かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
-2009年2月のしねまとめ-
2009年 02月 28日 |
雪も降ったし。



今月は、『ポーラX』 を9年半ぶりにスクリーン鑑賞なんてしたり。
こういうのを常にやってほしいものです。
3月はビノシュ特集で、『汚れた血』 がかかりますしね。

文芸坐にて、『JLG/自画像』(95)(『フレディ・ビアシュへの手紙』81)、
『フォーエヴァー・モーツァルト』(96)なども観られて嬉しく。
この時点で、「ターミーネーター4」のことをネタにしているJLGったら。
3月はビノシュ特集で、『ゴダールのマリア』 がかかりますしね。
『フォーエヴァー』だったかに、「海の撮影は金がかかるけど元がとれるとアキム兄弟に教えてもらった」みたいな台詞があったかと思うのですが、

某所アキム・コレクションにて、ようやく念願の『太陽はひとりぽっち』スクリーン鑑賞も。

そして、ドゥミ特集で、未見の『モンパリ』もね。

で、
2009年2月に
鑑賞した一般公開新作の星取りー。(お気に入り度、満喫度)

★★★★★~★★★★☆ (星4つ半以上)

ロシュフォールの恋人たち
シェルブールの雨傘

キャラメル
ロルナの祈り
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

★★★★       (星4つ前後) 

愛のむきだし  4.3
ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー
チェンジリング
ロックンローラ
大阪ハムレット
少年メリケンサック
ホルテンさんのはじめての冒険
ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷

――

★★★☆     (星3つ半前後)

天使の眼、野獣の街 3.8
007 慰めの報酬
ブラッド・ブラザーズ 天堂口
その男ヴァン・ダム
ララピポ
ジョッキーを夢見る子供たち

★★★      (星3つ)

悲夢
ディファイアンス
マンマ・ミーア!

---
ミュージカル映画好きの私としては、
『マンマ・ミーア!』 は、いただけない作品でありました。
そのストレスは、『ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー』にて解消。
ハイスクールは、躍動感あふれる歌&ダンスシーンが楽しくてよかった。

『天使の眼、野獣の街』 は、スリリングで面白かったです。
ただ、題材が監視、情報戦というハリウッド映画チックなものであったので、香港映画でそういう系をやらなくてもなぁって思ってしまったりも。

『007 慰めの報酬』 は面白かったけれど、前作ほどにハマれなかったカンジ。
アクションシーンもボンドのキャラも魅力的でなかったような。
悪役の人はよかったですね。w カジュアルなところがさ。

『その男ヴァン・ダム』 はシンプルな設定なのに引き込まれる面白さでした。
ヴァン・ダムの出演作なんてほとんど観ていないから、何の思い入れもないのに、このドラマの中では彼を応援せずにはいられなくて。
こんなベルギー映画もあるのね。

『ララピポ』 も面白かったです。というか笑うよりもせつなかった。
ただ、音楽の使い方がちょっとアレだったり、演出・構成的に好きになれない部分がありました。
物語そのものはもちろん面白いし、俳優さんたちの仕事ぶりもナイスでした。

『ディファイアンス』 は楽しみどころがよくわからなかったです。
どこかで感動すべきだったのか?
森なのに。ベラルーシなのに。

ぜぇぜぇ。
-2009年1月のしねまとめ- / -2009年3月のしねまとめ-

映画以外といたしましては、
「Corteo / コルテオ」 に行ったよー。

美術展は、「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」へ。

「帰郷者」(ベルンハルト・シュリンク)
「乳と卵」(川上 未映子)

 検索ワードで多かったの
愛のむきだし23
ロシュフォールの恋人たち18
大阪ハムレット17
シルビアのいる街で15
レスリー・チャン14
記憶の棘13
あなたになら言える秘密のこと11
ロルナの祈り10

ふーん。
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-02-28 23:59 | 映画月まとめ | Comments(2)
Commented by となひょう at 2009-03-03 22:01 x
こんにちは。
最近ブログ巡りが全然できていないので、かなりご無沙汰してしまいました。
でも、もの凄く共感できる部分があって、思わずコメントです。
私も『マンマ・ミーア』は楽しめなくて、この消化不良どうしてくれようって感じになってしまったので。
急遽『ハイスクール・ミュージカル』を観に行きました。
本当に、とても楽しいミュージカル作品でしたよね。
私は、シャーペイのオンステージの場面が、とても気に入りました。
シャーペイの双子のライアン君の歌と踊りに特に引き込まれて、もの凄い感心してしまいましたわ。
ドラマから引き続いているというのもあるんでしょうけど、リハーサルをしっかりとこなしているんだろうなと思える素晴らしいパフォーマンスで。
私は舞台を観に行ったことはなくても、ミュージカルって大好きなので。
心に響く歌声でないと、チエッと舌打ちしてしまうんですよね。。。
メリル・ストリープに関しては、『ダウト』の方を楽しみにしています。
Commented by CaeRu_noix at 2009-03-04 10:43
となひょう さん♪
たいへんお久しぶりでーす。
みなさんのブログはRSSチェックはしていて、ケイタイからなどちらりのぞくことはあるんですが、私もまめにじっくりコメントはできないでいます。
でも、となひょうさんがマンマミーアはいまいちだったってのは読みましたよー。
楽しめないどころか腹がたってくる映画でありました。
ミュージカル映画をなめんなよ!ってな感じで。(笑
センスがないどころが「趣味が悪い」って思えたんですよね。
ハリウッドでは『シカゴ』みたいな素晴らしいものをまたつくってほしいー
それに比べ『ハイスクール』は歌やダンス、演出がうまくって、楽しかったですよねー。
私もシャーペイのキャラはお気に入りです。そうライアンくんも。
舞台のマンマミーアはもっとおもしろいらしいですね。
少なくともちゃんと歌えるふさわしい人がその役についているわけだから。
メリルは好きじゃないんですが、『大いなる陰謀』では素晴らしかったので、やっぱり見合った役をやってほしいなって思います。
『ソフィーの選択』とか『マディソン郡』とかも違うし・・
『ダウト』はPSHが楽しみですよねー
<< 第34回セザール賞受賞結果 PageTop 2月28日の公開映画ちぇーっくなど >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon