かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』
2007年 05月 20日 |
ダイナミックにハイテンション。それでいて芸は細かい。

マフィア界の大物スパラッザが、エースことイズラエルの心臓に100万ドルを払うという噂が広がり・・・。



5/12公開作品のぴあの満足度調査の結果、満足度平均点第1位は、『俺は、君のためにこそ~』で、片や、本作 『スモーキン・エース』の点数は低くて、かなり下の方の順位だった。わはは。

というわけで、例によって、一般ウケはしないらしいー。でも、私はすんごい楽しかったよー。映画の紹介で、タランティーノやガイ・リッチーが引き合いに出されていたけど、ホント、その路線。タランティーノ、ガイ・リッチーのクライム・アクションはもちろん大好きな私は、ノリノリでしびれました。ハイテンション加減がたまんなーい。

暗殺者がいっぱいっていう副題は、本作のスピーディなスタイリッシュ感覚を台無しにしていると思うんだけど。まぁ、確かに暗殺者はいっぱいだった。ん?いや、違ーう。暗殺者はいっぱいじゃないよ!!暗殺者って殺し屋のこと?結果的に暗殺した者を指すわけではなく、職業の名称なの?殺し屋さんは複数いたけど、彼らの仕事ぶりは暗殺なんつータイプのものではない。容赦なく激しく銃をぶっ放つ百戦錬磨の殺し屋ども。マフィア組織を壊滅に追い込むほどにスケールの大きい殺し屋は、暗殺者と呼ばなくない?大体、殺すのではなくて、標的を生かしたまま捕まえる指令が主だったし。殺すためじゃなくて彼を保護するためにやってきた連中もいたわけだし。どこをどうとっても、暗殺者はいっぱいじゃないっつーの!

ちなみに、「暗殺」とは、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為のこと、だそうですがー

それはともかく、標的のエースを狙って集まってきた者達はホントにいっぱいだった。序盤、いきなり次から次へとエースを狙う登場人物が画面に現れる。最初の5分で誰が誰だかもうわかんないよーとリタイヤしそうになった。ところが、確かに頭数は多いけれど、まず初めに、FBI捜査官がこの件に関わる人物を把握するという場面を通じて、順番に紹介される彼らを観客もインプットする機会を与えられる。それに、登場人物はあまりにもキャラ立ちしているもんだから、有名俳優ばかりじゃなくても、誰かと誰かを混同することもなく、ぶっ飛んだ個性派キャラのぞれぞれに惹きつけられていくのだった。そのへんがまさにタラ・リッチー系。『カクタス・ジャック』もよろしく。

名の知れている俳優の方が出番が少ないのが面白いじゃないか。いいぞ、ベンアフ。アンディ・ガルシアのメガネ姿はステキかも。ターゲットのエース、マジシャンのイズラエルのジェレミー・ピヴェンもすごくいいと思った。自らの命が狙われる恐怖感を繊細にかつちょっと危なげに表現していた。動揺を沈めるように操られるトランプがいいじゃないか。細かい演出が好きだなぁ。子分がエースのレザーコートに粗相したのを発見して、クドクドと文句をたれるところなんかも台詞がおもしろ可笑しくて、笑いの面でもすっかり心を掴まれちゃった。あの危ない少年はすんごい面白かったし。

物語上の主役格といえるFBI捜査官メスナー役ライアン・レイノルズもなかなかステキだ。変装の達人スートの存在感なんかも不気味でよかったが、なんといってもトレモア兄弟のクレイジーなハジケっぷりが最高に最高。そして、映画初出演だというアリシア・キーズもカッコいいじゃない。そんなサイクス&シャリスコンビニも気に入っちゃった。ホテルの部屋でシャリスと話ながらサイクスが娼婦に化けるべくメイクするシーンが好きだったな。男性監督がこういうところをちゃんと描くなんてセンスあるよね。オバカノリが咲き乱れる中で、人間の焦燥感や葛藤もちゃんと描かれているところがやっぱりカーナハン。(トム・クル主演映画にはもったいないきめ細やかさ。)

キャラクターそれぞれの強烈な魅力に惹きつけられて、スピード感あふれる豪快な展開を堪能。ダイナミックな銃撃戦にワクワク。木っ端微塵になるガラスの割れ方さえも気持ちいい。『かちこみ!ドラゴンタイガーゲート』を観た時は、やっぱりアクションは飛び道具なんかに頼らず、肉体でぶつかり合うのが一番魅せてくれるよねーって思った私なのに、今回は、銃撃戦の凄まじさは見ごたえあるぜぃぃって満足。最も破壊力のある銃器を扱うのが女子っていうところも好き。エレベーターの密室での死闘も緊迫感いっぱいでドキドキで、最後のメスナーの悲しみには泣けてしまったり。気楽にゲラゲラ笑っていた矢先に、スリルに息をのんでしまったりと忙しいのだけど、いろんな要素が盛りだくさーんなのがよいじゃない。おもしろかったー。

-cast-
ジャック・デュプリー・・・ベン・アフレック
スタンリー・ロック・・・アンディ・ガルシア
ジョージア・サイクス・・・アリシア・キーズ
ドナルド・カラザーズ・・・レイ・リオッタ
バディ・“エース”・イズラエル・・・ジェレミー・ピヴェン
リチャード・メスナー・・・ライアン・レイノルズ
“ピストル”・ピート・ディークス・・・ピーター・バーグ
シャリス・ワッターズ・・・タラジ・ヘンソン
ダーウィン・トレモア・・・クリス・パイン
ホリス・エルモア・・・マーティン・ヘンダーソン
ルパート・“リップ”・リード・・・ジェイソン・ベイトマン
サー・アイビー・・・コモン
パスクアール・アコスタ・・・ネスター・カーボネル
プリモ・スパラッザ・・・ジョセフ・ラスキン
ヒューゴ・クループ・・・ジョエル・エドガートン
ラズロ・スート・・・トミー・フラナガン
ジーブス・トレモア・・・ケヴィン・デュランド
レスター・トレモア・・・モーリー・スターリング

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい Smokin' Aces
2007  公式サイト
監督・脚本:ジョー・カーナハン
撮影:マウロ・フィオーレ  美術:マーティン・ホイスト
音楽:クリント・マンセル
.
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-05-20 11:51 | CINEMAレヴュー | Trackback(13) | Comments(14)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5442665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from I am invinci.. at 2007-05-20 16:46
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
Smokin' Aces 公開中なので控えめに・・・ カジノで人気のマジシャン“エース”ことイズラエル(ジェレミー・ピヴェン)は、裏社会の大物たちに気に入られただけでなく、何を勘違いしたか自分でも組織を作り、裏社会を混乱させた挙句の果てに逮捕されてしまったのだ。 保釈..... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2007-05-20 22:12
タイトル : 「スモーキン・エース (SMOKIN’ ACES)」映画..
予告編を見て、ちょっと面白そうな気がした映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱ... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2007-05-21 10:15
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
 アメリカ  アクション&サスペンス&コメディ  監督:ジョー・カーナハン  出演:ライアン・レイノルズ      アンディ・ガルシア      レイ・リオッタ      ベン・アフレック マフィアのボス、スパラッザの邸宅に張り込んでいたFBI捜査官のメスナ....... more
Tracked from 映画雑記 at 2007-05-22 19:08
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
登場人物が多数の為、これ誰って、混乱してしまいそうな作品。 早めに登場しなくなる人も多かったので、混乱せずに鑑賞できましたが、 ベン・アフレックの出演シーンの短さは、ある意味で笑いましたが・・・ いやー、予想していたより面白かったです。 ある意味では、ツボにはまる感じの作品で、気に入りました。 このツボにはまる作品って、一般受けはしない作品が多いのですが、 この作品も、同様に一般受けしていないような感じですね(笑) 狙われているエースが隠れるに適していたからなのか、 予算が無か...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2007-05-23 01:44
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  エースを狙え!守れ!ヤッちまえ!  ... more
Tracked from 大好きな外国映画 at 2007-05-25 20:32
タイトル : 映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想
映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想 ★★☆☆☆○出演:ベン・アフレック アンディ・ガルシア アリシア・キーズ レイ・リオッタ ジェレミー・ピヴェン ライアン・レイノルズ○監督:ジョー・カーナハンスモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの試写...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2007-05-26 16:43
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」SMOKIN' ACES/製作:2007... more
Tracked from レザボアCATs at 2007-05-31 05:07
タイトル : #78.スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい
やっぱり、“タランティーノ風味の”とか、“ガイ・リッチーテイストな”なんていう枕詞がついたら、鼻の先にエサをぶらさげられた犬みたいに、その方向に風向きを持っていってしまうのね。んでもって、こういう、ド派手なクライム・サスペンスが、時々観たいのね、やっぱ。... more
Tracked from 映画でココロの筋トレ at 2007-06-11 11:38
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(アメリカ)
お気に入りブロガーさんたちの間ですっごく評判いいんだもん。 ゼッタイに見逃せないわっ! っつーことで、最終日ギリギリセーフ。 「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:ベン・アフレック、アンディ・ガルシア... more
Tracked from My Favorite .. at 2007-06-14 16:10
タイトル : スモーキン・エースを観ました。
たまたま観ちゃったのですが、なかなかクールでした。 すごい勢いで人の命を奪っていくのですが…一番残忍に感じたのは、個人的には某FBIの捜査官でした。 この作品、誰がヒーローで、誰がヒールなのか?わからないところがいいのかも? ともかくコレはとやかく言わず、観るべしって感じです。 あれ?という結末には唖然ですけれど…でもコレって意見の割れる作品かも? 音楽、映像、エンドロールと私のツボ的には、かなり好みですね。 バラエティに富んだ殺し屋達が、カラーがありすぎて、結末の読めないところが面白いです。 ...... more
Tracked from とにかく、映画好きなもので。 at 2007-08-26 22:48
タイトル : スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
 暗殺者がいっぱいとか言われたら、観に行くしかない。しかも監督はあの『NARC/ナーク』(大傑作!)で心も体も魅了したあのジョー・カーナハン。  人気のマジシャンがギャングもどきのような稼業を始めた事から、失敗の挙句に逮捕され、司法取引を持ち...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-04-02 19:38
タイトル : スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい
 『ターゲットは1人――報酬100万ドル 殺るのは誰だ!?』  コチラの「スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい」は、本日5/12公開になった豪華キャスト共演のR-15指定のヴァイオレンス・クライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  元々このテのスタ...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2008-04-04 08:12
タイトル : 『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』を観たぞ〜!
『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』を観ましたマフィアへの背信によってその心臓に報酬100万ドルをかけられたマジシャンを巡り、選りすぐりの暗殺者たちとFBIが壮絶な攻防を繰り広げるノンストップ・バイオレンス・アクションです>>『スモーキン・エース/暗殺...... more
Commented by 哀生龍 at 2007-05-20 16:52 x
>一般ウケはしないらしいー
とても楽しめた人とそうじゃない人の、評価の差が激しい作品のようですね(笑)
哀生龍はもちろん、楽しめた組!
タランティーノの作品よりも、スピード感があって爽快でした。

>暗殺者がいっぱいっていう副題は、本作のスピーディなスタイリッシュ感覚を台無しにしていると思うんだけど
B級コミカルアクションの匂いが、人を遠ざけてしまったかも(苦笑)
この副題のイメージよりも、何倍もハードな雰囲気のある作品でしたよね!
Commented by 風情♪ at 2007-05-21 10:15 x
こんにちは♪

ボクも思いっきり楽しめた派です。
確かに暗殺者じゃなく殺し屋と言った連中でしたね。
暗殺者は「ジャッカルの日」とかのように無駄に銃を
ブッ放さないで用意周到ってぇ感じですからね。

>肉体でぶつかり合うのが一番魅せてくれる
銃撃戦と肉弾戦…どちらが魅せらるか選べと言われても
難しいですよね♪ (゚▽゚)v
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-21 12:58
哀生龍 さん♪
楽しめたようで何よりです。何しろキャスト・キャラが魅力的でしたもんね。
楽しめたーっていう人もいるようだけど、イマイチだったという人も・・・。ハリウッドっぽい真っ当なクライムものとは一味違うから、当然でしょうね。でも、ぴあの満足度評価は思いのほか低い順位でした・・・。
そうそう、キルビルなんかは、途中ちょっとタルかった印象があります。タランティーノ作品より、スピーディでキレがありますよね。カメラワークや編集がナイスなカンジでした。
副題ははっきりいってダメダメです。間抜けな印象ですよね。
これはオバカな笑いもあるけどハードでクールでしたよねー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-22 11:37
風情 さん♪
楽しめて何よりでっす。面白かったですよねー。
「暗殺者」という言葉に馴染みがなかくて、一般的な用語なのか悩みました。(大げさ)
推理小説の邦題などでは使われているようだけど、こういう奴らを指す言葉ではないと思いますー。毎度毎度邦題にケチをつけずにはいられないのでした・・・。
暗殺者って、こっそり行動するものですよね。トレモア兄弟のどこが暗殺者やねーん。

香港アクション系の肉体をつかった闘いも見ごたえありますよね。
それでいてこちらも!甲乙つけがたいそれぞれのよさがありますよねー
Commented by mar_cinema at 2007-05-22 19:08
かえるさん、こんばんは。
かえるさんのレビューを読ませて頂いて、
確かに「カクタス・ジャック」とイメージが重なっているって、
気づかさせて頂きました。
初日に鑑賞しておきながら、あんまり期待していなかったんですが、
予想と異なり、非常に面白かったです(笑)

ぴあの順位は低かったですね・・・
アイドル系映画は別として、
あの点数、一般的な点数だと思ってますので、
自分と一般的なのがどれだけ違うのかの目安として楽しんでいます。

Commented by CaeRu_noix at 2007-05-24 11:50
mar さん♪
カクタス・ジャックにもかぶるところがありますよねぇー。
こういうノリのものはかなり好みですー。クライム・アクションものなんてごまんとあるので、キャラクターやコネタが大切。
私は、カーナハン監督作ということで、一応期待はしていたのだけど、ハズす覚悟もしていました。でも、期待は裏切られず。面白かったですよねー。

ぴあの満足度ランキングって、同じ人がそれぞれの映画を観て点数をつけたわけではないから、ハッキリ言って、順位づけの正当性はまるでないとは思うんですけどね。私は一般的な評価とさえ思ってないですけど、その傾向を見るのは興味深いですよね。上位にくる映画は、わかりやすい感動作なんかが多いですよね。順位が低い方が、期待値は増すかも。
Commented by 隣の評論家 at 2007-05-26 16:50 x
こんにちわ~ん。TB&コメントありがとうございました♪
いやぁ、本当に楽しかったですねぇ♪♪♪
私も冒頭は次々と現れる登場人物を把握しきれなくて、あぁコリャだめかも!と諦めかけていたんですけどねぇ。気が付くとグイグイと引き込まれて、あのびゅ~んというスピィーディな展開に釘付けになっておりました。でも、一般受けは無理?
私が常に参考にしているプレミア日本版のHPに毎週レビューのコーナーが更新されてるんですけど。

「スタイリッシュと言うよりバタ臭い」

と、低評価でした。む~ん、そのバタ臭さにメチャメチャはまりましたよ、私は。かえるさんも気に入って頂けたようで良かったです。褒め言葉で意見が合うと、やっぱり嬉しく思ってしまいますわん。

>ぴあ満足度ランキング

この作品公開初日、私は風邪でダウンしていたんだった・・・。その場で褒めちぎりたかったなぁ(爆)。カーナハン監督の次回作も、絶対にチェックしたいと思いまっす。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-27 09:52
隣の評論家 さん♪
そうそう、最初に白旗挙げそうになりました。人物相関図を予習してくりゃーよかったなと。でもでも、その後になかなか親切に登場人物紹介をしてくれましたよね。よかったー。私は知らない俳優の顔を判別するのがかなり苦手なんだけど、これはもうキャラ立ちしまくりだったのでOKでしたわ。引き込まれましたよねー。
楽しめたーっていう人も結構いらっしゃいますが、全体的には少数派なのかも・・・。
あああ、プレミアにも低評価なんですね・・・。うーん、バタ臭いっちゃーバタ臭いけど、スタイリッシュ感もありましたとも。スピーディながらこってりバター風味なんて味わい深くていいじゃないですかねー。
満足度の高いものに共感できるのは嬉しいですよねー。
そうか、となひょうさんは風邪で初日に行けなかったんですね。となひょうさんが平均点を上げてくれることができなかったわけか。残念。
カーナハン監督はもちろん今後も注目です。
Commented by pezhetairoi at 2007-05-28 19:32
これ、結構面白かったと思うのですが、普通の週刊誌の映画レビューなどを見ると評価が低くて、「自分ってずれてるのか?」とちょっと考えてしまいました。

最後については、それを早く言えよと突っ込みたくもなりましたが、謎解きはおまけみたいなものだし。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-29 11:06
pezhetairoi さん♪
面白かったですよねー。
あら、週刊誌の評も低かったですかー。
この映画の面白さがわかる方がいいんです。ずれていて結構♪

最後っていうのは、2人の関係と心臓を必要とした理由?
盗聴で勝手に話が違うふうに解釈されて広がったというのはオチとしてはまぁ面白かったと思います。やられた感は少なかったですけどね。オマケですね。
Commented by とらねこ at 2007-05-31 05:17 x
かえるさん、おはようございます★
トレモア兄弟、良かったですよね!特に一人だけ変なノリの人がいるところがまた、ガイ・リッチー風でしたよね♪
こういうのって、たまに観ると楽しいジャンルですよね、しょっちゅうだと飽きるんですが・・・。
思うだにしない「あらまあ」なオチも、人を驚かす、という意味じゃ、成功してましたよね。だってまさか、そんな着地になるとは思いませんでしたもん。
Commented by CaeRu_noix at 2007-06-01 10:39
とらねこ さん♪
トレモア兄弟、ステキ過ぎました。凶悪なバカって楽しいー。
ガイ・リッチー風味でしたよねー。クライムものはこういうノリのが一番好きです。ハリウッド製のサスペンス・アクションもの?『カオス』とか『16ブロック』とかをレンタルで観たのですが、そういうタイプのって普通におもしろいんだけど、好きだなーって思えるワクワク感が皆無なのでした。『レイヤー・ケーキ』なんかもそんなには印象に残らなかったし。でも、これはもう好き好きです。
ラストは転調しちゃって違和感を感じる人もいるんでしょうけど、私はウルっとくるほどに胸をうたれましたわん。
Commented by orange at 2007-08-26 22:47 x
かえるさま☆
大変ご無沙汰してしまいごめんなさい・・・
コメント&TBありがとうございました~!

副題の通り暗殺者がいっぱいではないですね・・・
ベン・アフレックの使い方といい、アリシア・キーズのスタイリッシュな感じといい中身はぶっ飛んでるのに、冷静な空気も漂っているようなカーナハン監督の色も出ていてかなり楽しめました。
ラストの凶行のシークエンスは、ド派手な分にも関わらず、タメもたっぷりあって銃撃戦のポイントを上手く抑えているなと感心モノ。
この作品、確かにきめ細かいんですよね!そこが見所でもありますが、カーナハン監督が次回作どんなものを撮るか少し楽しみです♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-27 12:42
orange さん♪
タイゴブです。
いやいやいや、余裕がないのであれば、無理してコメント返ししなくてもいいと思いますよー。3ヶ月後になってしまうなら、もはや・・・。いえ、そこに orange さんの誠意は感じるのですけれどもね。でも、これじゃー一生追いつかないと思うので、古いものは潔くカットしちゃってもいいんじゃないでしょうか。どの道余裕はないのでようけど、レスは最近のものにする方がよいと思います。なーんてこんなところで私の意見を書いてもたぶんレスを読みにはこられないと思いますけれど。まぁ無理せずにがんばってください。いっそのことコメント受付やめちゃったらどうかしらとか思ったりしていましたー。
というわけで、スモーキンエースのことは今さらそんなに熱く語れないんですが、カーナハン監督作にはもちろん今後も期待しますよー。この手の作品で今楽しみなのはやっぱりグラインドハウスかな。
<< 『ドレスデン、運命の日』 PageTop 5月19日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon