かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
5月25、26日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 05月 25日 |
ジョニオーリーもいいけど、ガエルディエゴだぁー
さて、今週のトーゼンミルミル印は、



インビジブル・ウェーブ  /シネマート六本木・新宿

ペンエーグ・ラッタナルアーンって、名前は憶えられませんが、
この監督の前作、『地球で最後のふたり』、『わすれな歌』は好きだったので。
今回も、撮影監督はクリストファー・ドイル、主演は浅野忠信。
香港のエリック・ツァンや韓国のカン・ヘジョンなども共演。
香港からプーケット、ロードムービーなのかな。
#と、ところで、シネマートって、メンズデーしかないんっすか?!

毛皮のエロス  /シネマGAGA!

過激な写真技術と題材でポートレイト写真の意味を変革した
偉大な女性写真家ダイアン・アーバスをニコール・キッドマンが演じる。
『セクレタリー』のスティーヴン・シャインバーグ監督だし。R-18

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

英国人コメディアン、サシャ・バロン・コーエン主演の社会風刺コメディ。
カザフスタン国営TVのレポーターボラットがアメリカ横断し文化的な衝突を繰り返す。
アメリカでも大ヒットの話題作。あきれる?笑える?
シネアミューズでは毎週月曜“ヒゲ割引”あり!

低開発の記憶-メモリアス- /ユーロスペース(レイト)

『苺とチョコレート』のトマス・グティエレス・アレア監督の68年キューバ映画。
革命からキューバ危機へ、ドキュメンタリー映像を交え当時の社会を描く。
ベニチオ・デル・トロが本作をベストに挙げていると宣伝されておりまする。
ガエルくんも絶賛しているらしいよん。


--気になるもの

◆パイレ-ツ・オブ・カリビアン ワ-ルド・エンド

前2作は劇場鑑賞したので、とりあえず観に行こうかとも思うのだけど、
まるで気が乗らないので、とりあえず保留ー。
何がそんなに嫌かって、、前作の終盤の音楽がうるさくて苦痛だったから・・。
169分というのがネックだよなぁ。その半分の時間ならがんばれると思うのに。
体調のいい日に耳栓持参でいけば、大丈夫だろうか・・・?
って、何か間違っているような・・・・。じょにー

◆コマンダンテ

オリバー・ストーン監督がキューバの最高指導者カストロに迫ったドキュメンタリー。

◆しゃべれども しゃべれども



--
◆GOAL!2
◆新訳:今昔物語
◆16[jyu-roku]
◆日が暮れても彼女と歩いてた
◆ゼロ・ウーマンR 警視庁0課の女/欲望の代償
◆ひめゆり
◆ブルーラビリンス 
--


池袋シネマ・ロサでは、韓国映画『マジシャンズ』 がかかります。
95分わんかっとー

シネマート六本木では「浅野忠信 レトロスペクティブ」
5/26(土)~6/1(金)
『Helpless』 17:00~18:45
『鮫肌男と桃尻女』 19:10~21:10

27日(日)まで
フィルムセンター  「EU Film Days 2007」

アテネ・フランセ文化センター 「映画の授業」
29日からは現代映画編。

下高井戸シネマの「白夜映画祭

シネマ・バー「ザ・グリソムギャング」は「中田秀夫監督特集」
「ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男」 5/25~5/27
「カオス」 6/1~6/3
「ラストシーン」 6/8~6/10


世界の名だたる俳優や映画監督たちがおフランスのカンヌに集まっている頃に、ジョデやオーリーら海賊チームは日本においでなんすね。
『アリゾナ・ドリーム』のジョニーは、『夜になるまえに』のジョニーは・・・。

というわけで、カンヌ映画祭開催中。

WOWOWのコンペ出品作レヴューによりますと、ジュリアン・シュナーベル監督(『夜になるまえに』)、マチュー・アマルリック主演の『LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/潜水服と蝶(原題)』 はダントツで高評価でっす♪
コーエン兄弟作品なんかも好評らしい。
そして、ファティ・アキン作品もすんごくイイらしいー

北野、松本だとか日本人絡みのニュース、オーシャンズ13だとかハリウッドメジャー系なニュースが主流の中で、WOWOWの記事はいいところを追求していて興味深し。
ってことで、こちらも注目。
ガエル・ガルシア・ベルナルの初監督作品「DEFICIT(原題)」の上映会
盟友ディエゴ・ルナくんに、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、アルフォンソ・キュアロン監督、ウォルター・サレス監督が次々と登場。
なんてステキなメンツなんでしょうー

ディエゴ・ルナくんは、「ある視点」部門のハーモニー・コリン監督作『Mister Lonely(原題)』 に主演しているそうで、そのインタビュー記事もありました。
マイケルジャクソンのそっくりさん役?

なぜか、ラテンな話題になってしまいました。

なー
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-05-25 18:52 | 映画週チェック | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5481133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マダムS at 2007-05-25 22:58 x
うぉー ガエル&ディエゴ有難うございました!
かえるさんお勧め作品はいつもなかなか観れない私。。(^^;)
『わすれな歌』に反応!あのタイの歌謡曲~♪いつまでも頭の中にグルグル回ってたの思い出します~ へぇ~この監督作品上映があるんですねー。六本木シネマートって行った事ないですー。
「しゃべれども~」も気になります。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-26 10:15
マダムS さん♪
ガエルー!ディエゴー!に反応ぐらっしあす♪
コンペに比べて、他の部門のジョウホウは入りにくいので、こういうレポートはとても嬉しいです。WOWOWすばらしー。

おお、『わすれな歌』、ご覧になりまして? あれって、シネスイッチでの公開だったから、LOVEストーリーみたいな宣伝のされ方をしていましたよね。なんだこりゃと騙されたご婦人は多かったんじゃないでしょうか。私は好きな映画でしたがー。
シネマートって韓国映画に力を入れているようで、私もまだ行ったことがないんですよ。レディースデーがないみたいなので愕然。
しゃべれどもは気になるのだけど、すぐにDVDになりそうだし・・・・
Commented by となひょう at 2007-05-27 00:30 x
あっ『インビジブル・ウェーブ』だ。
シネマートですけど、六本木は確実に水曜日はレディースデイ実施してまっせ。何度か利用済でっす。
新宿の方は行ったことありませんけど、六本木が実施してるんだから同じく実施してるのでは???と、思いまっす。
26日公開作品は、5月公開作品の中では一番気になるものが多いんですよね~。私は、第1弾で『しゃべれども しゃべれども』を観て来まっす。
Commented by CaeRu_noix at 2007-05-27 09:59
となひょうさん♪
おお、ありがとうございます。となひょうさんはシネマートご利用済みなんですね。ぴあとシネマートのサイトにレディースデーという言葉が見当たらなかったんで、え?と思ったんですが、ちゃんとやっているんですね。一安心。MovieWalkerには水曜女性1000円って記載されてますな。
となひょうさんは、インビジブルを試写会でご覧になったんですよね。評価はイマイチだったみたいですが・・・。私はわけわかんない系は結構好きなので、それなりにいけるかなとふんでいますが、どうでしょうー?
5/26公開作品はなかなか魅力的ですよねー。6月も目白おし。がんばりましょー
<< 『神童』 PageTop 『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon