かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
「ミュージカル洋画ぼくの500本」メモ
2008年 03月 09日 |
1910年生まれの映画評論家 双葉十三郎氏の著書「ミュージカル洋画ぼくの500本」(文春新書)を図書館でついで借り。



返す前に(って、延滞してます。すみません。急げー)、紹介されている500本の映画の中で高得点のものをメモっておくの巻。
2万本くらいの映画をご覧だというからスゴイです。

やはり高得点のものは古い作品の方が多いかな。
ハリウッド黄金期の超有名作もあれば、初めてその題名を知ったものもあり。
というわけで、ミュージカル好きにとってはお役立ちな1冊でしたー。
観られるチャンスのないような作品も多いのだけれども。
いわゆるミュージカル映画から、ダンス映画、音楽映画等、幅広くて嬉しい。
新しいものは入っていなくて、20世紀の作品という感じかな。

配点は100点満点で、最高の90点を獲得しているのは、
天井桟敷の人々』(45仏)emoticon-0170-ninja.gifと 『ザッツ・エンタテインメント』(74)の2本のみ。

以下、85点、80点相当のものをピックアップ。
(初めは、75点あたりまで記そうと思ったんだけど、数が多くて途中で挫折・・)

▽85点(☆☆☆☆★)

巴里の屋根の下 29  
会議は踊る 31独 emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0152-heart.gif
自由を我等に 41仏
巴里祭 32
四十二番街 33
ダニー・ケイの天国と地獄 45
踊る大紐育 49 emoticon-0170-ninja.gif
アニーよ銃をとれ 50
巴里のアメリカ人 51 emoticon-0170-ninja.gif
グレン・ミラー物語 53
バンド・ワゴン 53 emoticon-0170-ninja.gif
ウエスト・サイド物語 61 emoticon-0170-ninja.gif
シェルブールの雨傘 64仏 emoticon-0170-ninja.gif
ロシュフォールの恋人たち 66仏 emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0152-heart.gif
素晴らしき戦争 69英
アマデウス 84 emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0152-heart.gif

▽80点(☆☆☆☆)

ジャズ・シンガー 27
喝采 29
ハレルヤ
ブロードウェイ・メロディ
ラヴ・パレイド
ガソリン・ボーイ三人組 30独
極楽鳥満員 30
三文オペラ 31独
今夜は愛して頂戴ナ 32
未完成交響楽 33 emoticon-0170-ninja.gif
コンチネンタル 34
有頂天時代 36
ショウボート 36
白雪姫 37
白鳥の死 37仏
ファンタジア 40
姉妹と水兵 44
赤い靴 48英
イースター・パレード 48 emoticon-0170-ninja.gif
虹の女王 49
リリー 53 emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0152-heart.gif →レヴュー
ショウほど素敵な商売はない 54
スタア誕生 54
ナポリの饗宴 54伊
シャンソン・ド・パリ 57仏
パリの恋人 57 emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0152-heart.gif
黒いオルフェ 59仏 emoticon-0170-ninja.gif
日曜はダメよ 60ギリシャ
マイ・フェア・レディ 64 emoticon-0170-ninja.gif
モダン・ミリー 66
イエロー・サブマリン 68英
裸足のイサドラ 68英
スイート・チャリティ 69
屋根の上のバイオリン弾き 71
ペーパー・ムーン 73 emoticon-0170-ninja.gif
ザッツ・エンタテイメントPART2 76
ル・バル 82伊仏 emoticon-0170-ninja.gif
コーラスライン 85 emoticon-0170-ninja.gif
ラウンド・ミッドナイト 86
バード 88 emoticon-0170-ninja.gif
スウィング・キッズ 93
タンゴ (サウラ)98 emoticon-0170-ninja.gif
海の上のピアニスト 99 emoticon-0170-ninja.gif

私が観ているものには emoticon-0170-ninja.gifマーク
その中でお気に入り作品には emoticon-0152-heart.gifマークを。
実は、『ザッツ・エンタテインメント』は観ていないのでした。
だって、集大成っぽいから、他の名作を全部観てからにしようと思ったりしてさ。

myベスト5な『雨に唄えば』は、75点
myベスト5な『オール・ザット・ジャズ』は、70点 だけど。
でも、さりげなく、『センター・ステージ』(00)が75点だったりするのが好感。

巻末には、本書収録作品から選んだ"ぼくの好きな歌"、"ごきげんダンス場面"、"極上ショウ場面"、"ぼくの好きなダンス映画"が挙げられていて、興味深く。
自分もそういうのをピックアップしたくなりますね。

というわけで、大変参考になる1冊でしたー。
ミュージカル洋画ぼくの500本 (文春新書 593) 双葉 十三郎 / 文藝春秋
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-03-09 23:59 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/7448532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 地球が回ればフィルムも回る at 2008-03-13 14:35
タイトル : ミュージカル映画ベストテン
かえるさんのブログの下記の記事に触発されて、ミュージカル映画ベストテンというのをつくってみました。 「ミュージカル洋画ぼくの500本」メモ http://LatchoDrom.exblog.jp/7448532/#7448532_1 上の記事のコメント欄に書き込んだものなのですが、せっかくですので、こちらのブログにも載せておきます。 『有頂天時代』(1936) 『ヴォルガ・ヴォルガ』(1938) 『鴛鴦歌合戦』(1939) 『ヤンキー・ドゥードル・ダンディ』(1942) 『ヒットパレード』(19...... more
Commented by mayumi-68 at 2008-03-11 00:32
私、これ買いましたよ~。双葉先生のこのシリーズ、大好きなので日本映画以外は全部持ってます。あと、「ぼくの採点表」は戦前編と40~50年代のものは持ってます。
で、このミュージカル編ですが、ミュージカル好きとしてはたまらないです!まあ、中には「これってミュージカルかなあ」と思うものもありますが・・・。双葉先生は(←勝手に先生よばわりしてます)、わりと見る目が公平で、映画評論家の中では一番好きです。それに2万本以上映画観てるっていうのもスゴイですよね。私なんて一生かかっても無理だわ・・・。
かえるさん、「ザッツ・エンタテインメント」シリーズは観てないんですね。すごく面白いですよ。私これ、大好きです。特に「2」はジーン・ケリーとフレッド・アステアが進行役を務めていて、お年を召した二人のダンスも見れるので、必見です♪
Commented by BC at 2008-03-11 21:18 x
かえるさん、こんばんは☆

このリストの中で私が観たのは
『ウェストサイド物語』『マイ・フェア・レディ』『ペーパー・ムーン』の3本だけなのです。(^-^ゞ
『サウンド・オブ・ミュージック』や『フラッシュダンス』が入っていないのが意外な気がしました。
私が好きなダンス映画『ホワイトナイツ 白夜』『ダーティ・ダンシング』はこの本では評価低いのかなぁ?
『センターステージ』75点は私も嬉しいです。(*^-^*
躍動感のある現代的なダンスが良いですね♪

この本、図書館で見かけたら読んでみようかな?


P.S.
もし、よろしければ「干支でシネマ☆バトン」やってみませんか?
“動物な映画”と言えばかえるさんに聞いてみたいなと思いました。
いつでもお時間にゆとりのある時で良いので。
ダメならスルーでもいいですよ。
一応、私のハンドルネームにリンク貼っておきますね♪
Commented by stland at 2008-03-12 01:35 x
おひさしぶりです~

見てない作品

▽85点(☆☆☆☆★)

ダニー・ケイの天国と地獄 45
素晴らしき戦争 69英
 

▽80点(☆☆☆☆)

喝采 29
ハレルヤ
ラヴ・パレイド
ガソリン・ボーイ三人組 30独
極楽鳥満員 30
三文オペラ 31独
今夜は愛して頂戴ナ 32
白鳥の死 37仏
姉妹と水兵 44
リリー 53  →レヴュー
ショウほど素敵な商売はない 54
ナポリの饗宴 54伊
シャンソン・ド・パリ 57仏
モダン・ミリー 66 今HDDレコーダーに~
裸足のイサドラ 68英
スイート・チャリティ 69
ル・バル 82伊仏 
スウィング・キッズ 93
タンゴ (サウラ)98 

個人的には嫌いwな作品が多数ノミネートされているので
納得できませんが^^
おおむね50年前の映画は間違えなしですw
42番街も最近ミュージカル大ヒットしましたしね
フレッドアステアの神業ステップが光るのはたしか踊らん哉かな?
ゴルフのシーンで神と認定しましたw


ではでは

PS
潜水服のマチェはよかったですね キングス~もいいけど
海を飛ぶ夢の人オスカーとってよかった~(CMだけだけどこれはいける~って)夜になる前にもはやくみないと~

ではでは


Commented by CaeRu_noix at 2008-03-12 07:05
mayumi さん♪
おお、このシリーズ、ほとんどお持ちとは素晴らしいー。
こういう名作映画セレクト本って、好みが違うとそれほど参考にならなかったりもするんですけど、さすがに二万本ご覧になっている方のものは、大いにお役立ちという感じ。
超名作映画のことなら、ネットで検索でもそれなりに情報が得られるのだけど、日本では超有名ではないけれども名作なクラシック作品のことなどは意外と知り得る機会が少ないので、こういう本は重宝だなぁと感じましたよー。
ホント、知られざる名作がいっぱいで、ヨーロッパ作品のデータはありがたかったです。
mayumiさんのNO1映画評論家なんですねー。大先生ですとも。
明らかにミュージカルじゃない作品も含まれていたけど、そんなに音楽がよかったんだなーと再見したくなるものもあり。<「青いパパイヤの香り」など

ああ、「ザッツ・エンタテインメント」シリーズは必見だとわかっちゃいたんですが、ついつい後送りにしていました。でも、そんなにいいなら、とりあえず観て、多くの他の作品を観た後で、またいつか再見すればいいじゃないかと思いましたー。
ジーン・ケリーとアステア競演なんて素晴らしすぎ。
Commented by CaeRu_noix at 2008-03-12 07:07
BC さん♪
ううむ、それでは落第です。(笑)
BCさんは、ミュージカルは苦手な人でしたっけ??
そういえば、『ペーパー・ムーン』も好きな映画ですけど、これってどのへんがミュージカルしていたのかの記憶がありません・・。
『フラッシュダンス』が入っていないのは意外じゃないですが、『サウンド・オブ・ミュージック』は一般的にはいつもかなり上位にくる映画ですよねー。
でも実は私はあまりサウンド~が好きではないから、これを上位にしていない双葉先生にむしろ好感。w
『ダーティ・ダンシング』はもうちょっと下の方でした。『ホワイトナイツ 白夜』っていうのは知らなかったですー。サスペンスなのに、ダンスものっていうのは興味深いですー。
この本は参考になるので、是非読んでみてくださいー。

おお、「干支でシネマ☆バトン」ですか。
動物ネタはかなり好きなので、是非ともチャレンジさせていただきます。
時間が足りない今日この頃なので、記事にするのは遅くなってしまうかもしれないけど、そのうちにー。
Commented by CaeRu_noix at 2008-03-12 07:07
stland さん♪
おおおお、おひさしぶりっす~。サヴァ?
さすが、クラシックのstlandさん、たくさんご覧になっていますねー。
85点セレクションの中のほとんどを制覇しているなんて素晴らしいー。
わはは、嫌いな作品が多数あるなんてー。
やはりミュージカルは昔の黄金時代の方が素晴らしかったのでしょうか。
最高のアステアが観たいですー。
「踊らん哉」は70点でしたかな。
「トップ・ハット」は文中に登場しているだけだったけど、巻末の採点では、四つ星80点がついてましたー。
42番街は、そう舞台ミュージカルは観に行きましたよー。

潜水服のマチェじゃなくて、マチュチュチューはよかったでしょう!!!
バビエルもいっつも素晴らしいですよね。
ヨーロッパな俳優の活躍は嬉しいですー。
夜になるまえにもよいですねー。ぜんぶ、フィデルのせいって、納得。
出演者もゴーカです。ディエゴ・ルナも出ているのよ。
Commented by kusukusu at 2008-03-12 12:42 x
1日1本のペースで見続けたとしても2万本をこえるのは何十年かかるのか!?

つられて僕もベストテンをつくってみました。

有頂天時代(1936)
ヴォルガ・ヴォルガ(1938)
鴛鴦歌合戦(1939)
ヤンキー・ドゥードル・ダンディ (1942)
ヒットパレード(1948)
スタア誕生(1954)
フレンチ・カンカン(1954)
ブリガドーン(1954)
渇き(1957)
ロシュフォールの恋人たち(1966)

Commented by kusukusu at 2008-03-12 17:46 x
ソ連の『ヴォルガ・ヴォルガ』、日本の『鴛鴦歌合戦』、インドの『渇き』を入れて、アメリカやフランスだけではないところを示しました(笑)。いや、でもミュージカル映画っていうのは世界中でつくられていて、僕らが知らないでいる知られざる傑作がたくさんあるのに違いない・・。

双葉先生の採点では、ヤンキー・ドゥードル・ダンディとフレンチ・カンカン は75点、ブリガドーンは70点なんですね。ヤンキー・ドゥードル・ダンディはギャグニーのダンスというのが凄くてびっくりします。ギャング役だけじゃなかったのかと(笑)。ほかにギャグニーのミュージカルって知らないんですが、こんなに踊れるんならもっとミュージカルもやればよかったのに。
フレンチ・カンカンの75点は決して低い評価ではないんですが、ハスミ先生には神様のルノワールも、双葉先生にはそれほどではないのかなと・・(笑)。
ブリガドーンは、ミネリ監督、ジーン・ケリーのものでは、巴里のアメリカ人と15点も差がありますね。
Commented by kusukusu at 2008-03-12 18:57 x
たしかに総合的には、巴里のアメリカ人がミネリ監督とジーン・ケリーの代表作とすることに異論はまったくないし、双葉先生の評価は正しいと思うんですが、ブリガドーンはスコットランドの民話を下敷きにした幻想的な作品で、その雰囲気が妙に好きだったのでこっちをあげてみました。

ヒットパレードはハワード・ホークス監督です。厳密にはミュージカルじゃないのかもしれないけど、めっぽう楽しい音楽を扱った映画として。ホークスでは失敗作と言われている作品なんですが、こんなに面白い映画が失敗作だなんて信じられない(笑)。
Commented by CaeRu_noix at 2008-03-13 07:50
kusukusu さん♪
そう、2万本見るためには、年に数百本見る生活を何十年も続ける必要があったりとかかなり難関ですよねー

ベストの発表ありがとうございます。
私が観ているのは3本のみ・・↓
やはり30~50年代のものがほとんどなんですね。
私はその頃の作品を網羅していないから、自分がマイベストをつくるなら、もっと最近のものが入るかな。
「ムーランルージュ」は入れたいところ
インドのも入れたいかも。

フレンチ~はこないだ再見した私も大好きな作品だけど、双葉先生が75点なのはわからなくないです
ハスミンにとってのルノワールの評価は知らないけど、この双葉星取本の場合は、その監督を評価しているから高得点だとか、その監督の代表作はこれだから高得点、という感じではなく、シンプルに作品に対して星をつけている感じですよね。だから、kusukusu さんがその監督作品から代表を1本挙げようっていう感じでベストを選んでいるのとは全然違う種のものじゃないかと思えますー
で、未見作品やギャグニーとか知らない人のことはコメントできませんが
とにかく未見作品が多いので、kusukusu さんベストに選ばれた作品も双葉セレクト同様に機会あったら観ていきたいですー。
<< 『アニー・リーボヴィッツ レン... PageTop 3月7,8日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon