かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2008上半期☆myベスト・シネマ
2008年 07月 01日 |
恒例ー。



2008年上半期の一番星は、ノー・スモーキング・オーケストラ でしょう!
ってそればっかりで、スミマセン。
でもさ、これって、映画との出逢いがあってこそ、興味をもったBAND、好きになった音楽なんだもん。


映画ですね、映画。

---映画祭・特集上映など一般新作以外で感慨深かった初見作品---

『ニューヨーク・ニューヨーク』 (スコセッシ)
『神曲』 (オリヴェイラ)
『痛ましき無関心』 (ソクーロフ
『河』 (ジャン・ルノワール)
『恋多き女』 (ジャン・ルノワール)
『CLEAN』 (アサイヤス)
『不安と魂 (ファスビンダー)
『MY MOTHER IS A BELLY DANCER』 (香港)
『パリ』 (フランス映画祭 /クラピッシュ)
『秘密』 (フランス映画祭)
『食料品屋の息子』 (フランス映画祭)
『アストレとセラドンの恋』 (フランス映画祭/ロメール)
『考えてもムダさ』 (イタリア映画祭
『タパス』  (EU Film Days /スペイン)
『チーズとジャム』 (EU Film Days /スロヴェニア)

『モスクワを歩く』  (百夜映画祭)
『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』 (リバイバル)
『シチズン・ドッグ』(タイ)

*至福の再見もの

『エルミタージュ幻想』
『日陽はしづかに発酵し・・・』、『静かなる一頁』
『プラットホーム』
『ブエノスアイレス』&『花様年華』


それでは、いっぱん新作編。分母は100未満。

かえる的☆2008年上半期myベスト15 (鑑賞順)

15 ってなんだよ、10にしろよーって感じですが、
悩んでしまったので、半端に15でよろしく。
順位はつけません。更に悩むから。
マイベストのものさしはあくまでも、個人的お気に入り度、感銘度でーす。

『ペルセポリス』 (2007年公開) (仏)
  
『レンブラントの夜警』  (ピーター・グリーナウェイ/英)

『ミスター・ロンリー』  (ハーモニー・コリン)

『ヒトラーの贋札』  (独)

『潜水服は蝶の夢を見る』  (ジュリアン・シュナーベル)

『デイ・ウォッチ』 (ティムール・ベクマンベトフ/露)

『トゥヤーの結婚』 (中国)

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』 (王家衛)

『アイム・ノット・ゼア』 (トッド・へインズ)

『痛いほどきみが好きなのに』  (イーサン・ホーク)

『モンテーニュ通りのカフェ』 (ダニエル・トンプソン/仏)

『パリ、恋人たちの2日間』 (ジュリー・デルピー)

『ぼくの大切なともだち』  (パトリス・ルコント/仏)

『JUNO ジュノ』 (ジェイソン・ライトマン)

『イースタン・プロミス』
 (デヴィッド・クローネンバーグ)


-ベスト30ならばのプラス15本-

その名にちなんで (07年公開)(ミラ・ナイール)
ジプシー・キャラバン
ジェシー・ジェームズの暗殺
ぜんぶ、フィデルのせい
人のセックスを笑うな (井口)
フローズン・タイム
ファーストフード・ネイション (リンクレーター)
ダージリン急行 (ウェス・アンダーソン)
コントロール
ジェリーフィッシュ
パラノイドパーク (ガス・ヴァン・サント)
タクシデルミア ある剥製師の遺言
アウェイ・フロム・ハー 君を想う (サラ・ポーリー)
マンデラの名もなき看守 (ビレ・アウグスト)
ぐるりのこと。 (橋口)

-ベスト50ならばのプラス20本-

妄想少女オタク系 (07年公開)
悲しみが乾くまで (スザンネ・ビア)
さよなら。いつかわかること 
4ヶ月、3週と2日
テラビシアにかける橋
アフタースクール
アメリカン・ギャングスター (リドリー・スコット)
オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密
アニー・リーボヴィッツ  レンズの向こうの人生
つぐない (ジョー・ライト)
フィクサー
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (P・T・アンダーソン)
ペネロピ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ティム・バートン)
王妃の紋章 (張芸謀)
ランジェ公爵夫人 (ジャック・リヴェット)
愛おしき隣人 (ロイ・アンダーソン)
黒い土の少女
蒼ざめた馬
魔法にかけられて


毎度、挙げすぎー。四つ星以上はまだあるけど。
まれに順位の逆転などもあったけど、概ね月々の配点通りで。

やっぱり入らない、ノーカントリー
もちろん入らない、ラスト、コーション、

ブービーは紀元前、
ワーストは、ジャンパーかな・・・。


<男優賞>

・ヴィゴ・モーテンセン (イースタン・プロミス)
・マチュー・アマルリック (潜水服と蝶)
・サム・ライリー (コントロール)
・ジェームズ・マカヴォイ (つぐない、ペネロピ)
・松山ケンイチ (人セク、L)

・ダニエル・デイ・ルイス (ゼア・ウィル・ビー・ブラッド)
・ケイシー・アフレック (ジェシー・ジェームズの暗殺)
・ベニチオ・デル・トロ (悲しみが乾くまで)
・ジョン・キューザック (さよなら。いつかわかること)
・マーティン・フリーマン (夜警)

<女優賞>

・ユー・ナン (トゥヤーの結婚)
・エレン・ペイジ (JUNO)
・アナマリア・マリンカ (4ヶ月3週と2日)
・ジュリー・クリスティ (アウェイ・フロム・ハー)
・ケイト・ブランシェット (アイムノットゼア、エリザベス)

<映像賞>

いっぱいあり過ぎ。上位のは概ね映像がエクセレント、どれもこれもいいのだけど、

美術的に圧巻だったのは、
 『レンブラントの夜警』
 『タクシデルミア ある剥製師の遺言』
 『王妃の紋章』

技術と編集のダイナミズムにワクワクしたのは、
 『デイ・ウォッチ』

ショットの美しさにシビレタのは、
 『コロッサル・ユース』
 『マンデラの名もなき看守』

カメラワークに心掴まれたのは、
 『潜水服は蝶の夢を見る』
 『パラノイドパーク』

映像の質感に全般的に惚れ惚れしたのは、
 『ジェシー・ジェームズの暗殺』
 『コントロール』
 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

場面限定ですこぶる印象的だったのは、
 『ミスター・ロンリー』のシスター・DIVE
 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』の夜のカフェ
 『フローズン・タイム』のラスト

<音楽賞>

音楽ドキュメンタリーなのだから当然だけど、音楽の醍醐味を満喫した
 『音楽世界遺産の旅 ジプシー・キャラバン』
 『オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密』

物語にマッチしていて好みテイストだったのは、
 『潜水服は蝶の夢を見る』
 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
 『痛いほどきみが好きなのに』
 『ジュノ』
 『ダージリン急行』

次点 
 『アメリカン・ギャングスター』
 『ヒトラーの贋札』
 『悲しみが乾くまで』
 『パラノイドパーク』
 『ぼくの大切なともだち』

『さよなら。いつかわかること』のイースト・ウッドの曲もよかったな。
『パーク・アンド・ラブホテル』のラストの屋上で流れる曲もオツでした。
 
どうも、映画のために作られたオリジナルスコアな情感たっぷり重厚音楽が苦手なのだけど、
『つぐない』のダリオ・マリアネッリの曲は激しすぎだったけど、オリジナル映画音楽としては見事かも。
『ラスト・コーション』のは1曲だけすごくステキだった記憶が。
『君のためなら千回でも』のアルベルト・イグレシアスのはエスニックな音楽の方がよかった。
『ゼア・ウィル・ビー』も、『イースタン・プロミス』もいい仕事してましたね。

『うた魂』の合唱な尾崎豊SONGもよかったしー。
『アイム・ノット・ゼア』でボブ・ディランにも惹かれー
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-07-01 11:26 | 映画年間myベスト | Trackback(6) | Comments(12)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8198766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 地球が回ればフィルムも回る at 2008-07-01 12:07
タイトル : 2008年上半期に見た映画ベスト5
ちょうど今年の上半期が終わったので(早いね・・)、上半期に見た映画のベスト5をあげてみる。 映画を見るペース、本数はすっかり減ってきているのだが、これはさぼっているわけではなく、自分が製作中だからです。 『斑女』中村登監督 1961年 http://blue.ap.teacup.com/documentary/1319.html 『まぶしい日に』パク・クァンス監督 2007年 http://blue.ap.teacup.com/documentary/1338.html 『ハックル』パールフィ・...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2008-07-03 02:55
タイトル : §2008年:上半期マイベスト映画§
2008年上半期の映画館鑑賞マイベスト20作品を選びました。 (欧米・アジア映画ベスト15、日本映画ベスト2、韓国映画ベスト3)... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2008-07-06 20:03
タイトル : 2008上半期、映画総括
映画の感想を総括せよ!とか言うとあの映画を思い出して恐ろしくなりますが、ちゃんと出来てなくても刺さないでください~(誰に... more
Tracked from ひるめし。 at 2008-07-12 12:08
タイトル : 2008年上半期観た映画のまとめ〜♪
こんにちは〜。 ドラマ『ラスト・フレンズ』のラストの展開にガッカリした、やちこです♪ もう今年も半分過ぎちゃいましたね〜。 ということで1月から6月の半年間のプチまとめデス。 まだ上半期ということなので順位はつけないことにしました。 映画館で観賞した作品は気づいたら93本になってました・・・。 う〜ん、ちょっと上半期でこの数字は観過ぎじゃね? ★その中から満足度五つ星の作品をちょいとご紹介(観賞順) (タイトルをクリックするとその映画の記事に飛びます) 魔法にかけられて・・・ディズニーの...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-07-13 22:15
タイトル : 2008年上半期映画総括 外国映画編
人気ブログランキングの順位は? 2008年上半期映画総括 日本映画編に続き、外国映画の、上半期の総括ピックアップ。 ... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2008-07-14 00:16
タイトル : 2008 上半期映画鑑賞 マイベスト作品
やっと復活;・・・そして半年を振り返って・・・... more
Commented by たかこ at 2008-07-02 20:39 x
いや~毎度すごいですネ!豪華です。
アサイヤス『CLEAN』はどーーうしても観たいです♪
『モスクワを歩く』の記事読みました。おもしろかったのですね。ソ連で愉快なお調子者の映画、気になります。
自分の中では最低でもミスター・ロンリーとかマイブルーベリーナイツとかは遅ればせながらレンタルなどで観なければ!(ベスト15の中で何故この2本?w)
Commented by cinema_61 at 2008-07-02 22:12 x
こんばんはかえるさん。
ベスト15の中の半分は観ているし、いいと思っているので、感じ方は似てるかな?(思い込みかも)
「ノーカントリー」の衝撃(観た夜夢にでてきた)は忘れられません。
かえるさんの評価はイマイチだけど「つぐない」は私的にはよかったかもしれない。「トゥーヤの結婚」と「イースタンプロミス」はレンタル待ち。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-03 00:17
たかこさん♪
ありがとうございまーす。数が多いとなんとなくゴーカ。(笑)
そういえば、CLEANはお貸しできるものが手元にありますよ!
今度貸します。ってか、私が恩恵に与ったのですが・・・。
お礼は、しゃーろっとさまに云ってねぇ。
アサイヤスの描く女って、なんか迫力あって釘づけになりまする。
そういえば、CLEANにも出ていたバリバールが主人公のランジェ公爵夫人は結局行かなかったのん?
『モスクワを歩く』はみずみずしさとリズミカルなテンポに魅せられー。
『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』もよかったし。
昔の邦画にはなかなか手が出せずにいるけど、洋画の60年代ものには素晴らしい作品がいっぱいだと実感する日々。ヌーベルヴァー
ミスター・ロンリー、マイブルーベリーナイツ、ぜしご覧ください。
レンブラントの夜警などもぜひー。洋ものの猥雑なエロさもよいかと。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-03 00:24
cinema_61 さん♪
毎度ありがとうございますー。
好みは似ていますかねぇ?それは嬉しいです♪
「ノーカントリー」はまぁ、アカデミー賞受賞作ですから、私がもちあげる必要はないでしょうって感じですかね。w
雰囲気には魅せられつつ、テーマにグッとくることはなかったのでした。
「つぐない」もそれほどに上位には入らないもののおもしろかったですよ。
50位以内には入れました。これって、私個人的には、お気に入り度は高くはないんですが、大人の女性たちにはなかなか好評で、つぐないがベスト3に入るという人も何人か知っています。ラスト、コーションもそうですしね。
「トゥーヤの結婚」は俳優も無名なアジア映画ゆえ、観ている人は少ないようですが、私としてはとても感銘を受けた1本なのです。
「イースタンプロミス」を劇場でご覧にならないとはもったいないですー。w
Commented by たかこ at 2008-07-03 07:42 x
やっぱりTBできない…のでURLに。
で、『CLEAN』はお言葉に甘えたいと思っております♪やったー!
ランジェ公爵夫人は「そうだ、そろそろ…」と思ったらもう終わってました…。
>洋画の60年代もの
フランスなどわりと有名なやつだけでなくかえるさんはソ連やスウェーデンとかまでも観てらっしゃるからなぁ~。~。
>猥雑なエロ
そういえばここ最近洋モノ観てないのでした。。早速レンタルで見てこよっと。リヴェットの過去のとか・・・
Commented by manimani at 2008-07-03 13:06 x
いや~いっぱいごらんになって・・・すごいやらうらやましいやら。
そのなかでワタシ的には『日陽はしづかに発酵し・・』に共鳴しますです。あ、再見モノでしたね・・
クストリッツァは映画見ないのになんかクストリッツァ月間(笑)
Commented by borderline-kanu at 2008-07-03 22:45
こんばんは~
しばらく劇場に行けそうにないんで、DVDの参考にさせてもらいます!
でも、今はDVDさえ見る時間ないですよね(^^;
紀元前のブービーは納得でーす。カヌ
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-05 00:55
たかこさん♪
トラックバックできませぬかー。
ダッチワイフは禁止ワードにはしてないのになぁ。
『CLEAN』はよかったけど、私としては『DEMONLOVER』の方が怖くてもっとよかったかも。それから、未公開作品のアーシア・アルジェント主演作が、『レディ アサシン』というタイトルで8月にDVDリリースされるのでコレも観なくちゃと思っていますー。
邦画だと同じエロスでも生々しさが倍増しちゃう感じなので、なかなか私は手が伸びませんー。
西洋のものだとキレイめなので、胃もたれしない感じで。
リヴェットのも『セリーヌとジュリーは舟でゆく』などがレンタルDVDにもなっていてとても嬉しかったのに全然観れてないー
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-05 00:58
manimani さん♪
おかげさまでー。はい、すみませーん。w
『日陽はしづかに発酵し・・』は劇場鑑賞できてよかったですよねー。
今年はソクーロフ特集があったので、それはもう幸せでありました。
そして、そうそう、6月はクストリッツァ月間でしたよー。
レンタルして『SUPER8』で予習もしちゃったし。で、復習の日々。
エミールの新作映画も楽しみですよねー。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-05 01:02
カヌさん♪
がんばってくださーい。
あら、でも、ハイハイなどをし始める前、今のうちはまだDVDを観るチャンスもあるのでは? 
参考になるかどうかわかりませんが、参考にしていただければ幸い。(^^)
紀元前はねぇぇ。あんなにお金かけて作っているのがわかるのに、あの出来栄えじゃあもったいなさすぎです・・・。
せっかくのマンモスがー
Commented by シャーロット at 2008-07-10 00:05 x
あっという間に今年も半年がたってしまいましたねー。
かえるさんちには私が未見な作品が結構登場するので、見たくなっちゃうんですよー。多分、それらを見ていたら私のマイベスト作品が変わるだろうなあ~と;
特にトゥヤーの結婚とか、パラノイドパークとか、スクリーンで見逃しちゃったのがイタイですぅ。
それと、かえるさんちの特集上映ものにも興味津々。それとノー・スモーキング・オーケストラも。かなり楽しそうでしたね~。飛び跳ねるかえるさんが見たかったし。

後半戦はさらにノロノロになりそうですが、マイペースながらかえるさんを追いかけまする;
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-10 23:25
シャーロット さん♪
もう半年ですよ。はやー。
「トゥヤーの結婚」はベルリンで金熊賞だというのにご覧の方は少なかったので、シャーロットさんには観ていただきたかったー。アジアものはシャーさんにとっても必須作品ではないのかなって。w 世間一般的に有名スターの出ていないアジア映画は人気なさすぎ?
「パラノイドパーク」も好みによるタイプの作品であるのですが、雰囲気・映像がイノチなので、どうせなら劇場でーって思う映画ではありました。これは逃しちゃったけど、同じ劇場のサーフィン映画はすばやくご覧になっておりましたよね。w
必見映画は何なのか、優先すべきものはどれなのか、っていうのは年中悩むところではありますが、自分にとっての必見作品を逃さないように、何とかやりくりしていきたいですよねー。

ノー・スモーキング・オーケストラはおかげさまですんごく楽しかったですよー。「ヘアスプレー」のダンスは見本を見ながらだったので、やや恥じらいが残りましたけど、LIVEではひたすら音楽に身を任せて、体が動くのでした。かえるであろうとも、この歳になって、飛ぶ跳ねる機会はそうそうありませんでしたー。
<< タイ式★ 『シチズン・ドッグ』... PageTop -2008年6月のしねまとめ- >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon