かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
7月19日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 07月 19日 |
19日に、「新宿ピカデリー」がニューオープン。



10スクリーンで計2237席、延べ床面積9,811m2という都内最大級のシネコンですって。
19(土)、26(土)はすべての映画が1000円で鑑賞できるってさー。
でも、そこらのシネコンとまーったく同じのど真ん中メジャーなラインナップですよ。
日本の映画はこういう方向に向かうばかりと思うとゾッとするぅ。

で、
ミルカナ

崖の上のポニョ

-ミルカモ

あの日の指輪を待つきみへ  /テアトルタイムズスクエア、東劇

百万円と苦虫女 /シネセゾン渋谷、シネ・リーブル池袋

たみおのしあわせ /シネスイッチ銀座 、新宿バルト9、チネチッタ

チェブラーシカ 全4話完全版 /シネマ・アンジェリカ

--キニナルモノ

◆ジャージの二人 /恵比寿ガーデンシネマ 、角川シネマ新宿

◆GATE A TRUE STORY /TOHO、渋東シネタワー、日劇PLEX


ホカ---
◆スターシップ・トゥルーパーズ3
◆ワン・ミス・コール
◆愛流通センター
◆後悔なんてしない /新宿バルト9
◆ビルと動物園
◆劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束シェイミ
◆ガチバン  /シネマート六本木
---


第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 開催中!
  ~21日(月祝) スパイラルホール
新宿バルト9では、
連日深夜
・「トランスアメリカ」、「ブロークバック・マウンテン」、「メゾン・ド・ヒミコ 」
・「blue」「渚のシンドバッド」「ハッシュ!」
・「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」「レント」「ショートバス」

「5th SURF FILM FESTIVAL 2008」
7月5日(土)~25日(金) 新宿K'sシネマにてレイトショー

PUNK/HC FILM FESTIVAL'08
~8/1(金) 21:20より シアターN渋谷

新文芸坐では、~8/1(金)「追悼 市川崑」特集。

「イタリア萬歳!」
7月12日(土)~8月1日(金) シネマヴェーラ渋谷
7/19(土)「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」「甘い生活」
7/20(日)「山猫」「トリノ、24時からの恋人たち」
7/21(月)「靴みがき」「家の鍵」
7/22(火)「甘い生活」
7/23(水)「山猫」
7/24(木)「家の鍵」「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」
7/25(金)「靴みがき」「トリノ、24時からの恋人たち」

第30回ぴあフィルムフェスティバル
7月19日(土)~25日(金)  渋谷東急(渋谷クロスタワー2F)  
招待作品部門はダグラス・サーク特集+ミロス・フォアマン

ソビエト映画 ロシア文学全集
7月19日[土]~8月15日[金] 神保町シアター
<ドストエフスキー&ゴーゴリ&ツルゲーネフ>
7/19(土)「外套」「カラマーゾフの兄弟」「石の花」「妖婆 死棺の呪い」
7/20(日)「ドストエフスキーの生涯の26日」「罪と罰」「猟人日記 狼」「外套」
7/21(月)「妖婆 死棺の呪い」「石の花」「ドストエフスキーの生涯の26日」「罪と罰」
7/22(火)「猟人日記 狼」「妖婆 死棺の呪い」「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」
7/23(水)「石の花」「外套」「カラマーゾフの兄弟」「ドストエフスキーの生涯の26日」
7/24(木)「罪と罰」「ドストエフスキーの生涯の26日」「妖婆 死棺の呪い」「猟人日記 狼」
7/25(金)「カラマーゾフの兄弟」「猟人日記 狼」「外套」「石の花」

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2008
7月19日(土)~27日(日) SKIPシティ(川口市)

「90年代以降の映画監督たち。そして「ジャーマン+雨」」
7月19日(土)  ユーロスペース
7/19(土)「この窓は君のもの」監督:古厩智之
7/20(日)「ポルノスター」監督:豊田利晃
7/21(月)「どこまでもいこう」監督:塩田明彦
7/23(水)「犬猫」監督:井口奈己
7/24(木)「ある朝スウプは」監督:高橋泉
7/25(金)「かぞくのひけつ」監督:小林聖太郎

新文芸坐のオールナイトは「押井守ナイト」
「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」「イノセンス」「アヴァロン」「機動警察パトレイバー2 the Movie」

そして、7月25日(金)からフィルムセンターにて、「生誕100年 川喜多かしことヨーロッパ映画の黄金時代」 始まりー。


夏休み映画な感じ。
今週もまだそんなには新作熱が上がりません。
そうしている間に一部見逃し気味・・・。
観るつもりだった作品が終了したり、上映回数が減ったり・・・。
見逃さないようにねぇー。
でも、今週も主にとくじょー通い。この夏はねっ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-07-19 07:57 | 映画週チェック | Comments(10)
Commented by cinema_61 at 2008-07-19 14:48 x
こんにちはかえるさん。
夏枯れのせいか子供向き映画満載のせいか・・・観たい映画なかなかみつかりません。
で、昨日「イースタン・プロミス」を観にいった「シャンテ・シネ」で、上映予定の「帰らない日々」や「コレラの時代の愛」の予告観たけど、家の近くのシネコンではやらないし・・・新宿ピカデリーでも上映ナシ!
ケン・ローチ監督の「この自由な世界で」も渋谷の外れの映画館だよ~
日本のメジャー映画上映制度に吼え~
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-20 09:00
cinema_61 さん♪
暑いですねー。ようやく梅雨もあけたようで。
この時期は、オコちゃま向けの夏休み映画なラインナップですよね。
そんなわけで、私はこの夏は旧作をメインに観る予定なのです。
ミニシアター系でも、話題作はシネコン展開もしていますが、英語圏以外のエンタメ系じゃないものは、じゃすと単館上映なんですよね。
コレラはルシネマでしたっけ。ケン・ローチ作品は、いつもシネカノン配給ですが、前作はパルムドール受賞で有楽町だったけど、今回はアミューズのちっちゃいスクリーンのようですね・・。
話題作を皆が観る傾向なのはわかるんですけど、シネコンに大人の女性の鑑賞にふさわしい作品が全くないのは異常だと思うんですけどね・・。
拡大上映系のそれも超話題作ばかりな新宿ピカのラインナップには本気でゾッとしました。w バルト9と客を奪い合うだけのような気がします。バルトはシネコンだけど、映画祭の会場になったり、味のある旧作を深夜にかけたり、なかなか個性的な企画もありなので好感がもてますね。
相棒が興収NO1な日本なんですよねぇ。うんざりしつつ、私たちは日の当たらない良作を追求していきましょうー。
Commented by stland at 2008-07-21 22:56 x

そして、7月25日(金)からフィルムセンターにて、「生誕100年 川喜多かしことヨーロッパ映画の黄金時代」 始まり~

なにげに開いたらびっくり~
ナイスチョイスです~この人w

半分ぐらいしかみてないのがうれしいw
でも結構DVDもってるなあ~

ともかくカエルさんありがと~~

Commented by jester at 2008-07-22 08:37 x
そうそう、オープンしたんですよね。私もサイトを見たりしてました。
あれだけスクリーン数があるんだから、短館系の映画もやって欲しいですよね~
26日は1000円なんですか。混むだろうなあ・・・

しかしここもそうですが、TOHOシネマズ系などはネットでチケット買おうとすると、「この辺から」でしか指定できないのがいやです。
そこしか空いてないのかとおもって買って、いってみると、もっといい席が空いてたりするんだもん。
ユナイテッドシネマ系のほうが、ピンポイントで買えて便利ですわ。(隣との間を一つあけた席というのが買えないのは不便ですが)
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-23 08:18
stland さん♪
すっばらしい企画ですよねー。
この夏はフィルムセンターに通いましょうー。
必見作品があったら、教えてねー。
9月には、有楽町ホールにて「フランス映画の秘宝」で新旧13作品の上映もありますよー。

あ、stlandさんって、やふうのメールのチェックはしていないんですの?
メールのお返事がなかったとおっしゃっていた方がおりました。
あと、啓示板にクラシック映画な話題のものがオープンしましたので、ぜひ参加していただきたいですー。
かしこさんの功績も学べます。
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-23 08:18
jester さん♪
華々しくオープンしたようですねぇ。
シネコンはとっくに飽和状態だと思いきや、都心部はまだまだ勝算ありなんですねぇ。
混んだのでしょうね。初日入場者数は約8000人と大盛況だったもようです。
プラチナシートもぷらちなルームも大人気とか。ひえー
ホント、1会場くらいは単館ものをかけたっていいのにねぇと思うんですが、そういう方針じゃないということなんでしょうね。大多数の需要と儲かるものが大事。
私はチネチッタのようなシネコンが好きですー。
jester さんはネットでチケット購入されるのですね。そうそう、席が選べないのってイヤですよね。
私はネットで買うのは、水曜のテアトル系くらいです。基本的には最寄りのシネコンにすいた頃にレイトショーでいくことが多いので、当日窓口のチケット購入でも大体希望の席に座れます。シネコンは都心じゃないところの方がすいてて好きなんですよね。新宿ピカデリーを利用することは、私にはないかもしれないです。
ユナイテッドシネマ系もよさげですよね。
Commented by kusukusu at 2008-07-24 23:43 x
新宿ピカデリーのプラチナルーム、お2人様3万円というのが凄いですね。見ている映画は同じでも、この料金で見ると違って見えるのかも・・?
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-25 00:00
kusukusu さん♪
プラチナルームも大盛況ってすごいですよね。
3万円払って映画を見ようなんて庶民の私はちいとも思いませんがー。
3万出すなら、それなりのホテルなら1泊できるじゃないですか。
映画は普通のシートで見て、その後でおいしいものを食べる方がいいなー。
でも、そういうリッチな人はプラチナルームで映画も観るけど、ちゃんと高級レストランにも行くのでしょうねぇぇ。
そんな奴らは映画を真剣に見たりなんてしないですよ、きっと。(笑)
Commented by ストランド at 2008-07-28 23:08 x
こんばんわ
ヤフメの確認は今年はしてません!

そしておすすめは
というかフランスで好きな監督ルネクレール~(見てないリラの門みたい)
あと巴里の~セーネはおすすめ♪
あと好きなフリッツラングの月世界のもきになる
ともかく見てない映画が見たいw(50年以前の)

PS:一番尊敬する監督はと聞かれたら迷わずルビッチ!
Commented by CaeRu_noix at 2008-07-29 01:26
ストランド さん♪
そうっすかー。じゃあ、来年ー。

ありがとうございます。
おお、ルネ・クレールがお好きなんですかー。
きゃあ、私、いっこも観ていないかも。すみません。
今回は「巴里祭 」はないんですよね。  
「自由を我等に」あたりを狙います。「リラの門」も観たいなー。
デュヴィヴィエも観たい。もうタイトルに巴里がつくだけでウットリっす。
月世界も気になりますねぇ。あれもこれもときりがない・・・
私は60年代あたりが好きだったりするんですけどねー。
とにかく貴重な上映でござります。

聞いてないけど、聞いておきましょうー。
ルビッチは素晴らしいですねぇー。
今月の私はフェリーニを尊敬中ー
<< Les Chansons d&... PageTop 『水の中のつぼみ』 Naiss... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon