かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
「ウィキッド」 劇団四季ミュージカル
2007年 09月 07日 |
マジカルにゴージャスな極上エンタメ。

「オズの魔法使い」の知られざるプロローグを描いた大人気のブロードウェイ・ミュージカル!



四季のミュージカルは「ライオンキング」以来で四季劇場もその時以来。ミュージカルが大好きな私なんだけど、日本人が外国人役だったり、日本語で歌を歌われることに少し抵抗があって、どちらかというと海外ものの来日公演の方に興味をひかれがちだった。そのクセに、myベスト・ミュージカルを挙げるとしたら、四季のものしか観たことのない「ライオンキング」を筆頭にしてしまうほど。そして、今作もとーってもおもしろく見ごたえ満点で劇団四季ってやっぱりいいじゃないって実感。

何がいいって、ミュージカルの舞台のためにつくられた独自の劇場にてロングラン上演されることがポイントだよね。役者たちがその空間に慣れ親しんでいるから、空気に散漫さが感じらずに、凝縮された熱気がパワフルに伝わってくる感じ。そして、ロングランならではの豪華な舞台セットも素晴らしい。期間限定の来日公演ものはその点がちょっと寂しいのだけれど。ステージが始まる前から、ワクワクしてしまうような見事な装飾、オブジェ。幕に描かれた地図にも見入っちゃう。

舞台装置も立派だし、衣装もまたバラエティに富んでいて眺めているだけで楽しいの。エメラルド・シティがとりわけ印象的。場面毎に同系色に統一されていながら、各々の色彩やデザインにバリエーションがあるファッション。そんな華やかな衣装で繰り広げられる群舞には高揚せずにはいられない。ダンスを観たい私にとっては、やっぱり群舞が萌えどころ。歌への興味はそれほどでもなかったのに、楽曲の豊かな美しさには聴き惚れた。せつないメロディーのソロはもちろん感動的だったし、全体に渡って物語を彩る音楽の見事さにたびたび耳を傾けた。

音楽とビジュアルを楽しむのがミュージカルの目的と思っていた私は、いつもストーリー展開にそんなに注目しないのだけど、これはお芝居も面白かったなぁ。歌ったり踊ったりしなくても、充分に楽しめそうなほどに魅力的なオハナシなのだ。それを盛上げる愉快なキャラクターとハイテンションな演技。グリンダの楽天的な女王様ぶりは面白すぎー。日本人が西洋人をやるのって、真面目な劇だと妙なんだろうけど、コミカルな場面ではむしろ効果的かも。小ネタがすごく楽しくて、なのに最後には感動しちゃう中味の濃いぃ上等なお芝居。

小ネタの笑いも結構、シニカルだったりして大人テイスト。子どもも楽しめる作品なんだろうけど、大人にはより味わい深いテーマが見え隠れ。この世の中を皮肉るかのごとくの、悪い魔女がそういう立場に追いやられた真実。これまでの認識が覆されるっていうのがお見事。善悪について、ハッとさせられ、考えさせられるのだった。こんなに深みのある物語が極上のエンターテインメントになっているブロードウェイ・ミュージカルの世界ってすごいなぁと感心。そして、それを丸ごとそのまま日本に運んでくれた劇団四季もブラボーなのだ!
d0029596_1235079.jpg

[PR]
by CaeRu_noix | 2007-09-07 01:01 | Art.Stage.Book | Trackback(2) | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/6096327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-09-07 19:20
タイトル : 劇団四季 『ウィキッド』
一昨年の『オペラ座の怪人』以来2年ぶりの舞台鑑賞ですー鍊 『オズの魔法使い』の番外編ー! 何故永遠に”善い魔女””悪い魔女”と呼ばれるようになったのかー? オズの国の魔法使いの謎!と愛と友情のお話輦 ブロードウェイで大ヒットし、現在4年..... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2007-09-16 08:55
タイトル : ミュージカル『ウィキッド』
ブロードウェイを席巻した新作ミュージカルが、劇団四季によって日本上陸! 職場にチケットの斡旋が来てましたので、いそいそと出掛けてきました。 お話は、あのライマン・フランク・ボームの『オズの魔法使い』に出てくる”西の悪い魔女”エルファバと”善い魔女”グリンダはかつて友人同士だった、という設定で描かれる前日譚ということになっていますが、実はクライマックス部分は『オズの魔法使い』本編とシンクロしているので(ドロシーもシルエット等でチラっと出てくる)、外伝と捉えるほうがより正確かも知れません。 なん...... more
Commented by きらら at 2007-09-07 06:45 x
わー!いいな♪いいな♪♪
私も四季好きです。いっぱい観てるわけじゃないけどー。で、ウィキッドは1月鑑賞予定です(遠いー><)いい席で観たい、、、って思ったらそうなちゃった。。。
そして今はマンマミーアの再東京公演願っています。さらに好きなミュージカルは「夢から醒めた夢」♪

あーすごく楽しみです。
鑑賞終わったらまた来ますね~♪来年なってしまうけど。。。
Commented by tomozo at 2007-09-07 12:35 x
私も四季からミュージカルの世界に入ったクセに
なんか抵抗あるんですよ〜。
でも、この「ウィキッド」はみたい!
数年前のトニー賞授賞式でのパフォーマンスがすごく良かったの〜。

かえるさんのレビュー読んだら
ちょっと観に行きたくなっちゃったなぁ。
行こうかな♪
Commented by Moe at 2007-09-07 18:04 x
こんばんはー☆
かえるさんのレビュー読んでたら、又観たくなっちゃいました。
今度は2階で観たいなぁ。

去年『ダンス・オブ・ヴァンパイア』を観て、毛嫌いしてた日本人の
ミュージカルにも興味を持つようになったのですが、
この『ウィキッド』は文句なしに面白かったですー。

ほんと、なんか深かったですねー。
Commented by マダムS at 2007-09-07 19:27 x
かえるさんもご覧になっていらしたんですねー♪
私も四季の会員になってる友人のお陰でやっとこさ2年に1回ほどのペースで舞台が観られるんですよー 他のは観たいなーと思ってもなかなか腰が重く・・(笑)
 >歌ったり踊ったりしなくても、充分に楽しめそうなほどに魅力的なオハナシ
そうそう!そう感じました。 「新しいミュージカル」と謳っているのはこういう事だったのねと納得しましたです。 
あの二人に掛け合い漫才やらせても面白そうーーなどと不謹慎なことも想像したりして。。  ■■■がカカシ男になっちゃうなんて!驚愕のラストも見逃せませんよね!!(笑;)
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-08 07:54
きらら さん♪
わーい。お先にー。
四季、お好きなんですねー。
そうそう、発売日にチェックしたわけでもなかったので、いい席は全然取れずでしたー。でも、あんまり先の予定はわかんないので、私は妥協して8月鑑賞に踏み切りましたー。
きららさんはよい席で楽しんでくださいねー。
おお、「夢から醒めた夢」は見たことないです。心ノートにメモっときます!
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-08 07:54
tomozo さん♪
ですよねー。四季なんてーと私も思ってしまってました。
でもね、その思いを改めようかなって思いました。それくらい本作はよかったですよー。本場ものも見たいけど、四季のよさっていうのもあると思えましたー。トニー賞授賞ものが日本で見られるチャーンスですよん。
ぜひぜひ鑑賞のご検討をー♪
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-08 07:55
Moe さん♪
もちろんご覧になっていましたかー。
そうなんですよ。もう一度見るなら、今度は2階席がいいなーって私も思っていました。そんな舞台の使い方をしていましたよねー。
Moeさんのお墨付きなウィキッド♪
日本人のやるミュージカルに偏見ってやっぱりありますよね。
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」もよかったんですね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-08 23:10
マダムS さん♪
久しぶりの四季劇場でしたー。
お友達に会員の方がいらっしゃるのはいいですねー。
自分で入会したいとは思わないけど、興味にあるものだけ恩恵に預かるのはいいかも♪ 観たいなーと思っても舞台ものは事前のチケット取りなんかが大変ですしね。マンマミーアなんかはあまり惹かれなかったんですが、これはさすがに観たい!って思いましたー。ミュージカルはダンスが最も大事!と思っている私なんですが、歌や踊り以外にも引き込まれましたよねー。素晴らしい。舞台の笑いって、テンポが悪いと笑えなかったりもするんですが、そのへんもなかなかいい呼吸でした。そこらの漫才師のかけ合いより笑えるかも?
オズの魔法使いの世界も大好きなのでカカシ男の正体にはビックリでしたー
Commented by odin2099 at 2007-09-17 05:53
TB、有難うございました。

『オズの魔法使い』も読み直してみたんですが、この『ウィキッド』とは随分テイスト違いますね。
逆に、あのお話をベースにこういう物語を紡ぎ出した人は凄いと思いますけれど、些か強引にリンクさせている感があるのはちょっと残念・・・。

ミュージカルそのものは、音楽も聴いたことがないものばかりだったので、最初は戸惑ってばかりでしたが、途中からはグーッと引き込まれていきました。
機会があれば、また観に行きたいと思っています。
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-17 23:49
odin さん♪
コメントありがとうございます。
私は、「オズの魔法使い」の方は映画なんかの記憶がうっすら残っているだけだったので、舞台を観た後に、オズの絵本を立ち読みしました。(笑)
絵本だと強引さも感じることなく、繋がりが簡単に復習できてよかったです。
後から、先の話を作りだしたのですから、多少強引さが見られるのは仕方ないかなぁと思います。それより何より、その発想が素晴らしいですよね。従来の常識、価値観を覆す真実がある、物事は見る角度によってこんなに違ってくる、そんなことを描いて見せてくれたことにとにかく感動しました。
音楽も個人的には好きなタイプでもなかったんですが、好みとは別に楽曲の素晴らしさを感じました。引き込まれましたよねー。
物語/テーマも、音楽も、演出も全てがお見事でした。また観たいですよね。
<< 9月8日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 『厨房で逢いましょう』 EDEN >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon