かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-7月のしねまとめ- 
2007年 07月 31日 |
スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマンが30日に亡くなられたそうです。



89歳。『サラバンド』がお言葉通りに遺作となったのですね。ご冥福をお祈りします。
先月の終わりには、エドワード・ヤン(楊徳昌)の訃報をきいたばかりでしたが。エドワード・ヤン監督はまだお若かったので無念さが残りましたが、ベルイマン監督は充分にお仕事してくれたのかもしれませんね。

ああ、そして、イタリアの巨匠ミケランジェロ・アントニオーニも30日に亡くなられたのですって。94歳。同じ日というのは不思議で感慨深いです。

そして私は、去年亡くなられた巨匠作品を今月楽しむことができました。
PPFの招待作品となっていたロバート・アルトマン監督作品を観ました。
貴重な70年代の作品を劇場鑑賞できて感無量~。

そう今月は、カウリスマキ作品で幕を開けました。
初期の作品、『ハムレット』、『罪と罰』 を鑑賞。もう少しでCompleteかな。

ケン・ローチは未見だった『ナビゲーター』を。

思ったんだけど、ケン・ローチの労働者ものとカウリスマキの労働者ものって、物語的には似ていますよね?リアリティをもって演出するとケン・ローチになって、コミカル度を高めてマンガっぽくするとカウリスマキになるって感じ。

イタリアのプーピ・アヴァーティ監督特集 にも行きました。

それから、終盤は、ヴィスコンティの『熊座の淡き星影』、

「中国映画の全貌 2007」で、田壮壮監督の『青い凧』を。

そして、ヤスミン・アハマド監督へと続く。

ってな感じで、映画祭等で鑑賞した旧作も充実していて、忙しい日々でした。


で、
2007年7月に鑑賞した一般公開新作星取り!(お気に入り度、満喫度)


★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上) ↓

ファウンテン 永遠につづく愛
アズールとアスマール
ボルベール 〈帰郷〉

★★★★   (星4つくらい) ↓

サイドカーに犬
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
殯の森
街のあかり

★★★★ ~★★★☆↓ (星3つ半から星4つくらい) ↓ どっちか迷って

インランド・エンパイア
石の微笑
ジェイムズ聖地へ行く

★★★☆ (星3つ半くらい) ↓

レッスン!
そして、デブノーの森へ
イタリア的、恋愛マニュアル
傷だらけの男たち


ってなところ。   
今月はなかなか平均点が高めだった気がします。概ね、満足。
ミニシアターものがほとんどだったからかなぁ。鬼才LOVE!

季節感のない生活を送りつつも、外は暑いし、映画館は相変わらず極冷。
自分が寒いから言うのではなく(ホントは寒いから言うんだけど)省エネとかをもーちっと考えて、冷房の温度を上げればいいのになーと常々思います。
でも、男の人は暑いみたいですね。私が寒くて仕方なかったユーロスペースで、とある男性が後で「暑い、空気が淀んでいる」と文句を言っていました。ああ、そういうことを言う人がいるから、低めにしとけーってことになるんですかね。ちぇっ

-6月のしねまとめ-       -8月のしねまとめ-
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-07-31 23:59 | 映画月まとめ | Comments(8)
Commented by mayumi-68 at 2007-08-01 01:28
かえるさん、こんばんは。
ベルイマン監督が亡くなられたのは本当に残念です。最近「夏の夜は三たび微笑む」を観たのですが、面白い作品でした。「野いちご」と「ファニーとアレクサンドル」も観たいのですが、ベルイマン作品のDVDは高いんですよね・・・。
アントニオーニ監督は、まだご存命だったのですね・・・知りませんでした(汗)。

今日、カウリスマキの「街のあかり」を観に行ってきました。かえるさんのケン・ローチとカウリスマキの比較には納得!カウリスマキ作品、悲惨なのにどこか可笑しいんですよね・・・。
Commented by とらねこ at 2007-08-01 01:39 x
本当、本当、寒いですよね、映画館の中。
おかげで、薄着できないですよ、出かける時暑くても・・。
一番寒いのは六本木シネマートは相変わらずですね。
今年も、ブルブル震えながら見ています。
おかげで、ここは、長袖指定です(>_<)
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-01 11:21
mayumi さん♪
その訃報にはビックリしました。そういうお歳だっただったとはいえ寂しいですね。『夏の夜は三たび微笑む』っていうのは知らなかったです。ちぇっく。ベルイマン作品って、かなりたくさんあるのでどれを観たらいいか迷うところなんですが、数少ない鑑賞作はとにかく素晴らしかったです。まさに「野いちご」と「ファニーとアレクサンドル」が。そうそう、アート系名作もののDVDって紀伊国屋書店もののことが多く、高価ですよね。私はレンタルで観ました。他の作品も観たいですー。

おお、「街のあかり」に行かれましたか。カウリスマキ&ケンローチ類似説、共感ありがとうございます。カウリスマキ作品の中ではどんな不幸が起こっても、ちと笑えてしまうんです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-01 11:21
とらねこ さん♪
寒いですよねー。映画館ってばー。
女性の多くはそう思っているはずなのに何ででしょうー。
オフィスやショッピングセンターのように終始ドアの開閉がある空間よりは温度は高めに設定すべきなのに、同じ感覚でやっている気がしますー。
そう私もいつも長袖だったり、はおりもの持参だったりします。
六本木シネマートは行ったことないのですよ。行く際には、防寒の準備に努めますー。
Commented by シャーロット at 2007-08-02 00:58 x
ミケランジェロ・アントニオーニが亡くなったのは知ってましたですが、イングマール・ベルイマンも同日なんですか?!なんか訃報ばかりに反応してる気がっ。ちょっと気がめいりますが・・・着々と名作の鑑賞をなさっているようで。私はアルトマンは全く行けなかったのがイタかったです;;
中国映画の全貌 2007もいくつかみたいものがありました。青い凧も見たいのだけど。。。
そうそう、ユーロスペースってなーんか寒いですよねえ。
ヘー暑いって言う方もいるんだー。
六本木シネマートは真夏でも真冬に感じたです。それ以来あまり行ってない気が;
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-02 11:17
シャーロット さん♪
そうなんですよ。巨匠が同日に亡くなられたというのは不思議な偶然。私はベルイマンの訃報の方を先に知ったのですが。フランスの俳優ミシェル・セローも29日に亡くなっていてこれまた寂しいです。(ブラウン夫人のひめごとの現代パートのじいさん役)
去年のBOW映画祭ほどの企画は今年はないものの、あれこれ充実していて大忙し。
ううむ。アルトマンの70-80代作品はそれほどにシャーロットさん向け?でもないかもしれませんよ。自分は、手元にシャーロットさんありがとうの品があるっていうのに「ナッシュビル」も観に行っちゃいましたがー。
「中国映画の全貌 2007」はそうそう、シャーロットさんに観ていただきたいものがたっくさんありますわ。『北京ヴァイオリン』とかウォン・カーウァイ作品とかイーモウ作品とか。青凧の監督の『春の惑い』もシャーロットさん向け?かも。
ユーロスペースはホントに寒くて、夏物のはおありもの1枚では防寒しきれず。今度温度計を持ち歩いて、劇場温度調査でもやろうかしら・・・。
Commented by ふぇあるーざ at 2007-08-07 22:23 x
6月にはウスマン・センベーヌ監督が亡くなりましたね。
何週間か後に追悼記事は一杯出てきたけど、“訃報”を載せたのはM日新聞だけだったみたいです。
『母たちの村』もまだ観てないけど、日本には縁のある人だったようで。40年以上前に小説が翻訳されたりしてるし。
情けないことにわたしはベルイマンもアントニオーニもヤンも観てませーん。おうち鑑賞を充実させなくては!

映画館での凍死寸前体験はとし○えんで『ゴッドファーザー』観た時。あんまり映画館に行くこともなかった頃だったとはいえ、真夏に3時間もある映画をTシャツ1枚でなんて。今は絶対しません。みんな暑いから○しまえんのプールに水遊びに行くんだろうけど、わたしはプールに飛び込んで温まりたかったです。
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-08 01:17
ふぇあるーざ さん♪
そうなんですよ。ウスマン・センベーヌ監督も!
私も実は、たぶん訃報そのものは知らなかったんですよね。7月中だったからに、朝日新聞の紙面で知りました。そうなんだ。日本に縁のある人だったのですね。だから、M日新聞に訃報が乗ったのでしょうか。訃報をすぐに知り得なかったこともあり、知った時はショックでした。下手をしたら、ずっと気づかなかったかもしれないもの・・・。『母たちの村』は是非ご覧ください。DVDだと特典映像もあってよいみたいですー。小説の方もちょいとひかれますね。
ふぇあるーざさんは若いので、じいさん監督の作品を観ていなくてもフツーです。私も21世紀に入ってから、片手で数える程度の鑑賞数。何しろついこないだまで、ベルイマンのことをベイルマンだと思っていたくらいっだしー。ヤンは『カップルズ』が好きだったから、比較的馴染みがありましたが。機会ありましたら、みてみてくださいー。
ホント、映画館の寒さってば、凍死寸前。シネコンも寒いー。Tシャツ1枚ではホントに死にいたりますって。ハイドロポリスで暖をとればよかったかもー。防寒対策万全で参りましょうー。
<< 『ルネッサンス』 PageTop 『ファウンテン 永遠につづく愛... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon