かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2008年5月のしねまとめ-
2008年 05月 31日 |
暑かったり、雨だったり、風薫る新緑の季節をあまり感じなかったような・・・。



でもそんなことは些細なちぇっに過ぎず、サイクロンに地震に大変な月でありました。
そして、食糧や日用品の物価がアガール。
なのにこんなに映画ばかり観ていていいんだろうか。
映画でお腹もいっぱいになればいいのにー。
でも、心はいつもいっぱいになるよん。

ってなわけで、「イタリア映画祭」 を皮切りに、今月も観まくりー。
GWがあったから、というよりは特集上映や観たい新作があれこれあったからということか。
シネマヴェーラ渋谷の「配給:ケイブルホーグ」特集にも足を運びました。(これはまた改めて)
「EU Film Days 2008」では、『タパス』、『チーズとジャム』 という好みの作品に出会えたし。
吉祥寺のバウスシアターにも二度行ってしまいました。
いつも一番狭いシアター3になじみのあった私ですが、今回は超久しぶりに1体験。
「ソビエトアニメ劇場」のプログラムC:ファンタジー、プログラムD:ノスタルジーを堪能。
『ミトン』は劇場鑑賞は初めてだけど、二度目でもホロリ。
どこかにも書いたけど、レイ・ブラッドベリのSF小説が原作の『雨はやさしく・・・』が素晴らしかった。
それから、「爆音映画祭」にて、劇場未公開作品のオリヴィエ・アサイヤスの『CLEAN』を。
といっても、DVD上映だったのだけど、おもしろかったです。
このカンヌで主演女優賞をとったこのマギー・チャンが観たかったの。


そして、
2008年5月に鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)
あくまでもお気に入り度なんですよー。

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上) わたしマター

モンテーニュ通りのカフェ
痛いほどきみが好きなのに
パリ、恋人たちの2日間

★★★★☆~★★★★ (星4つ半から星4つの間)

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー

★★★★ (星4つ前後)

さよなら。いつかわかること 
オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密
愛おしき隣人
大いなる陰謀
ハンティング・パーティ
パーク アンド ラブホテル
うた魂
幻影師アイゼンハイム

★★★★~★★★☆ (星4つ未満)

ミスト  3.7
ブレス


★★★ (星3つ前後)

ラフマニノフ ある愛の調べ

★★☆ (星2つ半前後)

紀元前1万年


---
というところで。


紀元前は、映像的に見ごたえのある箇所もいくらかはありましたが、全体的には・・・。
「アポカリプト」の面白さが恋しくなりました。
ニコラス・ローグの『WALK ABOUT 美しき冒険旅行』を再見したんですけどね。
これにアボリジニの少年が、抜群の瞬発力で槍を投げて獲物を捕えるシーンが出てきたんですよ。
ああ、狩猟生活ってこういうものだよなーってエラく感動しました。
紀元前に出てきた槍はまったくのお飾りで彼らの原始世界での生き様が全然見えませんでしたね。

ラフマニノフは、音楽家の物語なのに音楽に酔いしれることができなかったような・・・。
部活の高校生が声を合わせて歌う「うた魂」の合唱シーンは心躍るものがありました。
合唱に感動し、友情模様や自分が見えていなかった主人公の気づきにも感動。
ベタなのだけど、青春×音楽ものは素直に楽しめまするね。

音楽ものといえば、ドキュメンタリーの「オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密」も興味深くて素晴らしかった。
伊達に世界屈指のオーケストラではありませんね。
「オーケストラの少女」を観なくちゃ。

さぁ、来月は、ノースモーキングオーケスラっす♪ 

-2008年4月のしねまとめ-      .    .    -2008年6月のしねまとめ-
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-05-31 23:59 | 映画月まとめ | Comments(0)
<< 「配給:ケイブルホーグ」の鑑賞メモ PageTop 5月31日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon