かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
『愛のむきだし』
2009年 02月 10日 |
むきだそうぜ。

神父である父テツのもとにサオリという女が現れてから、ユウと父の間がギクシャクとし始め・・・。



透明感のあるみずみずしい邦画が最も好きだって思っている私なのに、その真逆にあるような激しくて粘度の高い園監督作品には何故かいつも心掴まれてしまうんだよね。そして、今回も圧倒されちゃった。237分っていうのは長すぎるよって思うのだけど、その長さゆえのボリュームが圧巻なのだった。キテレツにエネルギッシュに突っ走り続けるのだからアッパレ。ようやるよ。園子温監督はホントにオモシロイなぁ。

今日の主流日本映画ときたら、TV局がかんでいるものが多いから、ゴールデンタイムに堂々と放映したり、宣伝したりできる内容が基本になっているわけで。スポンサーや父兄の皆さんからのクレームがつかないことは必然で、どうしたって、羽目をはずした問題作なんて作られやしない。そこへいくと、園監督作品のやりたい放題な突き抜け感はサイコー。R指定だからこそ、はじける独創性。バカバカしく狂ってる設定とその展開に半ば呆れつつも、ありえないからこそ楽しめちゃうわけだし、奇異なるものの芯にある純真パワーについつい心が動かされてしまうのだ。恐るべーし。

制服着た主人公が〇起するとかしないとかその単語を連発しまくる映画もそうそう見ないってば。あと、そう、今も"パンチラ"って言うんだー?ぱんちらまにあ必見。パンチラ・パラダイスへようこそ。映画の撮影中の頃にネットでエキストラの募集をしていたのを覚えているんだけど、その一項目が若い女子限定だったんだよね。今思うとあれは盗撮される女子役の募集だったのかしら。ホントにもうもう、やりたい放題ー。ベルリン国際映画祭でも大盛況で何より。

監督ったら犯罪的って思うほどに、高校生役の主人公たちに、めいっぱいあんなことやこんなことをやらせちゃっていることに妙に感心。これもそもそも、見かけだけのアイドル・タレントじゃなくて、ちゃんとアクションができるコを主役に抜擢しているからさすがなんだよね。そこらの若手俳優にゃ、そこまでキレのある動きはできないでしょっていうレベルのスピーディでシャープな本格アクションをこなしているのが素晴らしい。そういうのをキッチリ魅せてくれるから、バカバカしい側面にもしらけることなく、心は高揚してしまう。格闘シーンをしっかりキメる傍ら、パンチラサービスからレズビィキスまで、大胆かつ繊細にこなしているヨーコ役の満島ひかりちゃんはブラボーだ。小池のキャラも存在も怖いほどに徹底していてよくやるなぁという感じだったんだけど、オクダエイジの娘にここまでさせちゃうとはなんとも潔いこと。にっしーもかわいいよ。

最初に"むきだし"を体現してくれたのは、渡辺真起子扮するサオリだったのだけど、あのパワーは真剣に感動的だったりしたんだよね。車をガンガンぶつけて海でのしかかるなんて、力づくで男に向かっていくその姿はホラーかギャグのどっちかにしか見えないはずなのに、そんだけ情熱的に愛を求めて向かっていくことができるなんてスゴいんだもん。思い起こせば、僕らは何かっていうと、そういうのはカッコ悪いとか、傷つくのが怖いとか、クールさを装って守りに入るばかりだったかもしれないなって。むきだしの愛を思い出そうよ、時にはむきだしで突き進むことも大事かもしれないなぁって、グッときてしまったの。こんなエログロヘンタイアホアホ映画で、愛というテーマを貫けるなんてスゴいぜ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-02-10 23:56 | CINEMAレヴュー | Trackback(16) | Comments(18)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/9323231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いとしこいし ーいとしい.. at 2009-03-07 03:04
タイトル : 愛のむきだし
愛のむきだし 2/4(水)@ユーロスペース AAAファンのむすめの友達はもちろん初日舞台挨拶の日に鑑賞してて 「最初は面白くって、そのうちせつなくなって、最後は泣いちゃった」 って云ってたの。237分観た感想にしちゃ短いねーだなんて思ったけど おば... more
Tracked from ketchup 36oz.. at 2009-03-18 06:08
タイトル : 『愛のむきだし』 ばかばかしさが…やがてたまらなく切なく..
愛のむきだし 監督・原案・脚本: 園子温 出演:西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 板尾創路 渡辺真起子 渡部篤郎 他 音楽: ゆらゆら帝国 配給: ファントム・フィルム R-15 『紀子の食卓』の園子温監督が... more
Tracked from 犬儒学派的牧歌 at 2009-04-06 22:00
タイトル : 愛のむきだし:いまだ煩悩具足のわれらなれば・・・
京都みなみ会館にて。 だいたい私は長い映画が苦手で、最近は2時間を超える作品を見ると途中で寝てしまう...... more
Tracked from trivialities at 2009-07-15 10:32
タイトル : 映画『愛のむきだし』
【3月1日特記】 映画『愛のむきだし』を観てきた。1日1回の上映ながら非常によく入っている。1時間前で整理券51番。小さな劇場とは言え、十三第七藝術劇場がきっちり満杯になった。生半可な長さではない。2... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2009-08-09 22:57
タイトル : 【DVD】愛のむきだし
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 満島ひかりを追って ▼感想 奇跡。 ▼満足度 ★★★★★★★ けっさく ▼あらすじ 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。父の期待に応えようと、懺悔のために毎日罪作りに励むうちに罪作りはエスカレートし、いつしかユウは女性ばかり狙う盗撮魔となっていた。そんなある日、運命の女ヨーコ(満島ひかり)と出会い、生まれて初めて恋に落ちるが……。 ▼今回の料理 「愛のむ...... more
Tracked from 悩み事解決コラム at 2009-08-13 20:37
タイトル : 愛のむきだし
&nbsp;{amazon}&nbsp; {amazon2} {amazon3}  なんと約4時間にも及ぶ映画「愛のむきだし」をようやくDVDで鑑賞。 映画館で観たかったけど今年1月頃は腰の調子も悪かったし、DVD待ち(笑)<b... more
Tracked from to Heart at 2009-08-18 01:03
タイトル : 愛のむきだし
原題 LOVE EXPOSURE 製作年度 2008年 上映時間 237分 映倫 R-15 原案・脚本・監督 園子温 (そのしおん) 出演 西島隆弘/満島ひかり/安藤サクラ/尾上寛之/永岡佑/中村麻美/渡辺真起子/板尾創路/岩松了/堀部圭亮/深水元基/吹越満/渡部篤郎 『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。 {/book_mov/}敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始...... more
Tracked from おそらく見聞録 at 2009-09-12 01:57
タイトル : 映画「愛のむきだし」
監督:園子温(その しおん) 出演:西島隆弘(最高)満島ひかり(最高)安藤サクラ(怖ええ) 出演:渡辺真起子 渡部篤郎 板尾創路  盗撮に明け暮れ、罪作りに励む、神父を父に持つ主人公。 そんな男が、ある日、生まれて初めて恋に落ちる。 そして「愛のむきだし... more
Tracked from 映画のブログ at 2009-12-27 19:41
タイトル : 『愛のむきだし』 そっちとこっちを分かつのは?
 私の大好きな映画に『エル・トポ』がある。美しく、刺激的で、面白い、最高の映画だが、残念ながら重大な欠点がある。  『エル・トポ』は、123分で終わってしまうのだ。  『愛のむきだし』はその欠点を克...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-01-08 18:34
タイトル : 新春映画鑑賞第一弾は「愛のむきだし」で始まり。。。。。
京都シネマにて鑑賞。 京都シネマ5周年特別企画、京都シネマで観たかった!スタッフセレクションと題して本作の上映が1月15日までやっております。他にも2009年で上映された色々な作品が1月22日(金)まで上映されます。見逃した作品がありましたら、ぜひ京都シネマへお越し下さいませ。詳細はクリックしてご覧下さい。料金は何と800円也。但し会員料金です。 ということで、前から気になっていた「愛のむきだし」をようやく鑑賞してきました。何と上映時間3時間57分!今までここまで長い作品は観たことがありません。正...... more
Tracked from 単館系 at 2010-01-12 00:19
タイトル : 愛のむきだし
「 キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出…。 人間の本質を『 むきだし 』にする間違いなく本年度No.1の問題作が誕生したー。 “ これは実話の映画化である。”」 237...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-01-14 00:35
タイトル : ★『愛のむきだし』★ ※ネタバレ有
2008年:日本映画、園子温監督&脚本&原案、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎、渡辺真起子出演。 ≪DVD観賞≫... more
Tracked from kariokaの「極楽鳥.. at 2010-01-20 09:59
タイトル : 愛のむきだし
昨年の邦画で、ベストに入っている「愛のむきだし」を鑑賞。 4時間あまりの長い映画でしたが、一気に鑑賞。ガツン!ときました。これは昨年観てたら、ベスト1かも! 園子温監督は、[http://blogs.yahoo.co.jp/kariokaaa/42847279.html/ 「紀子の食卓」]を以前鑑賞して、その凄さに驚愕していたので、この映画は絶対観たい!と思ってました。 {{{ 「自殺サークル」「紀子の食卓」の鬼才・園子温監督が実話をベースに、カリスマ盗撮変態男の予測不能の純...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-02-26 11:21
タイトル : mini review 10444愛のむきだし」★★★★..
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。カリスマロックバンドのゆらゆら帝国が、初めて映画に楽曲を提供しているのも話題だ。[もっと詳しく] 園子温監督の総決算とされる力作なのだろうが、もう僕は食傷気味だ。 2009年の...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-05-23 17:07
タイトル : 愛のむきだし
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。  この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ、とうとう劇場公開は終わってしまい、そうなるとまあいいやとなって、DVDもそのまま見ずに終わるところでした。 (1)園子温監督の作品は、映画館では『ちゃんと伝える』しか見たことがありませんが、その映画のAKIRA(EXILE)といい、この映...... more
Tracked from 国内航空券【チケットカフ.. at 2011-02-28 01:02
タイトル : 「愛のむきだし / Love Exposure」「川の底..
なんか連チャンで満島ひかりの日になっちゃったので感想書きます。 愛のむきだし/ Love Exposure ストーリーを書こうと思ったんだけど、書くとその無茶苦茶っぷりが際立ってしまい・・・ 両親の愛を知らない3人の若者、一人は父の愛を得ようと盗撮に走り変態と呼ばれ、... more
Commented by kusukusu at 2009-02-11 01:29 x
こんばんは。
これ、見て無いけど、なんか、園子温とあって、かえるさんのレビューもいつもと感じが違ってパンクな文体のような気が・・(笑)。

園子温というと僕には思い出があって、園子温が学生時代に付き合っていた(当時の園の映画にも出ている)園の元カノの女の子というのを知っている時期があって。実は僕の知人というか友人がその女の子と付き合っていたんです。それでその僕の友人のところに園からたびたび俺の女を返せって電話があったり、実際にやってきて暴れたりしたこともあったらしくて。そういう話を友人から聞いてた思い出があるから、園子温というと妙に懐かしくて、青春って感じがするんですが、やっぱりこういう映画をいまだに撮ってくれているのは嬉しいですね・・。
Commented by こべに at 2009-02-11 18:38 x
こんにちわっ。
観たんだ!観たんだ!かえるさん☆
4時間近いしお値段ちと高いしDVD待ちにしよーと思ってたんだけど
かえるさんの感想読んだら観たくなっちゃったじゃないですかー!!

長さも気にならず最後まで突っ走れそうですね~。
観ちゃうカモ・・・。




Commented by CaeRu_noix at 2009-02-12 21:10
kusukusu さん♪
文体が映画のトーンに合わせて変化するのって、私だけ??

うーん、そのお話には、その彼女はよほど魅力的な女性だったんでしょうねー!って反応するのが一番オトナな感じでしょうか?w
きゃー、シオンちゃんったら、女々しいわぁ、子どもだわー、粘着質だわー、キモっ、なんてリアクションをしてもいいんですけど、そんなことはどうでもいいっちゃーどうでもいいというか、それよりもそういうネタは真実であれ、いえ、真実ならなおのこと、こんなところに気軽に書かない方がよいんじゃないでしょうか?
私は別にいいのですけど、園監督の名誉とかいうことでもなく、kusukusuさんの男気や信用問題にかかわってきませんかね?(笑)
関係者が見なければよいのかしらん?

それはともかくこんなパワフルな若者映画をいまだ撮れちゃうその監督ったら、スゴイと思いますよー。
不況で元気のない今の日本に必要な園映画!
kusukusu さんも是非観に行ってくださーい。
Commented by CaeRu_noix at 2009-02-12 21:12
こべに さん♪
ふっふっふ。園監督作品は劇場鑑賞必須っすっす。
確かにねぇ、長いですよね。高いですよね。
でもねぇ、つまんない映画を2本観るよりは、これ行っといた方がきっと楽しいですよー。
「アラビアのロレンス」の長さなんかは辛いだけど、これはそんなに苦ではないです。
ぜひぜひぜひ観ちゃってー。
パンチラ・パラダイスへGOGO!
一緒にトーサツのかりすまになりませうー
Commented by こべに at 2009-03-07 04:28 x
こんばんはー!かえるさん☆

おかげさまで楽しく鑑賞してまいりました。
ホントに、つまんない映画2本行くなら
これ行っといた方が楽しいと思いましたもん!
観れて良かったです!かえるさんに感謝!

愛ってここまでやらないとダメなのかも?!
だったら、やってやろうじゃないの!
て気になりましたもん(笑)

父母のみなさんに入るワタシなのですが
女子中学生の娘は年齢的にムリなのだけど
女子高生の娘と一緒に観たら
話弾みそうだなーって思いましたよー。
Commented by CaeRu_noix at 2009-03-08 10:07
こべに さん♪
うわーい。ご覧いただき嬉しいでーす。
楽しんでもらえてよかった、よかった。
長さが苦ではない濃厚な面白さでしたよねー。

そうなんすよ。体当たりの情熱的な愛に圧倒。
愛って、愛って、あまっちょろいものじゃないのねって。
見守る愛だとかそういのもまぁあるわけだけど、
いや、愛ってこういうものなのかもって。
いっちょうやってください。

娘さんと共有できたら、また楽しそうですねー。
現役女子高生はどういう感想をもつのだろうかと気になりまーす。
Commented by 狗山椀太郎 at 2009-04-06 22:26 x
こんばんは、長らくご無沙汰でした。
昨日見てきたばかりなのですが、いやほんとに圧倒されっぱなしでした。けっこう笑える場面も多かったし、いや実をいうと隣に座っていたおじさんが上映中ずっと腹を抱えてゲラゲラ笑っていたのにつられてしまったふしもあり、こんなに笑っててええのやろか、俺は笑うことで自分をごまかしているんやないか、などと一瞬我に返ってハッとしてしまったり、自意識に満ち満ちていた自分の高校生時代をふと思い返してこれまたハッとさせられたり、なんだかよく分からないけれど不思議な4時間の体験でした。

あっそうか、あの人は奥田瑛二の娘だったんですね。顔立ちはお母さんに似ているような気もしましたが・・・あの不敵な面構えにはちょっと怖いものを感じてしまいました。それにしても園作品に出てくる女性はエキセントリックなキャラクターが多いですね。
Commented by CaeRu_noix at 2009-04-08 00:33
狗山椀太郎 さん♪
仮出所おめでとうございまーす。うそ。
圧倒されましたよねぇ。それはそれは濃厚でした。
つっこまずにはいられない笑えるコネタも満載でしたよねー。
隣のおじさんはどういうポイントで笑っていたのかが気になるところ。
ありえないドラマチックさの中に人間の本質が見えて、鋭い言葉が浴びせかけられたりして、ドキリとさせられたりするんですよね。
長いだけのことはあって、いろんな楽しみ方のできるものでした。

コイケさんは正直申しまして、キモチわりかったですよ。怖いですよねぇ。
が、そう感じるほどに、ここまでやっちゃう、やらせちゃうのは素晴らしいですよね。恐るべしー
常にインコを愛でているって画ズラがとにかくおもしろくって。
エキセントリック、ばんざーい。
Commented by kenko at 2009-09-10 00:13 x
最近、邦画ばかり観てるんですが、これは久々にガツンときました。
ツタヤディスカスでレンタルしたんですけど、上下巻同時に届くかと思ったらなぜか上巻と『死霊のえじき』が来ちゃって。(2枚づつなの)
下巻が待ちどおしかったです。

若者俳優にあんなことやこんなことまでさせちゃう園監督はただものじゃないけど、それに応える彼らもスゴイ。
西島くんのキメキメ盗撮アクションとか超ツボです。

そういえばここ数年とんとむき出してないなぁ。
ここぞという時にはむき出したいものですね。
Commented by CaeRu_noix at 2009-09-11 07:33
kenko さん♪
わーい。ガツンときますよねー。
邦画は私もぼちぼち観ているのだけど、kenko さんとかぶっているものでいうと、色即、女の子はそれほどでもなく、沼はかなりよかったかなって感じでした。
でも、中ではやっぱりむきだしがダントツにいいぜって。
(上下巻同時にこないなんて、お金払っているのに、無料の図書館より不親切ですねー。)

普段は映像がうんぬんとかそういうことに重きをおいちゃう私ですが、こういうのを見ると、監督の演出力、いかに俳優の演技を引き出すかっていうのも大事なんだなーって思わされますわ。
アイドル系な人にもここまでやってもらえちゃうのはホントにすごいなーって。
にっしーの盗撮あくしょんもお茶目で素晴らしかったですよねー。

年をとるとえねるぎーも欠落したり、保守的になってしまいがちなんですが、そうそう、いざっていう時にはむき出しませうー
Commented by mezzotint at 2010-01-08 18:56 x
かえるさん
今晩は☆彡
新春一発目が「愛のむきだし」でした!!
昨年鑑賞できず、今回あるシアターでスタッフセレクションという
ことで再上映されております。800円で4時間はお得でしょう?
それにしてもこの作品をあの若手3人が見事に演じきったのには
本当に驚き!!もうもう拍手したいくらいです。
コイケ役の安藤サクラさん、やっぱ父上のDNAを受け継いで
いるのか?半端じゃなかったよね。ちょっと不気味でしたが。。。。
これぞ愛の真髄だと思いました。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-09 01:05
mezzotint さん♪
今年の劇場生活を本作でスタートするなんて素晴らしいです!
新年にふさわしいパワフルフルな映画でしたでしょうー。
ええ?これをたった800円でご覧になったんですかー?
私は封切り時に言って、いつもより高い料金を払った記憶があります。
長いからしょうがないと思いつつ・・・・。
それが800円なんて、お得もお得。
日本映画に見かけるTVタレント系の若者は見ていられない演技力の人もいますが、本作の主人公たちは本当にうまかったですよね。
安藤さんはただ者じゃないですよね。
普通、父親が二枚目俳優だったら、カワイコちゃん女優?を目指しそうなものですが、あんなに気持ち悪ほどのことをやってくれるんですもの。
こんなに不気味になれる人ってそうそういないです。
日本では愛という言葉が容易く使われすぎな傾向にある気がしますが、これこそは紛れもなく愛かも。
Commented by BC at 2010-01-14 00:37 x
かえるさん、こんばんは。

パワフルな勢いが伝わってくる作品で最高でした☆

園子温監督の作品は初めて観ました。
ホラー(『エクステ』)からヒューマン物語(『ちゃんと伝える』)まで
ジャンルの幅は広そうですね。


P.S.
『不灯港』の“ディスコ”もそうだけど、
『愛のむきだし』の“パンチラ”も古語だと思っていただけにビックリでした。^^
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-14 01:23
BCさん♪
ご覧になりましたかー。
おお、園子温初体験ですかー。
ワタシ的にはかなりお気に入り監督の一人なんですよ。
だから、本作もいそいそと劇場に観に行きましたよー。
(なのに、「ちゃんと伝える」はスルーしちゃった・・・)
園子温、強烈で面白いので是非いろいろご覧下さいましー。
パワフル過ぎー。

「パンチラ」は普通の人?は日常的には使わないけれど、決して死んではいないのかもしれませんね。
パンチラでググってみたら、たっくさん記事がありましたよー。
Commented by かりおか at 2010-01-20 09:59 x
かえるさん、園子温監督作は「紀子の食卓」で衝撃を受けたので、この評判の「愛のむきだし」もレンタルしてみました。
4時間があっという間!久し振りにガツン!ときました!
主演の3人は、よくあれだけ演技しましたねー。凄い。
「紀子の食卓」のように滅入っちゃうかな?と途中思いましたが、怒涛の最終章で、感動してしまいました!あれぞまさしく狂うほどの純愛ですね。あれほどのむきだしの愛、最近映画でも観てなかったかも。。。
凄い。お気に入り映画になりました。TBさせてくださいね。
面白すぎてびっくりしました。
Commented by CaeRu_noix at 2010-01-20 23:59
かりおか さん♪
2009年を代表する邦画の1本!
『紀子の食卓』にも驚きましたよねー。
キョーレツだけど恐ろしくも魅惑的な世界。血やグロいのは苦手なのに、ついつい『自殺サークル』も『奇妙なサーカス』も観ちゃいました。
ガツン、ガツンですよねー。
明らかにやりすぎなはずの物語展開なのに、不思議と感動しちゃうんですよねー。
泣きポイントが何箇所かありました。
ホントに改めて、傷つくことを恐れて、愛や情熱を他者に向けることをしなくなっている、現代の僕らのことを反省したりしましたもん。w
気に入っていただけてよかったです。
ヘンタイで強烈だけど、園監督は詩人魂があるところが好きなんです。
私のお気に入りの『気球クラブ、その後』ぜひどうぞー。
Commented by ノルウェーまだ~む at 2010-10-27 06:13 x
かえるさん、こんばんは☆
ロンドン国際映画祭で、園子温監督の「冷たい熱帯魚」のチケットを買ったので、こちらも見てみようと思ったら、なんとタイムリー!
満島ひかりちゃんが、結婚したんだってね。
いろんな意味でビックリさせられたわー
彼女、本当に素晴らしい女優さんだよね。
しかし、かえるさんの口からエログロヘンタイアホアホ映画と言う言葉を聴くとは・・・(汗)
Commented by CaeRu_noix at 2010-10-28 00:55
ノルウェーまだ~む さん♪
おお、ロンドン国際映画祭、いいですねー。
ただ今こちらでも東京国際映画祭開催中でーす。エッセンシャル・キリングとか上映作品がかぶっているものもあるみたいですね。全体的にはもちろんそちらの方が豪華でしょうけれど。
『冷たい熱帯魚』はこれからご覧になるんでしょうか?楽しみですねー。
ロンドン映画祭では、その、満島ひかりちゃんの出会いの映画『川の底からこんにちは』も上映されるんですね。そちらはご覧にならないのでしょうか。まったくもってタイムリー。
いやー、ホント、愛のむきだしのひかりちゃんも素晴らしくて、この時に主演に抜擢した園監督もさすがだなーってつくづく思います。
若いのに交際1年で結婚というのはびっくりですが、人気上昇中の若い女優さんはいろんな人から誘いがありそうなものなのに、ちゃらいバカ男系?とくっついたりしなくて、ぴあフィルムフェスティバル出身で自主映画育ちの監督とゴールインというのが、エエ話やなぁーって思います-。
エログロヘンタイアホアホ映画という言葉を使う機会はなかなかないですけど、こだわりのあるヘンタイ映画は好きですよーw
<< 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 PageTop 『キャラメル』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon