かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
3月17日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 03月 16日 |
都心で最も遅い初雪初雪が観測されたとか。もうすぐお彼岸なのに。
さて、今週のトーゼンミルミル印は、



フランシスコの2人の息子 /シャンテシネ

ブラジルの人気兄弟ボーカル・デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルチアーノの物語。
ラテンな音楽ムービーは外せないー


ステップ・アップ

踊るシネマは外せないー
バレエ×ヒップホップといったら、『セイブ・ザ・ラストダンス』を思い出しますが。


ナヴァラサ /ユーロスペース(レイト)

南インドの女装フェスティバルを映し出しながら、トランス・ジェンダーの問題に迫る。
タイ映画のオカマちゃんはお馴染みだけど、インドの女装ものというのは初めてかも。


--きっとミルミル

ナイト ミュージアム

ベン・スティーラーがシネコンにやって来た!博物館舞台というのはワクワク。
しかーし、メジャーな展開をしているから、ファミリー向けな内容?
『ズーランダー』な世界は望めないのかにゃ・・・


--たぶんミルミル

春のめざめ /シネマ・アンジェリカ

ジブリ提供のロシアアニメ。めくるめく油絵なアニメーション
監督のアレクサンドル・ペトロフはノルシュテインの弟子なのね。
27分で千円というのがね・・・。


---気になるものっ

◆Water  /Q-AXシネマ

芥川賞作家・吉田修一氏が処女小説を自ら脚色し、メガホンを取って短編映画化。
"夏真っ盛りのプールの水飛沫に抱かれながら、悩み多き少年たちは大人への扉を開く"
撮影監督が 『スイミング・プール』などオゾン作品を手がけたヨリック・ル・ソー!


◆デジャヴ

トニー・スコット映像は観たい。ブラッカイマーに後ずさり。
おもしろそうだけど、アクション比率が高いなら見なくていいかな・・・


その他
---
◆ハッピー・フィート
◆アンフェア the movie
◆超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!
◆キトキト!
◆口裂け女
◆渋谷区円山町
◆ポイント45
◆棚の隅
◆東京の嘘
◆秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 総統は二度死ぬ
◆PORTRAITS OF JAMAICAN MUSIC
---

あ、口裂け女は気になりますね。
この題材は本気で作ってほしいかも。


とくじょー

3月17日(土)~30日(金)新宿シネマスクエアとうきゅうにて
-『蟲師』公開記念「大友克洋の世界」
・『AKIRA』:3月17日(土)より3月21日(水・祝)まで
・『老人Z』:3月22日(木)より3月24日(土)まで
・『MEMORIES』:3月25日(日)より3月27日(火)まで
・『スチームボーイ』:3月28日(水)より3月30日(金)まで


新文芸坐は引き続き気になる日本映画達〈アイツラ〉2006


私は当面おフランス映画モードだー。アラブをはさみつつ。
サニエたん、かわゆかったでしゅ。
でも、夜は疲れまする・・・
なー
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-03-16 18:55 | 映画週チェック | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/4970502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぼんべい at 2007-03-17 07:39 x
ハッピーフィート、踊るシネマなのに選外なのねー。
これは私は観るので、よかったらオススメしに来ます。
ナヴァラサ も春のめざめも観たいけど、渋谷だからきっと行かないんだろうなぁ・・・
夜は疲れるといいつつ劇場に足を運ぶかえるさんをちょっとは見習わないと。
Commented by CaeRu_noix at 2007-03-18 10:24
ぼんべいさん♪
ハッピーフィートはとってもメジャーなので私は見なくていいでしょうってことで。「アイス・エイジ」なんかも結構好きだったけど、動物&自然の世界はアニメよりは実写の方がいいかなぁ。「マダガスカル」はイマイチでしたし。「皇帝ペンギン」にはかないません。
ミュージカル仕立てのアニメというのも「ノートルダムの鐘」みたいなめくるめく映像世界のだったら絶対観たいんだけど、氷の上でペンギンが踊る姿はイメージできちゃうからなぁ。この手のメジャーモノはDVD化も早いのでいつか観まする。でも、『ロボッツ』なみに素晴らしいアニメだったら、是非ともプッシュしてくださーい。
私を見習う必要はないけれど、その時にしか劇場鑑賞できない素晴らしき映画を、行くのが億劫という理由で見逃すのは、あまりにももったいないと思ってしまうのですよ。価値観、優先順位は人それぞれのものがあるのでしょうが。
<< 「アラブ映画祭2007」 鑑賞メモ PageTop 『松ヶ根乱射事件』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon