かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
賀正 + 2008年myベスト・シネマ(補)
2009年 01月 03日 |
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年も充実した映画生活をおくりましょうー。



今年はウシ年。
というわけで、相言葉はもちろん、

「食べてすぐ寝ると牛になるよ」

モー。

トラはぐるぐる回るとバターになるんだよ。

2008年のウシ映画といえば、
『ファーストフード・ネイション』 かなぁ。
(あわせて、『いのちの食べかた』もどうぞ。)

『デトロイト・メタル・シティ』の牛ネタも面白かったな。

そうやっては、まだまだ2008年シネマを振り返るのさ。

というわけで、部門賞の前に、国別とかジャンル別とかでピックアップしてみるの巻。
普通にまとめてランキングするとなかなか登場しないタイトルをちょっと浮上させたいってなカンジで。

2008年☆myベスト・シネマ その2

<日本映画15>
1.歩いても 歩いても
2.崖の上のポニョ
3.人のセックスを笑うな
4.パコと魔法の絵本
5.PASSION
6.ぐるりのこと。
7.コドモのコドモ
8.妄想少女オタク系(07)
9.実録・連合赤軍―あさま山荘への道程
10.アフタースクール
11.パーク・アンド・ラブホテル
12.真木栗ノ穴
13.トウキョウソナタ
14.うた魂
15.接吻

<アジア映画11>
1.天安門、恋人たち
2.トゥヤーの結婚
3.地球でいちばん幸せな場所
4.黒い土の少女
5.1978年、冬。
6.初恋の想い出
7.エグザイル/絆
8.王妃の紋章
9.ハーフェズ ペルシャの詩
10.シークレット・サンシャイン
11.小さな赤い花

<フランス映画10>
1.ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン
2.潜水服は蝶の夢を見る
3.ぼくの大切なともだち
4.モンテーニュ通りのカフェ
5.パリ、恋人たちの2日間
6.ぺルセポリス
7.我が至上の愛 アストレとセラドン
8.ぜんぶ、フィデルのせい
9.ランジェ公爵夫人
10.ベティの小さな秘密

<ほぼ純イギリス映画5>
1.BOY A
2.この自由な世界で
3.フローズン・タイム 
4.コントロール 
5.つぐない

<ドイツ映画>
ヒトラーの贋札

<スイス映画>
マルタのやさしい刺繍

<スペイン映画>
アラトリステ

<ポルトガル映画>
コロッサル・ユース

<チェコ映画>
英国王給仕人に乾杯!

<ハンガリー映画>
タクシデルミア ある剥製師の遺言

<ルーマニア映画>
4ヶ月、3週と1日

<スウェーデン映画>
愛おしき隣人

<イスラエル映画>
ジェリーフィッシュ

<ロシア映画>
デイ・ウォッチ
チェチェンへ アレクサンドラの旅
12人の怒れる男
蒼ざめた馬

<ラテンアメリカ映画>
オリンダのリストランテ
シティ・オブ・メン

新作イタリア映画ってなかったんだっけ?
合作ものも多いので国別って実はムズカシイ。

<ドキュメンタリー>
1.音楽世界遺産の旅 ジプシー・キャラバン
2.ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
3.ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
4.アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
5.オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密
6.タンゴ・イン・ブエノスアイレス 抱擁

<音楽もの>
1.アイム・ノット・ゼア
2.アクロス・ザ・ユニバース
3.コントロール 
4.テネイシャスD 運命のピックをさがせ!
5.スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

<コスプレ系時代もの>
1.レンブラントの夜警
2.ランジェ公爵夫人
3.蒼ざめた馬
4.アラトリステ
5.エリザベス:ゴールデン・エイジ

<ホラー系>
28週後...

<クライム・サスペンス系>
アメリカン・ギャングスター
その土曜日、7時57分
バンク・ジョブ
フィクサー

<アクション系>
ダークナイト
ウォンテッド
シューテム・アップ
アイアンマン

ジャンルの分け方もムズカシイ。

<笑えた映画>
トロピック・サンダー 史上最低の作戦
テネイシャスD 運命のピックをさがせ!
俺たちフィギュアスケーター
ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
シューテム・アップ

<ほぼワースト>
ジャンパー
紀元前1万年
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-01-03 11:20 | 映画年間myベスト | Trackback(3) | Comments(19)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/9148999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from キマグレなヒトリゴト at 2009-01-03 15:24
タイトル : 『2008 BEST MOVIE AWARD』2008年..
皆様、あけましておめでとうございます。 昨年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いしますね。 パースに来てからはやっぱり映画の本数がガクッと減ってしまってはおりますが、 今年も頑張って沢山の映画が見たいな。 2009年、パースはやっぱり暑いです!..... more
Tracked from I am invinci.. at 2009-01-03 18:01
タイトル : 試しに集計
未だ相棒の実家に寄生虫、いや帰省中で、映画が見られないので、こんな記事で間をつないで見ようかと・・・ 「かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY」のかえるさんが「国別とかジャンル別とかでピックアップしてみるの巻」を書かれていたのを読んで、面白い!と思い・・・ でも今..... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-03-29 10:49
タイトル : ブログ納め2008
 大晦日ですねぇ〜。長いようであっという間の1年。今年も皆様と一緒に続けてこられました当ブログも、この記事をもちまして2008年のブログ納めとさせていただきます。今年も1年間本当にありがとうございました♪三箇日はお正月休みとさせていただき、年初は4日からupしてい...... more
Commented by 哀生龍 at 2009-01-03 12:30 x
国別って、哀生龍もやってみようかなと思いました。
同じジャンルでも、タイプや雰囲気の違いが出そうで面白そう!
映画館でもDVDでも、昨年は哀生龍にしてはフランス映画(フランス語の映画)を見る回数が多かったんです。
まだ手元に見ていない分も残っているのですが。
マチュー&デュリス&プポーのお陰!
今年は、もう少し苦手克服に努めようと思います。

どうぞ今年も宜しくお願い致します。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-03 13:03
哀生龍 さん♪
今年もよろしくお願いします。
国別ベスト、ぜひぜひやってみてください。
英語圏ばかりじゃなくラテンが激戦だったりするんでしょうか。
本当はジャンル別できっちりやってみたかったんだけど、区分が難しいですよね。
サスペンスとミステリーってどっちがどうなのとか。
同じアクションでも、アメコミヒーローものとクライム系はやっぱり別だよなぁと出だしからくじけました。
哀生龍さんのラブストーリーベストとかに興味津々。

2008年はフランス映画を結構ご覧いただいたとは嬉しいです。
マチューはよいですよねー。日本公開作が少ないのが本当に寂しい。
でも、今年は慰めの報酬がいよいよやってきますなぁ。
フランス語の響きも好きになってもらえたら嬉しいです。
苦手だと思っていたら、コレよかった!っていう言葉を聞けるのを楽しみにしちゃいますー。
Commented by minori at 2009-01-03 15:23 x
あけましておめでとうございます!
モー、牛年ですね。早いですねぇ。モー。
牛の映画、といえば2008年じゃありませんが、ケリー・チャンが出てた「ラベンダー」という映画が忘れられません。牛と言ったらこの映画です。
それにしても国別ベスト、さすがかえるさん、フランスであれだけわんさか出てくるからオドロキです。私なんて偏ってるもんなぁ。今年アジア映画ゼロかもしれない。(どうだろ、調べてみないと)ジャンル別ベストも面白いですね。うん、確かに私も『ダークナイト』や『ウォンテッド』を『迷子の警察音楽隊』と同じラインで測るのは非常に困難でしたもの。ただ見る量を増やさないとできないんですけどねぇ。これ。

というわけでわけで、今年もどうぞよろしくお願いします!
Commented by 哀生龍 at 2009-01-03 18:05 x
>哀生龍さんのラブストーリーベストとかに興味津々。
早速昨年見た作品(映画館&DVD)から10作を選んでみました。
“好きな俳優さん効果”をキャンセルして選ぶのって、結構難しかったです(笑)
かえるさんに“見てみようかな?”と思ってもらえる作品が入っていれば良いのですが・・・
Commented by Nyaggy at 2009-01-03 23:03 x
かえるさん、こんばんは。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます♪

国別ベストもかなりの量ですね!
もちろん私は、かえるさんよりも鑑賞本数が圧倒的に少ないので、
知らない作品も多いのですが、『ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン』は
気になっていたので、見ておけば良かった!!と今更後悔です…。
仮ベストの方で『ミスター・ロンリー』が入っていたのが、個人的には嬉しかったり。
この作品を上位に持ってくる方って、なかなかいないような気がするので。
あのダイビングシーンは、未だに頭に残ってますね~。
それでは、今年もよろしくお願いします♪
Commented by ぺろんぱ at 2009-01-04 10:42 x
明けましておめでとうございます。
早速、この言葉を。
「食べてすぐ寝ると牛になるよ」!
ということで、今年も宜しくお願い致します。

ベスト(仮)も、ベスト(補)も大変楽しく、興味深く読ませて頂きました!
私も自身の<BEST>では、(ラストとか、ある一瞬のシーンだけでも)どれだけ心に残ったかがチョイスのキーとなっていたような気がします。
なので、かえるさんの『ミスター・ロンリー』の御選択のコメントに深く頷いている私です。作品を覆う「切なさ」と、あとはあの尼僧のダイビングシーンにノックアウトされた私でした。

製作国別というランキングも、こうやって眺めると改めてそれぞれの「カラー」ってあるのだなぁと感じたり。
最後の「ほぼワースト」項は(どっちも観てないのですが)バッサリ切られた感があり、笑えました。(~o~)

これからも勉強させて頂きます!
あ、今年お初の一本にしようかなぁって思ってる作品名があってちょっと嬉しいです、今。(*^_^*)

Commented by CaeRu_noix at 2009-01-04 22:59
minori さん♪
今年もーもーよろしくお願いしまーす。モー。
「ラベンダー」は観ていないかも。アジアにもインパクトのある牛映画があったのね。
私、ぱりじぇんぬですから、フランスな映画はもちろん多いですとも。
でも、意外と純フランス映画は少ないことに気づくのであります。
minori ちゃんはもともとあんまりアジアものはご覧にならなかったですもんね。
でもって、パースだと、英語作品以外の映画を見られる機会は少ないだろうし。
レッドクリフなどもやってないのかしらんー。
日本で公開されるものだって充分に偏りはあるのだけど、地味な作品でもちゃんと配給してくれる配給会社、劇場もあるのが救い。
でも、今年はイタリアものやデンマークものはなかったのか?
ホント、毎年のことながら、全く違うジャンルのものを同じ土俵で比較するのは至難の業よね。
コメディとドキュメンタリーは比べようがないよー。
アイアンマンとハルクなら比べられるけどねぇ。
というわけで、見る量をじゃんじゃん増やしてくだされー♪
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-04 23:00
哀生龍 さん♪
すっばやいお仕事、ありがとうございましたー。
好きな俳優が出ているから、映画も評価がアップという直接効果を抜きにしても、私なら、好きな俳優が恋のお相手だったりする場合は、そのドラマにグッとハマっちゃうゆえに映画の得点アップに繋がる感じです。
でも、主人公の恋愛する女子に同化することなんてない場合はまた違うのですね。
マチュー出演作がやっぱり目を引きました。
あと今日、金券ショップで、ミラノ座あたりで使えるレンタルチケが目に入り、600円で見られるなら、「寝取られ男のラブ♂バカンス」に行こうかなーっていう気になりましたわ。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-04 23:10
Nyaggy さん♪
今年もよろしくお願いします。
国別調査も改めてやってみると面白いですよね。
今年は一般公開された中南米映画が少なかった感じですよね。
映画祭で観たものには優れたラテンな映画がいくつもあったのですが。

『ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン』は、エンタメ映画志向の方には勧められないのですが、ステキな映画なのですよー。
『ミスター・ロンリー』はやっぱり、忘れがたい一作ですよね。
作品としては出来がいいとはいえないかもしれないけれど、偏愛せずにはいられないー。
ラテンな映画は少なかったけど、ラテンの星な俳優たちは英語の映画であれこれ活躍していて、私としてはもちろんハビエルよりディエゴなわけなのです。
誰も思いつかない爽快な尼DIVE~
Commented by まぶぜたろう at 2009-01-04 23:12 x
カエルさん、あけましておめでとーございます。
今年もよろしくです。

カエルさんのベストのほとんど大部分を見てませんです。申し訳ない。信頼できる友人も「ミスターロンリー」をベスト1にしてたな、そーいえば。わたし的にも見なきゃならぬ一本『ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン』は見てないのは大失敗でした。
Commented by ストランド at 2009-01-04 23:35 x
いろいろ残念なこと

ホアキンフェニックス俳優引退宣言にショック・・・
せっかく有望な若手リストに載っていたのに
アンダーカバーの演技も悪くなかったです

ヒースレンジャー
ロックユーのときはもうだめじゃない?と諦めていたけど
サハラに舞う羽でリスト入り
アイムノットゼアはちょっといまいちだったけど
ダークナイトは圧巻~
もっと出演作が見たかったです
アッカーマンもよかった~、サンスモもよかったし、
リスト入り決定!

リストに入っているヴィゴモーデンセン?
アラトリステのヴィゴかっこいいけど役者としてはどうよ?
(あの海辺の走りとか・・)
イースタンプロミスのがよかったかなあ・・


あっと
ダーウィンアワードでついにジョセフファインズがリスト入り
いままではレイフ弟はなんかいまひとつ足りないぐらいだったのが
ついにふっきれてましたw


Commented by stland at 2009-01-04 23:38 x
PSがはいらなかったので・・

ミラノ座のアホ映画2本立てはおすすめですよ(タイトル最悪ですが・・)
予告編は一年ぐらい前から見ていていつやるんだと思っていたらまさかの二本立て

あと永遠のこどもたち??はタイトルとキャッチコピーは最悪ですが、おすすめです

あ、サラポーター初監督作は役者もよくて、脚本も悪くないのに、無駄に長い
編集~ 編集しろ~ ということでランク外でした

12人の怒れる男は無駄な場面をいれすぎ、そしてあの軍人なぜ陪審員に??など
オリジナルに劣ってましたが、俳優たちは断然こっちが上です

ジェリーフィッシュはなかなかいい作品でしたが
ひと押し足りなかったのが残念・・

最後にウォンテッド(確かにwの喜劇は悪くないけど、ナイトウォッチシリーズとくらべる
とねえ・・・)ハリウッドの恐ろしさを痛感します

ではでは
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-05 23:00
ぺろんぱ さん♪
食べてすぐ寝ると牛になるよ!
でも、呑んだくれて寝ちゃうのはOKです。
今年もーもーよろしくお願いします。

そうなんですよ。ベスト選出はイメージ重視な感じ。
好みのビジュアル・インパクトに左右されがちな私。
空を飛ぶシーンの印象的な映画は必ず上位にきてしまう。
そんなわけで、『ミスター・ロンリー』同盟、いらっしゃーい。
ラースのテディちゃんとかミスター・ロンリーの冒頭のおサルくんとか、ぬいぐるみ系に心を動かされがちなオコちゃまシコーな自分にも気づいたりします・・・。
いや、シスターDIVEは大人の味わいですよねぇ。

私はミニシアター系作品については、つまんなそうだと思って観に行った映画が実際につまんなくてもそんなに後悔はしないんですが、自分の好みのものをそれなりに厳選して観に行っているメジャー映画の場合、はずれを引くと鑑賞時間が非常に苦痛なんですよね。
邦画にも、ハリウッドものにも、かなりの駄作はあるらしいですけど、私はそういうのは基本的に避けている中、ほぼワーストの2作はちょっとアレでした。

今年もすてきな映画たちについて語らいましょうねぇ。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-06 00:24
まぶぜたろう さん♪
とー。今年もよろしくお願いします。
おお、「ミスターロンリー」がベスト1とはステキっす。
そういえば、J様も、上半期のベストをおうかがいした際に、いくつか挙げたうちの1本に「ミスター」が入ってましたよ。
基本的には、私の好みと、まぶぜさんの視点は全然違うと思うので、大方のものはおススメはしないのですが、やはりやはり『ホウ・シャオシェンの レッド・バルーン』だけは劇場鑑賞するべきでしょうー!
2月に早稲田松竹へー♪
今月はアストレとセラドンドンがお目見えですよー。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-06 01:13
ストランド さん♪
まず、
>有望な若手リスト
のことが気になるのですがー。
メディアに出ている公のもののことでしょか?
ストランド的リスト?

ホアキンはホントに俳優業をやめちゃうんですか?
またそのうち復帰してくれることを祈ってます。
休み休み映画にも出ればいいのにねー。

俳優引退宣言といえばですよ、
マチュー・アマルリックも俳優やめて監督業に専念すると言ったとか・・。
それはもったいなーい。
ショーン・ペンみたいな活動の仕方でいけないのかなぁって。

ヒースの死は2008年映画界の衝撃のニュースNO1という感じでありましたね。
レンジャー。
ロックユーの時もよかったじゃないですか。
サハラのスタント使わない危険な乗馬シーンもさすがでしたね。
アッカーマンって、亡くなった人?
サンスモって、エッカート?

私は、ギョーム・ドパルデューの死もショックでした。

ヴィゴヴィゴはもちろんイースタンが最高でしたけど、アラトリステも美しかったじゃないですかー。
裸の方が身のこなしは軽やかなのでしょうー

ジョセフ・ファインズは「マンデラの看守」が素晴らしかったっすよ。
それまではその濃ゆさが苦手だったけど、今回はOK。
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-06 01:18
stland さん♪
ミラノ座のアホ映画は2本立てだったのね。知らなかった。
ならば逆に、半額で1本だけ観たい感じー。
いつも2本立てでやればよいのにー。

「永遠のこどもたち」は去年のうちに観ましたよ。
おもしろかったけど、私はユーレイよりもクリーチャーの方がいいかな。
それと、「アザーズ」と比べてしまった感もあり。

サリー・ポッターじゃなくて、サラ・ポーリーの監督作は素晴らしかったですよー。
編集はエゴヤンの助言もあったのかも。
ゾエは?

12人の怒れる男は、普通のリメイクとは違ったやり方なのが面白かったですね。
多くの場合、オリジナルにはかなわないものですから、その国ならではのドラマにしたのはお見事。
12人のオジサンたちみんな存在感がありましたよねー。

ジェリーフィッシュはガツンとはこなかったけど、好みでした。
クラゲLOVE.

私はナイトウォッチシリーズの方が断然好きですとも。
ウォンテッドも面白かったけど、結局はハリウッドアクションの多くのうちの一つって感じで。
ロシアン風味がー

というわけで、今年もじゃんじゃんー
Commented by st at 2009-01-06 03:38 x
アホ映画は二本見ることがマストですよ~
一本だとものたりないけど、二本だと確かな満足(スニッカーズ)とまで
いかないけど、それなりに満足感が味わえます

もちろんリストはメディアにはでてない、非公開のやつですw
たぶん10人もいないかなあ
このリストに載ると、好意的にみるという特典が(爆)
ブラピもプリオも論外です!(顔を洗って出直してこい!)
デニトロが微妙な位置でなんかヒットすればリスト入り確定
エッカーマンは名前が確定してないので、今回は却下w

アザースは嫌いwなので、ハリウッドにいかなければ(エンドレス)感が
大なので・・
今回は脚本まあまあ、女優( ̄▽ ̄)b グッ!、サスペンス感ほどほど、
フェアな映画ということでランキング入りに 

マンデラはタイトルがダメw 原題を見ればそう、そうだよねえと共感できたのに、こんなしょっぼいタイトルつけやがって(配給会社...)
もちろんリスト入りしていたので、好意的にみれましたよ

Commented by st at 2009-01-06 03:38 x
続き


サラポーリーも死ぬまで~監督の影響がかなり見られるつくりでしたね
本当にあそこはばっさりいったほうがいいのに・・・・ 監督業はでなおしですね・・ ドキュメンタリーじゃないし・・もっと見やすくしないと・・

12人は余計なシーンをいれすぎでなんか作為的にそこにもってく(軍人)いらっとする手法です やつのせいですべてだいなしに・・
あと感情論ですすめられてるのが、すごいきになります・・・・
俳優はオリジナルのメガネさん以外、こっちの映画のがいいです
もったいない・・・

ホアキンもねえリスト入りしてたのに・・
マチュはあと一本ぐらいガツンとくれば、リスト入り間違いなし
Commented by CaeRu_noix at 2009-01-07 01:03
st さん♪
アホ映画を二本連続はつらいっすよ。
半分の時間で2本分の満足感をくれー
「アンダーカヴァー」も観なくちゃなのにー。

わっはっは。リストは非公開っすか。
でも、ずいぶんと内情をさらしましたね。
全部で10人くらいしか入れないとはなかなかの難関。
ブラピはでも、ちゃんと賢く仕事してるなぁと思いますよ。
ベンジャミン・バトンがよさそうだし。
プリオは爽やか青年の頃がよかったかな。
デニトロって誰やねーん。
デルトロなら、「チェ」があるから、躍進の可能性ありますね。
だから、エッカーマンって・・・

アザースのゴシック感は素晴らしかったじゃないですか。
ニコールのベスト3に入るかも。
マンデラも静かさが好きでした。
邦題のセンスのなさは言ったらキリがないしねー

サラ・ポーリーの監督作は演出的には問題なくよかったかと。
オハナシがちょっと克明にシビアになり過ぎの感じはありましたが。
リメイク版12人も長かったけど、見ごたえあったので問題なっし。

マチューは本当はガツン作はいっぱいあるのに、出演作が日本で公開されないのですよ。
でも、きっと、慰めの報酬を観れば、りすとに入れたくなるかもよ。
<< 2008年☆myベスト・シネマ... PageTop 2008年☆myベスト・シネマ(仮) >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon