かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ぐるりのこと。』
2008年 07月 08日 |
うずまきのこと。



ぐるりのこと。って一体何を指すのかってずっと考えていた。
ぐるり。回転。自転。公転。まわるまわるよ、時代はまわる。めぐる、めぐる季節の中で。周り。囲む。循環。輪。なんだろう、なんだろう。でも、とにかく、生きるってこういう感じなんだよねって思えるわけで。ぐるりの中に取り込まれてしまうのであった。私のイメージするぐるりを形にするならば、円や球や回転じゃなくて、渦の形状かもしれない。

ぐるりのこと。は心にしんしんと沁みる沁みわたるよい映画だったなー。
なのに、鑑賞直後にレヴューを書く時間がなくて、気がつけばずいぶんと日にちが経過してしまった。そして、その一週間後に観た『歩いても 歩いても』が邦画としてはぐるり以上に心に響いてしまったから、ぐるりのことのことへの思いがちょっと薄まってしまったかもしれない。

ぐるりのことは、ぐるりのことというだけあって、他でもない私自身(私たちとすべきか)がまずしっかと中央に位置していて、自我があって、主観のもとに、その周りを取り巻く世界を受け止めている映画という感じだったんだけど。歩いてもの方は、まず自分の存在が先にありきじゃなくって、流れる時間の中で生の営みが繰り返されていて、その中に僕や僕の家族がいるんだーっていう描かれ方に感じられて、その辺に感銘を受けちゃったのだよね。ぐるり観さえも、包みこんじゃう感覚にクラリ。

でも、あくまでも、そんなことを感じたのは『歩いても』の鑑賞時に過ぎなくて、それはそれでその時の感動が増してよかったし、本作の鑑賞時には本作の味わいを大いに堪能したかな。上半期の日本映画部門では2位にランクインなのだ。そこに等身大の人間がいると感じられるナチュラルさが秀逸。そして、優しい映画。でも、リアルな苦しさもちりばめられている。

リリー・フランキーはズルい。人柄で申し分なし。何も語らずとも、あの著作の中で表現されていた繊細さまで重なってくる。主演俳優の著作は映画のタイトルには関わっていたのかな?「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の中の印象的なフレーズ、”ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる"がリフレイン。東京タワーを軸にして、世の中のいろんな嫌なこと、しんどいことがぐるぐるぐるぐるってずーっと回っている感触。そのぐるぐるがネジを巻くように、どんどん胸を締めるつけるの。

「ちぎれるほど悲しいことも腹がねじれるほどに悔しいことも、すべてのわけのわからないことも抗うことはできず、回り続ける。
ぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる。
そして、ボクらは燃き尽くされる。引きずり込まれては叩き出される。ボロボロになる。」
(東京タワー オカンとボクと、時々、オトン)

だからねぇ、すごく泣けちゃうのだ。具体的なポイントがあってショウコに共感するとかその個人に同情するとかいうんじゃなくて、主人公の境遇などに共通項なんてないのに、すごーく都合よく彼女の苦しさの中に共鳴するものを見出して、何やら涙が止まらなくなってしまう。泣ける映画がいい映画というんじゃないけれど、そういう涙を流すことで心洗われるような作用があるの。洗濯機はだてにぐるぐる回っているわけじゃないように。

それからね、社会と出来事に対する目線についてを顧みさせてくれるところが見事だったな。常日頃、報道されているような社会的な事件は、それが身近な問題であるなしに関係なく、個人的な生活とは別枠のものとして捉えていた気がするから。映画のジャンルも○○ドラマと社会派作品が別の区分になるのと同様に、それらは同じ物語内に共存することはあっても、あくまでも要素としては独立したものというような認識でいたのだよね。でも、ぐるりの中で、その二つの要素は同じ渦の中にあるんだよなーってことをしみじみと思った。自分のいる世界の出来事なのだから、それは当然といえば当然なんだけど、裁判所で、法廷画家カナオが事件の関係者を見つめる視線を通して、そのことをひしひしと感じたのだった。

幼女連続誘拐殺人事件の被告になってしまうような人は特殊かもしれないけれど、園児殺害事件の被告になってしまう可能性をもって崖っぷちに立っている人は決して稀ではないんじゃないかと思う。そんなふうに心が壊れてしまう前に、その人にも、ショウコにとってのカナオのような存在が支えになっていたら、事態はかわっていたかもしれないなぁと。誰もがぐるりの中心であったり、ぐるりの輪であったりするんだよね。後世に残る天井画を描くことも、法定画を描くことも、ひょっとしてそんなに違いはないのかもしれなくて。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-07-08 22:54 | CINEMAレヴュー | Trackback(5) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8243769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-07-10 12:18
タイトル : 決して逃げず、引き受け、愛し、寄り添う〜『ぐるりのこと。』
 法廷画家で甲斐性のないカナオ(リリー・フランキー)と、小さな出版社に勤める しっかり者の翔子(木村多江)。学生時代からの腐れ縁の二人は、翔子の妊娠を きっかけに入籍する。しかし、産まれたばかりぎ..... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-07-16 15:25
タイトル : ぐるりのこと。
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作品....... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2008-07-16 15:38
タイトル : 【ぐるりのこと】
監督:橋口亮輔 出演:木村多江、リリー・フランキー、倍償美津子、寺島進 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。 ~ 一組の夫婦の10年の物語 ~ 「靴の修理のバイトをするカナオと結婚した出版社に勤める翔子。、間もなく... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-07-23 21:01
タイトル : 【2008-151】ぐるりのこと。
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいた....... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-08-02 14:00
タイトル : 『ぐるりのこと。』 2008-No49
ごく普通の夫婦。 適当でだらしない夫と、全てを“ちゃんと”したかった妻の10年間のお話。 上手くいかなくなって相手を取替えてしまうのではなく、 ぶつかって、見守って、ふたりで乗り越える`..... more
Commented by 真紅 at 2008-07-10 12:27 x
かえるさん、こんにちは。
泣くことで心洗われる、っていうの、すっごくわかります。
そういえば、『東京タワー』映画の中でもオダジョーの「ぐるぐる、ぐるぐる」ってモノローグがあった気がします。
監督は、『東京タワー』を読んで「カナオがいる」と思い、リリーさんをキャストしたそうですが、本当にリリーさん=カナオに見えましたね。
『歩いても~』も素晴らしいのですか。大阪では19日からの公開で、観れるかどうかちょっと厳しいのですが、頑張ってみますね。
ではでは、また来ます。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-10 23:34
真紅 さん♪
泣くとスッキリしますよねー。映画を観て、年がら年中涙を流していることは、精神衛生上案外いいことなのかもしれないなぁと・・・。心地よい涙とそうじゃない感じのものがあったりもするのですが。

おお、著作を読んでのリリーさんの抜擢だったのですかー。外見的な雰囲気からじゃなくて、内面的なもので決めたということ? それはまたいいお話ですね。私は映像でリリーさんを見たのは初めてでしたー。

基本的に大事件が描かれた物語よりも、日常を描いたものが好きということもあって、『歩いても』はとびっきりよかったです。
映画の『東京タワー』は観ていないんですが、あのオカンはキキキリンさんのイメージじゃないよなーって思っていた私。片や、『歩いても』の母の役はキキキリン以外にありえないって思うハマリ役でしたのです。
是枝監督は映画館で観てほしいとインタビューでおっしゃっていた模様。(笑) がんばってくださーい。
<< ゲキ×シネ 「SHIRO」 PageTop 7月5、7日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon