かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
12月14、15日の公開映画ちぇーっくなど
2007年 12月 15日 |
走る走る。
今週も盛りだくさんで困ってしまうー。
今年中に何本観られるかしらー



さて、
『昼顔』のその後を描いた 『夜顔』 はフランス映画祭にて鑑賞済みー。

そして、まだまだまだ、トーゼンミルミルー

わが幼少時代のポルト /銀座テアトルシネマ

『夜顔』の公開に際し、最長老の巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督の2001年作品も上映されるなんて嬉しく。
ポルトガルの故郷ポルトを舞台に、自らの少年期を綴る。


眠れる美女 /ユーロスペース

川端康成の小説をドイツ人俳優ヴァディム・グロウナが監督・主演で映画化した官能ミステリー。
一糸まとわぬ姿で眠る美女と一夜をともにできる娼館の虜となる老人。
運転手はゴルトくんも大いなるお目当て!


ゼロ時間の謎 /ル・シネマ

アガサ・クリスティ自身もベスト10の中の1作に挙げている傑作ミステリーが原作。
海辺の避暑地でおこる殺人事件。
メルヴィル・プポー、ローラ・スメット、キアラ・マストロヤンニ、ダニエル・ダリューという出演者にも注目。


中国の植物学者の娘たち /東劇、109シネマズ川崎

孤児院で育ったミンは、湖に浮かぶ植物園に実習生として迎えられ、封建的な植物学者の父親に従うアンに出会う。
美しい島の植物園という舞台が魅力的な禁断のラブストーリー。
中国では撮影許可が得られずベトナムで撮影したそう。


バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び /シネカノン有楽町2丁目、シネマライズ

伝説のダンサー、ニジンスキーを生んだ名門バレエ団、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の歴史に迫るドキュメンタリー。
2000年にニューオリンズで100人近くの元団員を集めて行なわれた同窓会が行われた。


雪の女王<新訳版> /シネマ・アンジェリカ

1957年ソ連の名作アニメが新訳で蘇るー。カイー


-ミルカナ、ミルカモ

ベティ・ペイジ /シネマライズ、K's cinema、チネチッタ

カンナさん大成功です!

アイ・アム・レジェンド


--気になるもの

チャプター27 /シネクイント

ユゴ~大統領有故~ /シネマート六本木

サーフズ・アップ



---
◆ザ・シンプソンズ MOVIE
◆地球外生命体捕獲
◆Little DJ 小さな恋の物語
◆えいがでとーじょー! たまごっち ドキドキ!うちゅーのまいごっち!?
◆スマイル~聖夜の奇跡~
◆イッツ・ア・ニューデイ
◆ジャーマン+雨
◆食の未来
---

銀座テアトルシネマでは、今夜<夜顔公開記念スペシャルナイト第1弾!オリヴェイラナイト>
「ノン、あるいは支配の虚しい栄光」、「神曲」、「クレーヴの奥方」
うーん、いいなぁ。ノン、と神曲が観たかったなぁ。
まぶぜさんDVD貸してくれないかなぁ・・。


12月14日(金)~16日(日)東京日仏学院では、「ロシア・アニメーション・フェスティバル 2007」!


シネマヴェーラ渋谷では、12/15(土)~1/11(金) 「踊る人」の系譜
-ミュージカルなくして何の人生!アステア以外に神はなし!
極上のミュージカルとダンス映画の数々で年末年始を過ごしましょうー。
去年のヌーヴェルヴァーグに続き、このたびの年末年始も非常に私好みの企画で嬉しいー。
といいつつ、ラインナップにはちと不満。ハリウッドものと邦画が大半だけど、ヨーロッパものももっとセレクトしてほしかったー。
でもでも、気になる未見作などを観に行きたし。


そして、早稲田松竹でも今週はミュージカル!
「リリー」53&「魅惑の巴里」57/ジーン・ケリー


フィルムセンター 「NFC所蔵外国映画選集 ヨーロッパ映画名作選」

などなど。


そうそうそう、ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表されましたね。
批評家協会賞もあれこれと発表されて、並ぶタイトルに心躍りますー。
コーエン兄弟の「ノーカントリー」、PTAの「There Will Be Blood」
ショーン・ペンの「イントゥ・ザ・ワイルド」、ジェイソン・ライトマンの「ジュノー」
「潜水服は蝶の夢を見る」、「君のためなら千回でも」
「アメリカン・ギャングスター」、「つぐない」、「アウェイ・フロム・ハー」
など楽しみですねー。

--追記--

『ベオウルフ』は3Dで観るべきか、『アイ・アム・レジェンド』は劇場鑑賞すべきか・・・という話をしました。
基本的にはハリウッド大作志向ではない私なんだけど、何しろ映像主義なものですから、製作費にものを言わせたダイナミックな見ごたえある映像はスクリーンで体験したいのですよ。
複数の人の意見や感想を聞きつつ、うだうだ悩み・・・。
でも、『アイ・アム・レジェンド』は観に行く気になってきました。
「まどぎわ通信」さんが"ニューヨークの街並みの映像が素晴らしいので、大スクリーンで観ることをすすめると書かれていたので。加えて、監督が 『コンスタンティン』の人だと気づき、これは観なくちゃと思ったのでした。撮影は、LotRの人ですよ。
シネコンものはまだ、『ボーン・アルティメイタム』も残っているんだけど。
『ベオウルフ』は、最寄りで2千円払って3Dを観るか、普通版を都内のどっかで観るか(でもレディースデーは他の観るのに忙しいしなぁ)、或いは観ないことにしちゃうかぁー・・・
[PR]
by CaeRu_noix | 2007-12-15 08:45 | 映画週チェック | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/6740661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by となひょう at 2007-12-15 21:18 x
おこんにちは。
突然、仕事で変なプロジェクトが始まってしまい、予定外の忙しい日々を送っておりました。水曜の夜に『ある愛の風景』を観に行こうとしたんだけど、無理だったーーー。ってな訳で、前売り買って明日にでも観に行って来ます。記事アップしたら、また改めて伺いますねん。

『ゼロ時間の謎』 だんだん気になってまいりました。
もともとアガサ・クリスティ好きなのに、この作品は未読だし。
Bunkamuraって何となく苦手意識があるんですがー、空いてきた頃にでも足を運んでみようかな♪
『雪の女王』も気になり出しましたー
あれぇ、渋谷ばっかりだ。

『ノーカントリー』は早くから楽しみにしていたんですが。
おおおおお、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされましたか!!!
って、もう賞レースのシーズンがやって来るんですねぇ
今年のアカデミー賞はどうなるんでせうかね。
Commented by CaeRu_noix at 2007-12-16 10:42
となひょうさん♪
おお、お仕事がお忙しいのですかー。
大変だと思いますががんばってくださいねー。
映画の方も無理せずに観てくださいねー。無理して観に行ったのに、全然よくなかったってことになってもナンですしね。
『ゼロ時間の謎』は映画としてどの程度うまく作られているのかにもよるけれど、原作はおもしろいに決まっているから、サスペンスとしての物語は充分に楽しめそうですよね。私はミステリー、サスペンスというジャンルにはそんなに関心はないんだけど、おフランス映画は観ておきたくなるのですー。そう、私もBunkamuraルシネマは好きな劇場ではありませーん。座席は窮屈だし、前に座高の高い人が座るとスクリーンがちゃんと見えないし・・・。だから、すいてから行くのがベターですよねん。
名作な『雪の女王』のリバイバル上映にも注目ですよねー。アニメといえば、私も山村アニメを観ましたよ。チェコアニメはAを。&ハンガリアンのB。
『ノーカントリー』はGG賞ノミニーと、シカゴ映画批評家協会賞、NY映画批評家協会賞の作品賞・監督賞を受賞しましたね。これは期待できそう。そして、アカデミー賞シーズンですねー。
Commented by きらら at 2007-12-16 14:24 x
こんにちは☆
かえるさんでもハリウッド大作系みるんだー!などと、変なところに興味持っちゃってゴメンナサイ><
私は今度のレディースディには何を見ようかなぁ~。最近「見る!」と決め手いても、直近になると「あれ?何をみるんだったっけ?」なんてことなっちゃったりして、、、かえるさんのようにちゃんとメモメモしなきゃなぁ、、、

ってことでアイ・アム・レジェンドのNYの映像はすごかったですー。
ベオウルフ3Dはわたし的には楽しめました☆オープニングタイトルがじゃーんって飛び出てくるのがかっこよかった☆(あれ??そこかい。。)
2000円は1週間悩みましたー。
Commented by CaeRu_noix at 2007-12-17 00:21
きららさん♪
わはは。私でも、ハリウッド大作観ますよー。
楽しめるものは多くはないので、監督名などで厳選はしていますけどー。
そして、きららさんは今度のレディースデーには何を観るはずだったんでしょうねぇ?(笑)
私は気になった映画名は随時メモしてリスト化しています。それでも、ある時に、ノーチェックだった映画が本当はとても観たかったことに後で気づき、そういう落ち度がないように、毎週公開作品を一つ一つちぇーっく確認することにしたのでしたー。毎週木曜にぴあを立ち読みし、A日新聞の金曜の夕刊でも映画広告チェックをし、ミニパラで再確認、となかなか入念な私です。
きららさんにもちょこっとメモメモをオススメしますー。
アイ・アム・レジェンドは映像目当てで行きますよー。
おおお、ベオウルフの3Dご覧になったんですね。そうか、楽しめましたか。2000円は悩みますよね。私なら3週間は悩みます。でも、どうせ観るなら、3Dかなーーー。キヨブタ。

Commented by たかこ at 2007-12-20 10:49 x
3Dってお値段高くなるんですかぁ。
緑と赤のめがねかけてですか?
あーゆーのすごく好きだったんですよ~
「ゼロ時間」は早く行きたい気持ちが先走りしています。プポーの髪がなでつけられて、無精ヒゲもままならないというのは個人的に少ーし不満っちゃー不満ですが、楽しみデス。
Commented by CaeRu_noix at 2007-12-20 23:59
たかこさん♪
そーなんです。
3D上映だけは、各種割引も適用されず、一般は一律2000円払わなくちゃいけないらしい。
うーん、どちらかというと青と赤のめがねだと思うんだけどw、クリスマスには緑と赤かも?! 青赤めがねは昔何かの雑誌の付録についていて、喜んでかけてみたけど、あまり立体感が感じられなかった記憶が。付録ものじゃーダメなのね。
ゼロ時間は混んでいるかしら?私もちゃちゃっと年内に行く予定ですー。予告で観たプポーはちょっとヘンだったような気がするんだけど、髪がなでつけられていたから? さてはて、どんな表情を見せてくれるのでしょか。楽しみですなー。
<< 『リリー』(1953) PageTop 『ここに幸あり』 Jardin... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon