かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
シドニー・ポラック死去
2008年 05月 27日 |
絶句。
シドニー・ポラック監督(73)が26日ガンのために亡くなられたそうですね。
ご冥福をお祈りします。



先日の「フィクサー」でも、また一昨日見た「モンテーニュ通りのカフェ」でも元気な姿を目にしたばかりだったのでなんだかショックです。
メガネの知的な優しい笑顔が印象的。

3月にアンソニー・ミンゲラ監督に続くように・・・なんて。

Variety Japan の記事のジョージ・クルーニーのコメントにウルっときます。
「シドニーは、世界を少しでもいいものに、映画を少しでもいいものに、そして夕飯でさえ少しいいもにしようとしていた。感謝の気持ちをおくりたい。素晴らしい人物をまた1人失った」

あ、『追憶』 観ていないです。すみません。

▽素晴らしき功績
---
近距離恋愛 (2008)出演
フィクサー (2007)製作/出演
輝く夜明けに向かって (2006)製作総指揮
こわれゆく世界の中で (2006)製作
モンテーニュ通りのカフェ (2006)出演
ザ・インタープリター (2005)監督/製作総指揮 
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー (2005)監督/撮影/出演
コールド マウンテン (2003)製作
アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)出演
チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート (2003)ナレーション
チェンジング・レーン (2002)出演
バースデイ・ガール (2002)製作総指揮
ヘヴン (2002)製作総指揮
愛の落日 (2002)製作総指揮
アイリス (2001)製作総指揮
シャンプー台のむこうに (2000)製作総指揮
真夜中の銃声 (2000)製作総指揮
アイズ ワイド シャット (1999)出演
ランダム・ハーツ (1999)監督/製作/出演
スライディング・ドア (1997)製作
サブリナ (1995)監督/製作
いつか晴れた日に (1995)製作総指揮
ザ・ファーム/法律事務所 (1993)監督/製作
フレッシュ・アンド・ボーン/渇いた愛のゆくえ (1993)製作総指揮
ボビー・フィッシャーを探して (1993)製作総指揮
夫たち、妻たち (1992)出演
ザ・プレイヤー (1992)出演
永遠(とわ)に美しく… (1992)出演
フォーエバー・ロード (1992)製作総指揮
愛と死の間(あいだ)で (1991)製作総指揮
ラルフ一世はアメリカン (1991)製作総指揮
推定無罪 (1990)製作
ハバナ (1990)監督/製作
ぼくの美しい人だから (1990)製作総指揮
恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ (1989)製作総指揮
再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ (1988)製作
3人のゴースト (1988)製作総指揮
愛と哀しみの果て (1985)監督/製作
ソングライター (1984)製作
トッツィー (1982)監督/製作/出演
スクープ・悪意の不在 (1981)監督/製作
忍冬(すいかずら)の花のように (1980)製作総指揮
出逢い (1979)監督
ボビー・デアフィールド (1977)監督/製作
コンドル (1975)監督
ザ・ヤクザ (1974)監督/製作
追憶 (1973)監督
大いなる勇者 (1972)監督
大反撃 (1969)監督
ひとりぼっちの青春 (1969)監督
泳ぐひと (1968)監督
インディアン狩り (1967)監督
雨のニューオリンズ (1965)監督
いのちの紐 (1965)監督
戦場の追跡 (1962)出演
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-05-27 12:48 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/7983590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SCARECROW'SR.. at 2008-06-03 21:41
タイトル : 愛と哀しみの果て(1985年・米)〜訃報;シドニー・ポラ..
★シドニー・ポラック氏、死去 享年73歳★映画監督であり名脇役としても活躍されたシドニー・ポラック氏が、2008年5月26日に亡くなりました。享年73歳。高校卒業後、俳優を目指してニューヨークへ出たあとハリウッドに渡りテレビ監督に。その後1965年の「いのちの紐」で...... more
Commented by シリキ at 2008-05-27 23:24 x
最近の作品は観てませんが、『追憶』は私を映画好きにした作品のひとつなのです(映画館では観れてませんが)。かなり長いことバーブラ・ストライサンド(彼女の監督作品も素敵)やレッドフォードの出演作品を追いかけてました..学生運動が人生と一体化していた時代の話ですが固い話でなく素晴らしいロマンスになっているのが監督の力量だと思うのです。音楽も素晴らしかった。ご冥福をお祈りします。
Commented by 哀生龍 at 2008-05-28 12:50 x
数日前に「コールド マウンテン」を見たところだったので、非常に驚きました。
かえるさんがあげてくれたリストをチェックすると見ていない作品の方が多いのですが、見ている作品はほとんどが好きな作品。
亡くなってから気づくなんて・・・
ご冥福をお祈りします。
Commented by CaeRu_noix at 2008-05-29 21:03
シリキ さん♪
おお、『追憶』はシリキさんにとって大切な作品の一つだったのですねー。
名作だとは知りつつ、タイトルとメロドラマな雰囲気に、ついつい食指が動かずでした。今度こそしっかと観なくちゃって思いました。
私が観ているのは、『トッツィー』以降のものなんですよね。
『コンドル』なども観たいなーと思っていました。
そんなに多くを観ているわけではないですが、素晴らしい監督だと思います。
本当に残念。
Commented by CaeRu_noix at 2008-05-29 21:08
哀生龍 さん♪
アンソニー・ミンゲラとシドニー・ポラックが製作に名を連ねている作品をよく見かけていたのですが、このたびの訃報で、2人が共同で映画会社をやっていたということを初めて知った次第。そういうことだったのかって。
この2人はいつ頃どういうところに共鳴し合ったのだろうと今更興味がわきました。ミンゲラの方がメロドラマ寄りなイメージでポラックはやっぱり社会派寄りかなぁと思いますが、追求するテーマに共通のものを感じるのですよね。
ポラックという名前がインプットされたのは、私は結構遅かったんですけど、私にとっても何気なく観ていたものに好きな作品が多いです。
<< 『モンテーニュ通りのカフェ』 ... PageTop 『パーク アンド ラブホテル』  >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon