かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
8月23日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 08月 23日 |
そして、夏はもう終わり?



金メ、おめでとうーっていちお話を合わせてみる。
加油!
8月27日からは、第65回ヴェネチア国際映画祭も始まりますしー。

トーゼンミルミルー

12人の怒れる男 /シャンテ シネ

ロシアの法廷ものってもちろんあまり観たことがなく。
あの名作のリメイクでアカデミー賞ノミネート。
ニキータ・ミハルコフは大好きな監督なので嬉しく。

小さな赤い花 /シアター・イメージフォーラム

主人公は4歳の少年。
第6世代支持。張元 (チャン・ユアン)監督のセンスもスキスキ。
でも、麻薬所持で逮捕されてましたよね・・・。どうなったの?

-ミルカナ

デトロイト・メタル・シティ

音楽ものとしてはどうでしょうー。
今年3本目の松ケンもの。

--ミルカモ

言えない秘密 /新宿武蔵野館

韓国映画じゃなくて、台湾なんじゃん。金馬奨受賞作!
名前はよく見るけれど、何者なのかわからないジェイ・チョウ・・・。
とにかく多才な方らしい。

---キニナルモノ

◆セックス・アンド・ザ・シティ

◆スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

◆R246 STORY /Q-AXシネマ

ホカ----
◆グローバル・メタル
◆落語娘
◆ラストゲーム 最後の早慶戦
◆東京マーブルチョコレート
◆レス・ポールの伝説
----

北京オリンピック開催中ーだからか、アジア映画比率が高い気がする今月。
トクジョウものも中華で豪華。

台湾シネマコレクション2008 
8月23日(土)~ 9月26日(金)  シネマート六本木
* 練習曲
* シルク
* ウエスト・ゲートNo.6
* Tattoo-刺青
* ビバ! 監督人生!!
* DNAがアイ・ラブ・ユー
* 遠い道のり
* 午後3時の初恋

↓関連企画 「侯孝賢・李安-研ぎ澄まされる前の、豊潤なる才能」
8月16日(土)~8月29日(金) シネマート六本木
 8/23~「川の流れに草は青々」「坊やの人形」「悲情城市」

中国インディペンデント映画祭 
8月 23日 ~ 9月 5日 ポレポレ東中野

「特集 オリヴィエ・アサイヤスとアメリカの友人たち」
8月2日(土)~29日(金) 吉祥寺バウスシアター

「フェアリーテール・シアター」 
8月2日(土)~9月5日  21持 渋谷ユーロスペース 
8月23日(土)~9月5日 21持 吉祥寺バウスシアター 

生誕100年 川喜多かしことヨーロッパ映画の黄金時代
7月25日(金)~9月28日(日) フィルムセンター大ホール
 24(日)「第三の男」「たそがれの維納」「ミモザ館」
 26(火)「天井棧敷の人々」「眼には眼を」「ピカソ-天才の秘密」
 27(水)「われら巴里ッ子」「ホフマン物語」「 巴里の空の下セーヌは流れる」
 28(木)「沈黙の世界」「居酒屋」「反撥」
 29(金)「惡魔のような女」「リラの門」「宿命」
 30(土)「バルタザールどこへ行く」「上から下まで」「マヅルカ」
 31(日)「三文オペラ」「赤ちゃん」「尼僧ヨアンナ」

早稲田松竹は、「亀も空を飛ぶ」&「サラエボの花」


そんなこんなで詰め込み鑑賞の日々は続くー

そうそう、ようやくエキブロにも、YouTubeな動画が貼れるようになったことも嬉しく。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-08-23 20:14 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by cinema_61 at 2008-08-23 20:48 x
こんばんはかえるさん。
これからミルカナ?と思われる映画のなかで「デトロイト・メタル・シティ」は観てきました(試写会)松山クンの違う面が引き出されていたけど、ストーリー的にはちょっとついていけない感じ。(娘がロックバンドやっててKISSのコスプレで慣れていたけど・・・・・・)
キニナルの「セックス・アンド・ザ・シティ」は今日観てきました。
ドラマ観てなくても、結構おもしろかったです。日本のドラマ「アラフォー」みたいだけど、行動力があって前向きのニューヨークの女性は魅力的でしたよ~(招待券もらったので観たけど)何だか女性が元気になる映画でした。
Commented by CaeRu_noix at 2008-08-25 00:28
cinema_61 さん♪
おお、シティとシティをすでにご覧になりましたかー。
デトロイトもご覧になったとは、cinema_61 さんって、オールマイティ♪
ストーリーはハチャメチャな感じなんでしょうか?マンガですもんね。
ある程度はじけっちゃっている方が楽しいかなと思いますがどうでしょうー。
おお、その娘さんは、ベトナム通の娘さんとはまた別の方でしょうか。
KISSのコスプレを見慣れているなんてツワモノですね(笑) さすがー。

私も「セックス・アンド・ザ・シティ」は、ドラマを一度も観たことがないので、あまり惹かれるものがないのですよね。観たら観たで楽しめるんでしょうけど、この手のものは私はパスでいいかなぁという感じなんですー。
人気のあるドラマですから、映画ももちろん楽しめるものになっているんでしょうね。あの顔の長い女に共感できるのかー
<< 『881 歌え!パパイヤ』 PageTop 『画家と庭師とカンパーニュ』 ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon