かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
7月14日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 07月 14日 |
台風4号、気をつけてくださいー。雨、雨。



シネコンはそろそろ夏休みカラー?

-トーゼンミルミル

ファウンテン 永遠につづく愛 /銀座テアトルシネマ

お待ちかねのダーレン・アロノフスキー監督作ー!
ちょっと見かけたファンタジックな映像が素晴らしいじゃないの。
ヒュー・ジャックマン&レイチェル・ワイズ主演っていうのも期待どころ。
そして、エレン・バースティンも出ているなんて嬉しい。


レッスン!(TAKE THE LEAD) /シネマGAGA!

踊るシネマははずせないー。
アントニオ・バンデラスが社交ダンスの先生。
もちろん楽しみなのはラテンナンバー!
『ボルベール』を観て、過去のアルモドバル作品を思い出し、バンデラスにも思いを馳せたりしたところ。


魔笛 /テアトルタイムズスクエア.シャンテ シネ

ケネス・ブラナーといったらハリポタに出演していた記憶が新しく、
監督作の公開はかなり久しぶりー。
今回は戯曲ではなく、モーツァルトオペラ!
台詞も歌タイプ?


イタリア的、恋愛マニュアル /シネスイッチ銀座

イタリアーンは観なくては。
この監督って、『踊れトスカーナ!』の脚本家なのね。
『ボルベール』を観て、フラメンコが登場する映画をあれこれ思い浮かべていて、踊れトスカーナのことも振り返っていたところ。


--ミルカナ?

ルネッサンス /シネセゾン渋谷

モーション・キャプチャー技術によるモノクロ・アニメーション。
近未来のパリ舞台のSFアクション・フィルムノワール。
声の出演はダニエル・クレイグー
こういうのはスクリーンで観たいのだけど、画が好みじゃないんだよな・・・。


---ミルカモ

童貞ペンギン /シアターN渋谷

R-15のエロネタ満載パロディ・ドキュメンタリー。
オモシロそうだけど、ペンギンたちの冒涜には耐えられないかもー。


気になるもの

◆西遊記

◆ラザロ  /ポレポレ東中野

◆伝説になった英雄 /ユーロスペース



--
◆私たちの幸せな時間
◆プライド in ブルー
◆それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン
◆劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ
--


<7月の映画祭・特集上映>

さてさて、↑の通り、映画祭・特集上映も充実。
でも、「レズビアン&ゲイ映画祭」と「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」はあきらめ・・・。
ぴあFFのアルトマンは行きますとも。

ルシネマの『ロシュフォールの恋人たち』も観たいかも。

早稲田松竹、岩井俊二監督編
今週は「リリイ・シュシュのすべて」&「花とアリス」!

新文芸坐の今夜のオールナイトはデイヴィッド・リンチ!

下高井戸、モーニングで「誓いの休暇」「コーカサスの虜」やってます。


---気になるちらし---

◆待つ女

◆キャンディ
ヒース・レジャ主演のオーストラリア作品。

---

『ブルース・オールマイティ』の続編『エバン・オールマイティ』は公開中止?

---

『トランシルヴァニア』は、8月11日から公開でっす!
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-07-14 13:00 | 映画週チェック | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5794393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ニュース(NEWS)24H at 2007-07-18 22:03
タイトル : 全米No.1「エバン・オールマイティ」が急遽公開中止に!..
今年の6月、全米ボックスオフィスで初登場1位を記録し、9月上旬より日本でも全国公開予定だった「エバン・オールマイティ」が、急遽公開中止となった。日本での配給元であるUIP映画によると、その理由は「本国ユニバーサル映画の意向」とのことだ。 ... more
Commented by pezhetairoi at 2007-07-14 20:50
仕事をため込んでなければ見に行けるのに、なかなか映画を見に行けない今日この頃…。ケネス・ブラナーがめずらしくシェイクスピアじゃないものをやるんですね。これは時間があれば見たいと思います。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-15 10:24
pezhetairoi さん♪
お疲れさまですー。お忙しいのですかー。あえて、ためこんでしまう?映画館になかなか行かれないのですね。がんばってくださいー。
そうそう、ブラナーは久しぶりなんです。ブラナーといえばシェイクスピアでしたよね。何か心境の変化があったのでしょうか?魔笛なのに、舞台はヨーロッパと、物語は思いきり脚色しているみたいですけど、劇場で楽しみたいオペラな映画ですよね。
<< 『ジェイムズ聖地へ行く』 PageTop 『殯の森』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon