かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『ブロークン・イングリッシュ』
2008年 12月 23日 |
その名前に期待し過ぎてしまうのはすまないけど、その名前がなかったら観に行かないし。

30代独身、NYでホテルのVIP担当として働いているノラは、新しい出会いを求めるが、ことごとく失敗。



普通に面白いロマコメという感じでした。いたって、フツー。笑えるエピソードもあり、ググッと共感できる箇所もあり、ロマコメのポイントはちゃんと押さえられているかなという感じで、なかなか楽しめました。フツーにね。でも別段、この作品ならではの特別な味わいは見出せなかった気がするなぁ。だったら、ブリジョンなんかの方が断然面白いっていう話になるし、キャメロン・ディアスがイギリスでジュード・ロウに出会う物語の方が笑いも胸キュンも詰まっていたかなと。そういう類のものとは一線を画す、等身大ヒロインのリアリティのあるストーリーというのが魅力なのかと思いきや、その展開は現実的というよりは、少女漫画チックなほどに虚構の色味を帯びていて。結局、ありえないおとぎ話風になっちゃうのなら、もっと見どころと面白みのあるオハナシにしてほしかった気がした。

ノラの思いや言葉には共感できるし、好感のもてる主人公なんだけど、私にとっては映画的に魅力的なキャラクターというのではなかったな。アムールの国からやって来た情熱的なメルヴィル・プポーはそりゃあカッコいいんだけど、非の打ち所がないものだからむしろ胡散臭いというか、逆に人間的な魅力が見えてこなかった。どんなに恋心が燃え上がったのであれ、出会って間もない異国の女にサラリと一緒にパリへ行こうと言っちゃうなんて。ひょっとして彼がまたしても犯人?って思っちゃうじゃんね。死期がせまって性根を入れ替えたゲイなのだろうかとか。何らかのウラやオチがあるのかと一瞬期待したりしちゃったじゃない・・・。いえ別に、主人公の不幸を願っていたわけじゃないのだけど、あまりにも普通なロマコメなんだもん。『シーズ・ソー・ラブリー』のリメイクの方が観たいかも。

そもそも私には、恋の相手役をパリジャンにする必然性がちっともわからなかった。アメリカ人とフランス人のカップルといえば、カルチャーギャップやら男と女の心のすれ違いが最高に面白かったジュリー・デルピーの『パリ、恋人たちの2日間』のことを思い出さずにはいられなくて。コミカルにいくなら、それくらい極めてほしいところ。ブロークン・イングリッシュなんていう題名だから、てっきりもっともっと台詞や言葉にテーマがあぶり出されるような印象的なものがあると思ったのだけど、AngryとHungryくらいのもの?それから、せっかくのNYとPARISなんだから、街の魅力をもっとふんだんに映し込んでほしかった。というか、パリに行っといて、買い物したり飲んだりばかりで、美術館に行ったりセーヌ川沿いを歩いたりしないなんてさ。

やっぱり、ソフィア・コッポラは1人しかいないってことか。
映画の作りとしてはソツなくまとまっていたと思うのだけど、そもそも題材の選び方にキラリを感じないのでした。今度はありふれていないタイプのものを手がけてほしいかな。


さっき知ったのだけど、ゾエのだんな様はフランス人だそうで。彼女自身がこういう出会い方をしたとか?日本人的には、プポークラスのステキなフランス人男性に出会ったそばから熱いアプローチをされるなんて、絶対ありえーん、って感じなんだけど、ゾエ的には、リアルなエピソードだったとか?

ハンガリーの『反恋愛主義』もこれまた主軸ストーリーが似たようなものでした。もっと迷走するけど。
[PR]
by CaeRu_noix | 2008-12-23 22:45 | CINEMAレヴュー | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/9102169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-12-24 06:20
タイトル : ブロークン・イングリッシュ
 『もう、魔法なんて起きないと思ってた。 ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。 それは、私だけのミラクル・ロマンス。』  コチラの「ブロークン・イングリッシュ」は、故ジョン・カサヴェデス監督と女優ジーナ・ローランズの娘ゾエ・カサヴェデス監督のデビ....... more
Tracked from to Heart at 2008-12-29 13:34
タイトル : ブロークン・イングリッシュ
もう、魔法なんて起きないと思ってた。 ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。それは、私だけのミラクル・ロマンス。 製作年度 2007年 上映時間 98分 監督 ゾーイ・カサヴェテス 出演 パーカー・ポージー メルヴィル・プポー/ジャスティン・セロー/ピーター・ボグダノヴィッチ/ティム・ギニー/ジーナ・ローランズ 結婚適齢期を迎えた女性の気持ちをリアルかつロマンチックに描く等身大のラブストーリー。監督はジョン・カサヴェテスを父に持ち、本作がデビューとなるゾーイ・カサヴェテス。 {/book_mov...... more
Commented by cinema_61 at 2008-12-24 20:27 x
こんばんはかえるさん。
かえるさん流の辛口批評!→でも、あたっている・・・・・・。
ただ、プポーにゾッコンの私には少女漫画チックなストーリーも気にならず・・・・忘年会をかねた鑑賞会で友人3人(プポーファン)も「年末だから
これくらいの(?)映画がいいわ~」と。未婚のアラフォー女性に一筋の希望(夢)を与えたのでは?と思ったのでした。

しかし、ジーナ・ローランズも娘や息子を甘やかし過ぎたかも。
(映画界はもっと厳しいですよ~)
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-25 07:21
cinema_61 さん♪
すみません
わたし的には首をかしげちゃう映画でありました・・
プポーの素敵さにメロメロになって満喫できたなら何よりでした♪
私の場合、『ホリディ』などは、ありえねーよと思いつつ、ジュードのカッコよさにやられたのですが、このプポーの人物造型は腑に落ちず。
主人公に同化し、プポーに情熱的に口説かれる女子の幸せに浸れるならば、夢を見せてくれる映画だったのかもしれませんね。
でも、虚構ならではの夢は見られるけど、未婚のアラフォー女性に現実的な希望が与えられたとはとても思えない感じですー
カッコイイ彼と偶然に出会いこっちが乗り気じゃなくても向こうは情熱的なアプローチ、一度諦めても偶然の再会・・という筋書きに希望をもつとしたら、逆にそれが問題と気づくというのはあるかな。w
この年代なら、出会いそのものよりも、関係性の維持などの方がポイントじゃないかと思ったり。

作りたい映画の企画があっても、資金がなくてできないという映画監督も多くいるその業界で、自身の作りたいものを撮れるという恵まれた境遇にいながら、あえてこういう題材を選んじゃうなんて、ちょいとあまちゃんかも。
サラ・ポーリーはなんて大人なんだ。
Commented by たかこ at 2009-01-02 17:53 x
>キャラクター
キャハ、むしろ胡散臭いってありますね。
わたしがまかり間違ってプポー的フランス人に迫られたら売り飛ばされると思うかも。。その場で殺されるだけじゃ済まないような。
最後の再会はまさに魔法だと思いました。現実界ではありえないような。魔法使いだった、というウラオチはいかがですか??
TB失敗したかも。。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-03 12:01
たかこさん♪
ぷぽー、にゅーいやー!
胡散臭いですよね。(笑
だってさー、「キミはボクの理想の女性だ」ですよ。
「今まで会った女性の中でキミが一番好きだ」っていう方がまだ納得できる。
それとも、その理想という言葉の解釈も、ブロークン・イングリッシュの関係上、正しいニュアンスで伝わっていなかったのか?
とにかく、会って間もないプポー的フランス人に情熱的にせまられたら、絶対信用できんー。
売春宿でさんざん働かせられて、最後は臓器を売られちゃうんだ。
魔法使いだとすると全くもって目的が不明。いたずらな妖精的魔法使い?
私が考えたのは、「ラースとその彼女」路線。
プポーは未来からやってきた高性能リアル・ドールだったんですよ。まるで人間の男のようにぬくもりをもっているけれど、本当は精巧なセクスマシーンなのさ。
娘を不憫に思ったジーナ母が発注。
「A.I.」のジュード・ロウのジゴロ・ロボットみたいな感じ。
道理で、歯の浮くような台詞を言うと思ったら、プログラミングされていた言葉だったの。
実はSF映画というオチで。
TBきてませんな。
やっぱり結局、近年ナイスなプポーづかいをしているのって、オゾンとデプレシャンだけかも。
<< 『アラトリステ』 PageTop 12月19、20日の公開映画ち... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon