かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
5月10日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 05月 10日 |
五月病より手足口病にちゅい。



ミルミルー

ハンティング・パーティ  /シャンテ シネ、新宿武蔵野館

懸賞金のかかったボスニア紛争の大物戦争犯罪人を追跡する3人のアメリカ人ジャーナリストの冒険?
楽しげ、かつ興味深げなテーマが盛り込まれていそう。


-ミルカナ

ミスト

フランク・ダラボン×スティーブン・キング
何が出るかなー


--ミルカモ

光州5・18

韓国軍と民主化を求める学生が武力衝突した1980年5月18日の「光州事件」を描く。


最高の人生の見つけ方

この2人に『死ぬまでにしたい10のこと』を観てほしいー。


---キニナルモノ

ニンジャ★チアリーダー /シネマGAGA!(レイト)5/16 迄

忍者でチアリーダーぁぁぁ?



----
◆P2
◆隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
◆ひぐらしのなく頃に
◆タカダワタル的ゼロ
◆体育館ベイビー
◆同級生 
◆サルサとチャンプルー
◆the hiding 潜伏
----


『FACTORY510』 ―伝説のアート&ドキュメンタリー特集上映―
5/10(土)~16(金) シネ・アミューズ
--ピンク・フロイド、ジョニー・サンダース、バロウズ、ニコ、ノイバウテン、ジェームス・ブラウン、ジミ・ヘンドリックス、ウォーホール、ポ- ル・ウェラー、ジプシー・キングス、スキッド・ロウ、ステレオフォニックス、ボブ・マーリー!! 13組のアーティストによる全16タイトル!!


「配給:ケイブルホーグ」
~5月30日(日)  シネマヴェーラ渋谷
・・5/11(日)「狩人の夜」11:00より1回
・11(日)「恐怖省」「真珠湾攻撃」
・12(月)「俺は善人だ」「死刑執行人もまた死す」
・13(火)「暗黒街の弾痕」「アイアン・ホース」
・14(水)「恐怖省」「ガラスの墓標」
・15(木)「真珠湾攻撃」「ドキュメント真珠湾攻撃/ミッドウェイ海戦」
・16(金)「俺は善人だ」「恐怖省」
・17(土)「フィッツカラルド」「怪物の花嫁」

ケイブルホーグの23年 1982-2005/海から始まる!?


ソビエトアニメ劇場
~5/16(金) 吉祥寺バウスシアター
--ブラッドベリのSF小説が原作の『雨はやさしく・・・』 がよかったなー。

 
チャップリン映画祭
~5/30(金) K's cinema
~16(金) 「担え銃」「黄金狂時代」「殺人狂時代」


UPLINK 名画座
~5/30(金) UPLINK


今週の早稲田松竹はジャ・ジャンクー。
「一瞬の夢」&「長江哀歌」


5月16日(金)からは、EUフィルムデーズ2008(フィルムセンター)、「爆音映画祭」(吉祥寺バウスシアター) なども始まりー。


GW疲れにも負けず、五月病にかかるひまもなくー。emoticon-0171-star.gif
4月公開作品をこなしつつ、ケイブルホーグにも行きたいなぁー。


ニコール・キッドマンに代わって、オドレイ・トトゥがシャネルの「No.5」のの顔になるんだって。
オドレイどうよってことよりか、ジャン=ピエール・ジュネが、フィルムを手掛けるということに興味津津。
ニコールのバズ・ラーマン作品の時みたいに劇場でCMを流してほしいなぁ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-05-10 23:12 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by umikarahajimaru at 2008-05-15 20:53 x
こんばんは。
ご紹介ありがとうございました。
ところで、「他」に入っている『タカダワタル的ゼロ』の前作にあたる『タカダワタル的』はご覧になってますか? かえるさんの好みのド真ん中だと思うのですが。『タカダワタル的』には、かえるさんがお好きなはずのタラフ的なものに通じるところがあるんですよ。もしご覧になっていないようであれば、是非どうぞ。オススメです。『タカダワタル的ゼロ』の方は監督も違うようなので、テイストは違っちゃってる可能性がありますが、とりあえず私は観に行くつもりでいます。
Commented by CaeRu_noix at 2008-05-16 01:52
umikarahajimaru さん♪
こちらこそ、いつもお役立ち情報をありがとうございます。

『タカダワタル的』は未見です。というかタカダワタルって誰?って感じでした。映画の紹介記事で、どうやらミュージシャンらしいと何となく知ったような・・・。その人を全然知らないので映画にも興味をもつこともなかった次第なのですが、一見の価値はありそうですね?
フォークなんだけど、タラフ的?音楽じゃなくて、映画が?ライフスタイルが?
とにかく機会ありましたら、試してみたいと思います。オススメありがとうございますー。

さて、カンヌ映画祭ですねー
<< 『大いなる陰謀』 Lions ... PageTop 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon