かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『アポカリプト』
2007年 06月 28日 |
熱さに圧倒。エグいから面白い。

マヤ文明後期の中央アメリカ。狩りをしながら森で平和に暮らしていたジャガー・バウの部族はマヤ帝国の傭兵に襲われる。



中米のジャングルで狩りをする部族の姿やマヤ帝国の繁栄がダイナミックに映像化されるなんてとっても興味深いじゃない。中南米には赴いたことがないので、その遺跡さえも見たことがなくて、ただイマジネーションの中で心ひかれる世界。神秘的に謎めいたマヤ文明と、原始的に野生の暮らしをする人たちという珍しい題材にとにかくワクワク。

『ニューワールド』っぽい世界観、歴史もの・大自然ものというイメージを抱いていたので、思いの外、激しくめまぐるしくて強烈だったのでビックリ。平和に暮らしていた序盤でも射止めた動物の臓物を取り出して笑いながら分け合っているシーンにギョッとしたり。そして、あれよあれよという間に、危機が訪れて、仲間は殺され、捕虜になり。もっとゆったりと展開する映画かなと思っていたのでドッキリしつつ、目の離せない面白さにめいっぱい釘付け。その光景の目新しさに惹かれたというのもあるし、激しいんだけどしっかりリアリティのある重厚な描写がされているから、すごいなぁと見入ってしまうのだった。目を背けたくなるような残酷描写こそが大いなる見所。ここまで徹底したメル・ギブソンはエライ!

ジャングルの暮らしも面白かったけど、マヤ帝国のビジュアルも圧巻。市場の賑わいも高い神殿も壮観で、その興味深い風景に心躍らせれば、生首ゴロゴロでまたギョッとさせられるという。ハラハラドキドキが持続しつつ、時には度肝を抜かれ、目で見て楽しい世界でもあり。レジャーランドのアトラクションみたいに飽きない面白さが味わえてしまった。忠実な歴史考証はされていないらしいけれど、いかにも虚構というのではない真実味のある生々しさが魅力。それでこんなにも劇的にパワフルにアドベンチャーしているんだから素晴らしい。多勢で戦う物語より、ひたすら逃げるという行程には手に汗握ってしまうものかも。そこらのハリウッド映画のアクションものやファンタジー・アドベンチャーよりも心はワシづかみ。がんばれ、ジャガー・バウ!

主人公は超人的にスタミナがあってラッキーに生き延びてしまうところはこの上なく虚構エンタメ的なのに、ハラドキな展開に息をのむ一方で、幾度となく文明についてやこの世界について思いを馳せてしまったりもする。見た目は肉体派映画なのに、知的方向に好奇心を刺激してくれることもポイント。文明が生まれて発展したことによって、人類が進歩したことは事実なのだろうけど、そこにはこんな支配や争いが繰り返されてきたことを実感。現代の世界も大して変わっていないことにドキリとして。メルギブソンの思いをじっくりと聞いてみたくもなる。途中経過のテンションはまるで違うけど、やっぱり『ニューワールド』的な感慨が残るのだった。満喫。

アポカリプト APOCALYPTO
2006   公式サイト
監督.脚本メル・ギブソン
撮影ディーン・セムラー
プロダクションデザイントム・サンダース
出演ルディ・ヤングブラッド(ジャガー・パウ)、ダリア・エルナンデス(セブン)、ジョナサン・ブリューワー(ブランテッド)、ラオール・トゥルヒロ(ゼロ・ウルフ)
.
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-06-28 23:58 | CINEMAレヴュー | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5703879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Wilderlandwa.. at 2007-07-15 06:22
タイトル : 「アポカリプト APOCALYPTO 」映画 感想
皆既日蝕の映像に少し違和感有り。すいません、いつもの突っ込みを入れさしてもらいま... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2007-07-17 20:14
タイトル : アポカリプト
「アポカリプト」APOCALYPTO/製作:2006年、アメリカ 138分 R-... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-07 21:50
タイトル : アポカリプト
 『マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる!』  コチラの「アポカリプト」は、6/16公開になったR-15指定のマヤ文明後期を舞台に壮大なスケールで繰り広げられるスリリングなアクション映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  「パッション」のメ....... more
Commented by シャーロット at 2007-06-30 12:03 x
かえるさん、こんにちは。
んと、見たいのにまだ見れてないのです;;
見るなら他の方の記事は読まないようにしてるんだけど、かえるさんちは読んじゃった。笑
ますます上映の時間枠が減ってきて見にいけるかどうか微妙になってしまったのですが、ちょっとニューワールドがかなりツボだった私は、こちらを読んでやはり見たくなりましたです。エグイのね…。そういうリアルさ加減は苦手かもですが最近慣れてきたこともあるし、300もう一回見るならこちらを見るべきだと決心しました。笑
最近上手く時間が組めなくて財布との相談で難航。何を優先するか結構悩んでますよ;
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-01 09:53
シャーロット さん♪
これはぜひぜひ劇場で観てくださいましー。
シャーロットさんに似合うタイプじゃないですけど、一見の価値ありです。これは比較的、先に人の感想を読んでも問題のないタイプ。ストーリー展開などは重要ではなくて、その強烈さを体感してナンボですのでー。そうそう、上映回数は減っていますよね。やはり一般的には、有名俳優の出ていない原始的な舞台のお話よりも、現代的なアクションものの方が人気あるんでしょうねぇ。シューターやダイハード系は私はもはや観なくていいけど、これはもの珍しさもあって楽しめましたよん。個人的には、300よりも心掴まれました。300みたいなつくりこまれた虚構世界もおもしろいと思うんだけど、このリアルっぽいワイルドさも魅力ありでっす。ニューワールドには全然似てないですけどねぇぇl。
スケジューリングは大変ですよね。7月はまた映画祭があれこれあるし。がんばってやりくりしてくださーい。
<< 6月29、30日の公開映画ちぇ... PageTop 『ゾディアック』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon