かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
latchodrom.exblog.jp
(映画を見るのにいそがしくてブログはもう)
Top
3月7日の公開映画ちぇーっくなど
2009年 03月 07日 |
ヤッターマンって、どうなんすか?



英紙ニュース・オブ・ザ・ワールドよりのMovieWalkerニュースより。
ガイ・リッチーのホームズ映画はゲイ作品?
ロバート・ダウニー・ジュニア演じるホームズとジュード・ロウ演じるワトソンが、取っ組み合いをしてじゃれ合ったり同じベッドで寝たりするらしいらしいらしい。

さてさて、春休み映画しーずん?

ミルミルー

花の生涯~梅蘭芳~ /新宿ピカデリー

チェン・カイコー監督が久しぶりに京劇を描くのですから。
レスリーはいないけれどー。
しかーし、2000円均一、各種割引なしっていうのはねぇ。

ダウト-あるカトリック学校で- /ル・シネマ、シャンテ

メリル・ストリープ校長が、フィリップ・シーモア・ホフマン神父にある“疑惑”を抱いたことで物語が始まるのだって。
“疑惑”の渦に巻き込まれー

ゼラチンシルバーLOVE /銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館、東京都写真美術館ホール

ベテラン写真家、操上和美が長編映画監督に初挑戦。
24時間、女をビデオカメラで監視する男と撮られる女との奇妙な関係。
出演は、永瀬正敏、宮沢りえ。お歌は陽水。


-ミルカナ

パッセンジャーズ

ロドリゴ・ガルシア監督作。
飛行機事故の生存者たちをめぐる謎を追うサスペンス・ドラマ。

--ミルカモ

インストーラー Chrysalis /シネクイント

近未来のパリを舞台に、網膜から記憶操作できる機械をめぐっての対決が描かれるSFサスペンス。
アルベール・デュポンテル主演っすよ。
なのに、レイトショーで2週間ポッキリ上映ってどういうこと?



---キニナルモノ

◆U23D

◆長江に生きる

◆ヤッターマン


ホカ
----
◆映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史
◆超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!
◆ジェネラル・ルージュの凱旋
◆デメキング
◆STOP THE BITCH CAMPAIGN 援助交際撲滅運動
◆オンナゴコロ
----


さてさてさて、じみじみながら、
「フランス映画祭2009」053.gif が3月12日(木)に開幕でーす。

「ジュリエット・ビノシュ レトロスペクティヴ」 第1部
2009年3月7日(土)、8日(日)、14日(土) 東京日仏学院

六本木じゃトークショーもサイン会もやってくれない団長ビノシュだけど、日仏じゃあ、ティーチインにカクテルぱーちーまで。
でもでも、狭き門。
というわけで、オランダー

「オランダ映画祭2009」
2月24日(火)~3月15日(日) フィルムセンター
 8(日)「アニメーション選集2」「ラブ・イズ・オール」
10(火)「アイリス」「失われたトランク」
11(水)「オール・スターズ」「テーチェの旅」
12(木)「フェリーチェさん」「ポーランド人の結婚」
13(金)「三人のプレイヤー」「ワン・マンス・レイター」
14(土)「私の青い鳥」「私の青い鳥」
15(日)「ノートレインズ、ノープレインズ」「ドゥスカ」

「フランス・アヴァンギャルド映画」
3/1(日)7(土)8(日)14(土)15(日) シアター・イメージフォーラム]

「ファティ・アキン監督特集」 
2/28(土)~3/20(金) シアターN渋谷

「デイヴィッド・リンチ・ワールド」
2月28日(土)~3月20日(金) ライズエックス

「紀伊國屋書店レーベルを讃える」
2月28日(土)~3月20日(金) シネマヴェーラ渋谷
 8(日)「不貞の女」「離魂」
 9(月)「戦艦ポチョムキン」「スピオーネ」
10(火)「戦艦ポチョムキン」「家宝」
11(水)「スピオーネ」「不貞の女」
12(木)「肉屋」「最後の人」
13(金)「家宝」「不貞の女」
14(土)「アレクサンダー大王」

高くて買えないレンタルもされていない紀伊國屋書店レーベルですから、
DVD上映でも観に行っちゃいたいのです。
って、フィルムものも魅力的。

「ルキーノ・ヴィスコンティ監督特集」 下高井戸シネマ
3/7(土)~13(金) 「ルートヴィヒ<完全復元版>」
3/14(土)~20(金) 「イノセント<完全復元&無修正版>」


米エンターテインメント・ウィークリー誌が発表した最近25年間の名作恋愛映画25本。
  (eiga.com)
1.「タイタニック」(97)
2.「ムーラン・ルージュ」(01)
3.「ONCE ダブリンの街角で」(06)
4.「ブロークバック・マウンテン」(05)
5.「眺めのいい部屋」(86)
6.「エターナル・サンシャイン」(04)
7.「恋人たちの予感」(89)
8.「ザ・エージェント」(96)
9.「プリティ・ウーマン」(90)
10.「メリーに首ったけ」(98)
11.「シザーハンズ」(90)
12.「ロスト・イン・トランスレーション」(03)
13.「ダーティ・ダンシング」(87)
14.「ゴースト/ニューヨークの幻」(90)
15.「愛と哀しみの果て」(85)
16.「アメリ」(01)
17.「セイ・エニシング」(89)
18.「月の輝く夜に」(87)
19.「天国の口、終りの楽園。」(01)
20.「花様年華」(01)
21.「イングリッシュ・ペイシェント」(96)
22.「シド・アンド・ナンシー」(86)
23.「ウェディング・シンガー」(98)
24.「ピアノ・レッスン」(93)
25.「美女と野獣」(91)

大きな、大きな
[PR]
by CaeRu_noix | 2009-03-07 23:59 | 映画週チェック | Comments(0)
<< 『いのちの戦場 - アルジェリ... PageTop 『彼女の名はサビーヌ』 Ell... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Beige Shade by Sun&Moon