かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『モーツァルトとクジラ』
2007年 02月 22日 |
映画にはノレず。そこにあるリアル・ストーリーには心温まる。

知的障害のない自閉症といわれるアスペルガー症候群のドナルドは、彼が開いている同じような障害を持つ仲間たちとの集会で、美容師のイザベラと出逢う。



この物語は実話に基づいていて、モデルのジェリー・ニューポート氏は、『レインマン』を観て、自身がアスペルガー症候群であることに気づいたという。そして今度は、彼自身の半生が『レインマン』の脚本家によって脚本化され、映画になったというのだからステキだ。

と、そんな事実に心温まりはするのだけど、この映画にはあんまりノレなかった。
ラブストーリーって、主人公に共感できないと映画にハマれないことが多いんだけど、このラダ・ミッチェルにはどうも好感が持てず。ウディ・アレン作品に出ていた彼女は悪くなかったと思うけど、こういうピュアなラブストーリーのヒロインというのはいただけない。自分流で突っ走ってしまう奔放な女性キャラそのものが苦手というのではない。例えば、『エターナル・サンシャイン』のケイト・ウィンスレットのキャラなんてチャーミングで大好きだったもの。

主人公の彼らの障害は自閉症の中では軽度のものであるらしい。だから、障害を持つ人々の物語ということにとらわれることなく、純粋にヒューマンドラマ、ラブストーリーとして味わえばよいのだと思われる。でも、ノレない。そして、ああ、私は、その障害のことをちゃんと理解していなくて、彼らの苦労をちゃんとわかってなくて、親身になっていないことがいけないのかもしれないなんて、ハマれない自分の至らなさを探す羽目になる・・・。

ドナルドとイザベラの人物造形、その脚本、ジョシュとラダのその演技は本当にそれでよいのだろうかという疑問から逃れられない。軽度なアスピーという状態がどうしても私の心を硬くする。集会に集う自閉症の他のメンバーたちの役作り、演技は見事だったのに比べ、ドナルドとイザベラの言動や演技は私にとっては不自然だった。就職の面接試験で今後のプランを聞かれて、人生のプランではなくてその日の予定を答えてしまうという、言葉の意図を正しく把握できないドナルドなのに、別の場所ではずいぶんとウィットに富んだ言葉を発していて、首をかしげながらもそういうものなのかなーと眺めていた。アスペルガー症候群の特性がとってつけたように、時々エピソードに組み込まれるという印象が拭えず。

それから、私はもうちょっとファンタジックで、ピュアピュアで静かで柔らかな空気感の映画をイメージしていたのだけど、アメリカ人らしく?主人公の2人は意外と口数が多く、しょっちゅう感情的になって口論をしていたので、そのへんも好感の持てないところだったかも。

そんなふうにのめり込めない映画だったけど、このタイトルが付けられた理由はとっても好き。そのエピソードは可愛くて、最も気に入ったシーンだったな。そして、それは映画のために創作されたものなどではないのだという。ドナルドとイザベラの場合は出会ってしばらくしてからのデートシーンで使われたわけだけど、現実はもっとステキで、ジェリー・ニューポート氏とメアリーの物語では、まさにそれが出逢いのエピソードなんだって。ニューポート氏がメアリーに出会ったのは、45歳の時なのだそう。

映画にはハマれなかったけど、ニューポート夫妻の物語に興味がわいた。
人生は困難に満ちているけど、映画のようにステキなんだね。

モーツァルトとクジラ Mozart & The Whale
2004  公式サイト
監督 ピーター・ネス
脚本 ロナルド・バス
出演 ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル、ゲイリー・コール、ジョン・キャロル・リンチ
(シネスイッチ銀座)
.
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-02-22 12:59 | CINEMAレヴュー | Trackback(13) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4803305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from レザボアCATs at 2007-02-23 19:21
タイトル : #26.モーツァルトとクジラ
「自分は普通だ」、とか、「常識の範囲内で生きている」、とか、そうであることを誇りに思っている、という人には決して、いい作品だとは思えないかもしれない。私には、ひさびさに、心に響く、とても変わったラブストーリーだった。ラブストーリーであると同時に、ヒューマ....... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2007-02-28 12:41
タイトル : 『モーツァルトとクジラ』
すこしだけ不器用でちょっとだけ遠回りでも、幸せはきっと見つかる     ■監督 ペター・ネス■脚本 ロナルド・バス■キャスト ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル、ゲイリー・コール、アレン・エヴァンジェリスタ、エリカ・リーセン、シーラ・ケリー、ジョン・キャロル・リンチ □オフィシャルサイト  『モーツァルトとクジラ』  発達障害の一種であるスペルガー症候群のために平穏な日常生活を送ることができないドナルド(ジョシュ・ハートネット)は、同じ障害を持つ仲間たちが...... more
Tracked from ヨーロッパ映画を観よう! at 2007-02-28 21:31
タイトル : 「モーツァルトとクジラ」
「Mozart and the Whale」2005 USA モーツァルトが好きなイザベルと、クジラが好きなドナルドの、ちょっとノーマルでない(アスペルガー症候群)ラヴ・ストーリー。 主演の二人はジョッシュ・ハーネット「ホワイト・ライズ/2004」「ブラック・ダリア/2006」 &ラダ・ミッチェル「フォーン・ブース/2002」「メリンダとメリンダ/2004」。 監督はノルウェー/オスロ出身のペッター・ネス。 脚本は「レインマン/1988」のロナルド・バス。 日本人て西洋人(ヨーロッパ/アメ...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-03-01 22:10
タイトル : モーツアルトとクジラ
ちょっとだけ不器用で・・・... more
Tracked from しまねこ日記 at 2007-03-06 07:01
タイトル : モーツァルトとクジラ
アスペルガー症候群という障害を抱えているドナルド。数字に関しては天才的だが日常生活では失敗ばかり。タクシー運転手として働いていたがそれも長続きしなかった。ドナルドは、同じような障害を持つ仲間たちとサークルを作り、少しでも環境に適応する力を身につけよ...... more
Tracked from たーくん'sシネマカフェ at 2007-03-14 03:31
タイトル : モーツァルトとクジラ
引き続き、「青春18きっぷ」を利用して宇都宮から有楽町まで大移動。途中乗り換えが1回だけですみます。長いけどそれも鈍行のよいところです♪さて「モーツァルトとクジラ」は知人の様子がアスペルガー症候群に似ているので関心を持ちました。 監督:ペッター・ネス出演...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-03-14 07:20
タイトル : モーツァルトとクジラ
銀座シネスイッチでの最終日にやっと観ることができました。 もう、随分前になりますが、「レインマン」という映画(本作の脚本家でもあるロナルド・バスが脚本を担当)がありました。ダスティン・ホフマンが自閉症の男性を演じて、当時、ヒットした作品です。その作品を観たこ... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2007-03-17 00:54
タイトル : 『モーツァルトとクジラ』@シネスイッチ銀座
ドナルドはタクシー運転手として働いているが、本当は数学の天才だ。仲間たちの良きリーダーでもあり信頼も厚いが、数字に執着するあまり失敗も多い。そんな彼がとびきり魅力的なイザベルに出会い恋に落ちる。彼女は美容師で、動物を可愛がり、絵や音楽の才能に秀でている。... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2007-04-03 23:34
タイトル : モーツァルトとクジラ
障害を 健忘すれば 健常者   前知識なしで、タイトルだけで「よし、観よう」と決起することがある。この作品も然りだ。そのタイトル、「モーツァルトとクジラ」、面白い。私は偏にモーツァルトである役者とクジラである役者が観られれば満足するのである。  ただ昔と違... more
Tracked from シネマ de ぽん! at 2007-04-04 11:16
タイトル : モーツァルトとクジラ
モーツァルトとクジラ公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り ☆☆総合評価  ☆☆☆完... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-06-12 19:59
タイトル : MOZART&THE WHALE モーツァルトとクジラ ..
5月25日、京都みなみ会館にて、鑑賞しました。上映が一週間限定だったので、慌てて観にいきました。今や、ハリウッドで人気若手俳優のジョシュ・ハートネットが、今までとは違ったイメージの役を演じるのも、非常に興味もあり、また相手役のラダ・ミッチェルも「サイレント・ヒル」や「フォーン・ブース」といった人気作品に出演している有名な女優さんなので、二人がどのような感じで絡むところも・・・・・。 アスペルガー症候群って、皆さんご存知でしょうか?知的な遅れや言葉の遅れも伴わない自閉症の人のことを言います。最近特...... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-09-29 19:52
タイトル : 『モーツァルトとクジラ』
モーツァルトとクジラ(2007/06/29)ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル 他商品詳細を見る監督:ペター・ネス CAST:ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル 他 ドナルド(ジョシュ・ハートネット)はアスペルガー症候群のために普通の日常を送れないでぎ..... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2009-09-07 01:21
タイトル : 「モーツァルトとクジラ」 DVD
ノルウェーのピーター・ネス監督の撮った米国映画。主人公の男女は共に近しい障害(アスペルガー症候群)を抱えている。出だしに男が日本人乗客を乗せタクシーを運転していてその障害(彼の場合はまず数字だ)によってトラブルが発生するところで最初から障害の持つ社会的生活に与える影響や意味合いが出てくる。本筋において男女は共に傷ついて滑らかなように行かないものの出会って愛が深まっていくという事で、軽快なポップスも相まって、障害という事を除けば典型的なラブストーリーとして物語についていって二人の行く末に固唾を呑んで画面...... more
Commented by シャーロット at 2007-03-01 22:09 x
こんばんはん。
ああ、同じような事を気にしてる感じですー。
なんとなく題名からすると、もっとピュアな二人でファンタジックかと期待しちゃいました。これが出会いのエピソードだったら、ワクワクしちゃいますよね。45歳の時の出会いという事であったら、大人のラブストーリー的で入り込めた気もするけれど・・・。


Commented by CaeRu_noix at 2007-03-02 23:17
シャーロット さん♪
イカとクジラはファンタジックじゃなくてもディテールが気に入ったのでOKだったんですが、こちらはもうちっとファンタジックであってほしかった。そういう演出は不要で、リアルを大事にするなら、若手人気俳優などを主演にせずに、45歳の出会いを描いてくれた方がよかったなぁと。ジョシュ&ラダの起用はどうも私好みではありませんでしたー。映像のいくつかや音楽は結構好きだったんですけどねー。
<< 『エクステ』 PageTop 『キムチを売る女』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon