かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
4月26日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 04月 26日 |
ごーるでんー



そうそう、5月の14~25日に開催される第61回カンヌ国際映画祭の上映作品が発表されました。056.gif
コンペティション部門に出品されるのは、

・クリント・イーストウッド・・・『Changeling』/アメリカ
・スティーヴン・ソダーバーグ・・・『Che』
・チャーリー・カウフマン・・・『Synecdoche, New York』
・フィリップ・ガレル・・・『La Frontiere De l'Aube』/フランス
・アルノー・デプレシャン・・・『Un Conte de Noel』
・ジャン・ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ・・・『Le Silence De Lorna』/ベルギー
・パオロ・ソレンティーノ・・・『Il Divo』/イタリア
・マッテオ・ガローネ・・・『Gomorra』/イタリア
・コーネル・ムンドルッツォ・・・『Delta』/ハンガリー
・ヴィム・ヴェンダース・・・『The Palermo Shooting』/ドイツ
・ウォルター・サレス、ダニエラ・トマス・・・『Linha de Passe』/ブラジル
・Lucrecia Martel・・・『La Mujer Sin Cabeza』-アルゼンチン
・Pablo Trapero・・・ 『Leonera』-アルゼンチン
・アトム・エゴヤン・・・『Adoration』/カナダ
・ヌリ・ビルゲ・ジェイラン・・・『Uc Maymun』/トルコ
・アリー・フォルマン・・・『Waltz With Bashir』/イスラエル
・ジャ・ジャンクー・・・『24 City』/中国
・Eric Khoo ・・・『My Magic』-シンガポール
・Brillante Mendoza ・・・『Serbis』-フィリピン

審査委員長はショーン・ペンなんですよね。
イーストウッド監督作品はアンジー主演なのね。
私のとびっきりの期待作はもちろん、マチュー・アマルリック主演のデプレシャン作品さ。
企画をきいたのは随分前だったベニチオ・デル=トロのチェもいよいよお目見えなのね。
フィリップ・シーモア・ホフマン主演のチャーリー・カウフマンの初監督作品っていうのも楽しげ。
ダルデンヌ兄弟、ヴィム・ヴェンダース、アトム・エゴヤン、ウォルター・サレス、ジャ・ジャンクーなどなどお馴染みの監督名にワクワク。


そして、GWに向けて公開される新作映画もめいっぱい豪華な今週ー

スデニミタゼー

モンテーニュ通りのカフェ /ユーロスペース

笑えてホロリの大好きな群像劇。
一昨年観たのだけど、また観たいなー。


トーゼンミルミルー

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

賞レースを賑わせた期待の一作。
何しろ、ポール・トーマス・アンダーソンが大好きなので。


アイム・ノット・ゼア

クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショーによる6人のボブ・ディラン。
トッド・ヘインズ。


愛おしき隣人 /恵比寿ガーデンシネマ

スウェーデンの鬼才ロイ・アンダーソン。
群像劇かな?


スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー /恵比寿ガーデンシネマ

ロイ・アンダーソンの過去作品も併せて上映なのが嬉しい。
毛色が違う感じの青春ラブストーリー?


パーク・アンド・ラブホテル /ユーロスペース

ホテルものって、好き。その上、公園もの。
ベルリン国際映画祭フォーラム部門 最優秀新人作品賞。


-ミルカナ

さよなら。いつかわかること

紀元前1万年


--ミルカモ

スパイダーウィックの謎

少林少女

NEXT―ネクスト―



---
◆あの空をおぼえてる
◆砂時計
◆伊藤の話
◆お姉チャンバラ THE MOVIE
◆STRAIGHT TO HEAVEN~天国へまっしぐら~
---

映画じゃないけど、
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2008 開幕!060.gif

 チケットの半券で映画も観られるよん。
「未完成交響楽」(ヴィリ・フォルスト監督/1934年)
「野ばら」(マックス・ノイフェルト監督/1957年)
「会議は踊る」(エリック・シャレル監督/1931年)
「グレート・ワルツ」(ジュリアン・デュヴィヴィエ監督/1938年)
「たそがれの維納(ウィーン)」(ヴィリ・フォレスト監督/1934年)
「菩提樹」(ウォルフガング・リーベンアイナー監督/1956年)
「ノットゥルノ」(フリッツ・レーナー監督/1988年)
「May B」(マギー・マラン振付 Luc Riolon監督/1993年)

そして、
イタリア映画祭2008 も開幕ー
5月1日(木)~6日(火) 有楽町朝日ホール 
 タヴィアーニ兄弟、オルミの監督作品が楽しみ。
プレミア上映は、フェリーニ「8 1/2」のニュープリント復元版。

ソビエトアニメ劇場
4/26(土)~5/16(金) 吉祥寺バウスシアター

チャップリン映画祭
4/26(土)~5/30(金) K's cinema


有楽町にも通わなくちゃだし、新作もいっぱい観なくちゃって忙しいー
みなさま、楽しいGWをお過ごしくださいー。058.gif
[PR]
<< 『王妃の紋章』 満城尽帯黄金甲 PageTop 『パラノイドパーク』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon