かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ブラックブック』
2007年 04月 13日 |
もりだくさんなおもしろさ。

1944年、ナチス占領下のオランダ。ナチから逃げるため、ユダヤ人女性のラヘルは手引きされて船で南部へ向かおうとしたのだが・・・。



ナチス占領下のヨーロッパのドラマは多数観てきたけれど、オランダ舞台のものなんて初めてじゃないかな。(『アンナとロッテ』はからんでいたかな?)というわけで、ほとんど初めて観るオランダのその物語もとても興味深いものだった。そのへんは解説を読んで知るのみだったけど、なるほど英雄視されていたレジスタンスをこういうふうに描くことは画期的なことでもあったのだね。

ハリウッドで活躍してきたポール・バーホーベンが監督ということで、ヨーロッパでのナチの時代を描いた映画の中では稀に見るような、アクション映画仕立てとも思えるダイナミックな激しさが印象的。同じセバスチャン・コッホが出演する不穏な時代の嘘と裏切りの物語なのに、『善き人のためのソナタ』のとは正反対のタッチなのがあまりにも顕著でおもしろいほど。たびたび登場する凄まじい銃撃戦シーンは良くも悪くもさすがハリウッド仕込みという感じで、個人的にはその演出にやや引いてしまったけれど、迫力のある見せ場になっていてよろしいのかな。

そして、『氷の微笑』、『ショーガール』を手がけた人だということを意識させられる凛としていながらもエロティックに艶やかなヒロイン。生き抜くためには色仕掛けもなんのそのの毅然とした強さに圧倒される。こんなにも強い女には逐一共感しづらいという思いを超えて、そのたくましさにある意味感動してしまうほど。『ネコのミヌース』で人間になったネコちゃんをファンタジックに可愛く演じていたあの彼女が体を張って大胆不敵な大人の女として闘っていた。まさに、マタハリ的にスパイ映画を観るような感覚で楽しんでしまった。人間の強さに感動しつつ、戦争、憎悪が人間をそこまで追い詰めるということからも目をそらせない。

大人のセックス&バイオレンス、サスペンスに愛と裏切り。なんて盛りだくさんなエンターテインメント。歴史上の重い出来事を題材に、真実の物語をベースにして、こんなエネルギッシュなてんこ盛りエンタメ映画をつくれるのはスゴイのかもしれない。しっとり感じ入れてしまうような好みのタイプではなかったけれど、おもしろかったなーという満足感のあふれる大作でした。

ブラックブック ZWARTBOEK BLACK BOOK
2006 オランダ/ドイツ/  公式サイト
監督.脚本ポール・ヴァーホーヴェン
原案.脚本ジェラルド・ソエトマン
撮影カール・ウォルター・リンデンローブ
出演
ラヘル・シュタイン/エリス・デ・フリース・・・カリス・ファン・ハウテン
ハンス・アッカーマン・・・トム・ホフマン
ルドウィグ・ムンツェ・・・セバスチャン・コッホ
ヘルベン・カイパース・・・デレク・デ・リント
ロニー・・・ハリナ・ライン
ギュンター・フランケン・・・ワルデマー・コブス
ロブ・・・ミヒル・ホイスマン
公証人スマール・・・ドルフ・デ・ヴリーズ
ファン・ハイン・・・ピーター・ブロック
スマール夫人・・・ディアーナ・ドーベルマン
カウトナー将軍・・・クリスチャン・ベルケル
(新宿 テアトルタイムズスクエア)
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-04-13 12:54 | CINEMAレヴュー | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5149734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カリスマ映画論 at 2007-04-15 02:03
タイトル : ブラック・ブック
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  復讐と愛と覚悟に生きた女   ... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2007-04-15 21:09
タイトル : 「ブラック・ブック」映画感想
ドイツ占領下のオランダでナチの将校とユダヤ人女性の愛憎を描いた、ブラックブック(... more
Tracked from 映画『ブラックブック』公.. at 2007-04-16 18:42
タイトル : 『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊募集中!
ただいま'''『ブラックブック』&バーホーベン監督応援隊を募集中'''です! 昨日24日から公開のバーホーベン監督最新作『ブラックブック』をごらんいただいた感想や あなたの熱きバーホーベン監督への想いなどなどを ぜひ'''あなたのブログやHPで語って'''ください! 語ってくださった皆様へは御礼として、 抽選で東芝エンタテインメント配給の'''最新作映画試写状があ...... more
Tracked from Days of Book.. at 2007-04-19 18:45
タイトル : 『ブラックブック』の政治と性
鏡の前に座ったレジスタンスの女(カリス・フォン・ハウテン)がドレスの裾をたくし... more
Tracked from -☆ EL JARDIN.. at 2007-04-25 23:07
タイトル : 「ブラックブック」
「苦しみはいつまで続くの?」絶叫しながらもひたすら立ち向かう女性の壮絶な人生。冒頭で「実際にあった話をもとに構成した物語」との断り書きがあります。確かにこれだけの目に遭って生きていくのはあまりにも辛すぎる。でも、おそらく勝るとも劣らない悲しく辛いことが...... more
Tracked from ロッタのひなたぼっこ at 2007-05-04 09:11
タイトル : ブラックブック
『ブラックブック』とは、誰も信用できない時代で、唯一真実の書かれた黒い手帳。 1944年、ナチスドイツ占領下のオランダ。ユダヤ人歌手のラヘルは、ドイツ軍に隠れ家を爆撃され、ファン・ハインという男の手引きによって、家族とともに南へ逃げようとす途中でナチスに見つかり、家族を目の前で殺されてしまいます。 レジスタンスに助けられ、髪を染めて「エリス」と名前を変えて生まれ変わります。スパイとしてナチス諜報部のムンツェに近づきますが、やがて彼に惹かれるようになり・・・。 ポール・バーホーベン...... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2008-02-20 16:54
タイトル : ≪ブラックブック≫(WOWOW@2008/01/14@0..
ブラックブック   詳細@yahoo映画 第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、 家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンス 主演の“カリス・ファン・ハウテン”はちょっと雰囲気が“キルスティン・ダンスト”っぽ... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2008-04-06 23:42
タイトル : ブラックブック
映画館で予告を観て、ちょっと面白そうでした。 DVDで観賞。 1944年、ナチス占領下のオランダ。 美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、 何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。 レジスタンスに救われたラヘルは、 エリスと名を変え、髪... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-09-26 20:33
タイトル : ブラックブック
 『この愛は裏切りから始まる』  コチラの「ブラックブック」は、第二次世界大戦を背景に、オランダ映画界史上最高となる25億円の製作費をかけ、壮大なスケールで描かれたサスペンス・エンターテインメントで、3/24に公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜....... more
Commented by 睦月 at 2007-04-13 16:27 x
こんにちわ。
そうそう。この作品の面白さの一つは、おっしゃるようにレジスタンスをこんな風に描いてしまったというところにあるんだろうなと思いました。なかなか画期的ですよね。でも、実話ベースだということなので驚きです。

ヴァーホーヴェン監督の作品って、実は私の映画人生に色濃く残るものばかりで。
作品の出来自体がどうこうというよりも、強烈なエロ&バイオレンス描写が非常に印象的なんですよね・・・シャローン・ストーンはいまだに私のエロの象徴ですもの(笑)。

かなりシビアな物語も、ちょっとどこかスカしたような作風でエンターテインメントに仕上げてしまうあたりに、ヴァーホーヴェン監督の健在っぷりを再認識した作品でありました♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-04-14 12:44
睦月 さん♪
たびたびコメントありがとうございまーす。
いやー、私はそこのところ、映画の解説を読まなければピンとこなかったんですよ。単なるエンタメじゃなくて、画期的な描き方をした本気の社会派作品だったんですね。実話にインスパイアされたというところがミソですが。
おおお、睦月さんの映画人生に色濃く残るヴァーホーヴェン監督作品なのね。でも、確かに、『氷の微笑』の印象は濃いぃです。私にとっても、シャローン・ストーンはセクシー&エロスの代名詞だったかも。ぶりぶりロマコメ女優とは一線を画したクールビューティっぷりに大人の女ってこうでなくちゃって思ったような。
ラジー賞とった『ショーガール』もそんなに悪くなかったと思うし。
ありがちな素材のようですごく個性的な作風にも感じられました。ハリウッドものとも、ヨーロッパものとも違った質感。ホントに、ヴァーホーヴェン健在!というのを実感しましたー。
<< 『素粒子』 PageTop 『クロッシング・ザ・ブリッジ ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon