かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
5月19日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 05月 19日 |
第60回カンヌ国際映画祭が開幕しましたねぇ。
今月公開作は、スペシャルに楽しみにしていたっていうのがないのだよねぇ。
来月は、VやPが封切られるけれど。



とりあえず、ミルミル

主人公は僕だった

なかなか面白そうな設定ですね。トゥルーマン・ショーみたいな感動?
放送映画批評家協会賞脚本賞ノミニーなどされていたし。
マーク・フォースター監督。
ウィル・フェレルって、あんまり知らないんだけど、ズーランダーに出ていたのね。
トム・ハルスを発見できるでしょか?


14歳  /ユーロスペース

PFFスカラシップ作品。映像ユニット「群青いろ」にはちょっと注目。
『ある朝スウプは』は見ごたえありました。


たぶん、、ミルミル

寂しい時は抱きしめて  /シアターN渋谷

カナダ映画の官能ラブ・ストーリー?


パッチギ!LOVE&PEACE

結局、前作を観ていないんだけど、借りてこなくちゃ。


--気になるもの

◆JUST FOR KICKS /シネクイント



---
◆リーピング
◆アパートメント
◆巨乳をビジネスにした男
◆新SOS 大東京探検隊
---


新文芸坐の今夜のオールナイトはカウリスマキー


フィルムセンターの 「EU Film Days 2007」


下高井戸シネマの「白夜映画祭


5/21(月)、22日(火) 渋谷 UPLINK FACTORY にて、
アピチャッポン・ウィーラセタクン来日記念/アピチャッポン短編秀作選
アピチャッポ~ン!


ふ、普段そんなお店でお買い物なんぞしないものだから知らなかった・・・
銀座のメゾンエルメス10階のル・ステュディオで毎週土曜3回無料上映をやっていたなんて・・・。
こないだまでは『ロシュフォールの恋人たち』をやっていたらしい・・・。
今日からは、素晴らしき影絵アニメ『アクメッド王子の冒険』ともう1本。
お得意客じゃなくても、予約すれば観られるんですよね?
私は行かれないけど、これは利用価値あるかもー。
内装もステキらしいです。


シネマ・バー「ザ・グリソムギャング」は「中田秀夫監督特集」
「ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男」 5/25~5/27
「カオス」 6/1~6/3
「ラストシーン」 6/8~6/10


カンヌ映画祭コンペ出品作『殯の森』公開に先立ち、
6/16(土)~22(金)シネマ・アンジェリカにて 河瀬直美特集が行われるもよう


そんなわけで、注目のカンヌ映画祭。
松ちゃんに欧州メディアから取材依頼殺到ですって。ふーん。
大日本人は6/2公開。

コンペティション部門の作品については、シネマトゥデイ や blog海から始まる!? の記事に詳しく紹介されています。

エミール・クストリッツァですよ。アレクサンドル・ソクーロフ ですよ。
タル・ベーラですよ。ファティ・アキンですよ。クリストフ・オノレですよ。
ジュリアン・シュナーベル作品はジョニデ出演ならずで、マチュー・アマルリック主演ですよ。
観たいなー

ちなみに去年のカンヌ映画祭のコンペ作品は、日本では今のところまだ4作しか一般公開されてないんじゃん。
「麦の穂をゆらす風」、「マリー・アントワネット」、「バベル」、「フランドル」
そして、「ボルベール 帰郷」、「街のあかり」、「パンズ・ラビリンス」 が待機中。
あと私は、イタリア映画祭で、「カイマーノ」と「家族の友人」を観ましたが。
全部観せてくれよー
日本の作品は映画祭に絡んだものは素早く公開されるのになぁぁ。

こないだ初めて、「ボルベール 帰郷」の予告を見ました。っていうか見てないです。
音楽だけ聴いてウットリ。やっぱりラテンなミュージックはサイコー。
人がせっかく映像を見ないでいるのに、日本語であらすじを言うのはやめれー

そうそうそう、去年のカンヌのクロージング作品だった
トニー・ガトリフの『トランシルヴァニア』が夏に公開されるのが嬉しいー!
夏、シアター・イメージフォーラムにて!


気になるちらし
・牡牛座

なー
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-05-19 19:22 | 映画週チェック | Trackback(2) | Comments(8)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5438047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from パルムドール! at 2007-05-23 15:41
タイトル : カンヌ 河瀬直美「殯の森(もがりのもり)」
河瀬直美監督、主演、尾野真千子の映画「殯の森」(もがりのもり)がカンヌ映画祭でパルムドールを....... more
Tracked from 殯の森 at 2007-05-23 15:51
タイトル : カンヌでの河瀬直美
カンヌ映画祭でパルムドール候補にあがっている河瀬直美監督の「殯(もがり)の森」。カンヌで栄冠に輝いた...... more
Commented by ぼんべい at 2007-05-20 03:20 x
>エルメス10階の無料上映
知らなかったー。
っちゅーか、うちの姉昔そこのエルメスで裏方の仕事してたのにその話を全然聞いたことないのは、当時はなかったのか、彼女が映画に興味ないから情報聞き流してたのか。。。

ブランド物には縁遠い私なのですんごい敷居高く感じるけど、アクメッド王子スクリーンで観たいから頑張ってみます!
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-20 12:19
ぼんべいさん♪
知らなかったですよねー!!かなりショックを受けました。
つーか、まぁ私はどうせ土曜日は行けないんだけどさ・・・。
お姉さま教えてくれなかったのね。最近できたのかと思ったら、改装前にもそういうスペースはあったみたいです。
アクメッドは7月頭までやっているみたいなので、予約してくださいまし。タダでスクリーンで見られるのは素晴らしく魅力的。
いつも映画館に行くような服装じゃダメなのかしらとドキドキ。
Commented by シャーロット at 2007-05-20 15:51 x
ちわー。
私がダニエル・シュミット監督の大野一雄ダンスドキュメンタリーを見たのはエルメスでしたー。そういえば予約制っていうのは知ってましたよ。でも今までチェック忘れてた。殴  「ロシュフォールの恋人たち」もやってたのですか。。。ドレスじゃないと入れません。つーのは冗談ですが;
普段着で入っちゃいました!もしかしてマナー違反かもですねえ。笑
フィルムセンター通う元気なくなっちゃったので、かえるさんの記事を楽しみにしておりますです。
そうそう、予告編を見ない努力してるかえるさんの姿を連想してしまった。ほほえましー。カンヌ映画祭作品、もっと見せれー!同感。
by牡牛座なしゃーろっと

Commented by CaeRu_noix at 2007-05-21 12:57
シャーロット さん♪
まぁ、エルメスのシアターをご利用されていたのですね。
それは試写会なんでしたっけ?
普段のやつは電話予約すればOKなんですよね?
当ブランド製品は何をお持ちですか?とか、アナタはエルメスの似合う女ですか?とかのチェックはないですよね?普段着でもいいのかしらん?
そういえば、お土産もあるらしいです。

フィルムセンターは行かれませんか。残念。
ま、それは、元気のあるなしではなく、優先順位の問題かと思いますがぁぁぁ。
一般的には新作の方が魅力なのは仕方ないです。個人的には、リーピング観るなら、EUもの観ようよーって感じですが。笑
それはともかく、シャーロットさんは、『神童』はご覧にならないんですの?
ピアノ三昧な作品でしたよ。シャーロットさんが観なくてどうするのーって感じの。音楽ものはやはりイイですー。お誕生月?
Commented by シャーロット at 2007-05-22 13:15 x
再び。
えっとエルメスのは多分電話予約でいいのでは?私が言った時のはJ-wave主催のものでした、お友達にお誘いをうけたものですが…なんもチェックなかったですよ。
それと・・・。フィルムせんたーの件ですが、言われると思ってますた、優先順位の問題と。うへ。気まぐれなんでわかりませんが明日行くかもです。見たことないエストニアものですがどんなもん?
えーと、神童は見ないと思ってたのですが。良かったですか?かえるさんおすすめならば見に行くかにゃ・・・
ピアノの墓場ってなに?
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-22 17:42
シャーロット さん♪
再びありがとうです。実際にチェックがあったら、ショックですよね。(笑) お客様はふさわしくありません。お引き取りくださいなんて・・・。
EUフィルムは、おもいろいのかどうなのか観てみないとわかんないですよね。大ホール上映の日本で公開済みのものに関してはよい作品ばかりがピックアップされている印象ですが。
エストニアのやつは私も間に合えば行くかもしれません。ドキドキ。そして、エストニアに行こうかと思っている今日この頃。
ミニシアター派といたしましては、邦画もミニシアター的な作品が好きなもので、東京タワーは観ないけど、神童は観ようよって感じです。あ、のだめ効果だか何だかで、拡大公開されてますけど、テイストはミニシアター系なんです。この監督の前作も好きだし。わたし的にはオススメですよん。ピアノはほとんどYAMAHAのだったけど、違うのもちょろっと登場しました。倉庫!
Commented by シャーロット at 2007-05-23 21:37 x
またきちゃった。映画のほうにコメントしてーって思ってたらすいません。爆
あー、元気あったら毎日でもフィルムセンターに通ったのですがね。今日そんな事を思っても遅いですが。
やっぱり会っちゃった。笑
えー、エストニア旅行ー。それはうーらーやーまーしー。笑
行ちゃってください。私はどうあがいても行けないので、人の話を聞くだけでトリップするしかないっす。
んで、神童ですが。ふむふむ。みにしあたですか。ちょっとアートなんですかね。では行かねば。(東京タワーは私的にはいまひとつでございました;)
ピアノでも「やまは」だとなんだか惹かれないのですよ。商業的なんで;
墓場って倉庫なんですか。ってことは私は墓場で仕事してたんだなあ…笑
とにかく見に行ってみます。フィルムセンターも土日に行けたら。日本語字幕がないものは厳しいけど。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-24 11:53
シャーロット さん♪
ふっふっふ。観に行っていただけて嬉しいですー。年配の方が多い中。
フィルムセンターは場所とスケジュールが効率的ではないのがなんですが、内容は素晴らしいと思います。安いし。小ぎれいですし。日曜はあのへんは閑散としていてまたいいです。ちょっといけば大混雑の新丸ビルがあるとは信じられない静けさ。
バルトに行きたいけど、チケットがとれない・・・。
神童はアートしきれていないかもしれないけど、エンタメエンタメはしていないです。どなたかがレビューに"無駄なシーンも多い"というような表現をされていたのですが、一部の人にとって無駄に感じられるシーンこそがポイントだったりするんですよね。"ピアノの墓場"って、どこで入手した言葉でしょう?劇中では「ピアノのお墓」って言っていたと思うんだけど。「お墓」って、ペットのお墓っていうようなぬくもりのある言葉だけど、墓場っていうと怖くて暗いイメージですわ・・。
<< 『スモーキン・エース/暗殺者が... PageTop 『クィーン』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon