かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
12月13、27日の公開映画ちぇーっくなど
2008年 12月 13日 |
賞レースの行方はいかに。



ゴールデングローブ賞のノミネーションが発表されましたねぇ。
GG賞って、ドラマ部門とコメディ/ミュージカル部門が分かれているのがポイントですよね。
が、部門ごとに分かれていない助演賞において、トロピックな2人が選ばれているなんて快挙じゃないですかー。
多くの作品は日本ではまだ公開されていないため、その結果に賛否をつぶやくこともできず、まずは鑑賞済み作品について注目しちゃうわけで。
ラザラスー

ロサンジェルス映画批評家協会賞
の受賞結果は、
・作品賞  「ウォーリー」
・監督賞  ダニー・ボイル 「スラムドッグ・ミリオネア」
・主演男優賞 ショーン・ペン 「ミルク」
・主演女優賞 サリー・ホーキンス  「ハッピー・ゴー・ラッキー」
・助演男優賞 ヒース・レジャー 「ダークナイト」
・助演女優賞 ペネロペ・クルス 「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ」
・脚本賞 「ハッピー・ゴー・ラッキー」
・撮影賞 「長江哀歌(エレジー)」
・アニメ賞  「バシールとワルツを」
・ドキュメンタリー賞  「Man on Wire」
・外国語映画賞 「長江哀歌(エレジー)」

ニューヨーク映画批評家協会賞の受賞結果は、
・作品賞  「ミルク」
・監督賞  マイク・リー 「ハッピー・ゴー・ラッキー」
・主演男優賞  ショーン・ペン  「ミルク」
・主演女優賞  サリー・ホーキンス 「ハッピー・ゴー・ラッキー」
・助演男優賞  ジョシュ・ブローリン  「ミルク」
・助演女優賞  ペネロペ・クルス 「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ」
・脚本賞  「Rachel Getting Married」
・新人監督賞  「Frozen River」
・撮影賞  「スラムドッグ・ミリオネア」
・アニメ賞  「ウォーリー」
・ドキュメンタリー賞  「Man on Wire」
・外国語映画賞  「4ヶ月、3週と2日」

ヨーロッパ映画賞の受賞結果は、
・作品賞  「ゴモラ」
・監督賞  マッテオ・ガローネ  「ゴモラ」
・男優賞  トニー・セルヴィッロ  「ゴモラ」&「IL DIVO」
・女優賞  クリスティン・スコット・トーマス  「Il y a longtemps que je t'aime」

ショーン・ペン主演、ガス・バン・サント監督の「MILK」の評価が高いのが嬉しいし。
ダニー・ボイル監督の「スラムドッグ・ミリオネア」もすこぶる好評で有力候補な感じで嬉しいなぁ。
ペネロペちゃんも高評価。KSTさん、おめでとうー。
あれもこれも公開が楽しみですねぇ。
TIFFで観られなかった「ゴモラ」、「ハッピー・ゴー・ラッキー」も配給してほしいー。

来年のよき映画との出会いを心待ちにしながら、
今年映画を観倒しましょうー

カンヌで最優秀脚本賞を受賞したファティ・アキンの 「そして、私たちは愛に帰る」/Auf Der Anderen Seite は、12月 27日、シネスイッチ銀座にて公開でーす。
myブログを訪問してくれる皆さんはもっちろん観に行きますよね?!

来週の公開作品数はすごいことになってますが、13日公開は少なめー。

トーゼン、ミルミルー

アラトリステ /シャンテ シネ

17世紀のスペインを舞台に孤高の戦士アラトリステの愛と戦いの日々が綴られる歴史アクション大作!
ヴィゴ戦士の参上ー!
スペイン映画史上最大の大作なんですと。
ロシア語の次はヴィゴのスペイン語が聴けるのねぇ。
eiga.com 映画ニュースの記事、読みました?
「なんで、今のこの時期にスペインなんかに行くんだ? 人気があるんだからハリウッドの大作に出るべきだ。もっと稼いで人気者になれ」と言うハリウッドのビジネスマンの言葉を振り切って、スペイン映画に出ちゃうヴィゴ様ったら、めちゃめちゃカッコいいっす!
ノリエガやハビエル・カマラやウナクスくんも出演。
監督は「ウェルカム!ヘヴン」の人かー。

ブロークン・イングリッシュ /銀座テアトルシネマ、恵比寿ガーデンシネマ

ニューヨークのホテルで働く30代独身のノラが、フランス人、ジュリアンに出会う。
ジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズの娘ゾエ・カサヴェテスの長編デビュー作。
私は別段、カサヴェテスふぁんではないのだけれど、インディペンデント映画を愛する一人として、その亡き監督には敬意を捧げずにはいられませんもの。
父譲りのエッセンスが感じられるでしょうか?
ジーナママの登場も楽しみ。
そして、ここのところやたらに露出の多い、メルヴィル・プポーはどんな情熱的なパリジャン姿を見せてくれるのでしょうー。

ここで、プポー関連情報です。
カンヌ映画祭の監督週間で上映されたプポー主演作「ファインダーの中の欲望」(Un Homme Perdu)が2009年元旦にDVDリリース。
正月早々、官能ものをお楽しみくださいということ?
WOWOWカンヌ国際映画祭ブログの記事によりますと、"プポーがアラブ系の女性たちとセックス・シーンを繰り広げるが、女流監督のせいかあまり過激ではない。"とのこと。

--キニナルモノ

◆大丈夫であるように ─Cocco 終らない旅─  /ライズ

◆virtual drug ALTOVISION

◆TOKYO JOE

---ホカ
◆劇場版BLEACH Fade to Black 君の名を呼ぶ
◆劇場版 MAJOR(メジャー)友情の一球(ウィニングショット)
◆空へ―救いの翼―
◆破片のきらめき
---

オペラ映画フェスティバル イタリアオペラ 名作の森
12月13日(土)~28日(日) 東京都写真美術館ホール

「韓国映画ショーケース2008」
12月13日(土) ~ 19日(金) シネカノン有楽町1丁目

新文芸坐8周年記念特集Vol. 1 「野上照代が選んだ映画たち」
12月12日(金) ~ 19日(金) 池袋新文芸坐

「黄秋生(アンソニー・ウォン)、遊侠一匹」
12月6日(土)~19日(金) シネマヴェーラ渋谷
 
「中国映画の全貌2008」
 ~12月19日(金) 新宿K’s cinema


ひとまず、ウォーリーを探しに行ってきます。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-12-13 20:43 | 映画週チェック | Comments(6)
Commented by たかこ at 2008-12-14 09:04 x
正月早々「セックスシーンを繰り広げ」られても…。他の女たちとそういうことしてるのあまり見たくないです、嫉妬しちゃって♪
カサヴェテスはそんな観てないんですが、セレブ好きの女性誌とかがコッポラと同じとか言って騒ぐので、切符も並ぶような気がしています。
危なさが無くいかにもステキなカレ~!って役は初めて観られるのでうれしいです!
Commented by Minita at 2008-12-14 13:12 x
「ブロークン・イングリッシュ」は、予告編いいかんじだったので
前売り券買っちゃいました~。
「ハッピー・ゴー・ラッキー」は私も映画祭で見られなかったので
ぜひとも配給希望です!!
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-15 01:05
たかこさん♪
なんで元旦発売なんでしょうねぇ。正月休みに見てくれってこと。
でも、そう、好きな俳優さんの場合は自然に見られないですよねー。
『ぼくを葬る』のは結構しっかりと撮られていたけど、あれは相手が男の子だからOKかしらん?
プポーは自身の監督作品でも結構赤裸々なものを撮っているらしいですね。
さて、どんなだ。
テアトル系劇場だからか、宣伝攻勢もバッチリって感じなんですね。
どんなに雑誌に載せたって、客が入らないものは入らないと私は思うのですけれど、というか、主演女優が無名なのがネックかなぁとか、まぁ「ブロークン」よりは入りますかね?一般の女性の動向は私にはわからないけれどー。
そうそう、私も普通の優男なプポーが見たいですー。
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-15 01:31
Minita さん♪
予告編はちら見しかしていないんですが、いい感じでしたかー?!
せっかくなので、狙いどおりに多くの女性たちが観に行ってくれたらよいのですがー。
私も近いうちに行く予定ですー。パリだし。

「ハッピー・ゴー・ラッキー」は配給の可能性は高い気がするのですが、多くの賞をとっても配給に結びつかないことも多い日本なので、そわそわしつつ、祈ってます。見たいですよねー。
マイク・リー作品もスキスキー
Commented by cinema_61 at 2008-12-18 23:58 x
こんばんは。
観たい映画満載!賞レース近づくせいかしら?
「ウオーリー」いいですね~
「ブロークン・イングリッシュ」は観てきました!(プポー最高)
「そして、私たちは愛に帰る」「PARIS」は必ず観よう!
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-19 23:00
cinema_61 さん♪
観たい映画が目白押しですよね。
でもって、冬休みだからか何なのか、20日公開作の多さには、あら大変ーという感じですね。
賞レースの結果にもワクワクしますねー。

「ブロークン・イングリッシュ」、早速ご覧になりましたか。
今年はプポー出演作がいっぱいありますたよね。
デプレシャン監督の『クリスマス・ストーリー』のプポーもよかったですよー。
「そして、私たちは愛に帰る」「PARIS」が必見だなんて嬉しいですー。
最重要な2本といえましょうー♪
<< 『トロピック・サンダー 史上最... PageTop 『ジョージアの日記 ゆーうつで... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon