かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2008年6月のしねまとめ-
2008年 06月 30日 |
梅雨の6月も終わりー。



ジメジメ雨の季節はイヤだけど、バルカン・ビートに元気づけられっ。

今月は、ナニゲなく特集上映も充実していて大忙し。
先月に続いて、「EU Film Days 2008」では、
『レディース・タイム』(ブルガリア)
『エキストラ』(ポーランド)
『ザ・ベリー・プアー・インク』(ギリシャ) -- を鑑賞。

「タイ式シネマパラダイス」にも行きました。
念願のアピチャッポーン作品を中心に。あぴちゃっ    

日曜やっていないので、通うのは難しいながら、1本だけ観ましたよ。
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー作品をね。
カウリスマキにとっても特別な映画であるという 『不安と魂』 を。
いろんな意味で、圧倒されるものがありました。なるほど。

「白夜映画祭 II」では、『モスクワを歩く 』 が超気に入った。
それからね、『愛していたが結婚しなかったアーシャ』もよかったです。
ジプシー音楽で終わるなんて、タイムリーにツボ。
ロシアな映画のスケール感やっぱりスバラシイ。
イオセリアーニの『落葉』との再会も嬉しく。

それから、一度行きたいと思っていたゲキシネ初体験もしました。
このたびは、「SHIROH」を鑑賞。うん、楽しかった。
結局のところ、生の舞台が観たいーって思っちゃうんだけど、これってチケット取りづらいんですよね。
ってか、それなら、きっと私は行かなでしょう。
ということで、お手軽に味わうことができてよかったー。
クドカンのメタルマクベスも観たいなっ
d0029596_2039167.jpg
ラバ・アメール・ザイメッシュが観られなかったのがザンネーン。
無料上映って、逆に困りますな。
無料だから観るっていう人が詰めかけて、何が何でも観たいっていう人があぶれちゃうってことだってねぇ・・・。

さって、上半期を総括しちゃおうかなぁと思いながら、
2008年6月に鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)
バルカン・ビート効果でちょっとオマケしてるかも・・・。

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上)

ぼくの大切なともだち
JUNO ジュノ
イースタン・プロミス

★★★★☆~★★★★ (星4つ半から星4つの間)

マンデラの名もなき看守
アウェイ・フロム・ハー 君を想う
ぐるりのこと。

★★★★ (星4つ前後)

アフタースクール
ランジェ公爵夫人
シークレット・サンシャイン
シューテム・アップ
ザ・マジックアワー
コロッサル・ユース

★★★☆ (星3つ半前後)

リボルバー


オリジナル脚本な邦画ががんばってくれているのはとにかく嬉しいー。
『アフタースクール』と『ザ・マッジクアワー』、それぞれの面白さがありましたよね。
こういう娯楽作品が話題を呼ぶのは何よりだと思います。
マジックアワーは、映画への愛にあふれていたのが感動ひとしおでしたね。
映画、フィルムへの愛というよりは、俳優、スタッフ、映画撮影する現場にこよなく愛情と敬意を注いでいたのがステキだなぁと思いました。

ペドロ・コスタの『コロッサル・ユース』は、構図の完璧な美しさにウットリしまくり。
でも、『ヴァンダの部屋』と同じく、睡魔と格闘する長い時間ともなりました・・・。
素晴らしさを感じつつ、今回もどっちかといえば敗北感・・・。
他のハコで見てみたいのだが。

『リボルバー』はねぇ、面白かったですってば。
髪のあるジェイソン・ステイサムって、何かカッコいいじゃない。
何やかんやとガイ・リッチー節を楽しめましたとも。充分に・・・。
ただ、やはり、オチがねぇ・・・。
でも、そんなにダメじゃないってばー。
リコンしたら、また調子戻るかもね?!

6/21までの公開作品で、来月に鑑賞を持ち越すのは、
美しすぎる母、休暇、1978年、冬。
インディ・ジョ-ンズ、奇跡のシンフォニー くらいかな。

来月はPFFやらTILGFFやらがあるしね。
借りたVIDEOは果して観られるのかー。

-2008年5月のしねまとめ-     .   .   .   -2008年7月のしねまとめ-

検索ワードで多かったのは、「美しき運命の傷痕」とか。

ぽん
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-06-30 21:55 | 映画月まとめ | Comments(2)
Commented by とらねこ at 2008-07-06 16:45 x
かえるさんの『コロッサル・ユース』が読みたいでーす(他力本願)。
いや、目が、目の調子が悪くて・・・などと言い訳していいですか??(泣)
ずっと待ってたんですが、やはりかえるさんはご覧になっていたんですね。
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーも見てたんですね。
いや、私も一つぐらい見ようと思ったんですけど、全然6月はだめだめでしたよ。今月は回復できるかなあ・・・難しそうです。
『コロッサル・ユース』、「すごいいい映画だ!」という感触があったんですが・・
いつの間にかグッスリ。。。何も書けません。。敗北ですぅ。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-06 23:28
とらねこさん♪
コスタは必見なのです。なんとなく。
というわりには、2作連続負け越しっすよ。
いえ、私も体調が思わしくなくて・・・。休日のイメフォは眠くなりがち。
完全に眠りに落ちることはなかったんですが、眠くて眠くてしょうがなくて、でも、これは寝ちゃだめだー、観なくちゃーと朦朧とした苦しい時間を過ごしたって感じなのです。
ででですから、とてもとてもちゃんとしたレヴューは書けそうにありません・・・。ゆるしてー
いや、とにかく画的にも素晴らしく、浮かび上がってくるものに心揺さぶられましたですよ。
たぶん、こういうのはちゃんと頭スッキリ状態で鑑賞しても、レヴュー書くのは難しいタイプだと思うしね。
ふふふ、とらねこさんもご覧になっていたのね。
でもって、同じく敗北とは嬉しいです。
って、そこで嬉しがっちゃーいけませんが・・・。
でも、眠くなるよね、この映画はさー。
ファスビンダーももっと観たかったでござります。
とらねこさんは、目の具合がよくないのですね。
無理せずにぼちぼちいきましょうー。
7月は噂の素晴らしい神保町の劇場に行けるかもー
<< 2008上半期☆myベスト・シネマ PageTop 6月28日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon