かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
4月21日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 04月 21日 |
てんてこてんてこまいまいまいまいまい
GWに向けて、ラッシュラッシュ。
さてさて、今週のトーゼンミルミル印は、



こわれゆく世界の中で /シャンテシネ、ル・シネマ

アンソニー・ミンゲラは大好きです。音楽はやっぱりヤレド。
そして、今月はジュード・ロウ萌え月間。


明日、君がいない /アミューズCQN

カンヌ映画祭で話題のオーストラリア映画「2:37」がいよいよ一般公開。
監督ムラーリ・K・タルリが、友人の自殺をきっかけに19歳の時に脚本執筆した青春映画。


ロストロポーヴィチ 人生の祭典 /シアター・イメージフォーラム

ロシアの映像詩人アレクサンドル・ソクーロフが撮ったチェリスト、ロストロポーヴィチ夫婦の人生のドキュメンタリー。


ドレスデン、運命の日 /シャンテシネ

第二次大戦末期、ドレスデンの爆撃にまつわる物語をドイツ・イギリス両方の視点から壮大なスケールで描く。
監督は、『トンネル』の人ということでエンタメ度が高いのかしら?
4、5年前にドレスデンを訪れた際には聖母教会はまだ修復中だったから、それらの教会を見るのも楽しみ。


神童 /シネマライズ他

萩生田監督だし。音楽ものだし。


ハンニバル・ライジング

ギャスパー・ウリエルくんですよ。原作者トマス・ハリスが脚本も執筆。
監督は 『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。
ハンニバルシリーズといえば、アメリカの物語だったけど、今回はキャストもスタッフもロケーションもヨーロピアンなところがいいじゃない。
しかし、レディ・ムラサキって・・・。


ミルカナ?

◆ラブソングができるまで

ヒュー・グラントは好き好きだし、ドリュー・バリモアは『50回目のファーストキス』で評価アップしたのだけど、どうもアメリカン・ロマコメには二の足を踏んでしまう。
イギリスのワーキング・タイトルのものなら迷わないのだけどー


気になるものは気にしない・・・


---
◆ロッキー・ザ・ファイナル ・・4/20公開
◆リンガー!替え玉★選手権 /シアターN渋谷
◆THE UNUSUAL SUSPECTS /シアターN渋谷
◆サイレンサー /シネマ・ロサ
◆フライ・ダディ
◆机のなかみ
◆デコトラの鷲 愛と涙の男鹿半島
◆星影のワルツ
◆みづうみ
◆無垢なモノ my simple things
◆アボン 小さい家
◆クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
◆劇場版名探偵コナン 紺碧の棺 <ジョリー・ロジャー>
◆「電撃文庫ムービーフェスティバル」
---

あっぷあっぷですが、、、


・とくじょー

  春の映画祭ちぇーっくなど

シネマ・アンジェリカでは、西川美和監督作品特集
『ゆれる』、『蛇イチゴ』が観られます。
舞台挨拶もあるもよう。
ついでに、『いつか読書する日』 が800円で劇場鑑賞できちゃうのもスバラシイ!

シネマート六本木では、「韓流祭」開催中。

シネマ・ジャックでは、『気球クラブ、その後』 がかかりますよー

なー
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-04-21 12:57 | 映画週チェック | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5213411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from はなことば at 2007-05-03 15:26
タイトル : 映画『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』
久々に音楽カテゴリでの記事です。見たのは映画だけれど、音楽記事。ロストロポーヴィチについてのドキュメンタリー映画を見ました。昨日のことね、5月2日のことです。 詳しいことはこちら↓ ロストロポーヴィチ 人生の祭典 2006年 アレクサンドル・ソクーロフ監督 ..... more
Commented by mako at 2007-04-23 19:41 x
てんてこまいてんてこまいてんてこまい…
ご無沙汰していてすみましぇん。観たいものがどんどんたまって
飽和の泡だらけになりそうですが、亀の歩みでおじゃまいたします。
ジュード萌え月間ですよね、ホントに。
ジュードが1日3食楽しめます状態だなんてステキすぎます。
それぞれに違ったお味が楽しめそうだし。早く観にゆきたいですわん。
あと、ご報告おくれましたがみくしいMいれてましたー
Commented by CaeRu_noix at 2007-04-24 10:22
mako さん♪
てんてこまこさんは直前までお忙しいのでしょうか?がむばってください。
お知らせありがとうございます。拝読しましたー。
GW前の今月の公開ラッシュったらすごいですよねー。イタリア映画祭の前に一般公開作をある程度こなしておかなくちゃと詰め込んでいる私ですぅ。

一昨年あたりはジュード出演作がたっくさんあったのに、去年はなかったですよね。そして、今年は同時期に3作主演作が封切りとはー。萌え度が高いのはやはり、ホリディかしら。いや、しかし、あんまり大きくキャラに違いはないような気がしました。ガタカやリプリーやAIの頃は、ホントにいつも違う表情を見せてくれたものだけど。この3作をかなり近い時期に観た私は、ジュードがトム・クルーズのようになったと感じるほどに、その役の個性が浮き彫りにならずに全部がジュード・ロウでした・・・。ううむ。
Commented by Moe at 2007-04-25 19:16 x
こんばんはー☆
日仏学院の『明るい瞳』、ご覧になるんでしょうか?
とぼけたコミカルなナタリー・ブトゥフ・・気になります。
日程的に無理なので、かえるさんのレビューを密かに・・勝手に
お待ちしていまーす。
Commented by CaeRu_noix at 2007-04-26 17:52
Moe さん♪
ありがとうございますぅ。
Moeさんも『明るい瞳』、チェックされているんですね!
うー、日仏の上映は行きたいですけど、難しいです。
先着50名だから、ギリギリ(或いは遅れての)到着じゃあ無理っぽいかなぁと・・・。
ティーチインだとか同時上映の短編だとかその前にやる前作の無料上映だとかかなり魅力的なんですけれどね・・・。
主演のナタリー・ブトゥフというのは始めてなので楽しみです。
Commented by シャーロット at 2007-04-26 23:30 x
こんばんはー。先日は大変びっくりナ出会いで。
かえって声をかけたらまずかったかなーと思ったりして。すみません、ご挨拶もろくに出来ずに帰途についちゃって。
お元気そうでなりよりでした。それにしてもお忙しいですねー。でもそのアクティブさがまた素晴らしい。
私、午前中に「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」を見てきましたが、結構その後の「明日、君がいない」で後味を濁されちゃって。逆に見れば良かったと思ってしまった。飯食べてなかったのでヘロヘロでしたわ。
かえるさんの記事アップは先になりそうですかね。
ではではイタリア映画祭までさくさく新作消化がむばってくらさい。
私、いまいち見れないかもです。結局、ローザスも一日くらいしか見れないかも。ギドクと合わせてユーロスペースには結構行くかもなと思ったので会員にもなったのですが・・・スケジュール調整にもあっぷあっぷしてます。
Commented by CaeRu_noix at 2007-04-27 14:14
シャーロット さん♪
いやーだー。いえいえ、いいんですよ。気づいても、声をかけずにこっそり見られている方がもっと困りますってば。いやー、シャーロットさんは水曜には都内で映画鑑賞はしないと勝手に思い込んでいたので、びっくり。いつも、水曜の私はそんな感じで、ラフラフに慌しいんですぅぅ。今後はちゃんと身なりを整えておかなくちゃだわ・・。
帰りは、掲示の記事を読んでいたら、見失い。映画の内容のことがちょっと聞きたかったんですけどねー。あの彼女はどの場面に出ていたのかしらって・・。登場人物の顔の区別がつきにくかったのは私だけ? あと、私はシャーロットさんとは逆で、直前に昼ごはんを食べてしまったので、満腹で眠気に襲われたりもしました。なのでちょっと陶酔度は浅かったかも・・・。シャーロットさんは、しっかと後味の悪さをのこされたのねー。
水曜に観たヤツのレヴューは5月かな。
ローザスは私も一つしか観たことないんだけど、不思議なおもしろさがあります。私も今回は一度か二度かな。一番観たいものには行けません。ユーロの入会金は安いのですぐにもとはとれますでしょう。GWもがむばりましょう。
<< 『ツォツィ』 Tsotsi PageTop 『映画館の恋』 (劇場前) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon