かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
2月20、21日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 02月 21日 |
エイガの賞シーズン、祭シーズンですが。



どうでもいいんだけど、
第32回日本アカデミー賞は、最優秀作品賞のはじめとして、各賞をほとんど『おくりびと』が総なめですって。
最優秀撮影賞とか最優秀編集賞とかまであげちゃうなんて適当すぎやしないか。
これが最高峰だなんてなんて。

ベンジャミンかなぁ。スラムドックもありえるかなぁ。

単館派のこの私もこの季節はシネコン通いも忙しく。

トーゼンミルミルー

ホルテンさんのはじめての冒険 /Bunkamura ル・シネマ

ベント・ハーメル監督作。
2008年度アカデミー賞外国語映画賞ノルウェー代表。
鉄道員を定年退職したホルテンさんの物語。

シリアの花嫁 /岩波ホール

イスラエル占領下のゴラン高原、国境を越えてシリア側へ嫁いでいく花嫁とその家族を描く。
2004年モントリオール世界映画祭グランプリ。

ロックンローラ / 恵比寿ガーデンシネマ

ガイ・リッチー監督作のクライム・ムービー。
出演は、ジェラルド・バトラー、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、マーク・ストロングなど。
ロンドンを舞台にマフィアのボス、セクシーな会計士、汚職警官、コソ泥、伝説のロッカーが登場。
今度こそガイ・リッチー復活?

チェンジリング

イースト・ウッド監督作。音楽もね。

- ミルカナ

ハルフウェイ /シネカノン有楽町2丁目、ヒューマントラストシネマ渋谷

北川悦吏子初監督作がどうのというよりは、岩井俊二プロデュース。

---キニナルモノ

◆モトリー・クルーのディザスター! /シアターN渋谷(レイト)

◆7つの贈り物

ホカ----
◆小三治
◆戦国 伊賀の乱
◆年々歳々
◆悲しいボーイフレンド
----

「クールアニメセレクション」
2/14(土)~27(金) テアトル新宿

第1回 恵比寿映像祭 オルタナティヴ・ヴィジョンズ
2月20日(金)~3月1日(日) 東京都写真美術館

「オランダ映画祭2009」
2月24日(火)~3月15日(日) フィルムセンター
 24(火)「ドゥーニャ&デイジー」「ドゥスカ」
 25(水)「ラブ・イズ・オール」「水の味」
 26(木)「ワン・マンス・レイター」「アイリス」
 27(金)「密航者」「オール・スターズ」
 28(土)「テーチェの旅」「ティラミス」
 3/1(日)「失われたトランク」「フェリーチェさん」

「懐かしのハリウッドの名匠たち」
2/25(水)~3/3(火) 新文芸坐
 25(水) デヴィッド・リーン 「戦場にかける橋」
 26(木) ウィリアム・ワイラー 「ベン・ハー」
 27(金) フレッド・ジンネマン 「地上より永遠に」「わが命つきるとも」
 28(土) スタンリー・キューブリック「博士の異常な愛情」「2001年宇宙の旅」

「境界線上のヒロインたち 韓国アートフィルム・ショーケース ベストセレクション」2月21日(土)~3月6日(金) シアター・イメージフォーラム
 21(土)~27(金)「キムチを売る女」
 28(土)~ 「黒い土の少女」

「世界の3鬼才の歩み」
2月21日(土)~3月6日(金) シネマ・アンジェリカ
 21(土)~27(金)「ほえる犬は噛まない」「ポーラX」「ブロック・パーティー」

フランス映画祭のチケットが発売されましたー。→TOHO【vit】
しかーし、縮小を一途を辿る哀しきふらんす映画祭。
今年はサラリと大阪での開催もなくなって、六本木会場でも各作品がほとんど1回ずつの上映になっちゃいました。
目玉作品かもと思っていた愛しのジュリー・デルピー監督作品は、3本セットのオールナイト上映枠になっているし。
なんだかなーって感じっす。
例によって各上映の間が開き過ぎだし、不親切なスケジュール・・・。
そうはいっても、団長ジュリエット・ビノシュの主演作、オープニング作品の『夏時間の庭』のチケットの売れ行きは好調のようですけどね。
『ランデブー』は英語字幕だしなぁ。
アジアンの『オーム・シャンティ・オーム』に行こうかなぁ。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-02-21 10:46 | 映画週チェック | Comments(2)
Commented by mayumi-68 at 2009-02-21 10:54
そうなんですよー。今年のフランス映画祭って酷すぎます。
スケジュール観てがっかりしてしまいました。
エリック・カラヴァカが出演する「顧客」が観たかったのに、あの時間帯は無理です(涙)。
なので、今回は1本のみの観賞。「コード」を観ます。
それにしても本当に、縮小の一途を辿ってますね。フランス映画祭。
横浜で開催されてた頃は、あんなに華やかだったのにー。それもこれもあの横浜市長が悪いんじゃ・・・。
Commented by CaeRu_noix at 2009-02-22 11:15
mayumi さん♪
ですよねぇぇぇ!!
毎年がっかりすることはありましたが、今回の失望感は大きかったです。
会場を一か所にするのはいいとしても、まさか日中は1回こっきりの上映だなんて・・・。
デルピー映画を真夜中の3本セット上映時にしかやらないなんて・・・。
せっかく日本語字幕をつけて上映するのだから、多くの人が見られる機会を設けてくれればいいのにーって思うのですけれど。
費用の問題なのかもしれないけれど、悪循環を自らつくっているような運営姿勢って感じで哀しい限り。
横浜開催の時は本当に華やかなお祭りっていう感じの屈指の素晴らしいイベントだったのに、と思うと残念無念。
1回しかやらないのなら、公開予定のないものを休みの日の上映にしてくれればよいと思うし・・・。
ナンダカナーですよね。ホントに・・・
<< 『少年メリケンサック』 PageTop 『ブラッド・ブラザーズ ― ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon