かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『画家と庭師とカンパーニュ』 Dialogue avec mon jardinier
2008年 08月 23日 |
庭師の旧友は、人生の師。

パリで成功した画家がカンパーニュの実家に戻って、庭師を雇った。



フランスで大ヒットした本作。日本でも単館ものとしてはかなりヒットしていて好評なもよう。それも納得のしみじみと心に沁みるよい映画だったね。ジャン=ピエール・ダルッサンって、どっちかというとちょっとヒトクセあるオヤジキャラが板に付く俳優というイメージだったんだけど、このたびは彼がすごく穏やかで優しい表情をすることにドキリ。こんなに温かい気持ちでダルッサンを見つめたのは初めてかもしれない。そんなわけで、ほとんどが2人のやり取りというシンプルな物語なのだけど、ユーモラスでじんわりハートウォーミング。

いやしかし、『クリクリのいた夏』も大好きな映画で、かねがねフランス映画贔屓のこの私。ちょいと期待値が高すぎたかもしれないなぁというのも本音。同じ頃に、同じ劇場で、同じ主演俳優の、同じようなテーマをもった作品を上映しないでほしかったなぁ。ダニエル・オートゥイユ主演の2人の友情ものつながりで、当然のことながら、先に観た『ぼくの大切なともだち』と比較してしまうのだけど、私の感性・感受性によりマッチしたのは、パトリス・ルコント作品の方だったのだよね。ルコントの生み出すリズムにはよりココロは釘付け。

ジャック・ベッケル作品ももちろん好きなんだけどね。『クリクリのいた夏』は、子どもが主人公の物語かと思いきや、群像劇仕立てでもあり、クリクリちゃんよりもオジサン2人が主人公だったのがむしろツボにハマって、とってもお気に入りの1作となった。でも、今作の場合は、イメージ通りの二人の友情ものということで、特に意外性もなく、ほぼ予想通りの感銘がそこにあったという感じ。それから、クリクリ的にもっと、ロケーションの素晴らしさを活かした映像美とゆったりとした空気感に癒されることを期待してしまっていた。それが、二人のクローズアップでダイアローグが進行し続けるものだから、前の方の席で見ていた私はちょっと息苦しくなってしまったの。カンパーニュをじっくり味わいたかったなぁ。ポスターに使われていた釣りの場面はとてもステキだったから、このシークエンスも楽しみにしていたのだけど、ずいぶんと短かったりして・・・。

でも、後で知って納得したのは、本作の原作は画家としても有名なアンリ・クエコによる「私の庭師との会話」というタイトルの小説だということ。この作品の最大の魅力は会話なんだね、きっと。そう、庭師の話はとても興味深くて、静聴せずにはいられなかったもんね。何てことはない会話のようで、とても哲学的。まるで違った境遇で、異なる価値観をもって生きてきた、久しぶりに再会した友人の話というのは、なんて微笑ましくて、刺激的でもあるんだろう。同じような価値観とライフスタイルの友人とつき合うことが常となっている者が、こんなふうに旧交を温めながら、これまでの人生で見失いつつあった大切なことにふと気づくってステキだよね。友情を取り戻しながら、乾き気味だった心が潤っていく何とも豊かな時間。私ももっと単調な日常の味わいを大切にしなくちゃなーって省みてしまった。まずは毎日、鰊。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-08-23 00:44 | CINEMAレヴュー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8490370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぺろんぱ at 2008-10-22 12:16 x
かえるさん、こんにちは。
会社のお昼休みにちょこっとお邪魔させてもらってます。

かえるさんはもう早々と本作をご鑑賞済だったのですね。関西では18日からの封切りで私も日曜に観てまいりました。(^-^)
そちらでは『ぼくの大切な・・・』と同じ頃の上映だったのですね。そうなるとやはりどうしても比較してしまいますよね。
私は『ぼくの・・・』が(いい意味で)「記憶の奥に柔らかく残存」状態でしたので、その流れとして本作は自然と深くマッチしました。(*^_^*)

邦題の『・・・とカンパーニュ』から、カンパーニュ地方の情景も一つの主役かと思っていたのですが、本作は「二人の会話の妙」が主役でしたね。(ちょこっと拙ブログでも触れていますが)私も原題を見て納得した次第です。
『クリクリのいた夏』は未見です。<お題>にまたもや追加です。

>まずは毎日、鰊。
はい、私も。・・・でも私は、先ずは毎日赤ワイン、そして鰊、で。(それじゃダメじゃーん!!)(>_<)
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-23 13:48
ぺろんぱさん♪
フランスの田舎ものっていいですよねぇ~。カンパーニュって元は地名であることも忘れてしまう美味しそうな響きがあるし。などなど見る前から勝手に期待し過ぎた部分もあったのですが本作には別のステキさがありましたねぇ。
クリクリも超オススメです!カエルは捕まえるものじゃなくて釣るものなんですよー
鰯とワイン、いいですよねぇ。連日ビールばかり飲んでる私はふと思いました。
<< 8月23日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 『地球でいちばん幸せな場所』 ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon