かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
「ファンファーレ・チォカリーア 2008」 渋谷クラブクアトロ
2008年 10月 17日 |
ルーマニアのジプシー・ブラス・バンド、ファンファーレ・チォカリーア(Fanfare Ciocarlia) のLIVEに行ってきたよー。



d0029596_22122455.jpgノースモーキング・オーケストラの初来日公演の興奮もまだ色褪せていないというのに、またバルカン・サウンドに再会できるなんて幸せ。
クストリッツァの『アンダーグラウンド』でひと目惚れしたあのジプシー・バンド。
思えばキッカケは、クストリッツァの映画がまず好きで、ジプシー・ミュージックにハマったんじゃなくて、『アンダーグラウンド』でジプシー・ブラスに心惹かれたから、クストリッツァ監督作品に興味を持ったという気がするなぁ。ということは、バルカンな映画と音楽の世界に誘ってくれたのは、このバンドだったということかな。
三鷹の日は都合がつかなかったので、渋谷クラブクアトロへ。クラブクアトロなんて、自分が行くような場所だと思っていなかったというのに。でも、このサウンドにはやっぱり座席なんて不要なのだよね。

本当言うと私は、どちらかといえば、ファンファーレよりタラフ派。それは弦楽器の音色がより好きだから。同じジプシー・ミュージックの高速サウンドでもバイオリンの速弾きの方により惹かれちゃう。いや、だけど、生で聴くブラスの迫力も最高なんだなっ。ズンズンと地響きのようにうなるチューバの低音がたまらない。トランペットの高らかな音色は陶酔感をもたらす。ブラスもいいじゃん、いいじゃん。それが何しろ高速!このハイスピードのリズムに心が高揚しないはずがない。見るからにメタボ体型なオヤジたちのノリノリっぷりが楽しくてしょうがない。ちょっと背の高い人が前に立てば、ステージはよく見えやしないし。満員電車のように息苦しいんだけど、ちょっと懐かしい熱気だったかも。エキサイティング。

そして、このたびのLIVEの魅力を大いにパワーアップさせてくれたのは、ゲストダンサーにラジャスタンのクイーン・ハリシュが登場するってこと。今年の初め、『ジプシー・キャラバン』 を観て、彼(彼女?)の鮮やかなダンスとその陽気なキャラクターには、大いに惹かれたもの。あのハリシュくんのくるくるダンスを生で拝めるっていうのも最高じゃない。ドラッグ・クイーンは、西洋だけのものじゃないのだ。クィーン・ハリシュは、おめめパッチリでその表情がそりゃあもう愛くるしくて、だもやけに色っぽくて、すっかり魅了されちゃった。なんてステキなコラボレーション。

Costica Trifan(トランペット/ヴォーカル)
Radulescu Lazar (トランペット/ヴォーカル)
Paul Marian Bulgaru(トランペット)
Oprica Ivancea(クラリネット/アルト・サックス)
Ioan Ivancea(クラリネット)
Daniel Ivancia(アルト・サックス)
Constantin Cantea(チューバ)
Monel Trifan(チューバ)
Constantin Calin(テナー・ホルン/ヴォーカル)
Laurentiu Ivancea(バリトン・ホルン)
Costel Ursu(大太鼓)
Nicolae Ionita(パーカッション)
Aurelia Sandu(ダンス)
Queen Harish(from ラジャスタン)(ダンス)

ファンファーレ・チォカリーア@渋谷クアトロ/PLANKTON NEWS & REPORT
Plankton

IAG BARI がこだまするー


[PR]
by CaeRu_noix | 2008-10-17 22:20 | Art.Stage.Book | Trackback(2) | Comments(8)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/8781704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from la Casa del .. at 2008-10-18 20:04
タイトル : ファンファーレ・チョカリーアがやってきた〜♪
『炎のジプシー・ブラス』、『ファンファーレ・チョカリーア』そして『ジプシー・キャラバン』でお馴染みで、待ちに待っていた『♪ファンファーレ・チョカリーア♪』がやってきた〜!! で、うきうき武蔵野市公会堂に行ってきた〜!!               今回の来日公演ではダンサーのオウレリアの他にもう一人のゲスト・ダンサーが登場{/heart2_glitter/}・・・それが『ジプシー・キャラバン』でくるくる旋回する妖艶なダンスが強く印象に残ったクイーン・ハリシュ(インド・ラジャフスタン) 彼の美しさ・・そ...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2008-10-23 22:22
タイトル : ファンファーレ・チョカリーア ライブ 
人生が音楽そのもの♪ ライブ in 渋谷クラブクアトロ... more
Commented by mi10kuma at 2008-10-18 01:10
シリキです。おおー、楽しそう!!私も好みではファンファーレよりタラフかな。でも、踊り子さんまで来たなんてブラボーな体験されましたね♪
Commented by とらねこ at 2008-10-18 11:14 x
かえるさん、こんにちは♪
楽しまれましたか~!すごく面白そうですね。
私は、オールスタンディングこそライブ!だったりします^^
渋谷のクアトロは、前の方とか真ん中に立とうと思うと、あまりよく見えなくなるので、
一番前か、最後方が良いのではと思いまする。
コンサートホールでライブをやるような、すごく有名なアーティストでも、クアトロではやったりするんですよね。
昔からとても好きな箱なんですよ。
Commented by rubicone at 2008-10-18 20:02 x
かえるさん~♪
クラブクアトロも大盛り上がりだったんですね!!っていうか、あの音楽を一度耳にしたら、もう盛り上がらずにはいられない、ですよね。あのおっさんたちのどこにあれだけのものが詰まっているんだろう!あのパワーにひたすら酔い、音楽に身を委ねて・・・。
そして、そしてアウレリアさんとハリシュく~ん!!もう、うっとりですよね。三鷹のときとは衣装が違う、けどこれもまた素敵だぁ!!友人は渋谷に行ったのですが、やっぱりハリシュくんにはめろめろだったようです、わかるなぁ、その気持ち。
ところで、三鷹ではステージの奥にスズキコージさんの絵が背景となっていたのですが、渋谷ではそれはなかったようですね。
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-19 08:34
シリキさん♪
楽しかったですよー。
シリキさんはこういうノリノリなLIVEをしょっちゅう体験されているんですよね。
座っておとなしく聴くコンサートよりか断然楽しいっすね。
そう、本当言うと、私はタラフほどには、ファンファーレには執心ではないんですよ。
でも、せっかくの機会ゆえに惹かれてしまいました。
ダンスもまたよかったですー
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-20 18:24
とらねこさん♪
楽しかったです~。
いわゆるLIVEに行きたがったのって、高校生の時くらいのもので、私の現在の日常には縁遠いスポットだったんですが、広いコンサートホールなどより断然よいと実感。
ホント、オールスタンディングこそライブ!
で、とらねこさんのお気に入りの場所なんですね。
そうか、一番前は無理だったので後ろに陣取るのが賢かったかもしれませんね。だけど、少しでもすてきに近づこうとしてしまう小市民~。
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-20 18:47
rubiconeさん♪
盛り上がりましたよ~。
たぶん公会堂よりクラブクアトロの方が踊る気満々の人が多かったでしょうし。
熱気で溢れておりました。
で、ハリシュくんは本当にチャーミングで魅力的でした。
実物のかわゆさにはびっくり☆
ブラスな音楽だけじゃなく、華やかなダンスも見られるなんて幸せでしたよね。こちらはステージが狭いのでひざで回るダンスはフロアで披露してくれました。
そう、ステージのバックに絵はなかったですよ。民族調の布系がかかってました。
三鷹はロビーでの演奏がまたよさげでしたね。
Commented by シャーロット at 2008-10-23 22:19 x
お疲れ様でした~
はい、踊る気満々でしたですぜ;笑
やっとかえるさんのぴょこぴょこも拝めてエキサイティング~でしたw
そうかタラフ派…私も弦の音の方が好きかも。
でもブラスもサイコー。ダンスもグ~。そんでもってお腹もぐ~ww ローズマリーポテトは美味でしたねん♪
でも・・・ハリシュ君のクルクルは人ごみで全く見れなかった;うぅ

このライヴがあってやっと今月は趣味に浸れたのでした。ありがとうございましたー。そして、TIFFももう折り返し地点をすぎ・・・堪能なさってますかぁ?私の倍以上通ってるのにかえるさんって意外と体力あるんだなあーと感心してまーす。ふふっ
Commented by CaeRu_noix at 2008-10-25 07:20
シャーロット さん♪
お疲れ様でしたー。お付き合い感謝でっす。
ぎゅーぎゅー満員電車のような状態でしたけど、オールスタンディングというのは楽しかったですよね。こういうクラブノリはしばし忘れていましたわ。
そうなんす。思えば、タラフよりもまずファンファーレの姿を映画で先に観て、惹かれた方が早いんだけど、バンドとして惹かれていたのは常々タラフの方でした。「ジプシー・キャラバン」の時もそう思っていたし。でもでも、やっぱり彼らは最高でしたよね。ジャズ系のトランペットのステージなどに行った時よりか実感としては断然聴きごたえがありましたわ。
私もハリシュ君のくるくるはたまに衣装の一部が見えたくらいです。w
LIVEの後の一杯もまたやけにおいしかったりしたしー。とらねこさん伝授のポテト、おいしいですよねー。
TIFFもそろそろフィナーレ。へとへとっすよー。風邪っぴきー
<< 10月18日の公開映画ちぇーっくなど PageTop 『コドモのコドモ』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon