かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
第59回ベルリン国際映画祭受賞結果2009
2009年 02月 15日 |
第59回ベルリン国際映画祭の長編コンペティション部門の受賞結果が発表されました。 →site



☆金熊賞 d0029596_11141385.jpg
・『La teta asustada』(The Milk of Sorrow/ミルク・オブ・ソロー)/ペルー・スペイン
 - - クラウディア・ローサ(Claudia Llosa)監督

~内戦を背景に心に傷をおった女性たちが描かれる~

<銀熊賞>
☆審査員特別賞
・『Alle Anderen』(Everyone else)/ドイツ
 - -  ・Maren Ade(マレン・アデ)監督

・『Gigante』(ギガンテ)/ウルグアイ・ドイツ・アルゼンチン
 - -  ・Adrián Biniez(アドリアン・ビニエツ)監督

☆最優秀監督賞
・Asghar Farhadi(アシュガル・ファルハディ) /イラン
 - - 『Darbareye Elly』(About Elly/アバウト・エリー)

☆最優秀女優賞
・Birgit Minichmayr (ビルギット・ミニシマイアー)
 - - 『Alle Anderen』/ドイツ

☆最優秀男優賞
・Sotigui Kouyate (ソティギ・クヤテ) /
 - - 『London River』(ロンドン・リバー)/ラシッド・ブシャール監督/英

☆芸術貢献賞  <サウンド・デザイン>
・Gábor Erdély 、Tamás Székely 
 - - 『Katalin Varga』/ピーター・ストリックランド監督/英・ルーマニア・ハンガリー

☆最優秀脚本賞
・Oren Moverman(オーレン・ムーヴァーマン)、Alessandro Camon/
 - - 『The Messenger』(ザ・メッセンジャー)/オーレン・ムーヴァーマン監督/米

☆アルフレッド・バウアー賞
・『Gigante 』(ギガンテ) /ウルグアイ・ドイツ・アルゼンチン
 - - Adrián Biniez(アドリアン・ビニエツ)監督

・『Tatarak』 (Sweet Rush) /ポーランド
 - - アンジェイ・ワイダ監督


金熊賞に輝いたのは、32歳の女性監督。ブラボー。
社会派なベルリン映画祭ならではのテーマを描いた作品が評価されたという感じですね。
受賞者のほとんど私たちには馴染みのない名前である中、
ソティギ・クヤテという名前には憶えがありました。
最新作ボンド映画のヒロインの主演作『薬指の標本』などに出演していたアフリカ・マリ出身の雰囲気のある俳優さん。
観たいなぁ。『デイズ・オブ・グローリー』の監督作品。

ポーランドの巨匠ワイダの名前に馴染みがあるくらいで、日本でも人気のある監督の作品は全然賞に絡まなかったという感じなんですが、そんな受賞作も、受賞しなかったコンペ出品作も1本でも多く日本で上映されることを望むのであります。
チェン・カイコーの『花の生涯~梅蘭芳~』は、3月7日新宿ピカデリーにて公開ですね。
サリー・ポッターの『Rage』(ジュード・ロウ、スティーヴ・ブシェーミ、ジョン・レグイザモ、ジュディ・デンチ)はきっと配給されるよね?
スティーヴン・フリアーズの『シェリ』(ミシェル・ファイファー、キャシー・ベイツ)とか。
ベルトラン・タヴェルニエの『エレクトリック・ミスト』(トミー・リー・ジョーンズ、ジョン・グッドマン、ピーター・サースガード)とか。
スウェーデンのルーカス・ムーディソンの『Mammoth』(ガエル・ガルシア・ベルナル、ミシェル・ウィリアムズ)もきっとね??
そして、フランソワ・オゾン♪

そして、そして、そして、フォーラム部門で上映された
園子温監督の『愛のむきだし』が「国際批評家連盟賞」と「カリガリ賞」をダブル受賞!
コンペには日本の作品はなかったので、こちらのニュースが注目されていたようで。
あんなに長いヘンタイ映画が評価されるなんて素晴らしいじゃないですか。
日本にはヘンタイが多いのか?という質問に、園監督は「人類みな変態」と答えたそうで。
おめでとう。おめでとう。

第59回ベルリン国際映画祭 - コンペ作品紹介/シネマトゥディ
ベルリン国際映画祭レポート/ポット出版
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-02-15 11:14 | 映画ネタあれこれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://latchodrom.exblog.jp/tb/9342700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umikarahajimaru at 2009-02-15 21:59 x
早~い!
公式サイトにはまだ受賞結果はアップされてないのに!(シネマトゥデイには出てたけど)
『花の生涯』は、特別鑑賞券発売なし、特別割一切不適用で、2000円均一なんだそうですね。舞台挨拶つき特別上映の予約が昨日から始まっていますが、どうなんですかね~。
Commented by CaeRu_noix at 2009-02-16 01:13
umikarahajimaru さん♪
公式サイトって、ベルリン映画祭の?
や、少なくとも午前中にはアップされていましたよー。
シネマトゥデイの記事なんかがまだ上がってない頃でしたけど。
今年は写真を見ても、ほとんど知らない顔ばかりで。
その中ではやはりソティギ・クヤテですな。

『花の生涯』、割引料金適用一切なしなんて酷いですよねー。
レディースデーがなかったら、そんなに入らないんじゃないかという気もしますが、宣伝次第なんでしょうか?
チェン・カイコーというよりチャン・ツィイーなんかで客を呼ぶのかしらん?
どうなんでしょうねぇ。
<< 『大阪ハムレット』 PageTop 2月13、14日の公開映画ちぇ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon