かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『あなたになら言える秘密のこと』
2007年 02月 19日 |
心に染み渡るステキな物語。悲しみを抱きしめて。

工場で働くハンナは強制的に休暇をとらされ、旅先で偶然耳にした会話から看護師の仕事を買って出る。



サラ・ポーリーを初めて見たのはたぶん『バロン』よりも先に観たアトム・エゴヤンの『エキゾチカ』、『スウィート ヒアアフター』で。透明感があってとても繊細に見えるのだけど同時に芯の強さを感じさせる少女だった。そのイメージはずっと変わらずに同年代のハリウッド女優とはまるで違う神秘的な魅力をもつ女優。英語圏の国の俳優はチャンスさえあれば、ハリウッド進出を望むのだろうけど、自身も映画を撮るサラはそんな価値観はもたず、常にインディペンデント作品を大切にしているのだよね。政治活動にも関心を持ち、デモに参加し警察と衝突したという武勇伝も持つたくましい女性でもある。そんなサラ・ポーリーは大好きな女優。

イサベル・コイシェ監督には 『あなたに言えなかったこと』 で出逢った。アメリカの恋愛ものにしては珍しい好みのタッチでディテールが小粋だなぁと思っていて、ずいぶん後に監督がスペイン人であることを知った。納得のヨーロピアンテイスト。センスを感じさせるそんなイサベル・コイシェ監督(当初はイザベル・コヘットの表記)がサラ・ポーリーを主演に撮った『死ぬまでにしたい10のこと』 はせつなくも心に沁みるとてもステキな作品だった。そして、その2人がもう一度組んでくれたなんて期待せずにはいられない。それもサラの相手役を務めたのは名優ティム・ロビンス。リベラルな2人が共演することにも意味を感じたくなる。パーフェクトな組み合わせに嬉しくなってしまう。

スペイン映画なのに英語劇なのはどういうことかと思っていたら、その国やその場所がどこであるかということは重要ではなく、むしろどこなのかが不明なところが魅力の物語だった。その舞台となっているのは無国籍の雰囲気が漂う多国籍の空間。広い海の中にポツンとある油田掘削所のロケーションがこの上なく素晴らしい。そこは世界の果てのよう。いえ、この世のものとは思えないような絶景。石油を採掘するというロマンの欠片も感じられないはずの危険を伴う重労働の仕事場なのに、その場所はまるで御伽の世界。孤独な男たちの集う寂しげな場所がファンタジーの色を帯びる。危険を表し注意を促す黄色と黒の縞々のトラロープ(そういう名称なんですよ。英語だとTiger rope?)がブランコを吊しちゃうなんてステキすぎてまいったな。

油田掘削所という寂しい場所を舞台としながら、この地球上に起こった悲劇、痛ましい現実をしっかりと題材にしながらも、こんなにもファンタジックでリリカルな美しい物語に仕上っているのが見事。やっぱり女性監督のセンスっていいよね。いえ、イサベル・コイシェが特別なのかもしれない。ソフィア・コッポラのセンスを大好きと思うのと別次元でその感性が大好きと思える監督。隅から隅まで好きだなーと思える映画。これは音楽のセンスも最高じゃない。サントラ、出てないの?PUBのギネスのお供はやっぱりトム・ウェイツだよな。そして、一つ一つのカットがとてもいいの。何気ない小物たち、言葉たちがすべて印象的で、多様な解釈をもたらし、味わいを深めてくれる。

これはジョゼフに出逢うハンナの物語なのだけど、 シェフのサイモンも海洋学者のマーティンもただの脇役なんじゃなくて、ちょっとした言葉からかいま見えるそれぞれの人生を生きる主人公。世界の果てでマイペースに素朴に懸命に生きる男たちに囲まれて、ハンナの凍りついていた心が少しずつときほぐされていく。おそらくそれまでは他者と親しく交わることを避けていた彼女の表情がだんだんと柔らかくなる。そんな光景がとてもいいんだな。『ミリオンダラー・ホテル』の不思議な人たちのことをちょっと思い出してしまうようなアンサンブルの温かさが好き。打ち寄せる2500万の波に思いを馳せる。

そして、言うまでもなく、ハンナがジョゼフに気持ちを解き放していく過程にも釘付けになった。『トーク・トゥ・ハー』なシチュエーションにはそもそも弱い私。体と心が弱っている人を献身的に世話をする人の間に芽生える親しみと信頼関係は特別なもの。ティム・ロビンス扮するジョゼフは酷い火傷を負っていて横たわったまま言葉を発するだけなのにとても魅力的なんだもん。彼のユーモアにあふれる気の利いた言葉の一つ一つが微笑ましくて。頑なに自分を語らなかったハンナが少しずつ彼のトークに引っ張られていくのを見守ってしまう。やがて、他愛もない会話が秘密の告白につながっていく。隔絶された異空間で重症の怪我人の世話をするという特異な状況に立たされなかったらそんな展開はありえなかっただろう。目の前に横たわるユーモアのある男性が大きな罪の意識を持たざるを得ない悲劇的な事故によってケガをしたと知ることがなかったら、ハンナはその秘密を話そうとは思わなかっただろう。小さな糸口からやがて2人が秘密を共有し、心底いたわり合う瞬間が訪れるなんて。その告白はショッキングなのだけど、ハンナを本気で抱きしめるジョゼフの姿がとても嬉しかった。

アヒル好きの私はアヒルのリサの登場にも狂喜。でも、これ、アヒル? ガチョウじゃないの?大ぶりだったし。Goose って言っていたし。・・・。まぁ、いいや。
ガチョウやアヒルを見ると、エミール・クストリッツァのことを思い出してしまう私なんだけど、まさか秘密が同じようにその出身国ユーゴ、ボスニア・ヘルツェゴビナに繋がってしまうとは・・・。こちらの物語もささやかな 『ライフ・イズ・ミラクル』

ジョゼフは名スイマーになったのかな。

-cast-
ハンナ・・・サラ・ポーリー
ジョゼフ ・・・ティム・ロビンス
サイモン ・・・ハビエル・カマラ
ヴィクター ・・・エディ・マーサン
シュルツァー ・・・スティーヴン・マッキントッシュ
インゲ・・・ジュリー・クリスティ
ジョゼフの親友の妻・・・レオノール・ワトリング
マーティン・・・ダニエル・メイズ

あなたになら言える秘密のこと The Secret Life of Words
LA VIDA SECRETA DE LAS PALABRAS
 2005 スペイン 公式サイト
監督.脚本 イザベル・コイシェ
撮影 ジャン=クロード・ラリュー
.
「Hope there's someone」Antony & The Johnsons
「Forever now and then」Clem Snide
「Gioco d'azzardo」Paolo Conte
「You've made me so very happy」Blood, Sweat & Tears
「All the world is green」Tom Waits
「Pour vous aimer」Juliette Greco
「Coming back down to earth」The Real Tuesday
「Codicia」Chop Suey
「Histoire d'un amour」Dalida
「Tiny apocalypse」David Byrne
「La dolce vita」Sarah Polley
.
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-02-19 00:08 | CINEMAレヴュー | Trackback(37) | Comments(30)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4774660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from MIWOのレタスなLOG.. at 2007-02-19 09:53
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
正直、この邦題はなんとかならないかと・・・... more
Tracked from Cartouche at 2007-02-19 23:38
タイトル : *あなたになら言える秘密のこと*
{{{   ***STORY***         2005年  スペイン あらゆる感情を封印したかのように誰にも打ち解けず、黙々と工場で働くハンナ。その真面目過ぎる働きぶりを上司にとがめられ強制的に取らされた休暇中、思いがけないことから油田掘削所の事故で大怪我をした男・ジョゼフの看護を買って出る。向かった先は海に浮かぶ油田。そこには陽気で腕のいい料理人をはじめ風変わりな男たちが働いていた。彼らと生活を共にするうちにハンナは次第に笑顔を取り戻して行くのだが…。                 ...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2007-02-19 23:39
タイトル : 「あなたになら言える秘密のこと」
「死ぬまでにしたい10のこと」のイサベル・コイシェ監督、サラ・ポーリー主演「あなたになら言える秘密のこと」物語・ハンナ(サラ・ポーリー)には誰にも言えない秘密があった。そのため友達も恋人も作らず、職場... more
Tracked from Casa de lapi.. at 2007-02-19 23:54
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
              *公式サイト 2005年/スペイン/114分 監督:イサベル・コヘット 出演:サラ・ポーリー 、ティム・ロビンス 、ハビエル・カマラ 、エディ・マーサン 、スティーヴン・マッキントッシュ 、ジュリー・クリスティ 原題:The Secret Life of Words 監督・脚本:イサベル・コイシェ、そして主演のサラ・ポーリーに惹かれてこれは絶対観ようと決めていた作品だが、内容については全く何の情報もなかった。なので、まさかこれほどの深い話、重い話だとは思いもよら...... more
Tracked from 映画レビュー トラックバ.. at 2007-02-20 03:29
タイトル : 「あなたになら言える秘密のこと」レビュー
「あなたになら言える秘密のこと」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サラ・ポーリー、ティム・ロビンス、ハビエル・カマラ、ジュリー・クリスティ、エディ・マーサン、レオノール・ワトリング、ダニエル・メイズ、他 *監督:イザベル・コヘット ..... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2007-02-20 07:55
タイトル : 「あなたになら言える秘密のこと」  The Secret..
とてもとても強くのしかかってくる映画だ。 サラ・ポリー演じる主人公ハンナの曰くありげな淡々とした日常を描く前半。 補聴器、りんごと白米とチキンの入ったランチボックス、すぐに取り替える大量の石鹸…。 そして、無理やり取らされた休暇で訪ねた町でたまたま見つけた別の仕事(=時間つぶし)。 行く先は海の沖合いに浮かぶ油田掘削所。 そこで出会った人生のレールからはみ出た、しかし心優しい男たちとの何気ないふれあい(ブランコのシーンは特に秀逸)の積み重ね。 そして身体も心も傷ついた中年男ジョセフ(ティム...... more
Tracked from Happy Together at 2007-02-20 10:11
タイトル : 『あなたになら言える秘密のこと』(05スペイン)
『死ぬまでにしたい10のこと』で死を目前にした主人公を演じたサラ・ポーリーが今回は、決して人には言うことのできない過去を背負い孤独に生きる女性を熱演。ティム・ロビンスもよかったですよ。 ... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2007-02-20 11:40
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  この痛み・・・受け止められますか?  ... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2007-02-20 19:01
タイトル : 涙の海で溺れずに〜『あなたになら言える秘密のこと』
 耐え難い傷を負い、人生を放棄したかのように孤独の中に生きる一人の女性が、 偶然の出会いから愛と希望を見い出し再び歩き出すまでを描く、ある人生の物語。 心に突き刺さる痛み、溢れる涙を抑えがたい作品ではあるけれ... more
Tracked from And life goe.. at 2007-02-20 19:38
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
監督・脚本:イサベル・コイシェ キャスト: サラ・ポーリー ティム・ロビンス ハビエル・カマラ ジュリー・クリスティ エディー・マーサン レオノール・ワトリング ダニエル・メイズ  2005 スペイン ... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-02-21 00:46
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
誰にも言えない過去を乗り越え孤独の世界からの再生と、愛の希望の物語。... more
Tracked from ビター☆チョコ at 2007-02-21 05:14
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
ハンナ(サラ・ポーリー)は淡々と暮らしている。無遅刻無欠席で4年も働いてる工場でも、人とのかかわりを避けているようだ。そんなある日、ハンナは働きすぎを理由に、無理に1ヶ月の休暇をとらされることになった。なんの当てもなく出かけた街で、ハンナは看護師の募集を知る。ハンナの仕事は、海に浮かぶ海底油田掘削所で、事故のため怪我をしたジョゼフ(ティム・ロビンス)の看護をすることだった。騒音のひどい工場で働く人々は、ヘッドフォンをつけて働いている。ハンナだけはつけていない。どうやら耳が不自由らしい。補聴器をつけては...... more
Tracked from パリノルール blog at 2007-02-21 21:54
タイトル : 映画「あなたになら言える秘密のこと」来週公開&小ネタ2つ
「死ぬ10」(←「死ぬまでにしたい10のこと」を略してこう言うらしい)で人気を...... more
Tracked from Alice in Won.. at 2007-02-22 02:00
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
本日はTOHOシネマズなんばのプレミアムシアターでの鑑賞になりました。足元もすごく広くって椅子も大きくふかふかでリクライニング出来て超快適な空間での鑑賞でしたがそれが風邪気味の身体には映画に対する集中力が欠けるという残念な結果になってしまいました。 あら...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2007-02-22 09:12
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
誰にも言えないわたしの秘密。あなたになら・・・... more
Tracked from 映画雑記 at 2007-02-23 03:12
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
主人公ハンナが痛ましい体験を語るシーン、 今まで観た作品の中でも一番となる程、観ていて辛いシーン・・・ 演じたサラ・ポーリーには、素直に感嘆。 ジョセフも、最後の台詞で、傷を負った者同士の共感ではなく、 支えるという事を決断した彼の想いが伝わってきましたが、 その微妙な感情を伝えきってくれたティム・ロビンスも、良かったです。 そして、もう一人、ハビエル・カマラも良い味を出しておりましたが、 この人、「トーク・トゥ・ハー」の・・・人だったんですね。 未だに、心の中で消化されず...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-02-23 20:13
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
誰にも言えない秘密を持つ女性が、重症を負った男と出会い、もう一度生きること愛することを願う希望と再生の物語。工場で働くハンナ(サラ・ポーリー)は、ある日、働き過ぎを理由に工場長から強引に1か月の休暇を言い渡される。小旅行に出かけた彼女は看護師を探していた...... more
Tracked from UkiUkiれいんぼーデイ at 2007-02-24 17:04
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
心に深い傷を受けた人にとって安心できることは 苦しみを共有できる同苦だと思う。 初めに、主人公ハンナ(サラ・ポーリー)がどういう女性かが淡々と表現されている。 多くの人が働く工場がハンナの職場だ。 ヘッドフォンが必要なほど騒音のある仕事場だが、難聴のハンナには必要無い。 従業員は、機械のように与えられた仕事だけをこなしていく。 ハンナもその一人。 お昼休み、ハンナの食事はチキンとご飯、それに半分だけのリンゴが一つ。 友達もいない、無駄なおしゃべりもしない、無遅刻、無...... more
Tracked from シネマログ  映画レビュ.. at 2007-02-24 20:49
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
重くて、せつない物語「死ぬまでにしたい10のこと」のスタッフ・キャストが贈る愛と再生の感動作というから、あんな感じの作品かと思ったら、とても重いテーマを取扱った作品でした。ほとんどが海上油田の採掘所でのシーン、BGMも極力抑えられ、ヨーロッパらしい曇り空のなか、映画のはじめから1時間半あたりまでは、ずっと採掘所で働き、暮らす作業員の日常を淡々と描き出し、「あ〜退屈、退屈、退屈」と思っていたら、主人公のある告白から、とたんにそれまで描いていた日常が重みを増し、秘密と悲しい感...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2007-02-24 23:58
タイトル : 映画「あなたになら言える秘密のこと」
映画館にて「あなたになら言える秘密のこと」 『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督とサラ・ポーリーが再び組んだ作品。 工場で働くハンナ(サラ・ポーリー)は働き過ぎを理由に一ヶ月の休暇を無理やり取らされる。彼女は旅先で看護師の仕事を二週間引き受けることになり、油田掘削所で重症の男(ティム・ロビンス)の世話をすることになる。 工場で黙々と働くハンナ。工場の騒音はすごくてみんなが防音のためのヘッドフォンをしているのに、ハンナだけはしない。友人もいないようだし、お弁当もひとりで食べている...... more
Tracked from 小さな花ひとつ at 2007-02-26 23:08
タイトル : 『あなたなら言える秘密のこと』―「生きること」への本能
「誰でも前を向いて生きようとしている、でも挫折する人もいる」、正確な表現は忘れた... more
Tracked from 今夜、スクリーンの前で at 2007-02-27 03:02
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
評価・・・★★★★★この世界には、私が知らないことがたくさんある。 何の予備知識も持たずに観賞したこの作品。タイトルから「ちょっと暗めの恋愛映画かな?」と思っていたのだが、予想外の内容だった。 勤め先の工場と殺風景なアパートを往復するだけの毎日を送るハン....... more
Tracked from don't worry!.. at 2007-02-27 21:49
タイトル : 映画「あなたになら言える秘密のこと」
 「死ぬまでにしたい10のこと」の監督と女優さんだからという理由だけで、 予備知識なく見にいき、途中、ハンナの秘密が明らかになった瞬間から もう声がでないというか、映画館だからもちろん声なんが出さないのだけど、 とにかく、すごい衝撃で、その重大さに座りなおして、 その時点でもう一度最初から見たくなった。  なにか秘密はあるのだろうけれど、もう少し逃げ道がありそうな、 考え方によってはなんとかなりそうな、そういう過去を予想していたのだと思う。    ハンナは、世捨て人のように、 働...... more
Tracked from ロッタのひなたぼっこ at 2007-02-27 23:06
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
『死ぬまでにしたい10のこと』のイサベル・コイシェ監督と、主演のサラ・ポーリーが、再び素晴らしい映画を作り上げました。 それが『あなたになら言える秘密のこと』です。 誰にも打ち明けられない秘密を抱えたひとりの女性が、ある出会いをきっかけに人生の希望を持ち直す物語。 前作同様、とても深い悲しみに満ちたストーリーでしたが、どんな困難にあいながらも前を向く、女性の芯の強さに魅せられる作品でもあります。 工場で淡々と、しかも誰よりも熱心に働くハンナは、上司から1ヶ月の休暇を取るように命じられます。...... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2007-03-03 23:07
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
「死ぬまでにしたい10のこと」の イサベル・コイシェ監督が 再びサラ・ポーリーとコンビを 組んだ作品です。 タイトルの通り、サラ・ポーリーには 誰にも話せない過去があるのですが、 その内容は、涙を流すのも忘れるほど 衝撃的でショックでした。 誰にも話せない過去の秘密を抱え、心を閉ざして毎日を送る ハンナ(サラ・ポーリー)は、勤め先から無理やり1ヶ月の休暇を 取るように命じられ、あてもなくふらりと立ち寄った港町で、 石油採掘事故により負傷した男を看病することになるのですが・・・...... more
Tracked from working titl.. at 2007-03-10 22:38
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
あなたになら言える秘密のこと (2005)  イザベル・コイシェ監督 配給:松竹  実力派女優サラ・ポーリーが、イザベル・コイシェ監督と再び組んだ作品。  傷を負った女性の再生を静かに描く物語。  この作品には、非常に複雑かつ微妙な感想を持ちました。  作品の作りは非常に好みでした。が、ラストの展開に微妙に気持ちが乗れませんでした。  作風は本当に好きでした。少し揺れ気味のカメラ、ドグマまでは行かないけれど、若干ドキュメンタリータッチ。ロケーションは海中の油田という隔絶された空間。静か...... more
Tracked from おいしいものと日常+ at 2007-04-05 22:43
タイトル : あなたになら言える秘密のこと The Secret ..
   前作「死ぬまでにしたい10のこと」を映画館で観て、    良かったこと から、スペイン映画の        「あなたになら言える秘密のこと」 を観にいきました。                イサベル・コイシェ  監督/脚本   この映画のエグゼプティブ・プロデューサーをしている     ペドロ・アルモドバルの映画は好きで、だい...... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-04-07 22:42
タイトル : あなたになら言える秘密のこと
「あなたになら言える秘密のこと」 2007年 スペイン ★★★★★ 決して癒されぬ心の傷を持ち、孤独に生きる女性と、事故で重症を負った 中年男との交流を見事な演出を交えながら描いた傑作。 初っ端、ストーリー・テーラーがサラ・ポーリーのような語り口...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-06-04 00:38
タイトル : mini review 07054「あなたになら言える秘..
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : スペイン 時間 : 未入力 公開日 : 2007-02-10〜2007-03-23 監督 : イザベル・コヘット 出演 : サラ・ポーリー ティム・ロビンス ハビエル・カマラ エディ・マーサン スティーヴン・マッキントッシュ あらゆる感情を封印したかのように誰にも打ち解けず、黙々と工場で働くハンナ。その真面目過ぎる働きぶりを上司にとがめられ強制的に取らされた休暇中、思いがけないことから油田掘削所の事...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-10-08 00:51
タイトル : あならになら言える秘密のこと−(映画:2007年114本..
監督:イサベル・コイシェ 出演:サラ・ポーリー、ティム・ロビンス 評価:88点 公式サイト 美しく繊細な心理描写がとにかく素晴らしい。 静かに淡々と過ぎていくように見える物語のなかで、すこしずつ、閉じていたハンナ(サラ・ポーリー)の心が開いていく....... more
Tracked from 月影の舞 at 2007-10-29 11:42
タイトル : ●「あなたになら言える秘密のこと」
気になっていた映画 「あなたになら言える秘密のこと」をDVDで見る。 海上の油田掘削所が舞台。 外界から隔絶された場所に孤独志向の男たち。 油田事故で全身に火傷を負い、 視力を失って寝たきりの男。 病院に搬送するまでの二週間、彼の看護をする女。 重い過去... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2007-11-13 01:23
タイトル : 「あなたになら言える秘密のこと」
名作「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ監督と女優サラ・ポリーのコンビによるヒュマーンドラマ「あなたになら言える秘密のこと」(原題=The Secret Life of Words、2005年、スペイン)。この映画は暗い過去を背負った人間が、どのようにして未来に希望を見出すのか、孤独なヒロインを通して描いている。またクロアチア紛争の悲惨さも浮き彫りにしている作品だ。... more
Tracked from Sweet*Days** at 2007-11-22 10:51
タイトル : 『あなたになら言える秘密のこと』
あなたになら言える秘密のこと(2007/08/24)サラ・ポーリー.ティム・ロビンス商品詳細を見る 監督:イザベル・コイシェ  CAST:サラ・ポーリー、ティム・ロビンス 他 工員のハンナ(サラ・ポーリー)は耳が不自由で、殆ど誰とも交流せずただ職場と家を往復する邦..... more
Tracked from ジフルは映画音楽札幌グル.. at 2007-12-03 23:00
タイトル : あなたになら言える秘密のこと:映画
今回は昨日紹介した「死ぬまでにしたい10のこと」の監督、イザベル・コイシェ、コヘット監督の作品、『あなたになら言える秘密のこと』を紹介します。 まずは映画のストーリーから・・・ 自国の内紛に巻き込まれた心の傷を隠し、絶望し生きるハンナ(サラ・ポーリー)。 辛い記憶が溢れぬよう、誰とも口をきかず、仕事→食事→刺繍作業→睡眠と、規則化した毎日を繰り返していた。 そんなハンナに、会社は休暇をとるよう言い渡す。戸惑いを隠せないハンナは、偶然急募していた看護士の仕事を引き受け、海上に浮かぶ油田発...... more
Tracked from キマグレなヒトリゴト at 2007-12-27 22:23
タイトル : 『THE SECRET LIFE OF WORDS』あな..
透明感のある雰囲気、秘密を打ち明ける相手がいる ことの幸せとは。 ぽちっとプリーズ。 ... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-02-24 14:21
タイトル : 「あなたになら言える秘密のこと」(スペイン 2005年)
彼女に何があったのか。 秘密を抱え影を引きずり心を閉ざす彼女の過去に・・・。... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-06-25 01:41
タイトル : 映画『あなたになら言える秘密のこと』
原題:The Secret Life of Words 誰にも言えない秘密って、その秘密というのが本当に半端じゃないんだよね、聞くと辛くて、息をのみ沈黙のなかでただたたずむのみ、あまりに悲惨な出来事・・ 工場で働く一人の女性、その名はハンナ(サラ・ポリー)、彼女は少々特異な存在... more
Commented by Suzuka at 2007-02-19 13:04 x
いまでない、いつか
わたしは涙であふれてとまらなくなる・・・

そこまでを見据えているハンナと、
そのときを受け入れると言ったジョゼフ。

それが
あの、すてきなセリフになったのでしたね。

>隅から隅まで好きだなーと思える映画
同感です。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-19 22:13
Suzuka さん♪
コメントありがとうございます。
すてきな台詞でしたよねー。
ウィットに富んだ会話の得意なジョゼフらしい言葉。
でも、軽薄じゃなく、彼の秘密から繋がってくる台詞だから、とても重みのある真剣なものとわかるんですよね。すべてを受け容れようという覚悟のある思いに感動するばかりでした。
Commented by Cartouche at 2007-02-19 23:43 x
いつもお世話になってます。あまりにステキな記事なのでコメしたくなっちゃいました。そうですよね~殺風景な風景のはずなのにファンタジックっぽいきれいさがあるし、音楽も最高でした。そうそう。海洋学者さんもシェフもきちんと描かれていて丁寧な作りでした。ネタバレしないで書くのは大変だけれど、うまいです~
Commented by rubicone at 2007-02-20 00:04 x
かえるさん、こんばんは!
登場人物、一人一人が、そしてアヒルのリサと、ほんといとおしくそのたたずまいと会話が静かに心に満ちてきました。海に浮かぶ油田掘削所が全ての人々の抱える孤独をくっきり映し出しているようで、あの空間は象徴的でした。希望を信じたいです!!
Commented by リーチェン at 2007-02-20 10:15 x
かえるさん、TB&コメントありがとう~~~

本当に無国籍の空間でしたね。油田掘削所に働く人というキーワードでああいう空間が作り出されるんだと思いながら見てました。
歌っている曲も、食べているものも無国籍。またしても日本人には作れない世界だと思ってしまいますね。

で、かえるさんはあひる好きとは知りませんでした(笑)
確かに『ライフ・イズ・ミラクル』かも~
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-20 12:58
Cartouche さん♪
ありがとうございます。いやいや・・・。
なかなかレヴューの書きにくい作品でしたよね。ストーリーがどうこうというより、空気に浸って感じる映画だったので、言葉にするのが難しいです。それなのに、書き始めると、多くのことに感銘ポイントがありすぎて、キリがなくなりそうでした。秘密の内容に触れている記事なども結構見かけたので、私はこんなもんで。
主役だけではなく、周りの人たちの人生をきちんと垣間見せてくれるところがとてもいいですよねー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-20 12:58
rubicone さん♪
静かに感動が押し寄せてきましたよね。自分の心が海になったかのように。
孤独な男達のいる海に浮かぶ油田掘削所はたまらなくステキでしたね。ホントに皆がいとおしかったです。アヒル、いえ、わたし的にはガチョウのリサも。
希望を信じましょう。油で汚れた海をキレイにしようと思う人、彼女を包みたいと思う人がいることが大事ですよね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-20 12:59
リーチェン さん♪
異国情緒好きの私にはたまらない雰囲気でしたー。
この油田掘削所が停止されたら南米に行くだなんて話から、ホントにそれは常にそういう入り混じった場所なんだとしみじみ思いを馳せました。
監督自身がチリの油田掘削所に行った経験があるんですってね。そして、サラエボでドキュメンタリーを撮ったり。世界の多様な側面を自分の目で見て、人に触れ合ってきた経験があって、こういうステキな映画が作れるんですよね。

ふっふっふ。動物は全般的に好きなんですか。ガチョウ、アヒルにはとりわけ注目です。七面鳥もペンギンも、歩き方が可愛くて好きですわー。映画に出てくるとすごく嬉しいんですが、『ラストサムライ』で見かけた時は納得がいかず。
Commented by 真紅 at 2007-02-20 19:14 x
かえるさま、初めまして。
拙ブログにコメントありがとうございました。こちらからのTBは反映されたようです。
サラ・ポーリーとティム・ロビンス、確かにバリバリのリベラルの共演ですね!
ジョセフはきっと名スイマーになって、ハンナとおいしいものをいっぱい食べたと思いますよ。
あ~、私もハーゲンダッツのジンジャー&ライチが食べたくてたまりません(笑)
ではでは。
Commented by Nyaggy at 2007-02-20 19:56 x
かえるさま、こんばんは&はじめまして!
コメントありがとうございました。
早速遊びに来させていただきました♪

とても美しくて、静かな優しい作品ですよね。
きっとジョセフは名スイマーになりましたよ!
このシーンも大好きです。

『あなたに言えなかったこと』 もご覧になっているんですね。
私は未見なのですが、いつか見たいと思っていました。
それにしても、ラテンアメリカ映画というくくりがあって素敵です!
また遊びにこさせていただきますね。
Commented by チョコ at 2007-02-20 22:54 x
こんばんは。

かえるさんの丁寧なレビューが、また映画のシーンを鮮明によみがえらせてくれます。
目がウルウルしてしまいました。

映画を観ているときは
ハンナの過去の重さがショックで、涙を流すことも出来なかったのですが
少し時間がたってから思い返してみると、涙が出そうになります。
。。。あとから、ゆっくり沁みてくる映画、でした。

ジョゼフは、たぶん名スイマーになったと思いますよ。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-21 00:16
真紅 さん♪
こちらこそ、ありがとうございます。
私もまた後ほど試してみますー。
そうなんです。世代の違うバリッバリのリベラルな2人の共演にニンマリ。石油で汚れた海や紛争下の悲劇についてが語られる映画にふさわしいキャスティングです。
2人はきっとおしいものをたくさん食べて、生きるよろこびをたくさん共有したんでしょうね。
そうそう、ハーゲンダッツのジンジャー&ライチ、食べたくなりますよねー。ニョッキもおいしそうだったし。チーズも。食べ物がおいしそうな映画っていいですね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-21 00:16
Nyaggy さん♪
いらっしゃいませ。ありがとうございます。
静かで優しさに満ちた映画でしたよねー。映し出されるものの一つ一つは綺麗なものばかりではないのに、美しい映画の印象が強いんですよね。
『あなたに言えなかったこと』は雰囲気に惹かれて、以前何気なくVIDEOをレンタルしたのですが、とても気に入りましたよー。こちらは、ジンジャー&ライチじゃなくて、カプチーノのアイス!
そうそう、書くのを忘れていましたが、Nyaggyさんのメキシコという言葉におおっ!って思いましたよ。ラテンものは私も大好きですー。『シャイン』も好きだし。
ぜひまたいらしてくださいー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-21 00:17
チョコ さん♪
ありがとうございます。
思い出すたびにせつない気持ちが蘇りますよねぇ。うるるー
そうなんですか。あまりにもショックが大きいと逆に涙が出なかったりしますよねー。
私はその話を聞いた時は、いたたまれなくて可哀想でならなかったけど、ラストシーンまでを見終わった今となっては、わりと温かな気持ちで振り返ることができるかな。
じわじわと後からも沁みてきますよねー。ジョゼフはきっと名スイマー。
Commented by シャーロット at 2007-02-21 00:41 x
こんばんは。
グースって言ってましたか。アヒルじゃないですね、やっぱり。いえ、アヒルって公式ブログだかどっかにアヒルってあったもんで。つい。
私はガチョウもブランコも見たときに、真っ先にかえるさんを思い出し・・・
ああ、なんかとてもグッとくるところが多すぎて困りましたー。良い意味で。
映像も音楽も凄く好みでしたしファンタジックなんだけれど、私自身にもどこか繋がる共鳴ポイントが多すぎて。ティムのユーモアさにも引っ張られつつ、ハンナへのアプローチがまたドキドキしちゃうほどで、片時も目が離せませんでした。
子供の声とかあまり気にしないで見てましたけど、リサの話がやっとかえるさんと出来て実は嬉しい。笑
あー、「孔雀 我が家の風景」ご覧になりましたか?
孔雀だけでなく、がちょうさんも出てきますが・・・こちらは・・・ううぅ~
そのうち記事にしようかと思ってます。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-22 12:52
シャーロット さん♪
アヒルのリサって字幕はいってたし、配給会社的にはアヒルです。でもでも、彼はグースって言ってましたよー。日本語だとアヒルの方が馴染んでいるからでしょうか??責任者出て来ーい。
丸ごとステキな映画でしたよねー。シャーロットさんにも気に入っていただけたようで嬉しいです。そして、ガチョウとブランコで私のことを思い出してくれたなんて感無量ですわ。映画のツボ映像はいろいろありますが、ブランコとアヒル系は上位でっす。女性監督ならではのディテールのおしゃれさにはいちいちグッときてしまいますよねー。
子どもの声に関しては、彼女に宿って生まれなかった生命かなーと思う瞬間もあったり、ハンナの別人格のあらわれかとも思えたり。彼女を見守る守護天使ちっくなものに過ぎないようにも思えたり、いろいろだったので私もあんまり気にしないでいました。
「孔雀 我が家の風景」は始まったばかりじゃないですか。私が観るのは来月に入ってからになりそう。そっか、ガチョウさんも登場するのね。中国映画のアヒルもののベストは香川さんの出ている『故郷の香り』です。アヒル使いになりたくなりますー。
ガチョウと孔雀も楽しみにしています。
Commented by mar_cinema at 2007-02-23 03:30
かえるさん、こんばんは。
重たい気分にさせられましたが、好きな作品です。
・・・実は、重い作品が好きな気がしてきてますし・・・(苦笑)

ジョセフの最後の台詞が心に残ってます。
それまで、ジョゼフがハンナを追い求めるのって、
どうなのよ・・・って思ってたんですが、あの台詞で全て解消。
彼は、ハンナを支え、共に生きていく事を、受け入れてたんだなって・・・
だから、彼は名スイマーになったと思います。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-23 12:21
mar さん♪
お気に召していただけてよかったですー。
観客を感情に訴えるためだけに重い問題を織り込むというものは好きじゃないけれど、本作のようなスタンスのものであるならば、私も重い作品の方が好きです。そこに世界の現実、人間の真実が描かれているものは味わい深いですよね。
私はジョセフが彼女にもう一度会いたいと探しに行くのはわりと自然なことに思えました。自分のせいで親友を失ってしまってどん底にいた時に出会ったハンナですもん。
あの台詞はステキでしたよねー。
Commented by ミチ at 2007-02-25 00:00 x
こんばんは♪
いや~好きな作品に出会えました~。
前作よりも好みです。
「秘密」があのようなことだったとは心から驚きました。
遠い地で起こったことに再び目を向けさせてもらって感謝です。
アヒルのリサは何かあるぞって睨んでいたのですが(笑)
でも、すごく癒される存在でした。
Commented by りん at 2007-02-25 11:06 x
こんにちは。昨夜に観て、まだまだいろいろ思いが、もやっとしていてエントリーはしていません。少し教えていただきたいのですが・・・。ジョゼフはなぜすぐに陸に運ばれず、2週間の期間をおいたのでしょうか?自分が理解できていないだけかとは思うのですが・・・わかりません。
ああ、もちろんこの事が物語において重要ポイントとは考えていませんが。

アヒル(がちょう)からエミール・クストリッツァへの発想、いいですねぇ。
この部分を読んで、いっぺんに気持ちが明るくなりました。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-27 18:46
ミチ さん♪
同感です。めいっぱい好みな作品でしたよねー。
前作も大好きなんですけどね。
秘密のことはあんまり事前には考えないようにしていましたが、どっちかというと個人的な事柄を想定していました。なので衝撃的でしたよね。
今日の新聞にもセルビアについての裁判の記事があって、注目してしまいました。監督自身の取材経験によって直面したことを別の映画の題材にするという姿勢が素晴らしいです。関連テーマの『グルバビッツァ』を公開してほしいと思ったり。
灰色っぽいデッキで目を引く白いリサちゃんの姿には癒されましたよね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-27 18:53
りん さん♪
その後レヴューの方もトラックバックいただいたようですね。
ジョゼフはなぜすぐに陸に運ばれなかったかというと、彼の怪我の容態が2週間の安静を要するものだったと私は受け取りました。私はそういった爆発事故による怪我がどういうものであるかがわからないし、医療というものにも縁遠いので、そういうものなんだと素直に思ってしまったのですが・・・。設備のいい病院で治療する必要はそれほどに差し迫ったものではなく、すぐにヘリコプターで輸送するのには耐えられる状態ではなかったという感じでしたよね?あんなふうに看護する人間を見つけることになるというのはいかにもフィクションらしい偶然でしたが、彼が2週間居る必要があったというのはわりと自然なことと受け止めましたよ。
アヒル、ガチョウ、七面鳥をもっともラブリーに撮ってくれるのはクストリッツァだと思っています。クストリッツァを思うと生への希望が喚起されますよね。
Commented by りん at 2007-02-27 23:16 x
お返事いただきありがとうございます。
「目も見えず火傷もひどいのに、早く病院に連れて行ってあげてよ」という余計な?思いがありました・・・。
TBと共に感謝です。
Commented by CaeRu_noix at 2007-03-01 13:37
りんさん♪
どうしたしまして。見当違いだったら申し訳ないですが、まぁきっとそんな感じじゃないかなぁと・・・。私も、すぐに病院に運んだ方がよかったりしないんだろうか?と考えたりはしたんですけどね。そうじゃないと物語が成り立たないのでそういうことにしておきましょうー
Commented by kusukusu at 2007-03-01 22:14 x
実はティム・ロビンスが演じるジョゼフのキャラクターにちょっと違和感を感じたんですが・・。あれだけ傷付いたことがあった後の男だったらあんな風にペラペラ話すのかなあと。もっと心を閉ざして人をさけている状況になっていていいと思ったんですが。
憎まれ口みたいなことも言ってはいたけど、けっこう気を使ったりもしているし、冗談も面白くて、なんだかんだいって女性から見て魅力的な男ですよね。
もしかしたら、こんな風に寝たきりなのに女性の心をしっかりとつかむ男というのに僕は嫉妬して納得できなかったのかもしれないけど(笑)。
もっとジョゼフが屈折したイヤなやつで、なんてイヤな映画だとイライラしてきたら後半にガーンときたほうが良かったような気がする(笑)。
でも、それだとヒロインが秘密を打ち明けようと思うようにならないから、そもそもこの話が成り立たないでしょうか?
そう考えると、この話としては、スムーズによく出来たキャラクターなのかなと思い返したりもしますが・・。

と書きましたが、基本的にはすごくいい作品だと思います。
アヒルも良かったですよね。
動物と言えばアルトマンの『ロング・グッドバイ』の猫と犬も本当に素晴らしい(笑)。
Commented by CaeRu_noix at 2007-03-02 23:22
kusukusu さん♪
もしも看護師がおしゃべりなおせっかいおばさんだったら、ジョゼフの方からあんなにペラペラと話さなかったかもしれません。でも、目の見えない状態で、そこにいる看護師がコミュニケーションをとろうという意思も見せずに黙々と仕事をしていたら、会話を求めてしまうものじゃないかなと思います。親友の奥さんがコロッときちゃうほどに魅力的な男なんですよね。ベッドで動けなくても、ユーモアに満ちている魅力的な男といったら、『海を飛ぶ夢』のラモンを思い出しますね。確かに嫉妬に値するステキな男性。
主人公女性がこんな秘密を持つというんじゃなかったら、男性が初めはちょっと嫌な奴というストーリーもありだったと思います。でも、このドラマにおいては、ハンナの心を開かせることが大事なので、好感と信頼を寄せることができる男性じゃないと成り立ちませんね、きっと。

ハンナの秘密を聞いた時に、去年のベルリン映画祭金熊賞作『グルバビツァ Grbavica』のことを思い出したんですが、これも今年公開されるようで嬉しいです。

『ロング・グッドバイ』の猫と犬もよかったですねー。でも、私は愛玩動物より野生動物&家畜派。
Commented by sabaha at 2007-03-10 22:42
こんばんは。
私は残念ながら、思ったほどノレませんでした。でも、上記kusukusuさんと同じく、基本的にはすごくいい作品だと思います。
アヒル(ガチョウ?)は反則ですよねー。あれで点数が甘くなったぞ(笑)。海洋学者と料理人、そして所長さん?に、より心ひかれてしまいました。
油田は、『奇跡の海』を思い出しました。
Commented by CaeRu_noix at 2007-03-11 23:58
わかばさん♪
残念でした。わかばさんが拒否感をもったのは、ラストの方だけかと思ったんですが、全体的にものれなかったというカンジだったのでしょうか。んー、確かに私も、キスはしない方がよかったとは思うんですけどねぇぇ。
わたし的にはGooseはあくまでもガチョウ!!そうそう、ガチョウは反則ですよねー。あんなところに連れて行きやがってー。私もとにかくあの周りの男たちに惹かれたのがスキスキ度をアップさせるポイントでした。音楽もすごくよかったし。
『奇跡の海』もそういえば、油田で働いていたんでしたね。
こちらのロケはベルファストだそうです。いかにも北の方の海の風景でしたよね。
Commented by minori at 2007-12-27 22:25 x
こんばんわ。
透明感のある重いテーマの割りにさわやかな作品だったような気がします。今年中に見れてよかった、お気に入りの映画の一つになりそうです。あれは、ガチョウですよ。ニルスに出てくるモルテンみたいでしたもんね(マニアック?)かわいかったなー。
サラ・ポーリーは芯がずっしりとしたイメージな女優さんですね。「死ぬまでに~」もよかったけどこれもいい。というわけでTB失礼しますねー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-12-28 07:21
minori さん♪
2人が経験した出来事はとても重く苦しいものではあったけれど、映画全体のイメージはさわやかにすがすがしいものでしたよねー。隅々まですんごくステキな作品。今年観られてよかった。私ももちろんお気に入りー。
Gooseはガチョウだよね。やっぱり。でっかかったし。アヒルと書いていた配給会社に言っておいてちょうだいー。ガチョウやアヒルが登場する映画はポイントもアップする私。七面鳥、孔雀、フラミンゴ、ペリカンも可。
サラ・ポーリーは若いのにしっかりしてますよね。透明感もあり、芯の強さも感じさせます。来年は彼女の監督作も公開されるかなー。
<< 『フィレーネのキライなこと』 PageTop 第57回ベルリン国際映画祭受賞... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon