かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2月16日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 02月 16日 |
キモチはまだまだ潜水服と蝶なのだけど。
そう、米脚本家組合のストライキが終結したようで、よかったですねー。



寂しいニュースは、市川崑監督の訃報でしょうか。ご冥福をお祈りします。
作品はほとんど観ていないんだけど、4、5年前に文芸坐で観た『黒い十人の女』 が印象深いかな。『ユメ十夜』を劇場鑑賞できたのもよかった。『ビルマの竪琴』はたぶんちゃんと観たことはないんだよね。いくつか観たら、岩井俊二の『市川崑物語』に辿り着きたいし。

第31回日本アカデミー賞は、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が最優秀作品賞など5部門を制覇ですって。観てないしー。

第61回英国アカデミー賞の作品賞は、『つぐない』に。emoticon-0171-star.gif

そして、私の関心はおフランス!
そうこうしているうちに、フランス映画祭2008 のチケットが発売!
公式サイトがまったく更新されずに、具体的な情報が事前にほとんど得られないまま、気がついたらチケットが売り出されていてドッキリ。てっきり今までどおり、チケットはぴあで買うものと思っていたら、ぴあの扱いはなく、深夜にTOHOシネマズのサイトに向かうこととなりました。席がピンポイントで選べないんだよねー。
近頃めっきり地味になっているという映画祭のゲスト。でも、思えば、去年は充分豪華だったよね。今年はホントに寂しい限り。団長がソフィー・マルソーっていうくらいのもので・・・。『ベティ・ブルー』好きの私としては、ベアトリス・ダルなどにも興味津々だけど、ホラーは観たくないし。サニエたーんがまた来てくれるのは嬉しいけど、今年はブノワたんは来ないし。イケメン俳優さんはいないのかしら?2年連続でドタキャンしたお詫びに今度こそロマン・デュリスが来てくれたっていいのにぃー。追加はあるのでしょうか。
作品的に楽しみなのは、やっぱりまずは、セドリック・クラピッシュの『パリ』 かなぁ。ロマーン!それから、セザール賞で、あれこれノミネートされている『秘密』も超期待。マチュー・アマルリックも出ているし、女優陣も豪華。それから、それから、エリック・ロメールの『アストレとセラドンの恋』など。これは配給ついているから、無理に観なくてもいいかなぁと思ったんだけど、残席が少ないのを見たら、ついついね・・・。ゲスト目当てプラス一般公開されなさそうなものを数本観る予定。行けるのか、帰れるのか、定かでないのに買ってみたー。
というわけで、なんだかんだいって楽しみっす。ロポンギはやなんだけど。emoticon-0170-ninja.gif

さて、新作

トーゼンミルミルー

ファーストフード・ネイション /ユーロスペース

リチャード・リンクレイターですよ。
食の問題が世を騒がせている今ですからねー。
ナニゲにキャストも豪華なんですが、何でレイトなんでしょう。
FF企業のアツリョク?


デイ・ウォッチ

ロシアのダーク・ファンタジー「ナイト・ウォッチ」の続編。


エリザベス:ゴールデン・エイジ

予告の一瞬でケイトの迫力が伝わってきましたね。


-ミルカナ・ミルカモ

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生

予告は非常に興味深かったんだけど、どうかな。


マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

ファミリー向け?大人のおもちゃ屋?


ボーフォート ―レバノンからの撤退― /シネマート六本木

アカデミー賞外国語部門ノミネート作品が急遽上映。DVDだけどね。
これは観たいのだけど、上映日が少ないから無理かな。


--気になるもの

◆クリアネス /ユーロスペース

◆病葉(わくらば)流れて /Q-AXシネマ、池袋シネマ・ロサ

◆マリアのへそ /UPLINKX



---
◆奈緒子
◆菅井君と家族石 THE MOVIE
◆破天荒力
◆たそがれ
---


神保町シアター ではちょうど「中村登と市川崑」の特集をやっておりますよ!

「ルノワール 父子の系譜」
2/9(土)~2/22(金) Bunkamura ル・シネマ 

ジャン・ルノワール、我らの親父
2月1日(金) ~29日(金) 東京日仏学院

フレデリック・ワイズマン映画祭2008
2月19日(火)~3月15日(土)(日・月休館) アテネ・フランセ文化センター

「香川照之特集 第2弾」
2/16(土)~29(金) シネマ・アンジェリカ
 「キサラギ」「刑務所の中」

「リリアーナ・カヴァーニ監督傑作選」
2月2日(日) ~  新宿K's cinema

「韓流シネマフェスティバル.アンコール」
12月22日(土)~2月29日(金) シネマート六本木


ジャン・ルノワールルルー。
『痛ましき無関心』も観ておこうかー
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-02-16 22:31 | 映画週チェック | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/7275030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from TV5MONDE uno.. at 2008-02-25 15:58
タイトル : フランス映画祭チケットプレゼント
3月13日~18日にかけて東京・大阪で開催されるフランス映画祭2008。 本年は... more
Commented by kusukusu at 2008-02-16 22:49 x
フランス映画祭はどうなっているんだろうと思って覗いたら、関連企画でとんでもないものが!
リヴェット特集。ついに、12時間40分の『アウト・ワン』がかかる!
http://www.unifrance.jp/festival/event.php?langue=JAPANESE
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-18 00:38
kusukusu さん♪
関連企画のジャック・リヴェット特集も楽しみですよねー。
私はリヴェット作品は、ほとんど90年代以降のものしか観ていないような・・・。
12時間40分の『アウト・ワン』なんてのがあるんですね。長っ
日仏の方のは日本語字幕付かないのもありそうですがこれはどうでしょう。
リヴェット特集も都合がつきそうなものは観に行きたいです。
必見作品ありましたら教えてくださいー。
Commented by 八ちゃん at 2008-02-18 07:00 x
あれ、昨日投稿したのは失敗したのかな?
ソフィー・マルソーまで一ヶ月きったぁ~。
ピンポイントで選べないから、朝並んじゃいました。前から3列目。ビスタサイズだと観るのきついけど、今回はお祭り気分で楽しみたいと思います。だって初のフランス映画祭だもん。生ソフィー・マルソーだもん!
Commented by kusukusu at 2008-02-18 17:18 x
そうなんですね。ユーロスペースのほうのスケジュールは下記にありますが、『アウト・ワン』は入っていないので日仏のほうらしい。

http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=131

とすると、日本語字幕なしかなあと。大体、12時間40分のに字幕、入れるのも大変ですからね。しかし、日本語字幕なしで12時間40分というのはさすがにきついかも。

>必見作品ありましたら教えてくださいー。

僕も、70年代より以前の作品は実は『王手飛車取り』と『セリ−ヌとジュリ−は舟でゆく』ぐらいしか、見ていないので、あまり・・。『王手飛車取り』も見たのは日本語字幕なしだったし。そういえば、『北の橋』も『地に堕ちた愛』も僕が見ているのは日本語字幕なしのものだった・・。なので、ストーリー、よく分かってないかも。(もっとも字幕あってもよく分からないストーリーだったりするのかもしれないが・笑)
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-19 07:46
八ちゃん♪
昨日の投稿はシャーロットさんのトコだったんじゃ。(笑)
いえいえ、調子悪かったのかな。ごめんなさいです。
おおお、八ちゃんはオープニング作品のチケGETしたんですね。
それも、窓口まで買いに行ったとはすばらしいー。
ワタシはそっちは行かれないんですが、もういっこのソフィー出演作の方をとりましたよー。サイン会もあるしね。時間が遅いから、サインもらえるかわかんないけど、生ソフィーに会えるのは楽しみです。
お祭りを楽しみましょうー♪
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-19 22:51
kusukusu さん♪
日仏上映作はやっぱり日本語字幕なしのケースも多そうですよね。
確かに12時間、映像だけ眺めているのはつらい気がしますー。
字幕があっても、よくわからないのだとしても、一つ一つの台詞の意味がわからないことってストレスになるんですよねー。その方が、映像に集中できていい、なんていう意見もたまに聞きますが、私はダメかなぁ。
セリ-ヌとジュリ-、彼女たちの舞台、北の橋は最近DVDがレンタルにも並んでいて嬉しいのですが、やっぱり劇場鑑賞したいところです。
結局はスケジュール的に行けるものになっちゃうのかもしれませんー。
『ランジェ侯爵夫人』も岩波じゃなくてユーロで見たかったけど・・
Commented by mayumi-68 at 2008-02-20 00:43
かえるさん、こんばんは。
フランス映画祭、いつの間にかチケット発売されてたんですね。さっき気付きました・・・(涙)。もういくつかはソールドアウトになっていて、チケット購入したのは1作品だけ・・・。「食料品屋の息子」です。
まあ、他の作品で見たいものは結構公開が決定してるものなのでいいかな・・・と。でも、ロメール作品は早めに観たかった・・・。
それにしても、作品数、少なくないですか?映画祭、縮小傾向にあるんですかねえ・・・来年が心配。
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-20 10:17
mayumi さん♪
きゃー、ご存じなかったのですか。それは残念、無念ですね。私もアナウンスの記事をあげればよかったかしら・・。
なんか、今回は本当に不親切というかちょっとおかしな状況でした。普通はチケット発売前に、ちらしの配布くらいしますよね。公式サイトが更新されたのも発売の直前だったみたいだし。チケット発売日が2/16だということは、劇場予告の映画祭のCMで流れたらしいのですが、ホントにアナウンスはそれだけだったのかもしれません。よほど注意を払っていないと、チケット発売にも気づけない感じでした。そう、私は2/16の10時からぴあなどで発売されるのかと思っていたら、その前の深夜にネットでは売り出されていたので慌てました。ロメールのは、早くから続々と売れていた感じです。
でもって、作品数も少ないし、回数も少ないですよね。ゲストも質素だし。横浜時代は本当にフェスティバルっていう感じだったのに。盛り上がらない悪循環で縮小している気はします・・・。
<< 第58回ベルリン国際映画祭受... PageTop 『潜水服は蝶の夢を見る』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon