かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『インランド・エンパイア』 Inland Empire
2007年 07月 26日 |
帝国主義にひれ伏すのだ。



豪邸に住む女優ニッキーは、映画『暗い明日の空の上で』の主演に抜擢される。実はその映画は未完成のポーランド映画『47』のリメイク作品だった。
これは、about a woman in trouble を描いているそう。

私は別段、リンチ・フリークでも信者でもありません。ツイン・ピークス見てないし。一番好きなリンチ作品は?と聞かれたら、『ストレイト・ストーリー』と答えてしまう真人間さ。でもでも、『イレイザーヘッド』も『マルホランド・ドライブ』も大好きなんだな。そして、やっぱりこの新作をめちゃめちゃ楽しみにしてしまった。こんなにワクワク気分で劇場に向かうのって、『ボルベール』以来。そう、鬼才監督の映画を観に行く時が一番心躍るのだ。さぁ、今回はどんな趣向、どんな隠し技が用意されているのかってね。そして、アルモドバルの新作は想定外に朗らかだったけれど、片やリンチは観客のことなんかお構いなしにわが道を爆走しているもよう。迷宮をありがとうー。

わけわかんないこその魅力が炸裂するのがリンチ・ワールドだし、むしろその手のものは大歓迎。でも、インターネットが世に普及して以降の『マルホランド・ドライブ』公開時には、ネット上でその解釈や謎解きに挑んだ記事が見受けられたものだから、このたびもついそういう見方を意識してしまったのよね。解釈なんて試みずに、妖しき世界を体験できればそれでいいじゃんと思いながら、頭のどこかでは目に見えたものを整理して理解しようと努めていたような・・・。(でも私、人の顔の判別ができない人間なので、謎解きには向いてないんだけどね。)なので、どっと疲れた3時間。迷宮を神経集中しながら漂うのって消耗するなぁ。へとへとだったから、反動でエンディングはスカッと爽快。ナチュラル・ハイ状態ってカンジ。

何が好きって、まずうさぎどんルームがめちゃめちゃツボ。魅惑のチキルームも真っ青。シルバニア・ファミリーのドールハウスにはなりません。こういう空間があるからもうそれだけで虜。不思議ワールドの案内人のウサギちゃんが二本足で立って服を着てシットコムをやっている。なんて奇妙なんだ。素晴らしすぎるー。その感性大好きよ。「Rabbits」さーん。
d0029596_21202034.jpg

ポーランド語の響きも最高だ。登場する全ての部屋が謎めいていて魅惑的。ソファーに室内灯の明かりに。ローラ・ダーンの苦しげな表情に。不快ノイズにドキドキ感をあおるデジタル映像に。ありとあらゆる要素やその演出に引き込まれてしまう。いいなぁ、すごいなぁ、さすがだなぁ、いっちゃってるなぁって迷宮に飲み込まれて彷徨うの。リンチ帝国、偉大ナリ。

謎めいた物語、怪しい雰囲気を目指した映画は数多く作られていると思うけれど、なかなかそれが徹底されていることは少ないもの。こんなにも不気味で独創的な世界に引きずり込んでくれるデヴィッド・リンチはすごい。勝手にやってくれーって思うんじゃなくて、歩み寄りたいと思わされるんだもの。

謎の女たちの存在がかなり好きだったので、ロコモーションには膝を打ちたくなっちゃった。あれだけ謎めいておきながら、陽気に踊っちゃうなんてー。指鳴らすところも大好きだな。ローラ・ダーンのアップを見続けるのは途中でちょっと飽きてしまったのだけど、部屋の女たちには妙に惹かれたなぁ。Naeの話もミョーで結構よかった。猿もステキ。

3時間じゃなかったら、恵比寿じゃなかったら、もう1回観たいくらいだけど、DVDで再見でいいかなぁ。あとはまかせますた。

劇場のトイレ、ロコモーションが流れてた♪
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-07-26 20:08 | CINEMAレヴュー | Trackback(28) | Comments(30)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/5865429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2007-07-27 09:51
タイトル : インランド・エンパイア / INLAND EMPIRE
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} デヴィッド・リンチの映画の魅力のひとつは不可解さ。不思議さ。と昨日書いたばかりですが。。。 早速観てきました♪ 2002年に『マルホランド・ドライブ』が日本で上映されてから5年ぶりのリンチの新作ということで、 もうコレ、わたしの中で今年一番!...... more
Tracked from Mani_Mani at 2007-07-27 10:36
タイトル : 「インランド・エンパイア」デヴィッド・リンチ
インランド・エンパイア INLAND EMPIRE 2006アメリカ/ポーランド/フランス 監督:デヴィッド・リンチ 製作:デヴィッド・リンチ、メアリー・スウィーニー 脚本:デヴィッド・リンチ 出演:ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ、ハリー・ディーン・スタントン 、ジャスティン・セロー、カロリーナ・グルシュカ、スコット・コフィ、グレイス・ザブリスキー、ローラ・ハリング 声の出演: ナオミ・ワッツ いや、観ましたよ〜〜!! 今年最大の期待作。「わたしも、世界も、乱れていく。」 いいです...... more
Tracked from Cartouche at 2007-07-27 11:00
タイトル : *インランド・エンパイア*
{{{   ***STORY***             2006年  アメリカ 夫が町の実力者である女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受ける。その時受けた予言通りにニッキーは新作映画の主役に決まるが、その映画は主演の二人が撮影中に殺されたという、いわくつきのポーランド映画「47」のリメイクだった。撮影が進むにつれ、映画の中の役にリンクするようにニッキーは相手役のデヴォンと不倫関係になっていく。やがてニッキーは現実と映画の区別がつかなくなってしまい…。             ...... more
Tracked from SMALL TALK at 2007-07-27 16:20
タイトル : デヴィッド・リンチ 『インランド・エンパイア』
デヴィッド・リンチ監督の待望の新作『インランド・エンパイア(Inland Emp... more
Tracked from 映画と読書の感想ブログ at 2007-07-28 00:38
タイトル : インランド・エンパイア\"Inland Emp..
悪夢を見ると、おそらく余りの恐怖に心からの叫び声を上げ、そのことで目が覚めることが多いと思います。 何者かに追われ、襲われ、得体の知れない恐怖に動揺して目が覚める。悪夢は目が覚めることで救われるのですが、その悪夢が覚めなかったら・・・それを敢えて映像にしたのがこの作品「インランド・エンパイア」です。 終わりの無い悪夢を作り出すために、おそらくリンチの内面で湧き上がってきたであろういくつもの独立した悪夢、恐怖、イメージを敢えて不条理、不合理につなぎ合せ、劇中劇と妄想、幻覚とを交錯させ、同一人物で...... more
Tracked from 雑記のーと Ver.2 at 2007-07-28 02:17
タイトル : インランド・エンパイア
「インランド・エンパイア」を梅田ガーデンシネマにて鑑賞。 ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2007-07-28 12:10
タイトル : インランド・エンパイア
デビッド・リンチの劇場映画としては、 傑作「マルホランド・ドライブ」から6年ぶりの新作。 あの訳わからん感じがさらに強力になってるといえば 想像つくでしょうか・・・。 始まったらすぐに不思議なな迷宮に連れていかれて、 3時間出して貰えません。その3...... more
Tracked from 海から始まる!? at 2007-07-29 17:34
タイトル : ナオミ・ワッツが着ぐるみ? デイヴィッド・リンチ 『ラビ..
 “Rabbits”は、“Dumbland”と同じくデイヴィッド・リンチが2002年にネットで発表していた短編で、こちらも8編に分かれていますが、こちらは一つながりになったものを8つに分割しているようです。... more
Tracked from 映像と音は言葉にできない.. at 2007-08-01 07:57
タイトル : 『インランド・エンパイア』
前作『マルホランド・ドライブ』に引き続きハリウッドを皮肉っぽく扱ったタイトルですけど、これは5年ぶりのデヴィッド・リンチの新作。... more
Tracked from レザボアCATs at 2007-08-03 23:42
タイトル : #108.インランド・エンパイア
キましたねぇ、リンチワールド!かなり今回、キテます。まさにド真ん中な感じ。現実なのか、悪夢なのか・・・。一言で言えば、リンチの大好きな悪夢の世界。濃度の濃いリンチファンにも、ずっしり来ること間違いナシな作品だ。... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2007-08-04 19:51
タイトル : インランド・エンパイア★★★☆劇場103本目:不可解なリ..
風邪引いていたこともあって映画は10日ぶり!!なんで気合いも入り?!、上映時間が180分もあるデヴィッド・リンチ監督作品、『インランド・エンパイア』を観てきました。解説と簡単なストーリー紹介はいつものYahoo!からコピペで。解説:『マルホランド・ドライブ』...... more
Tracked from 犬儒学派的牧歌 at 2007-08-05 20:57
タイトル : インランド・エンパイア:他人の見た夢を、延々3時間・・・
★監督:デヴィッド・リンチ(2006年 アメリカ・ポーランド・フランス作品) 京都シネマにて。 ★あ...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-08-08 07:03
タイトル : インランド・エンパイア
悪夢を見ているような作品でした。 町の実力者と結婚し、優雅な生活を送る女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受けます。その老婦人に不思議な話を聞かされるのですが、その話の通りに、ニッキーは、新作映画の主役に決まります。その映画は、主演の二人が撮影中... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-08-10 09:34
タイトル : 『インランド・エンパイア』
(原題:Inland Empire)2006年アメリカ/ポーランド う~む・・ 良くわからん・・烈 これも「マルホランド・ドライブ」みたいに、2回ほど観れば理解出来るんでしょうか!? まっ、解らない事を楽しむタイプの作品なんでしょうきっと・・。 監督もそれをまた何より楽しん..... more
Tracked from シネ・ガラリーナ at 2007-08-13 15:16
タイトル : インランド・エンパイア
2006年/アメリカ 監督/デヴィッド・リンチ <京都シネマにて鑑賞> 「抜け出せぬ迷宮」 リンチと言えば「倒錯」の世界なんだけども、今回は100%「迷宮」。見終わった瞬間は、何が何だかさっぱりわからない。1週間ほど前に見に行って、なんとか思考をまとめようかと思ったけど、できそうにない。次にもう一度DVDで見たら、きちんと筋を通せるかも知れません。ただし、3時間ものこの映画、もう一回見るかなあ(笑)。 物語は 1.女優ニッキーの世界 2.ニッキーが出演する映画『暗い明日の空の上...... more
Tracked from Alice in Won.. at 2007-08-14 10:03
タイトル : インランド・エンパイア
普段は前知識全くなしで映画を見るのですがこれほどどんな映画なのかくらいはリサーチして観ればよかったと思った映画はありませんでした・・・ 夫が町の実力者である女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受ける。その時受けた予言通りにニッキーは新作映...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2007-08-17 16:28
タイトル : 『インランド・エンパイア』... ※ネタバレ少々
2006年:アメリカ映画、デイビット・リンチ監督最新作、ローラ・ダーン主演、裕木奈江もちょこっと出演しています。... more
Tracked from 面白い映画とつまらない映.. at 2007-08-25 16:56
タイトル : インランド・エンパイア
悪夢系の王様、デヴィッド・リンチの新作は、悪夢系というよりは、暴走する悪夢だ。 子供の頃、SF小説でよくあるパラレルワールドというのが怖かった。ある日学校に行ったら、自分の席がない。仲のいい友達もみんな「お前、誰?」って言う。なんなんだよって思いながら家に帰ったら、母親が「あなたどこの子?」って言う。そういうやつだ。私は子供の頃、トイレに入ってドアを閉めるのが怖かった。ドアを開けて外に出たら、自分が存在しない家になっているかもしれないからだ。 デヴィッド・リンチの映画はあれに似ている。暗い廊下の角...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2007-08-26 20:10
タイトル : インランド・エンパイア
「インランド・エンパイア」 INLAND EMPIRE/製作:2006年、アメリ... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-09-02 23:57
タイトル : インランド・エンパイア((+_+))ディヴィッド・リンチ
   わたしも、世界も、乱れていく。   9月になりました。暑さも一段落でしょうか?涼しくなりましたね。今月も色々な作品が公開されますね。書けていない8月の鑑賞作品があるので、引き続き書いていきたいと思います。   8月17日、京都シネマにて鑑賞。何と上映時間が3時間という超長い作品デヴィット・リンチ監督の「インランド・エンパイア」。正直なところ、かなり難しいです。ワケが分からなくなります映像や音楽を楽しむほうがいいのかな。かなり前衛的な要素の濃い映画だと思います。 &...... more
Tracked from tomozoのうれし★た.. at 2007-09-03 23:56
タイトル : インランド・エンパイア
待ちに待ったデビッド・リンチ!「マルホランド・ドライブ」から5年、期待してみたこの映画は、まさしくデビッド・リンチであり、リンチファンの期待を裏切らなかった。実... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-09-07 03:15
タイトル : ★「インランド・エンパイア」
観ようか観まいか、悩んでた作品。 あの、「マルホランド・ドライブ」のデビット・リンチ監督だし・・・ 3時間超の長編だし・・・ でも、何故か裕木奈江出てるみたいだし・・・一応観ておく事に。... more
Tracked from soramove at 2007-09-24 10:47
タイトル : 「インランド・エンパイア」リンチ監督が好き放題の3時間に..
「インランド・エンパイア」★★☆ ローラ・ダーン主演 デヴィッド・リンチ監督 長い、 それにしても長い。 人間が頭の中で空想する 訳の分からない、 本人にさえ説明のつかない事が 映像で延々3時間。 意味不明の映像から 現実へ、 現実かと思った...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2007-10-14 08:25
タイトル : リンチ新作、インランド・エンパイア2枚組DVD!! これ..
当ブログの記事、観たゾ! インランド・エンパイア Inland Empire =リンチ新作(2007-07-22) 以降、この3時間の悪夢に改めて向き合うか、迷っていたのですが... <Q: また映画館に行くか? <A: 即答はできない。もう少し時間を置いて考える。 <一方、米国で間もなく発売されるDVDはなんと310分らしい(特典も含めてだろうが) <それを購入することも視野に入れたい。  ということで、ロス出張を利用して、アメリカで発売されたDVD2枚組を買ってきました!! (一度めでは買え...... more
Tracked from C note at 2007-11-12 21:01
タイトル : インランド・エンパイア
デヴィッド・リンチって好きか嫌いかで言ったら確実に好きではあるのだけど、私の場... more
Tracked from 映画、札幌グルメ情報はジ.. at 2008-03-30 00:22
タイトル : インランド・エンパイア:映画
今回紹介する映画は、ヴェネチア映画祭栄誉金獅子賞など数々の賞を受賞した鬼才デイヴィッド・リンチ監督作品の『インランド・エンパイア』です。 インランド・エンパイア:ストーリー 夫が町の実力者である女優のニッキーは、ある日、見知らぬ老婦人の訪問を受ける。 その時受けた予言通りにニッキーは新作映画の主役に決まるが、その映画は主演の二人が撮影中に殺されたという、いわくつきのポーランド映画「47」のリメイクだった。 撮影が進むにつれ、映画の中の役にリンクするようにニッキーは相手役のデヴォンと不倫...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-05-25 11:59
タイトル : 『インランド・エンパイア』'06・米・ポーランド・仏
あらすじニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる。その作品は、ある秘密を抱えており、主演女優のニッキーは役にのめりこむにつれ、次第に役柄と私生活を混...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-06-22 07:21
タイトル : 【映画】インランド・エンパイア…モニター調整は是非実行を..
今週は記憶が週頭の記憶が残らない{/hiyob_hat/}ぐらい働きました{/face_hekomu/}{/down/} 今週の頭に何か映画観た記憶があるんだけど…なんだっけかなぁ{/eq_1/}(※借りてきてるレンタルビデオ確認したら「バタフライ・エフェクト2」でした{/face_ase2/}…鑑賞のご報告は後日)…で、更に明日の日曜日も出勤な私です{/face_z/}{/down/}{/down/} …こういう忙しい時期を過ぎれば自分にご褒美{/face_nika/}として無駄遣いのひとつもしたい...... more
Commented by mig at 2007-07-27 09:50 x
かえるさん☆おはようございます。
コメントTBありがとです♪
わたしも同感、うさぎのシットコムを織り交ぜるなんてリンチしか出来ない世界、それにロコモーション踊りや不思議なキャラクターたち、、、
ストーリーの複雑さも、雰囲気も好きです〜
DVD買ってまた観たいな!
Commented by manimani at 2007-07-27 10:41 x
コメント&TBどうも
わたしはちょっと眠かったせいもあって、非常にここちよく浮遊した3時間でした。ラストのルームナンバーにもやったね!という感じで。もう一度いきますよっ!
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-27 11:52
mig さん♪
リンチな世界が炸裂していましたよね。ギリアムだったら、もっとメルヘン風味のうさぎになるだろうし。うさぎ部屋はめちゃシュールでよかったですー♪ それでいて、まさかリンチ映画の中で、ろこもーしょんが聴けるとはまったくもって予想外。猥雑さがたまらないですよねぇ。
インランド・エンパイア出身のローラ・ダーンのだんなさんのノンクレなピアノ演奏もすってきでした。私もまた観たいですー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-27 11:56
manimani さん♪
ちょっと眠いジョウタイっていうのはちょうどよかったかもしれませんね。少しくらい寝ても問題はないし。私は不穏なノイズと悲痛な表情のクローズアップの連続なところには心地よさは感じられなかったんだけど、あれこれグッとくる要素がてんこ盛りで疲れるのだけどウットリな3時間を過ごせましたー。あの部屋に入って一緒に踊りたいですー。またがんばってくださーい。
Commented by カオリ at 2007-07-27 15:54 x
こんにちは。解析しようと意気込んで行ったんですが見事撃沈でした(笑)。マルホランドのほうがまだ筋書きがあったけれど・・・さすがリンチ監督です。演じてる役者さんたちは、意味分かってやってるんだろうか・・・
Commented by tangerine at 2007-07-27 16:31 x
かえるさん、どうもご無沙汰しております。うさぎルーム、ハマりましたよねー。ポーランド語の響きが美しく感じる映画っていうのもキシェロフスキー以来かもしれません。ロコモーションもついつい仕事中に口ずさんでしまっておりました。
個人的には、どんなホラー映画よりも怖く感じましたので、納涼にぴったりの夏映画です。とりあえず2回見に行きましたが、ハマってしまったので、この夏のマイ・イベントとして、暇あるごとに映画館に通い詰めようと思います。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-27 18:11
カオリ さん♪
同じく。解釈どころか、登場人物の把握や場面の大分類もできなかったですー。わはは。『マルホ~』も観た当時は、わけわかんなーいって思ったはずなんですが、今となってはごく真っ当な構成のオハナシでしたよね。
俳優たちも当然全貌はわからずに演じているんでしょうね。その都度台本は渡されたらしいけど、きっと抽象的なことしか書いてなさそう・・・。帝国ですからね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-27 18:12
tangerine さん♪
お久しぶりですー。まだ公開一週目なのにもう2度ご覧になったなんてすごい!
ハマりました。ツボでした。ウサギだなんてステキすぎ。ポーランドっていうのがまたいいですよねー。スラブ語の響きって、不思議に魅惑的な音ですよねー。サーカスの登場も嬉しく。はい、ロコモーションにはビックリでしたが、そのミョーさはサイコーでした。あの転調にはかなりウキウキしてしまいましたー。
そうですね。ディテールにワクワクしつつ、そこに漂う空気は不穏で怖かったです。フツーのホラー映画って、音楽が過剰だったりして、さほど怖さに襲われないのだけど、これは気がめいる不気味さがホントに怖かったですよね。だから、夏公開だったのでしょうか。納涼映画ですねー。おおお、何度ご覧になるのでしょうか。新発見・新解釈を楽しみにしていますー。
Commented by baoh at 2007-07-28 02:21 x
こんばんは~。

ほんとほんと、ドっとつかれた3時間でした。特にサッパリ意味不明の前半の辛さといったらもう!(笑)

私、この手の作品は意地でも理解してやろうと躍起になって観るので鑑賞後の疲労度はかなりのものでした。それでもリンチ作品に100%の堪えは無いんですよね~。そこがまたむずがゆいです(笑)
Commented by kazupon at 2007-07-28 12:09 x
かえるさん
リンチの映画、、なんだかんだいって好きなんだと思いました。
3時間あると聞いて、夜見るのはキツそうだなと判断(笑)
初日の朝イチに久々に・・・頭スッキリだったのに 映画始ったら
モヤモヤしましたよやっぱり^^
リンチって自分は観た方が解釈いろいろとしてしまう映画を作って
ますけど、実はあまりなーんも考えてなさそうな気がいつもしてます。
質問しても絶対答えないそうなんです(笑)
実は自分でも判ってなかったり^^
昔スタンリーキューブリックに「イレイザーヘッド」の仕掛けを聴かれても
教えなかったそうですよ。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-28 13:40
baoh さん♪
つっかれましたよねー。3時間というのは観る前からプレッシャーだったのに、始まるやいなや不快な音やら映像やらで追い詰められました。そうなんです。事態を整理したいのに、いっこうに状況が見えてこない前半はつらかったです。お疲れ様でしたー。でも、baohさんは疲れたナリにちゃんと解釈をまとめられているから素晴らしい。私はどっと疲れた割には、疑問符だらけで終わりました。答えのない映画なのに、観客に追求させようとするイジワル監督ですよね。おもしろいけど、謎めきすぎー
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-28 13:40
kazupon さん♪
そうなんですよね。なんなの?!と思いつつ、好きか嫌いかといったら好きなんです。3時間だというのは公開間近になってから知ってビックリしました。おお、初日初回にご覧になったんですね。素晴らしい。私も初日ではないけど、初回に観ました。夜鑑賞はおちる可能性大ですよね。昼間っからこういう映画を観るのもどうかと思いつつ、昼間から疲れましたー。
そうですね。こういう鬼才監督って、あんまり筋書きなんかは考えてないと思います。感性の赴くままにやりたいことをやっているだけなんでしょうねー。インタビュー記事もちょろっと読みましたけど、作品の内容については何も語ってなかったです。何もないのかも・・。キューブリックに聞かれて答えないなんて筋金入りです。そういう姿勢こそが、えんぺらーなんでしょうけど。
Commented by umikarahajimaru at 2007-07-29 17:42 x
こんにちは。
オリジナルの“Rabbits”観ました?
42分あるんですよ~。これがなかなか……。
Commented by CaeRu_noix at 2007-07-30 11:58
umikarahajimaru さん♪
オリジナルの“Rabbits”も気になりますー。
ご紹介ありがとうございます。
42分なら、がんばって見られるかな。
Commented by yanks at 2007-08-01 07:56 x
おはようございます。
確かに、恵比寿じゃなかったらまた観たいです(笑)。
映像の微妙なブレもリンチの作戦にあったらしいですね。
こんなところにも帝国主義を的にするダーツなリンチ!
心理的快感ものとしては、今年一番...です。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-01 11:36
yanks さん♪
恵比寿は行くのが面倒くさいですよねー。w
渋谷のようについでに観られないので、気軽に行けないのです。
映像の微妙なブレも作戦うちだったのですか。細かいところを追究するといくらでもリンチの策略が隠されていそうですよね。
帝国というのは、ハリウッドの体質のことをさしているというのは気づかなかったです。そうですよねー。
快感というか不快感というか、心理的インパクトは最上級でしたー
Commented by とらねこ at 2007-08-03 23:48 x
かえるさん、こんばんはです。
ロコモーションのシーンは、図らずも笑ってしまいました。
本当、ナチュラル・ハイにだんだんなりましたね。頭がだんだん重くなって、意識が深くなっていくような体験をしましたが、
これぞ、無意識の領域に近づいている証拠ですよね。
ここはアツいコメントがたくさんですね☆さすがです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-04 12:32
とらねこ さん♪
ロコモーションは笑えましたよね。全くもって予想外。
会場には声に出して笑っていた人もいました。私は笑える以上に、楽しくなっちゃって満足。クラバーちゃん期以前の私にはユーロビートはきました。
そうか、ナチュラル・ハイは、無意識の領域に近づいているってことなですね。観客として正しい状態なのかしら。
はい、公開後即観に行ったみなさんはさすがにアツいですー。
Commented by 狗山椀太郎 at 2007-08-05 20:55 x
こんばんは。
(あっ、上のとらねこさんと被りますが・・・)ロコモーション最高でした。楽しかったですよね。ああいう唐突でチープでバカっぽいノリは大好きなのです。思わず身体が反応してしまいます。エンドロールのナンバーも良かった。
他の大半のシーンは、眠いわけでもないが、ずっと見ていると頭がボーッとしてきました。ハイというよりはむしろロー、ダウナー系なんですよ、私にとっては(それは無意識に、作品の世界にハマっていたということなのだろうか?)。
とはいうものの、作品全体としてはオチのない、グダグダな展開ばかりのような気がしてイマイチ乗れなかったです、残念ながら。マルホランドは大満足だったですが。あと、Naeさんは年をとらない風貌というか、ちょっとコケティッシュでもありました。
全然まとまりのないコメントでごめんなさい。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-06 11:13
狗山椀太郎 さん♪
ロコモーション、楽しかったですよねぇ。エンディングもとても気に入ってます。3時間全部をもう一度観たいとは積極的には思わないけど、ツボだったところはまた体験したいですー。いやー、たぶん、そんなにチープでバカっぽいノリっていうんではなかったと思うんですけどね。わたし的にはわりと格調高い?はっするタイムでした。
そうですね。大半のシーンはローテンションになりました。眠くもなったし。ナチュラル・ハイ状態になるというのは、ロコモーションで一段階UP、そして終盤からエンディングのことでした。オチなんてものはまるで期待しなかったけれど、確かに予想を上回るメリハリのなさだったかもしれませんね。2時間にしたら、一貫してノレたかもしれませんー。マルホはもっといろんなシーンがたくさんあってグダグダ感はなかったですもんね。Naeは30代には見えませんー。童顔な女性はある程度の年齢になった方が女らしいキレイさを感じますよね。ウサギ系。
Commented by マダムS at 2007-08-10 09:37 x
うーん、わからないからって、私もあえてもう一回観たいとは思わない(笑) 
ローラ・ダーンを賞賛すべきですね これは。。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-11 12:17
マダムS さん♪
そうなんです。もう1回観たいという思いはあるんだけど、恵比寿に出向いて3時間というのはあまり気が進みません。どうせならやっぱり他の映画の方が観たいですー。
そもそもローラ・ダーンと立ち上げた企画らしいですから、彼女も率先してその世界を体現したのでしょうねぇ。
Commented by denkihanabi at 2007-08-25 16:55
面白かったですねこれ。俳優もなにを演じてるのか分からなかっただろうな。どのくらいの期間をかけて撮ったのか気になります。だらだらやってたっぽい気がするなー。
私もだらだら長い文章を書いたのでトラバします。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-26 11:55
denkihanabi さん♪
面白かったですねー。と手放しでは言えないんですが、魅惑的な映画でした。俳優たちも自分が何をやっているのかわからずにカメラの前に立っていたんでしょうねー。どこかで読んだんですが、集中して撮影したわけではなく、やはり結構長い期間に渡って撮ったみたいですー。まさに、だらだら。
ありがとうございます。
Commented by となひょう at 2007-08-26 20:18 x
うさぎさん♪
ようやく観に行って来ましたよ。激混みだっていうし、猛暑だし。
リピーターが多いのか、ロングラン決定と新聞に載っているのを見ましたです。でも、私も恵比寿まで再度足を運ぶことはしないかな

>リンチは観客のことなんかお構いなしにわが道を爆走しているもよう。

全くですよ、逆に凄いと思いました。これこそがリンチ・ワールドの魅力なのかもしれないですよね~
エンディングの歌を歌っている方の、何だか中性的?な歌声が耳に残ります。ああいうパンチのある歌声って大好きです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-27 12:41
となひょう さん♪
うさぎどーん。そうそう、恵比寿だけじゃなくて今では4館で上映されていますよね。リンチって人気者なのねー。マルホの時はひっそり東急シネマスクエアで上映されていて、レディースデーでも結構すいていたのになー。いやー、もう1回観たい気持ちもあるにはあるんですけど、3時間はやっぱりキツいし、どうせなら他の心躍る映画の方が観たいー。
あんまり独創的なものだと、資金提供者つかなくなるのがモンダイなんでしょうけど、リンチの場合はもうカルトなのに人気者なポジションを獲得しているから、観客に媚びる必要はないみたいで。
エンディングの歌はよかったですよねー。自分のツボだった部分だけがまた観たいー。
Commented by tomozo at 2007-09-03 23:54 x
リンチが大好き♪
もう、いまやこんなにやりたい放題な監督はいないですよね?
でも、実はしたたかに計算してるんじゃないかって気もするし…。
(これは、こういう意味で、これはこんなことを言ってるんだ。でも、それは教えない。意味なんて無いことにしておくんだ。そうじゃなきゃ、面白くないだろ?)
って、行ってる気さえしてしまう私は
かなりのリンチ信者かも……(苦笑)
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-04 00:58
tomozo さん♪
大好きですか。信者ですかー。
ホント、ここまでやりたい放題の監督っていないですよね。フツーはもうちょっと俳優やプロデューサーに気をつかってみたり。観客のウケを気にしてみたりするものだと思うんですけどねー。
本当に気ままに思いつきで撮っているような気もするし、実はリンチの中では全てきちんと構成されていて、意味づけがされているような気もするし。信者でない私は、どちらとも確信できんー。遠目で見つめることにしますー。
Commented by kenko at 2007-11-12 20:59 x
こんばんは☆
ウズベキスタンだなんて、素晴らしいところに旅立たれていたのですね。
遅ればせながらお帰りなさいまし☆

インランド、うち方面では今頃上映中でようやっと観てきましたー
私も同じくリンチ信者ってわけではないんだけど、これは早く観たくて観たくてしょうがなかった作品です。
リンチなんだもの、わけ分かんなくて当然・・・なんですが
予想以上に入り組んだ迷宮になってました(笑)
そしてそんな迷宮でぐるぐる迷わせてくれてありがとう♪リンチ♪って感じです。
ウサコ部屋がそこにあるだけで、どうしようもなく心地良かったです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-11-13 00:59
kenko さん♪
ありがとうございます。
おお、ようやくでしたか。晩秋の方が似合うかも。
真夏の冷房の効いた映画館にも合っていたけれど。
リンチ信者じゃなくても、やはりやはり映画ファンなら、その名前を無視することはできないですよねー。3時間なんてかったるなーと思いながらも、わくわくと足を運んでしまいますよね。そして、予想以上の疲労感を味わうのでした。でも期待通りのわけわからん感に満足。
空間把握能力もないし、人の顔の区別がつかない私には、まったくもってぐちゃぐちゃな世界でしたが、楽しゅうございました。心地よかったですねー。
<< 『レッスン!』 -TAKE T... PageTop 『イタリア的、恋愛マニュアル』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon