かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ストンプ・ザ・ヤード』
2007年 09月 23日 |
みんなでガンマのポーズをやりたくなるよー。

LAのストリート・ダンサー、DJは兄を失い、アトランタの大学に入学することになる。そこで、ダンスチーム「テータ」の一員となり、宿敵の名門チーム「ガンマ」との闘いに挑む。



『STOMPの愛しの掃除機』 という映画を一昨年観たので、ストンプといったら、あのイギリス生まれのパフォーマンス集団のことをまず思い浮かべた。デッキブラシやらバケツやらの日用品を使ってリズムを刻むダンスパフォーマンスなのかなって。ところが、そうじゃなかった。

“ストンプ”とはステッピングとも呼ばれるアフリカン・ブート・ダンスを起源とする舞踊なんだって。ステップを踏みながら手足で音を立ててリズムを刻むダンス。この伝統的なダンスは、アフリカ系アメリカ人の大学の友愛会で受け継がれているのだそう。そんなストンプのバトルを描いた青春ムービー。アメリカの文化にはまだまだ知らない面があるなぁ。にしても、こういうダンスコンテストもあるなんて、アメリカってばホントにコンテストが好きなんだねぇ。何でもかんでも勝ち負けを決めたがるのね。いえ、それが青春ー。

というわけで、初めて見るそのダンス、ストンプを眺めるのがとにかくおもしろかったなー。大会の場だけではなくて、キャンパス内での交戦も興味深くて。躍動するそのリズムや同じユニフォームを着てパフォーマンスするアフリカ系学生の姿から『ドラムライン』なんかをまず思い出した。こちらもチアリーディングっぽい感じで、まさに応援団チックな威勢のいい団体なんだよね。かけ声がかかって、皆で一斉に同じポーズでキメて静止してみたり、雄叫んでみたり。フツーのチアリーディングと違うのは、スポーツ選手を応援してのパフォーマンスではなくって、あくまでも自画自賛態勢なこと。真顔で俺たちはすごいんだぜーみたいな調子。図体が大きく強そうな威勢のいいアフリカ系アメリカ人たちが、ちょっぴりお茶目な?ガンマのポーズをとったり、吠えたりしている様がやけに斬新なのだった。熱くてパワフルなのに、ユーモラスな感じ。

こんなダンスの文化が続いていると知ったことも発見だったけど、その舞台の大学がアフリカ系アメリカ人ばっかりのようだったのも興味深かった。いつも観ているアメリカ映画に登場する学校は大抵は多様な人種が入り乱れているものだったもの。アトランタって住民の過半数以上がアフリカ系アメリカ人なのだね。マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の生誕の地。LAの『フリーダム・ライターズ』の舞台の高校では、人種間の対立が激しかったけれど、こちらの大学にはもちろんそういう火種はなく。代わりにまず目に付いたのは、冨とステイタスを持つ者がそうでないものを見下す様。それが人間の姿というものなのかな。そして、ヒロインのエイプリルが金持ちで将来性のある彼じゃなくて、DJを選ぶという筋書きがポイントとなるわけだ。

この手の映画は例によって、物語が安直にパターン化しているのはまぁ仕方ない。心揺さぶられるようなところはなかったけれど、個人プレーに走りがちだった主人公がチームの一員としてがんばることを学んでいく姿が描かれるのはよいよね。

全体的には、『チアーズ』にはほど遠い満足感ではあったけど、やっぱりはずせないダンス・ムービー。阿波DANCEの後だったから、ダンスシーンはそれはもう見ごたえアリさ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-09-23 14:38 | CINEMAレヴュー | Trackback(6) | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/6209982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キマグレなヒトリゴト at 2007-09-24 11:12
タイトル : 『Stomp the Yard』
まさかこんなに人が来ているとは… ぽちっとプリーズ。 Stomp The Yard [Blu-ray] [2007] ... more
Tracked from カノンな日々 at 2007-09-25 10:52
タイトル : ストンプ・ザ・ヤード/コロンバス・ショート
この映画ってどれくらいの公開規模なんだろ?私もホームシアターにしてるチネチッタで上映してなかったら、わざわざ観に行くことはしなかったかもしれませんね。逆にそんな作品をチネチッタが選定したという事でかえって興味を持ったというとこもなきにしもあらずかな。それ....... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2007-09-28 21:14
タイトル : ストンプ・ザ・ヤード
「ストンプ・ザ・ヤード」STOMP THE YARD/製作:2006年、アメリカ... more
Tracked from レザボアCATs at 2007-09-29 02:18
タイトル : #125.ストンプ・ザ・ヤード
この映画、激しいダンスバトルを前面に押し出した予告なので、ダンスシーンを期待した人には、ちょっと「アレ?」って思ってしまうんじゃないかな、っていう危惧が・・・。だって、“STOMP(ストンプ)”って、ちょっと普通のダンスじゃないんだもん。... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2007-10-03 08:17
タイトル : ストンプ・ザ・ヤード★★★★劇場126本目:ダンスシーン..
9/22の2本目、【スペイン・ラテンアメリカ映画祭】の合間に観た映画、『ストンプ・ザ・ヤード』のレビューを簡単に。解説はいつものyahoo!からコピペです。解説:兄を亡くし心に傷を負ったバトル・ダンサーの苦悩と再生を描いた青春ダンスムービー。ストンプとは、正確な...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-11-06 23:31
タイトル : 『ストンプ・ザ・ヤード』を観たぞ〜!
『ストンプ・ザ・ヤード』を観ました兄を亡くし心に傷を負ったバトル・ダンサーの苦悩と再生を描いた青春ダンスムービーです>>『ストンプ・ザ・ヤード』関連原題: STOMPTHEYARDジャンル: ドラマ/青春/音楽製作年・製作国: 2006年・アメリカ上映時間: 114分監督...... more
Commented by minori at 2007-09-24 11:11 x
モーニン!
これ、とうとう公開だったのですねー。AUSにいたときに結構話題になった作品でした。見に行ったらワカモノが大勢いて座る席がたりなくなっちゃうほどの大盛況だったんですよー。これ。ダンスは見ごたえありましたが、イマイチキャラが似てるもので(単に区別ができないだけー)結構状況を把握するのに苦労しちゃいました(笑)今覚えてるのはそれくらい…。
TB失礼しますねー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-25 00:55
minori さん♪
今年はステップ・アップ、レッスン!、これとダンスものが続々と公開です。みんな揃いも揃ってストーリーは安直なんだけど、ダンスは楽し。
オージーたちには人気だったんですねー。ストリートダンスなんかとはまた違うタイプなのにこういうのにも若者の関心が高いのですね。
確かにアフリカ系アメリカンの顔のちと区別は難しいかも。リーダーとNO2の人を私も区別できなかったりしました。でもあんまり関係なかったかな。
DJは心を閉ざしたつっけんどんキャラだったのに、最初から気に入った女子へのアタックは積極的なので、ヘンなキャラだなーとか思ったりもしました。今覚えているのはそんな感じー。w
Commented by となひょう at 2007-09-28 21:16 x
>みんなでガンマのポーズをやりたくなるよー。

おおお、私も入れて~
私も、何かガンマのポーズは気になっていました。
皆で並んでポーズを取っているもんだから、激しいダンスは勿論ですが、こちらも気になっておりましたよー
Commented by CaeRu_noix at 2007-09-29 00:26
となひょうさん♪
あんなガタイの彼らなのに、ガンマのポーズってば女の子の仕草みたいなカタチなんですもの。やたらおかしくなかったですか?あといちいち遠吠えするところも・・・。というわけでまじって一緒にやりたいですよね。
釘付けです。
Commented by とらねこ at 2007-09-29 02:16 x
ジャンゴもかえるさんが見てくださったなんて、そして、かえるさんをイマイチ分かってなくてごめんなさ~い!
分かりたいで~す!^^v
『STOMP愛しの掃除機』という映画があるんですか。その映画、面白かったですか?^^
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のシーンを思い出してしまいますねえ。
あれも、ミュージカルで、各シーンでそのものを使って、音を作り出してしまうところに、鳥肌が立ってしまったのです。
掃除機や日用品を使って音を出したりする映画も、面白そうですよね♪
おっしゃる通り、人間が作り出すリズム、って、シンプルなものであればあるほど、「大地のリズム」に近くなるというか、民族的度合いが濃厚になりますよね。
そういった意味で、見ていて興味深かったです^^
Commented by CaeRu_noix at 2007-10-02 00:56
とらねこさん♪
わはは。これからゆっくりじっくり私をわかってくださーい。
ジャンゴみたいなタイプはとりあえず好み系ですわよ。
真面目なアクション映画より、愉快なあくしょんが好きかも。
『STOMP愛しの掃除機』はパフォーマンスに期待して観に行ったら、思いの外普通のドラマ部分が多くて、ビミョウに退屈でしたー。でも、日用品をつかってのダンスシーンなんかはとても楽しかったので、気が向いたらぜひご覧くださーい。半額DAYの時にー。
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のミュージカルシーンってばめちゃめちゃ大好きです。工場のシークエンスはサイコーでしたよね。
STOMPのステージも生で観てみたいですー。ブラストの打楽器づかいなんかもなかなか楽しかったですし。
ひとえにダンスやミュージカルといっても、実にいろんなタイプのものがあって、映画の題材にも事欠かないという感じですよね。そんなわけで、これも非常に興味深かったですー。大地を感じるリズムって大好きー
<< 『題名のない子守唄』 PageTop 『デス・プルーフ in グライ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon