金熊賞(最優秀):「図雅的婚事《图雅的婚事》」("Tuya's Marriage")(王全安監督・中国映画) 銀熊賞(審査員賞): 「El otro」 (Ariel Rotter監督、スペイン語作品) アルフレッド・バウアー賞(革新賞)=「サイボーグでも大丈夫」(パク・チャヌク監督・韓国映画) NETPAC賞:桃井かおり監督作品「無花果の顔」 その他 各賞の...... more
Commented by wako at 2007-02-19 08:43 x
ヨーロッパの映画祭は、日本人がスポットを当ててない映画が
紹介されるのでいいですよね。でも・・・私は何よりガエル君に目が
行ってしまいました;。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-19 22:11
wako さん♪
そうなんですよ。日本では外国映画といったらハリウッドものばかりが脚光を浴びているから、ヨーロッパの映画祭には注目してしまいます。
ふふふ。ガエル君に目がいきますよねー。受賞者よりもまずガエルくん!審査員だったなんて知らなかったですー。
行ってしまいました;。
Commented by sabaha at 2007-02-23 21:53
おっと、ちょっぴりご無沙汰している間にリニューアルされていたのですね。
TBありがとうございました(^^)
結果はサボってしまいましたが、大陸強し!という感じですね。
大陸といっても、モンゴルが舞台ということで、いわゆる漢民族ではないのかしら?でもナンサ的世界ではないのかな?楽しみですね。
って、金熊取っても未公開ってこともありますが(ぐるばびっつあー)。
その他、主要賞ではありませんが、イジー・メンツェル監督の作品も何か賞を取った模様。公開されないかな、と期待しています。
あと、ヤスミン監督の『マクシン』も、何か(何かは聞かないで…)の賞を取ったみたいですね。ヤスミン監督は、世界がほうっておかない気がします。早く誰か買い付けてくれないかな、と期待しています。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-27 12:48
わかば さん♪
かなり不完全な状態ながらスキン変更してみましたー。
大陸強いですねー。ヴェネチアと同じくベルリンでも選ばれたのが中国作品というのは驚きました。民族はどうなんでしょう。(前に観た『天上草原』というのはモンゴルの民族の物語でしたし、まもなく公開される『モンゴリアン・ピンポン』もモンゴル。内モンゴルで撮る以上はモンゴルの人たちが主人公なのは必然なのかな。でも、内モンゴル自治区に住むのは多くは漢族なんですね。)
イジー・メンツェル監督の作品というのも気になりますねー。というか出品された作品は全部観たいよーって思います。
ヤスミン監督作品もぜひぜひたっくさん公開してほしいですよね。しかーし、賞をとってお墨付きとなった作品も単純に一般公開に結びつかないのがいつも悲しいですぅぅ。
<< 『あなたになら言える秘密のこと』 PageTop 2月17日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon