かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
リンゼイ・ケンプ・カンパニー 「エリザベスⅠ世」"ラスト・ダンス"
2008年 10月 13日 |
芸術の秋ですね。
リンゼイ・ケンプ・カンパニー(Lindsay Kemp Company)の13年ぶりの来日公演に行ってきました。Bunkamuraシアターコクーン。



リンゼイ・ケンプとは、イギリスの演出家・役者・ダンサー・振付家・脚本家・画家などとして多岐に渡る活動を行う “総合エンターテイナー・アーティスト”。
デレク・ジャーマンの『セバスチャン』や、『ベルベット・ゴールドマイン 』 など映画出演もしているリンゼイ・ケンプは、デヴィッド・ボウイにパントマイムを教えたことでも後に有名になったとか。
カンパニーは、リンゼイを中心に1962年結成され、「真夏の夜の夢」、「フラワーズ」などの、バレエ・オペラ・マイム・演劇・絵画・映画とあらゆるジャンルが融合した幻想的なステージを生み出してきた。

ただの舞台演劇を見たいとはあまり思わない私も、ミュージカルの要素もあって多彩なみどころのある総合芸術といえる個性的なステージにはひかれちゃうの。かなりよい席で見られることができ、興味深く見ごたえのある独創的な舞台を堪能。リンゼイ・ケンプの集大成ともいえるラストダンスを生で拝めてよかった。

エリザベス女王Ⅰ世の物語といえば、映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を今年観たばかりなので、スコットランド女王メアリー・スチュアートのことなど、歴史的な出来事はもちろん、映画で共有した感情も蘇ってきて、彼女の人生、その苦悩をごく自然になぞることができた。自分の知る物語が、全く異なった演出で表現されるのを見るのは実に面白い。ヘレン・ミレンやケイト・ブランシェットのエリザベスもリンゼイのエリザベスも同じ魂をもっているんだなって。それでいてやっぱりリンゼイならではのエリザベス。

シェイクスピア劇の妖精パックを演じる時と同様にいつも、歴史上の実在した女王に扮するこのたびもまた、スキンヘッドの全身白塗りというパントマイマー、道化師風の独特のメイク、風貌でその人を体現するリンゼイ。白塗り顔に、赤毛のくるくる巻き毛なウィッグをちょこんとかぶって、この時代ならではのゴージャスなドレスを身にまとい、軽やかにステップを踏むリンゼイ。なんとも独特なんだけど、エリザベスの魂はそこに宿っていて、その独創性に引き込まれるばかり。

1938年生まれのリンゼイが今演じるからこそ、晩年の女王の悲哀が見事に体現されるの。エリザベス1世が踊る人だったなんて知らなかったなぁ。老いに怯えながらも、女王の気品を失わないその凛とした姿。哀愁に包まれながらも力強く輝かしいのだ。それでいて、やっぱりちょっとコミカルで愛らしくもあったりして。不思議な魅力を放つ女王様なのであった。

歌あり、ダンスあり。アカデミー賞ノミネートの常連サンディ・パウエルの手がけた衣装もとてもステキで、それらを眺めているだけでも楽しかった。(『ブーリン家の姉妹』の衣装も担当しているのね。)そして、エンターティナーとしてだけじゃなく、舞台演出家としてのリンゼイのセンスに目を見張ったのは、照明の素晴らしさ。照明の使い方にあえて惹きつけられるステージというのはそんなにないのだけど、このたびはライティングに感心。カンパニーのステージが"幻想的"と言われるのもこの照明が一役買っているのだなぁと。スクリーンに映し出されるシルエットの美しさにはハッとさせられたもの。

今年は、ピナ・バウシュさんに続いて、リンゼイ・ケンプさんの生のお姿を拝見できて嬉しいでっす。

作品詳細/テイト・コーポレーション
リンゼイ・ケンプ インタビュー/チャコット


[PR]
by CaeRu_noix | 2008-10-13 11:37 | Art.Stage.Book | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8758018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sa at 2008-10-14 23:30 x
おお。かえるさん、私も行きましたよリンゼイ・ケンプ
生ケンプは初めてでしたが、ああ今のこの年月重ねての彼が演じられるエリザベスなんだろうなあと思いました。
貴重な経験をしました
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-15 01:03
Sa さん♪
貴重な体験でしたねー。
私も13年前などには、カンパニーのことに興味をもっていたわけでもなく、全くの初体験でしたが、斬新なテイストでとても楽しかったですー。
本当に、年月を経て、歳を重ね、経験を重ねた今のケンプだからこそのエリザベスでしたよね。
そうそう、Bunkamuraミレイ展も行きましたよー。
でもって、次はクラブクアトロでー♪
Commented by Sa at 2008-10-15 15:21 x
か、かえるさん 明日でしょ?クアトロ
行くゾ おー
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-16 00:25
Saさん♪
明日ですよー。
体力を蓄えてがんばりましょうー。おー
<< 『コドモのコドモ』 PageTop 『トウキョウソナタ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon