かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『28週後...』
2008年 02月 06日 |
やっぱりゾンビよりも人間が怖ーい。

『28日後...』の続編。



いわゆるホラーは観る習慣のない私だけど、『28日後...』は大好きなダニー・ボイルのイギリス復帰作だけあって、かなり心掴まれた一作だったのだ。ゾンビよりもむしろ極限状態の人間の狂気が恐ろしいかもしれないと身震いさせられるサバイバル・ドラマだった。

そんなわけで、『アイ・アム・レジェンド』 が観られなかったので、これを観ておくことにした。といっても、その2作、サバイバルという共通項はありそうっていうだけで、ジャンルも方向性やテーマもまるで違うのだけど。それなのに、本作を鑑賞して、観てもいない『アイ・アム・レジェンド』 のことをふと思い出しちゃった。『28週後...』で拍手したくなったのは、HEROな主人公が不在だってこと。てっきり、ロバート・カーライルが悪戦苦闘しつつも、人間の底力を見せてくれるのかと思いきや・・・。これがハリウッド映画だったら、『宇宙戦争』のトム・クルーズのように、『デイ・アフター・トゥモロー』のデニス・クエイドのように、幸運に生き延びる頑張る勇敢な主人公を演じるのが主演俳優の役目なのにね。カーライルの役をウィル・スミスならやらないだろうなぁ。

久しぶりにスクリーンで観たカーライルは、登場してすぐにその顔つきが主演俳優的な魅力をともなっていないように感じられたのだけど、それも当然というように、導入部分から妻を見捨てるという非道な行為を見せてくれちゃうんだよね。極限状態の危機には、人間はそういうふうに行動してしまうものかもしれないけど、あの状況で見捨てるのは酷すぎないかなぁ。そんな後ろめたい思いを抱えるからこそ、ドラマは面白くなるのだけど。それにしても、妻はあまりにも可哀想じゃないか。一度見殺しにされたばかりでなく・・・。赦しを請いもう一度愛を確かめ合うキスが皮肉な結果を生むなんて、残酷すぎる。だからこそ、そのガラス張りの密室の再会シークエンスは見事だ。

そうやって、前作同様に、その極限状態のサバイバルに凍り付きながらも、見入ってしまうのだった。泣ける。こんな時は一体、どう行動できるものなんだろう、どうすべきなんだろうと、場面毎に思いを巡らせつつ、スリリングな恐怖感に締めつけられる。そして今回もまた軍服を着た人たちの行動に震撼させられるのであった。『28日後』の奴らは、もはや無法地帯となった領域で人間の残酷さを見せてくれたわけだけど、今回のものは全く状況が異なり、理性を失った人間の狂気の行動などではなくて、軍の作戦として、全員壊滅の指令が出されていることにこの上ない恐ろしさを憶えた。被害をくい止めるためなら、そっち側の人命を奪うことすらも正しいことだなんて。ゾンビに襲われるっていうことは非現実的だけど、現実世界でも実際に似たような判断はなされているわけだし・・・。ということにゾッとしつつ、そんな切り口があるからこそ、評価もアップ。アクション・パニックもの的じゃなく、胸に迫ってくるダークでシニカルなサバイバル・ドラマだからハマるわけであり、ヨーロピアン・テイストなのがやっぱりポイント。

★★★★
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-02-06 23:58 | CINEMAレヴュー | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/7193750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from レザボアCATs at 2008-02-09 00:39
タイトル : 18●28週後...
 前作、『28日後...』はダニー・ボイル監督のホラーの方も面白かったけれど、この続編には遠く及ばない感じ。今回は、ダニー・ボイル監督は製作総指揮に。より、ホラー、ゾンビ映画として、堂々たる傑作に仕上がっている。オススメ!... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2008-02-09 01:10
タイトル : 28週後...
史上最強のバイオハザード&サバイバル映画... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-02-15 21:46
タイトル : 28週後−(映画:2008年14本目)−
監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ 出演:ロバート・カーライル、キャサリン・マコーマック、イモージェン・プーツ、マッキントッシュ・マグルトン 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります) おかしい、この映画は随分前にDVDで見たはずだ。 そん...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-17 14:00
タイトル : 28週後・・・
誰もが終わったと思っていた・・・ 【関連記事】「28日後・・・」 ... more
Commented by 八ちゃん at 2008-02-07 20:22 x
こんばんは~。相変わらず着眼点が違って読みごたえある記事ですなぁ。羨ましいです。おいらも彼はフルモンティ以来かなぁ~。主役かと思わせておいて、おいおい、チューしちゃっていいんかよぉ~、と叫びたくなっちゃった。しぶとかったです。28ヶ月後...はどうなっちゃうんだろう。今からたのしみ!
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-08 23:28
八ちゃん♪
ありがとうございます。
ってか、着眼点はわりと一般的だと思われるんですが、他の皆さんの楽しみどころはどのへんなのでしょうー。ちょっとのぞきにいってみますー。
私はスクリーンでカーライルを観たのは、「家族のかたち」っていうジミジミなイギリス映画以来でした。ああ、お父さんがー!って、びっくりな展開で、おもしろかったです。
そして、本土上陸ですね。28ヶ月後はどんなことになっちゃうのか楽しみですねー。その後は28年後?
Commented by とらねこ at 2008-02-09 00:53 x
こんばんは!かえるさんがこの作品をご覧になるとは!なんだかビックリしてしまいました(笑)
そうなんですよね、冒頭の主人公の妻を見捨てる行動、これまさかいきなりそうするとは思わなかったのですが、面白い展開の裏切り方で続くんですよね!
本当自分には面白かったのですが、かえるさんの4つ★にも微笑みがこぼれます。
読んでて面白かったですw
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-10 19:02
とらねこ さん♪
わはは。私も当初は気になりつつも、観ないかなーって感じだったんですが、ホラー専門サイト“GOREZONE”選定2007年のベスト2だったりとか、ホラー部門の中ではかなり好評なようだったので見逃せませんでしたー。
そもそも、前作はお気に入りでしたしー。
最初からビックリでしたよねー。熱いラブシーンを見せてくれたと思いきや、あまり躊躇もなく結構素早く妻を置いて逃げたからビックリ。
それこそがリアルなのかもしれませんが、そうきたかーって感じでしたね。
主人公が死なないハリウッドアクションは冷めちゃうことがあるけれど、その点こちらは臨場感満点で引っ張られ続けられましたー。
ギャグ度の高かったプラネット・テラーよりも満足感。
<< 『フローズン・タイム』 Cas... PageTop 『ハーフェズ ペルシャの詩』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon