かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第65回ヴェネチア国際映画祭受賞結果
2008年 09月 07日 |
第65回ヴェネチア国際映画祭が閉幕しましたね。



コンペの結果

▼金獅子賞d0029596_23463153.jpg

・『The Wrestler』(レスラー) ・・・ ダーレン・アロノフスキー監督/(米)

引退の危機に瀕した中年プロレスラーをミッキー・ロークが熱演。

アロノフスキーの前作の『ファウンテン 永遠につづく愛』は(私は好きだけど、)評価がかんばしくなかったようなので、雪辱を果たせてよかったなぁと思います。
ミッキー・ロークの完全復活もおめでとう。(SPUN、ドミノ、シンシティで充分復活してたと思ったけど。)
それにしても、ダーレン・アロノフスキーといったら、『π』をとったハーバード出の知性派監督で、およそマッチョ系には遠いポジションにいるイメージだったので、ちょっと意外なレスラー物語なのでした。


▼銀獅子賞・監督賞

・アレクセイ・ゲルマン Jr監督 /露 ・・・ 『Paper Soldier』(ペーパー・ソルジャー)

1961年に宇宙センターで実際におこった出来事を元にした物語をロシアの若手の二世監督が描く。
主演はチュルパンちゃーん。

▼審査員特別賞

・『Teza』(テザ) ・・・ ハイレ・ゲリマ監督/エチオピア・ドイツ・フランス

ドイツ留学後にエチオピアに帰国したエチオピア人の生涯を描く。
アフリカ作品の受賞は嬉しいですねー。

▼男優賞

・シルヴィオ・オルランド ・・・ 『Il Papa di Giovanna』(ジョヴァンナの父)/伊

▼女優賞

・ドミニク・ブラン ・・・ 『L'Autre』(他者 /仏

▼マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)

・ジェニファー・ローレンス ・・・ 『The Burning Plain』/米/ギジェルモ・アリアガ監督

▼オゼッラ賞・脚本賞

・ハイレ・ゲリマ /『Teza』

▼オゼッラ賞・撮影賞

・Alisher Khamidhodjaev、Maxim Drozdov/露 ・・・ 『Paper Soldier』

▼特別獅子賞 

・ヴェルナー・シュローター ・・・ 『Nuit de Chien』(犬の夜) /フランス、ドイツ、ポルトガル

▽新人監督賞

・Gianni Di Gregorio監督/伊 ・・・ 『Di Pace: Prnzo di Ferragosto』

▽栄誉金獅子賞

・エルマンノ・オルミ

▽監督・ばんざい!賞

・アッバス・キアロスタミ、アニエス・ヴァルダ

---

昨年に比べると、世界的にメジャーな顔ぶれの受賞が少なかった感じかな。
評判はよかったものの日本勢も受賞ならずで残念。
でも、世界の映画祭でポニョが大好評なんていうニュースには嬉しくなりましたねぇ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-09-07 23:53 | 映画ネタあれこれ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8574580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ゆうすけの出来事 at 2008-09-08 22:50
タイトル : 金獅子賞
スター不在の今年のヴェネチア。来年はどうなる? 【ヴェネチア映画祭総評】 @ぴ...... more
Commented by kusukusu at 2008-09-08 00:35 x
アロノフスキーって、次にどんな題材のものを撮るのか、予測がつかないというのか、がらっと違う題材のものを撮る監督ですね。驚かされます。
アレクセイ・ゲルマンの二世監督の作品も気になるのですが、ハイレ・ゲリマ監督の新作も気になるところです。ハイレ・ゲリマ監督作品は、80年代に国際交流基金のアフリカ映画祭で『三千年の収穫』が上映されましたが、ほんとにぶっとんだ作品でした。あれは衝撃でした。
Commented by CaeRu_noix at 2008-09-08 00:58
kusukusu さん♪
アロノフスキーの多様性にはビックリですよね。
型にはまらないって素晴らしいです。
前作のファウンテンは形而上的なもの、内なる宇宙みたいなものを描いていた感じなのに、今回は正反対ともいえる肉体を武器にした職業の男の物語とは。
それで最高賞をとっちゃうのですから、かっこよすぎ。

アレクセイ・ゲルマン作品は、こないだ『戦争のない20日間』を観て、すばらしいなと思ったのですが、この人、『フルスタリョフ、車を!』を撮った人だったんですねぇぇ。あれは、私の鑑賞作の歴代の5本の指に入るくらいワケノワカラン作品でしたー。その息子はいったいどんな作品を撮っているのかと興味深いです。

おお、ハイレ・ゲリマ監督作品をご覧になったことがあるんですか。そんなぶっとんだ作品は是非観たいですー。日本での上映を心待ちにしましょうー。
<< 「時が滲む朝」 楊逸 PageTop 9月6日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon