かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-4月のしねまとめ- 
2007年 04月 30日 |
4月をじっくりと振り返っている余裕もない、ゴールデン・ウィーク真っ只中。



目玉作品はやっぱりバベルにスパイダーマン3なのかなっ。
バベルのクラブシーンの照明点滅映像で体調不良を訴えた観客がいたそうで。
これはピカチュウの時と同じ症状?
クラブシーンは音を振動で感じて感動する場面なので、私は映像をそんなに直視はしなかったのだが。
映像でいったら、スパイダーマンがビューンって跳ぶシーンの方が気持ち悪くなりそうになるよね?

4月は意地になってレヴュー書きをしたりもして結構疲れましたー。へとへと。
ストレスになるほどにそんなに無理して書くこともないじゃーんという思いと、せっかく映画を観て感銘を受けたのだからそれを記したいという思いが、交互に気まぐれに押し寄せてくる日々ー。

1ヶ月を振り返るのがあまり楽しい気分じゃないのは、末日のラストを飾った映画が無残に虚しく世を終えるギャング物語だったから?曇り空だから? 人ごみに疲れたから? 気がかりなことが2,3あるから? あ、そうか・・・。

で、定例の、、

2007年4月に鑑賞した一般公開新作星取り!(お気に入り度、満喫度)

特別に、★★★★★ (星5つ)  ↓

サン・ジャックへの道
約束の旅路
黒い眼のオペラ

これらは今年初見ではなくて再鑑賞したものなので、今年の年間ベストの対象外にしますが、ここ月まとめでは、お気に入り印であることをアピールしておきまーす。

ついでに、パリの中で も。
特集上映鑑賞作だけど、お気に入り印。一般公開してくれー。

以下は前月と同じ配点で、、

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上) ↓

恋愛睡眠のすすめ
こわれゆく世界の中で
サンシャイン 2057
ボンボン

★★★★☆ ~★★★★ (星4つから星4つ半くらい) 

輝ける女たち
ツォツィ
世界はときどき美しい
バベル

★★★★   (星4つくらい) ↓

デジャヴ
情痴アヴァンチュール
フランドル
13/ザメッティ

★★★★ ~★★★☆↓ (星3つ半から星4つくらい) ↓

モンゴリアン・ピンポン
ユアン少年と小さな英雄
蟲師
ブラックブック

★★★☆ (星3つ半くらい) ↓

明日、君がいない
オール・ザ・キングスメン
ホリディ

★★★  (星3つくらい) ↓

ハッピー フィート
映画館の恋

★★☆ (星2つ半くらい) 

ダフト・パンク エレクトロマ 


うーん、何か違うような気がするけど、考えれば考えるほどわからなくなるのでこれでいいや。
短期間でいっぱい観たら、比較することがとても困難でしたぁぁ。
まぁ、心に残る映画のイメージをお気に入り度で量るだけですー。
おもしろさよりガツン度よりスキスキ度でっす。
傑作だとか駄作だとかそういうのは知らん。


「オール・ザ・キングスメン」はアメリカのものにしては演出が好みでした。
権力に腐敗はつきものなのかというような興味あった部分はそれほどに描かれていなかったけど、ジュード扮するジャーナリストの物語だったのが逆におもしろく観られたかな。

「ダフト・パンク エレクトロマ」はほぼ予想通りでありつつ、もっとつくりこまれたものを期待していたかも。もっとシュールにコミカルにいくか、もっと映像や音楽で魅せてくれるかのどっちかがほしかったかな。


4月は特集上映鑑賞作比率は低めでした。
「ローラ」のその後を知るべく、英語だったけど「モデル・ショップ」観ました。
あと、ギドクの「悪い女」、ローザスを2つ、そしてイタリア映画祭へつづく。

ドイツ映画祭はにちよびくらいしか行けそうにないしー
シモタカの白夜映画祭とやらのラインナップにとても心躍り。
まとめて振り返る作業より、これからのものに向き合う作業の方が楽しいかなと感じ。

くるん。余談ですが、Newsweekの記事。
映画業界関係者取材によるトップスター番付ベスト5
(主演作の興行収入の合計などで判定)
1 ウィル・スミス
2 ジョニー・デップ
3 ベン・スティーラー
4 ブラッド・ピット
5 トム・クルーズ
だそうです。長い間、クルーズ&ハンクスの2人のトムがトップを走っていたハリウッドのランキングもクルーズの人気低下、ハンクスの年齢などの理由で変化したそう。
ベン・スティーラーったら、いつの間にぃー!
『ナイト・ミュージアム』は結局、観に行ってなーい。

今日はようやくブラダイ

-3月のしねまとめ-   ..  -5月のしねまとめ-
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-04-30 23:59 | 映画月まとめ | Comments(4)
Commented by シャーロット at 2007-05-01 17:31 x
こっちにもお邪魔しますよん。
4月は本当にお疲れ様でした。こんなに鑑賞なさってるのにきちんと記事アップしてるのには頭が下がりますー。
ローザス、私も昨日見ましたよー。一番上映時間が短い日だった?ので、どうも空腹感満たせず。私的にはもっと見せてーって感じでした。しかし面白かった。でで、かえるさんちのキムとジャスミンの画像見てきましたけど、いやにいちゃいちゃしてると思ったら映画では恋人同士だったのですね。なんか長かった作品だったしラストもあららで妙に疲れましたです。でサインはいただけたのでしょうか。。。私、渋谷で「悪い男」だったので微妙な時間の為、座談会は行けませんでした。
ちょっと5日まで充電します。。。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-02 19:12
シャーロット さん♪
えええ、昨日って、30日?あら、やだ。私もローザス行きましたっす。
で、シャーロット さんも犯罪小説もご覧になっていたんですよね?
ユーロと朝日で二度もニアミスってこと。狭いユーロで気づかなかったなんて・・・。
いわいさんにはいつも見つけてもらうし・・・。
ローザスは30日の短編のはちょっと寂しかったですよね。6分の顔のやつなんかはスクリーンで観たくなかったわ・・・。ダンスもの自体はとても気に入っていて、全部観たいくらいなんですが。スカートのゆれ方が好き♪
イタリアンの方は座談会には行かず、犯罪小説だけ観ました。こちらは演出がもっさりしていて、わたし的には皆に不評だった「暗黒街」の方が好きかも。キムのギャングより、ブノワがいいわ♪
ゆっくり充電してくださいー。
Commented by シャーロット at 2007-05-03 01:32 x
うお、30日ぃ?なんと。私前方中央席にいましたです。およよ。
そうそう、顔が画面いっぱいなんてー。私はダンス作品見に来たんだよ~と思ったのですが。さみしーと思ったのは一緒だったわけですね。とぼとぼ劇場を下を向いて後にしたので、かえるさんには気がつかなかったのかなあ。。
それと犯罪小説も見ましたですよー。
伊ものって色んな要素があって楽しめる気がするんですがこの作品に限っては暗黒街を思い出しつつ私も大きな声では言えなかったのですが、あの作品のクールさに軍配が上がっちゃったのですよね。それにまだまだ初心者だからキムかっこいい!なんて言えなくって。笑
あ、カイマーノも見ましたけど、私的にはちょっと疲れてしまった感じ。いえ、大変面白かったのです。が、これもまた色んな要素盛りだくさんだったのでちょっと情報量が私には多すぎでした。最後に見た「ミルコのひかり(空のように赤く)」は題材に物すごく魅かれちゃったので堪能できたのですけど。やはり私の限界は一日2本くらいだなあ。。。

Commented by CaeRu_noix at 2007-05-04 00:20
シャーロット さん♪
きゃー、全然気づかなかったですー。私は左ブロック。
いつもはロビーにいる時間の長い私なんですが、この日はハードスケジュールだったので、開場後は席で待ち、終わってからはすぐにトイレに行ったのでした。
「犯罪小説」はオープニングの少年時代で始まるところなんかは好感触だったんですが、ギャングものとしてはボンヨーな印象でした。イメケンキムにだけロマンスがあるのもナンダカナーって思っちゃいましたわ。みんなあだ名のイメージにそぐわないしー。ダンディ?初心者でも熟練者でもカッコイイものはカッコイイと言いましょうー。でも、生キムキムはそんなにクラッと度は高くなかったかも。仏映画祭でブリュノ・トデスキーニの生のお姿を見た時の方が俳優さんならではのにじみ出る魅力を感じて高揚した気がする私。キムのイチャイチャが印象を悪くしたのかしら?
はげしく素晴らしい映画に出逢えると、4本観て疲労していてもむしろ達成感を感じたりするのだけど、そうじゃない時はどっと疲れるかも・・・。
そして、久しぶりに映画ではなくて、音楽に大興奮。ラ・フォル・ジュルネは侮れなかったですぅ。民族ー
<< 『バベル』 PageTop 『こわれゆく世界の中で』 Br... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon