かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
7月12日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 07月 12日 |
むしあつぅ。



トーゼンミルミルー

8 1/2 【完全修復ニュープリント版】 /シアター・イメージフォーラム

フェリーニっすよ。
人生は祭りだー!
これは劇場体験はしたことがないのですよね。
完全修復ニュープリント版なんて嬉しいー。
イタリア映画祭の時にこの予告を見るたびにワクワクしました。
そういえば最初は「はちとにぶんのいち」と読んでました。はっか。
ついでに言うと、最初は「きぐるいピエロ」だと思ってました・・。

-ミルカナ

いま ここにある風景 /シアター・イメージフォーラム、東京都写真美術館ホール

産業発展の影響をカメラに収めるべく、中国を訪問したカナダ人写真家、エドワード・バーティンスキーを追ったドキュメンタリー。
「いのちのたべかた」もそうだったけど、ビジュアル的に大画面で観たいと思わせるドキュメンタリーなのです。
中国の広大な風景はスクリーンサイズで観てこそ圧巻でしょう。
トロント国際映画祭最優秀カナダ映画賞受賞他。

闘茶 tea fight /シネマライズ

幻の茶をめぐり、台湾へと渡った日本人少女が“闘茶”に挑む異色ドラマ?

--ミルカモ

◆ホートン ふしぎな世界のダレダーレ

予告は魅力的だったけど、どうかな。

---気になるもの

◆近距離恋愛

パトリック・デンプシーはステキって思うのだけど、
ラブコメを映画館で観る必然性をぜんぜん感じない今日この頃ゆえ。
ベストフレンズウェディングっぽいらしいし・・。

◆GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0

そういえば『イノセンス』を劇場鑑賞するにあって、
予習のために、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」も観たなぁ・
もとこー

◆ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

1作目を観ていないのに、とりあえず妖怪ものはいつも気になる・・

----ホカ
◆パンク:アティテュード
◆それいけ!アンパンマン 妖精リンリンの秘密
◆花美男(いけめん)連続ボム事件
◆ツアー・オペレーター/知られざるツール・ド・フランス
----


新作はまだまだ、
というわけで、映画祭、特集上映モード!

第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 開催中!
7月11日(金)~13日(日) 新宿バルト9
7月17日(木)~21日(月祝) スパイラルホール  6/7.14

いつも気になりながら、足を運べずにいましたが、今回はいきますよ。
だって、オノレ作品がバルト9で観られるんですよ。
フランス映画祭だー。字幕目当て?でもう1本もね。

「イタリア萬歳!」
7月12日(土)~8月1日(金) シネマヴェーラ渋谷
7/12(土)「若者のすべて」「ジョヴァンニ」
7/13(日)「ノスタルジア」「道」
7/14(月)「魂のジュリエッタ」「赤い砂漠」
7/15(火)「若者のすべて」
7/16(水)「ジョヴァンニ」「魂のジュリエッタ」
7/17(木)「ノスタルジア」「赤い砂漠」
7/18(金)「魂のジュリエッタ」「道」

これもワクワクと足を運ばなくてはなりません。
ヴィスコンティやフェリーニの作品がいつもよくかかるやつなのが残念ではありますが。
最近の作品よりもDVDが出ていないような名作をもっと多くかけてほしかったのですが。
まぁどのみち、行ける日は限られているんですけどね。

新文芸坐では、「追悼 市川崑」特集。

シネマート六本木では、イヴョンホン祭4

PUNK/HC FILM FESTIVAL'08
~8/1(金) 21:20より シアターN渋谷

今週はシゴトが忙しかったので、レヴュがあまり書けず・・・
新作をたくさんは観ていないから、このペースでも大丈夫と思いつつ、
記憶が薄れてしまうので、やっぱり保留しすぎはいけませんね。

最近、検索ワードで「アン・ヘッシュ」っていうのが多かったんだけど
この女優さんは何で話題になったのでしょうー?
うちの記事には、何も彼女の情報はありませんが・・・。
記事内のキャスト名に名前があっただけかと・・・。

やっと、貸出しの順番がまわってきた『つぐない』の原作、「贖罪」を今読んでいまする。

自分は季節感のない生活をしているんだけど、夜降り立った駅周辺で学生たちがいつもに増して、大騒ぎをしているをの見ると、テストが終わって夏休み態勢なのかなーって思うのであります。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-07-12 12:39 | 映画週チェック | Comments(8)
Commented by 哀生龍 at 2008-07-12 22:09 x
>GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0
1995年版はDVDでしか見たことがなかったので、映画館で見られると喜んだのですが、一部声優や曲が変わったと聞いて・・・
5分増えたシーンは気になるけれど、印象が変わってしまうのが怖くて見に行く勇気がなくなってしまいました。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-13 01:46
哀生龍 さん♪
攻殻機動隊がお好きだとは知りませんでしたー。
というか、楽しみにしたのに、一部声優や曲が変わったことが劇場鑑賞を断念させるほどに、95年版に思い入れがあったというのは、つゆ知らずで驚きました。ww
私はほとんど覚えていないので、何がどう変わっていても気にならないでしょうー。
まぁ、これは別に観に行きたいほどのものではないんですけどね。
日本のアニメはどうしても人物の画が好みじゃないものがほとんどで・・・。
押井守な世界観は結構好きなのですけどね。
あと、私は実写の『AVALON』が好きでした。

あ、今、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』についてちょっと調べてみたのですが、最新デジタル技術でよみがえったこの映像は、やはりスクリーンで観る価値はあるのかも!って感じでした。
Commented by 哀生龍 at 2008-07-13 10:06 x
タツノコ・アニメは幼い頃から良く見ていたので、押井守作品もそうとは知らずに結構見ていましたが、「攻殻機動隊」は元々士郎正宗の原作が好きだったのでDVDも買ってしまいました。
TVシリーズも少し見てたんですが、根性無しなので途中でリタイア(^^ゞ。
そんな訳で、「イノセンス」は劇場で見ましたが「AVALON」は見ていないのです。
「スカイ・クロラ」も、きっと見ないと思います。 原作の森博嗣の推理小説S&Mシリーズは大好きなのですが、スカイ・クロラ シリーズは読んだ事が無いので・・・

>やはりスクリーンで観る価値はあるのかも!って感じでした
・・・また、見たくなってきました(優柔不断 笑)
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-14 08:03
哀生龍 さん♪
なるほどー。幼い頃から見ていたアニメだったんですね。
でもって、「攻殻機動隊」は原作がお好きだったんですね。
私はあまりそういう男の子ちっくなアニメにハマった経験はなくて、映画好きの枠内の中でジャパニメーションにも興味をもったってカンジです。
幼い頃は、魔女っ子系の女の子アニメの方が好きだったし。
今も魔女っ子系が好きかもです。(笑) アニメーションはアート作品として好きなんですよね。やっぱりお気に入りは、チェコアニメとかヨーロッパ・ロシアのものが一番ツボでっす。
でも、アニメのDVDで私がもっているものは「ファインディング・ニモ」だったり。
「イノセンス」はでっかいスクリーンで見るために、わざわざ品川のシネコンに行った記憶が・・・。3Dかなんかだったんですよね。
「スカイクロラ」もちょっと興味がありますが、予告のキクチリンコの声になえます・・・。カセっちはすごくうまいのにー。
「スカイ・クロラ」
Commented by えいはち at 2008-07-16 15:10 x
かえるさん、こんにちは。しばらくRSS更新が届かなかったので、お邪魔していなかったのですが、先ほど何本もまとめて入ってきちゃって驚きました。他のエキサイトブログの方も同様でしたので、エキサイトがなんかトラブっていたのでしょうか。

さて「8 1/2」、楽しみですね。劇場公開は25年ぶりですって。僕は見ましたよ~、25年前、スクリーンで。フェリーニは実はあまり得意じゃないのですが、これは別格ですね。
帯分数を「~か~」っていうのは古い言い方なんでしょうね。小学校の頃、クラスの大半が「~と~」と言っていましたが、一部の生徒だけ「~か~」を使っていました。前の学年で分数を教わった時の先生がえらい年配の方だったので、そう覚えちゃったようです。
ゴダールのあの名作も、原題をカタカナにした「ピエロ・ル・フ」となりつつあるようなので、これも「はちとにぶんのいち」になっちゃう日が来るかもしれません。

それと「いま ここにある風景」も、予告編がインパクトあったので楽しみです。たしか「タクシデルミア」の時に見たんだっけな。イメージフォーラムでもやるんですね。写真美術館だけかと思ってました。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-17 00:37
えいはち さん♪
そうなんですよ。エキブロのRSSは広告の行が入るようになり、その頃から更新記事の配信が滞っていたみたいです。RSSでチェックされている方はその間、更新がないんだと思われていたに違いありませんよね。ご迷惑をおかけしましたです。なおってよかった。

おお、えいはちさんは「8 1/2」を25年前に劇場鑑賞されていたのですねー。フェリーニ作品もいろいろですが、私は好きです。でも、前にVIDEOで観た「8 1/2」はたぶんわけわかっていなかったんじゃないかと思うので、今度はどう感じるか楽しみですー。
なるほど。昔は学校でも帯分数を「~か~」と読んでいたのですね。それも先生によって、違う教わり方をしていたなんてことがあったとは。今となっては、はちと、というより、はっか、という方が味わいがあるようにも感じられますー。
で、最近は、「ピエロ・ル・フ」になっているんですか。キチガイがあまりよい表現じゃないからでしょうかね。「24時間の情事」が「ヒロシマ・モナムール」になるのはふさわしいと思うのですが、ピエロはやや寂しいかも。

「いま ここにある風景」は上映回数は夕方からの2回のみですが、イメフォでもやっていますねー。
Commented by SGA屋伍一 at 2008-07-25 18:35 x
こんばんは

いまさらですが「アン・ヘッシュ」さんは、もう十年くらい前にレズビアンであることを公言して話題になった方じゃなかったかと
『フェイク』『ボルケーノ』『6デイズ7ナイツ』とメジャー系の作品に立て続けに出たあと、ぷっつり見なくなっちゃったのでどうしたのかと思ったら、普通に男と結婚してました(笑) でもまた最近離婚したとかなんとか
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-26 00:51
SGA屋伍一 さん♪
あんへっしゅ情報、ありがとうございますー。
全然知りませんでした。出演作は何本か観ているけれど、名前も顔も知らなかった。最近は、TVドラマに結構出ているみたいですね。
6月に和解離婚成立のニュースがあったみたいなのでそれ絡みかな?
バイセクシャルなんですね。子どもの頃には父親から性的虐待を受けたとか・・・。すっかり私もあんへっしゅ通。
<< 『1978年、冬。』 西幹道 PageTop ゲキ×シネ 「SHIRO」 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon