かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
8月30日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 08月 30日 |
大雨ちゅうい。



さてさて、第65回ヴェネチア国際映画祭が開幕しましたねっ。
キタノな話題で、日本に届くニュースも多くて嬉しいかぎり。
今年は、ヴェンダースが審査委員長なので、いいかもいいかも。
(去年の金獅子賞ものは好みじゃなかったんだもん・・)

ヴェンダースといえば、10月の後半に早稲田松竹で、「まわり道」&「都会のアリス」、「さすらい」&「アメリカの友人」 がかかりますねぇ。
「ベルリン 天使の詩」&「リスボン物語」を観たのもココだったんだよな。

世界のキタノに加え、コンペに日本のアニメが2作出品されているというのもまたすごいですよね。
スカクロは1日にミルゼ。
オダジョー出演作や、江戸川乱歩の「陰獣」が原作のブノワ主演のフランス映画などもあるようで。
コンペの結果も楽しみー。056.gif

で、
トーゼンミルミルー

コッポラの胡蝶の夢 /シアターTSUTAYA(←Q-AXシネマ)

フランシス=フォード・コッポラの久しぶりの監督作。
現代ルーマニア文学の巨匠が残した一編の幻想奇譚を映画化したのだって。
主演は、ティム・ロスで、ヒロインは「コントロール」でも印象的だったアレクサンドラ・マリア・ララ、そして、ブルーノ・ガンツなどキャストも魅力的。
さすが巨匠コッポラですから、メジャー大作にせずとも、スタッフも優秀な顔ぶれで、映像や音楽にも期待。

--ミルカモ

ハンコック

インビジブル・ターゲット

---キニナルモノ

◆20世紀少年

◆パンダフルライフ

ホカ----
◆デイ・オブ・ザ・デッド
◆JUN SKY WALKER(S) "MY GENERATION"
◆死にぞこないの青
◆生活保護打ち切り隊
----

それと、こちらも新作枠なのかな。

「ボリウッド・ベスト」 
8月30日(土)~ 9月19日(金) シネマート六本木

・「DON ドン 過去を消された男」Don、
・「たとえ明日が来なくても」Kal Ho Naa Ho、
・「家族の四季 愛すれど遠く離れて」Kabhi Khushi Kabhie Gham..

インドものも見たーいんだけど、長いのがネックでスケジュール組みが難しい・・・


台湾シネマコレクション2008 
8月23日(土)~ 9月26日(金)  シネマート六本木
* 練習曲
* シルク
* ウエスト・ゲートNo.6
* Tattoo-刺青
* ビバ! 監督人生!!
* DNAがアイ・ラブ・ユー
* 遠い道のり
* 午後3時の初恋

中国インディペンデント映画祭 
8月23日(土)~ 9月5日(金) ポレポレ東中野

生誕100年 川喜多かしことヨーロッパ映画の黄金時代
 ~9月28日(日) フィルムセンター大ホール
 30(土)「バルタザールどこへ行く」「上から下まで」「マヅルカ」
 31(日)「三文オペラ」「赤ちゃん」「尼僧ヨアンナ」
 9/2(火)「アレクサンドル・ネフスキー」「いぬ」「第七の封印」
  3(水)「アメリカの影」「いとこ同志」「リチャード三世」
  4(木)「新・七つの大罪」「夜」「女だけの都」
  5(金)「陽気なドン・カミロ」「大人は判ってくれない」「喜劇の黄金時代」
  6(土)「青い麦」「たそがれの女心」「 わが青春のマリアンヌ」
  7(日)「自由を我等に」「バルタザールどこへ行く」「アスファルト」


「フランス映画の秘宝」    
9月5日(金)~7日(日)、12日(金)~15日(月祝) 有楽町朝日ホール

「ジャック・ドワイヨン特集:女たちに愛されたかった少年」
9月3日(水) ~25日(木) 東京日仏学院エスパス・イマージュ

駅ビルシネマ・フランス映画祭
9月1日(月)~ 28日(日) 京都駅ビル!!

今年は、日仏交流150周年だそうで、この秋はフランス映画の名作な映画祭、特集上映が目白押しでホクホク。
いや、しかし、例によって、日程がかぶりまくりなのが悲しいー。
体はひとつなんだよー。
いそいそと「フランス映画の秘宝」のチケを買ったわけですが、これでロメール特集やら、「スペイン・ラテンアメリカ映画祭」にはほとんど行けなくなり、ガックシ。

あと、ヴェーラ10月のヒホウ、アキムコレクションのラインナップが気になるなぁ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-08-30 09:05 | 映画週チェック | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8528333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2008-09-02 23:08
タイトル : 〜【駅ビルシネマ フランス映画祭】〜
JR京都駅ビル7階東広場に設置される特設映画館で9月1日(月)から28日(日)まで 【駅ビルシネマ フランス映画祭】が開催されます☆... more
Commented by umikarahajimaru at 2008-09-01 07:07 x
アジア海洋映画祭イン幕張という素敵な映画祭もありますよ~。
ロードショー作品も満足に観てないのに、つい、いそいそと……。
Commented by CaeRu_noix at 2008-09-02 00:04
umikarahajimaru さん♪
アジア海洋映画祭イン幕張は、9月5~7日に開催されるんですねぇー。
うちからは幕張はちと遠いのですが、なかなか魅力的なアジア映画のラインナップですねー♪ いってらっしゃい。
Commented by Minita at 2008-09-02 12:38 x
お邪魔いたします~!コッポラの胡蝶の夢、私も気になってます。
後は、9月11日~のスペイン・ラテンアメリカ映画祭も何本か見る予定なんですが、特にガエル・ガルシア・ベルナルの初監督作品っていうのが
興味深々であります・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2008-09-02 23:01
Minita さん♪
いらっしゃいませ。コメントありがとうございますー。
今後ともよろしくお願いしまーす。 ^^
「コッポラの胡蝶の夢」は内容的にも面白そうですよねー。幻想もの好きなのでー。w
そして、スペイン・ラテンアメリカ映画祭!
今年は、他の映画祭と日程がかぶっているために、観たいものをくまなく見られないのですが、必見作品は観ようと思っています。
そうそう、ガエルくんの監督作品は注目度も高いですよねー。
こちらは何故か上映が1回こっきりでチケの売れ行きも素早いようですが。
あと、踊るシネマ好きとしては、カウロス・サウラの来日にも惹かれ。
公式サイトで、スケジュールが発表されるのが遅すぎて困りましたが、見ればなかなかの魅力的なラインナップですよね。
会期中、会場のどこかですれ違うかもしれませんねー。
<< -2008年8月のしねまとめ- PageTop 『TOKYO!』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon