かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第64回ヴェネチア国際映画祭受賞結果
2007年 09月 09日 |
第64回ヴェネチア国際映画祭が閉幕しました。

コンペの受賞結果は以下の通り



▼金獅子賞
d0029596_11183747.jpg
『ラスト、コーション [色・戒]』・・・アン・リー監督/台湾(中国).米

--日本占領下の香港と上海が舞台。情報将校を暗殺しようと近づいた、レジスタンス組織に所属する女学生の愛と葛藤。
※2008年お正月第2弾公開


▼銀獅子賞・監督賞

ブライアン・デ・パルマ監督/米 ・・・ 『Redacted』(リダクテッド)

--イラクで実際に起きた少女強姦、そして殺害された事件をモチーフに、イラク紛争中のアメリカ兵を通して、現代の戦争におけるメディアのあり方を描く。


▼審査員特別賞

『La Graine et le mullet』 ・・・アブドゥラティフ・ケシシュ(アブデラティフ・クシシュ)監督/仏

--チュニジア出身の監督作品


『I'm Not There』 ・・・トッド・ヘインズ監督/米

--出演は リチャード・ギア、ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャー、ジュリアン・ムーア、クリスチャン・ベール、シャルロット・ゲンズブール
※2008年GWシネマライズにて公開


▼男優賞

ブラッド・ピット 
・・・ 『The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford』(ジェシー・ジェームズ暗殺)/アンドリュー・ドミニク/米

--西部開拓時代の悪名高きガンマン、ジェシー・ジェイムズの殺害。


▼女優賞

ケイト・ブランシェット ・・・ 『I'm not there』/トッド・ヘインズ/米

---ボブ・ディランの人生。


▼マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)

Hafsia HERZI (ハフィーザ・ヘルジ) ・・・『La Graine et le mullet』/仏


▼オゼッラ賞・撮影賞

ロドリゴ・プリエト ・・・ 『ラスト、コーション [色・戒]』


▼オゼッラ賞・脚本賞

ポール・ラヴァーティ ・・・ 『It's a Free World』/ケン・ローチ


▼特別獅子賞 

ニキータ・ミハルコフ監督/露


---

アン・リー監督強し!
2度目の金獅子賞、おめでとうございます。
『ラスト、コーション [色・戒]』の公開が楽しみですねー。

何かと話題のブラッド・ピットもちゃんと男優賞を受賞したのってたぶん初めてですよね?
これも速攻公開されるのかな。

有名どころの名前が多い受賞結果となりました。
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-09-09 11:00 | 映画ネタあれこれ | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/6108531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-09-15 11:06
タイトル : 第64回ヴェネチア映画祭(2007) 主な結果
烈金獅子賞(最優秀作品賞)は アン・リー監督の 『ラスト,コーション/色・戒(仮題)』台湾 トニー・レオン主演ですね鍊 アン・リー監督は2度目の金獅子賞受賞(一昨年の「BBM」)という事になります。 第二次大戦突入前後の日本軍占領下の上海を舞..... more
Tracked from 不良老年のNY独り暮らし at 2007-10-08 00:01
タイトル : 『色/戒(LUST, CAUTION)』
今年のヴェネツィア映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞した『色/戒(ラスト、コ... more
Tracked from 最新映画情報 at 2007-12-06 17:38
タイトル : ブラッド・ピット主演最新作”ジェシー・ジェイムズの暗殺”
ブラッド・ピットが演じるのは、アメリカ史上最も悪名高い無法者ジェシー・ジェイムズ。略奪、殺戮行為を繰り返し10の州にまたがって当局から追われる身となった伝説的犯罪者ジェシー・ジェイムズ。彼にかけら... more
Commented by BC at 2007-09-10 20:49 x
かえるさん、お久しぶりです♪
ヴェネチア国際映画祭受賞結果ありがとうです。(*^-^*

アン・リー監督は国際的に評価が高いのですね☆
ブラッド・ピットは『カリフォルニア』の頃から確かな技量のある人だと私は思っていたので、
実績が伴っての受賞なのでしょうね。(^-^)
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-11 20:45
BC さん♪
どうもー。
ヴェネチア映画祭は概してアジア映画の評価が高いですよね。
BBMはアメリカ映画だったけれど、こちらはもっとアジアンなので嬉しいです。でも、2度目の受賞であることや、審査委員長が同じ中国のチャン・イーモウだということで、発表時には記者団からブーイングもあったとか・・・。とにかく楽しみですよねー。

ブラピは 大スター過ぎるのがナンですが、演技力はありますよね。『カリフォルニア』は観たことがないんですが、『テルマ&ルイーズ』の登場にはときめきました♪ あ、それは演技力とは関係ないか・・・。かっこよかったんです。
大スターゆえに、ヨーロッパの映画祭で評価されることは誇らしいでしょうね。
<< 『チャーリーとパパの飛行機』 PageTop 9月8日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon