かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
8月25日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 08月 25日 |
八月も最終週ー。
良い子のみんなはもう夏休みの宿題は済んだかなぁ?
私は31日あたりから自由研究に取りかかったくち。これが成果だ。

さて、今週のトーゼンミルミル印はー



ショートバス  /シネマライズ

ヘドウィグのジョン・キャメロン・ミッチェルだよ~。
ニューヨーク・ブルックリンにあるアンダーグラウンドなサロン「ショートバス」に徘徊する、愛に迷える男女7人。
テーマは愛とセックス? 
R-18。ボカシが100コくらい入っているらしい・・
サントラ試聴したけど、音楽がまたいいんだ。


厨房で逢いましょう /ル・シネマ

マーサの幸せレシピのリメイク版もまもなくですが、
ドイツ映画のシェフものがまたやってきたー。
天才シェフ・グレゴアが、平凡な主婦エデンに恋をした。


-ミルカナ

私のちいさなピアニスト  /シネカノン有楽町

ホロヴィッツが好きなピアノ教室の先生が主人公。
ベタな感動作だったらイヤなんだけど、ピアノものは観たいー


--ミルカモ

シッコ SiCKO

マイケル・ムーア!
興味深きアメリカの医療制度の実態。
観たいけど、スクリーンじゃなくてもいいかなぁとも・・。


---気になるもの

◆グラインドハウス

8/31までTOHOシネマズ六本木ヒルズにて上映。
本来のアメリカ公開バージョンの2本立て。
これを観れば、1回で済むんじゃんという魅力。??



--
◆TAXi4
◆ラッシュアワー3
◆Life 天国で君に逢えたら
◆スピードマスター
◆たとえ世界が終わっても
◆親父
◆童貞。をプロデュース
◆月下美人/月下美人~追憶~
--

8月 25日 ~ シネマート六本木にて
韓流シネマフェスティバル2007 ルネサンス
「卑劣な街」「角砂糖」「ミスター・ロビンの口説き方」「マイ・ボス マイ・ヒーロー2リターンズ」


8月 25日 ~ 8月 31日 シアター・イメージフォーラムにて
韓流インディペンデント映画祭2007


新宿k's cinema にて、9月7日まで 「中国映画の全貌 2007」開催中。
8/26(日)「宋家の三姉妹」「始皇帝暗殺」「イチかバチか 上海新事情」
8/27(月)「ドリアンドリアン」「草ぶきの学校」「鬼が来た!」「故郷の香り」
8/28(火)「再見のあとで」「胡同模様」「孔雀 我が家の風景」「君よ憤怒の河を渉れ」
8/29(水)「孔雀 我が家の風景」「クレイジー・イングリッシュ」「たまゆらの女」「北京ヴァイオリン」
8/30(木)「哀戀花火」「胡同のひまわり」「我が家の犬は世界一」「鄧小平」
8/31(金)「ただいま」「緑茶」「ウォ・アイ・ニー」「クレイジー・ストーン ~翡翠狂想曲~」


~ 9/7(金) シネマヴェーラ渋谷
「ユナイテッド・アーティスツの栄光」
8/26(日)「キッスで殺せ!」「情婦」
8/27(月)「現金に体を張れ」「荒馬と女」
8/28(火)「情婦」「イエロー・サブマリン」
8/29(水)「天国の門」
8/30(木)「キッスで殺せ!」「現金に体を張れ」
8/31(金)「荒馬と女」「イエロー・サブマリン」


早稲田松竹8/25(土)~31(金)は
「パリ、ジュテーム」&「パリところどころ」

*気になるちらし

・『レディ・チャタレー』
D.H.ロレンスの名作「チャタレー夫人の恋人」の第2稿。
セザール賞で5部門の受賞に輝いた期待作。

・『いのちのたべかた』
のぞいてみよう、これが食生産のグローバル・スタンダード。

・『ヴィットリオ広場のオーケストラ』
多様な民族による音楽ドキュメンタリー

・『ジプシー・キャラバン』
ジプシー・ミュージックのドキュメンタリー。
4つの国の5つのバンドをフィーチャー。タラフー!
ジョニー・デップがちょろっと出演しているらしいー。

▼発売中
クロッシング・ザ・ブリッジ ~サウンド・オブ・イスタンブール~
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-08-25 23:59 | 映画週チェック | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/6030947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 哀生龍 at 2007-08-26 00:23 x
グラインドハウス(U.S.A.バージョン)を早速見ましたが、スンゴク楽しかったです!
この2人の監督がお好きであれば、きっと楽しめます。
遊び心いっぱいの、小粋な作品だと言えると思います。
>これを観れば、1回で済むんじゃんという魅力。??
単独公開版(完全版)の方が尺が長いということなので、そちらも見る気でいます(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-26 12:27
哀生龍 さん♪
早速ご覧になりましたかー。
いや、9月公開のそれぞれは観に行くつもりではいたのです。
が、このUSAバージョンのグラインドハウスが1週間だけ公開されていることに気づき、どうせなら本来のヴァージョンの方がいいんじゃないかしら?こっちなら1度で済んじゃうしねーというところに魅力を感じたのです。両方観るつもりはサラサラ無くて、別立ての日本版じゃなくてこっちを観る方がいいかなぁって。でも、やはり、この一週間の間に六本木に行ける日はなさそうなので、こっちの案は無理そうです。
哀生龍さんは是非、その違いを味わってくださいまし。
Commented by リーチェン at 2007-08-27 11:24 x
かえるさん、こんにちは!

『ジプシー・キャラバン』にジョニーがちょい出演というのが、ファンとしてはやっぱり~って感じですね!「中国映画の全貌 2007」もそうそうたるラインナップ。『宋家の三姉妹』はやはり良いですな~
早く9月になって欲しいわ!(笑)
Commented by CaeRu_noix at 2007-08-28 01:38
リーチェン さん♪
やっぱりー!な感じなんですかー。私は逆に、なんで、ジョニーが?!って思いました。ひょっとして、ジョニーがジプシー役が板につく俳優だから?最近は海賊だし、カウボーイ役のイメージなんかも強いし、自身はネイティブ・アメリカンの血を引いているし、ロマなジョニーのことをすっかり忘れていました(笑)。ジョニーは別にジプシー音楽好きじゃないですよね?
「中国映画の全貌 2007」はそちらは9月からですっけ?楽しみですねー。私はあと1本何観ようか、まだ悩み中。
<< 『ドッグ・バイト・ドッグ』 狗咬狗 PageTop 『This is BOSSA ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon