かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『バンク・ジョブ』
2008年 12月 15日 |
掘り起こす快感。
スティーヴン・キングがBest Movies of 2008の6位に選んだのも納得の面白さ。



というか、『デス・レース』が10位に入ってもいるので、ひょっとしてキングはジェイソン・ステイサムファン?

1971年、イースト・ロンドンで中古車屋を営むテリーは、借金取りに追い立てられる日々の中、昔なじみの女友達マルティーヌから、ベイカーストリートにあるロイズ銀行の地下金庫に侵入する計画を持ちかけられる。

これは実話に基づいた物語。だから、面白い。そうじゃなくても、大いに面白い。ストレートに手堅い面白さなのだ。金庫破りで大金を強奪なんていう筋書きのクライム・サスペンスはゴマンとあるけれど、犯罪手口がこんなに単純なのは珍しいよね。だって、これは1971年の出来事であり、銀行強盗のプロなどではない素人の男たちがその仕事を請け負うのだから、ミッション・インポッシブルみたいなハイテク装置は登場するわけがない。巧妙な侵入計画が練られるわけでもなく、トンネルを掘ろうだなんて、犯行手口はいたって単純にローテクで。それが少し新鮮でもあり、戸惑いながらじっくり一歩一歩作業を進めていく行程は、コンピュータ制御されているシステムの世界よりも、ジリジリと手に汗握らせてくれるんだよね。ドキドキドリルー。

ところで、銀行の付近の家を借りてお店を営業しながら、地下にトンネルを掘って銀行強盗なんていう計画というと、ウディ・アレンの『おいしい生活』を思い出したのだけど、ネタ元は同じだったのかなぁ。カモフラージュのお店が繁盛する様子を想像したり、ドリルで掘っていたら水があふれてくるという展開を期待しちゃったじゃないか。実話ベースでお店屋さんに転向するわけがないんだけどー。あと、マキューアンの小説「アムステルダム」のこともふと思い出し。

えっと、初志貫徹。強盗このレトロ金庫破り作戦は果たしてうまくいくのかと、ハラハラドキドキ彼らの仕事を見つめる一方で、マルティーヌがつき合っているあの男は何のためにこの銀行の金庫破りを目論んだのかという謎が明らかになっていくことにも気持ちは前のめり。事実は一部に過ぎないとしても、それは真実なのかもしれないと思えるあたり、地位と権力のある者たちが絡んでいることが俄然面白い。推理小説を読み進むようにその謎が見えてくる面白さにワクワクしつつ、テリーたちは無事に逃げることができるのかっていうスリルとアクションも同時に展開するというその重なりに手ごたえあり。素材の一つ一つは目新しくもないし、あっと驚くような仕掛けがあるわけでもないのだけど、堅実な面白さ。

やっていることはちょいと軽薄なのにイギリスものらしい落ち着きと重厚感さえ感じられるのは、脚本と演出がしっかりしているというのもあるし、俳優たちの存在感がまた格別なんだよね。演技的にはそんなに違いがあると思えないのに、ジェイソン・ステイサムがシブくて、薄毛でも魅力的。強盗仲間もMI-5の人たちもそれぞれに個性と味わいがあって、知らない俳優がほとんどなのに、その表情に惹きつけられちゃった。登場人物は結構多いのだけど、それぞれの思惑を抱えた顔つきにインパクトがあって、人物関係に混乱することもなく。そのへんもまた素晴らしいなと。マルティーヌのサフロン・バロウズも、『クリムト』のファム・ファタールもこなせちゃうほどにスレンダーできれいなお姉さん。裏社会の顔役の人もとてもいいなと思ったら、名俳優なのね。ジョンとヨーコも似てたし?

「D通告」(国防機密報道禁止令)なんてのが発令されるっていうのも本当なら恐ろしい。報道はピタリとやんでも、皆はウォーキートーキー強盗のことを憶えていたそうで。事実は小説よりもー。当時の関係者にしっかり取材しただけのことはあって、嘘っぽくない仕上がりがオミゴト。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-12-15 23:57 | CINEMAレヴュー | Comments(8)
Commented by まぶぜたろう at 2008-12-16 01:44 x
「バンクジョブ」は今週見に行きます。
それはともかく、
スティーヴン・キングのBest Movies of 2008、ってどこに書いてたの?
つうか、そのへんのアメリカンなベストネタって知りたいもんです。
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-16 02:08
まぶぜたろう さん♪
バンク・ジョブの感想、楽しみにしていますー。
スティーヴン・キングのBest Movies of 2008のニュースはallcinema on lineの「HEADLINE」にありましたよ。
http://www.ew.com/ew/gallery/0,,20245818_1,00.html

1位 「ダークナイト」
2位 「スラムドッグ・ミリオネア(原題)」
3位 「ウォーリー」
4位 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
5位 「ファニーゲーム U.S.A.」
6位 「バンク・ジョブ」
7位 「LAKEVIEW TERRACE」
8位 「THE RUINS」
9位 「レッドベルト 傷だらけのファイター」
10位 「デス・レース」

どうでしょうー。
ってか、キングは何本くらい観ているのでしょうー?
ロマコメとか観るかなー?

ロジャー・エバート氏選出ベスト20などの方が興味深いっす。
Commented by mezzotint at 2008-12-17 00:10 x
かえるさん
今晩は★☆おぉ~~もう公開されたのですね。
こちらでは来年の初めくらいに公開されるようです。
ジェイソン・ステイサム、結構好きなんですよ。
「デス・レース」は先日鑑賞してまいりました。
これもジェイソン主演なので、かえるさんぜひご覧下さい!
スティーヴン・キングのベスト20、意外にもメジャー作品
あるんですね。
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-17 01:13
mezzotint さん♪
これは、11/22公開だったんですが、映画祭に通っていた私は遅れての鑑賞となりましたー。
拡大公開系のハリウッド映画『デス・レース』に比べたら、マイナーな作品のようですが、手ごたえありの面白さでしたよー。
ヘンにひねり過ぎていないところが気持ちよく。
私も実は、ステイサム、結構好きかもです。
本当は、『リボルバー』の時の薄毛じゃないジェイソンがカッコイイ~♪って思ったんですよ。
でも、ありのままの彼を好きになるべきだわと、ハゲ薄毛な彼を見つめることにしました♪
他の俳優陣も知らない人なんだけど、みんなよくて。
む、「デス・レース」、おススメですか?!!
私は、バンクジョブでジェイソンを堪能したのでそれは遠慮します。(笑)
次はヴィゴやメルヴィルやキアヌに会いに行かねばなりませぬー。

スティーヴン・キングのベスト、意外というかなんというか。
トロピックが4位とはビックリでしたー。
Commented by こべに at 2008-12-21 18:24 x
こんにちはー、かえるさん!
おひさしぶーりんでございます☆
ちょっと上をチラ見したら・・・。
そそ、ワタシもリボルバーの薄毛じゃない(って言い方すき)ジェイソンかっけ~!って思ったもので反応しちゃいました。
ワタシもありのままの彼を見つめることにしまーす(笑)
にしても、これ面白かったっす。
目新しさは感じないけど、大満足の作品でした~☆



Commented by CaeRu_noix at 2008-12-22 01:18
こべにさん♪
訪問アありがとうございますー。ぶーりんりん。
ハゲと言わずに婉曲的に薄毛という言葉を使うってのが、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」にあったんですよね。
そう、リボルバーのジェイソンかっけ~かったですよねー。
個人的には、誰でも前髪がある方が好み顔なんす。
でも、薄毛な男にセクシーさを感じる大人にならなくちゃだわって思ったりもしまして。
ありのままの彼を見つめましょうーww
「リボルバー」の展開がウーン・・・だったのに対し、これは面白かったですよねー。
Commented by ぺろんぱ at 2008-12-27 13:54 x
私も観ましたぁ。(*^_^*)
当初は観る予定じゃなかったものの、めっけもん的な面白さでした。
犯罪の手口の“手仕事”感や一昔前の通信アイテムとかに、私も今風の犯罪モノでは味わえない面白さを感じました。

ステイサムさんって実はよく知らなかったのですが、随分シブい声のお方なのですね。聞き惚れてしまいながら、後半の捨て身の活躍ぶりにはすっかり見惚れてしまいました。(*^_^*)
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-28 19:33
ぺろんぱ さん♪
ご覧になりましたかー。
そうそう、わりとありがちなタイプかなって、そんなに期待もしていなかったのですが、確かな手ごたえの面白さでしたよねー。
今時銀行強盗ものでいうと、『インサイドマン』なんかがめちゃめちゃ面白いやり方だったなぁと記憶しています。
あそこまでのアイディアがでないなら、むしろ古典的な方が魅力だったりしますよね。
今は金庫内に防犯監視カメラがあるでしょうし。ドリルじゃ気づかれるだろーって思うのですが。
ケータイもない時代の連絡のとり方もやけに新鮮でしたー。

ステイサムの声っていいですよねー。
ブルース・ウィリス系のシブさですが、彼よりももスマートなカッコよさ。
ハリウッド・アクションよりか、ガイ・リッチー映画出身なところが好感持てます♪
<< 『未来を写した子どもたち』 B... PageTop 『トロピック・サンダー 史上最... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon