かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』
2008年 12月 14日 |
ゴールデングローブ賞ノミネートおめでとうー。



ベトナム戦争帰還兵の伝記小説映画化のため、映画監督ダミアン・コックバーンのもとにアクション・スターのタグ・スピードマン、オスカー俳優カーク・ラザラス、コメディアンのジェフ・ポートノイ、アルパ・チーノ、ケヴィン・サンダスキーが集まって東南アジアのジャングルで撮影を開始。

すごいね、ベン・スティラー。全米大ヒットおめでとう。
おかげで日本でも拡大公開。数年前の監督作『ズーランダー』はひっそり銀座のシネパトスで公開されたというのに、今回はシネコンで観ちゃいましたよ。でもね、公開されてから10日後くらいに最寄シネコンで平日のレイトショー鑑賞をしたら、お客は私とひと組のカップルだけだったよ。笑っても笑わなくても空気が虚しいような。混んでいる劇場は嫌いだけど、いくらなんでもコメディ作品でこれは寂しいよねぇ。失敗したかな。でもまぁ、とにかく知名度UPなベンの活躍は嬉しいよねぇ。

これがただの空想おバカ映画だったら、アメリカ人はバカなことが好きだなぁーで済ませちゃうところなんだけど、超有名な戦争映画を思いきりパロりながら、事実に基づいた内幕劇やハリウッド裏事情もとことん笑いのネタにしちゃうそのベン魂には感嘆しちゃうわけですよ。日本で大々的に映画な映画を撮るっていったら、『マジックアワー』的に先人に敬意を払いつつ、全体を讃えちゃうしかないのだろうななんてことを思うにつけ、こんなに毒気いっぱいのおバカコメディでヒットを飛ばしちゃったことはすごいっす。だからもう、くだらなければくだらないほどに可笑しいの。いや、くだらなくないよ。オナラさえも笑えた。内臓どぴゅーんもすげー可笑しかったし。

ベンの『プラトーン』な演技なんかもよかったよー。踊るような腕の動きが素晴らしくて、千手観音の姿が重なってきたほどに神々しかったさ。監督をやりながら、あんなにエキサイティングに演技しちゃうなんて、ホントにカッコいいよー。そして、ロバート・ダウニーJrの素晴らしいこと。アイアンマーンで正真正銘のヒーロー役をこなすまでの大復活を遂げて、こんなにお茶目な姿を見せてくれるなんてね。クローズアップになった時のキラキラ輝くつぶらな瞳が忘れられない。ニック・ノルティにしてもサラリとクールだよなぁ。芸達者な豪華キャストの贅沢さったら。

黒人役のために手術で肌の色を黒くしたラザラスの熱意は面白すぎ。ありえなくはないかもしれないって感じがね。役のために、俳優が太ったり痩せたりは当たり前のことだもんね。どんな手術でもやりかねん。彼が熱く語る知的障害者を演じて評価される方法というのも実に面白かった。そうか、『アイ・アム・サム』のショーンペンは完璧に演じ過ぎて賞を取れなかったのねぇ。肉体改造したり、障害者を人々の好みに演じて、獲得の道がひらかれるアカデミー賞なのですわね。ホント、そういう皮肉には共感。普通の役を演じた人は全然受賞しないもんね・・・。

そして、そして、ハゲのプロデューサーの人、最高です。今年は俳優トムっちを再評価する年となりましたね。『大いなる陰謀』の自信家な議員役もとてもハマっていて、『マグノリア』以来にいいじゃん!って思ったんだけど、更に更にこう来るとは思ってなかったなぁ。あなたがやるから、この強気キャラがべらぼうに面白いんです。コメディ系俳優が汚い言葉を連発して、変な踊りを踊ったって普通なんだけど、二枚目トップスターとして世界に名を馳せてきたあなただから、もうもうめちゃめちゃ楽しいー。まこのへー。

本当言うと、冒頭の予告だとか、撮影場面の導入部、最初の30分くらいが面白すぎて、中盤はこころもち物足りなさを感じちゃったというのはあるのだけど、最後はまた楽しさに満たされましたかな。予告でやった映画も観たーい。

映画ネタにあふれた『サーチャーズ 2.0』もよろしく。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-12-14 23:59 | CINEMAレヴュー | Comments(2)
Commented by Minita at 2008-12-15 16:06 x
いや~。私はことし一番笑えた映画です~!
でも、ただのお馬鹿映画じゃないんですよね。
映画を知っていればいるほど、楽しめるし。
私、最初の予告編から笑いっぱなしで、エンドクレジットの時に流れる曲も戦争映画っぽく荘厳な感じなのもまたすっごく可笑しかったです。

RDJとトムの二人がノミネートされたのって、嬉しいですね。
ま、個人的にはヒースを応援してるんですが・・・(笑)

「サーチャーズ2.0」って知りませんでした。
面白そうですね~。情報ありがとうございます!
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-16 00:52
Minita さん♪
面白かったですよねぇー。
ベン・スティラーな笑いは大好きで。
今年笑えたといえば、これもベンちゃんがちらりと出ていたJBの「テネイシャスD」などもお気に入り印です。
個人的には、(戦争映画のパロディなのは楽しいんだけど)中盤まきこまれてリアル戦闘ものになっちゃうあたりがメインじゃない方がよりよかったかな。
というわけで、私にはハゲの人の登場シーンは思いのほか高揚ポイントでしたー。まこのへーもね。
音楽も映像もそれっぽくて素晴らしかったですよねー。
プラトーンのことなんてほとんど覚えてないんだけど、さすがにジャケットの場面はすぐわかるから楽しいー。
映画ネタな映画、最高。

ヒースにはアカデミー賞をあげることにして、GG賞はトムとJrのW受賞にしませんか?w

「サーチャーズ2.0」は1/10公開です。
ただ、上映館がUPLINK 、吉祥寺バウスシアターなので、多くの人に観てもらうのは難しいかなと・・
女子の苦手目な西部劇ネタなども多いし、こちらはもっとカルト風味なんですが地味ながらも楽しかったですよー。
気が向いたら(笑)是非ご覧ください。
ロードムービーなのです♪
<< 『バンク・ジョブ』 PageTop 12月13、27日の公開映画ち... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon